Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/25
Update

河内彰監督新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。親友を喪失した“空虚に出会う”

  • Writer :
  • 石井夏子

日本でもなく韓国でもない、幻影と実景が交差する場所へ。

瀬々敬久、真利子哲也の認めた溢れる才気、国内映画祭が注目する新鋭・河内彰監督。

河内彰監督の新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』が、2021年7月31日(土)より、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開することが決定。

あわせて、 キービジュアル、予告編、映画感想家の大林千茱萸ほかからの絶賛コメント、河内彰監督のコメントが到着しました。

スポンサーリンク

映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』について


(C) Crashi Films
本作は、日本でもなく韓国でもない、幻影と実景が交差する場所へ、「いつかの今日」を辿っていきます。

河内彰監督は、アートセンターでの仕事を通じて、人と映像の関わりをみつめてきた映画作家です。

映像を「縫合」するという、普遍的とも全く新しいとも受け取れる独自の感性は、瀬々敬久・真利子哲也らをはじめ各映画祭で高く評価され続けてきました。

SNSスラングを題した本作は、親友を亡くしたとある女性の物語を通じて、人の心に現れる「とり残される怖さ」と悲しみ、その先に見えてくる光景を描き出します。

(C) Crashi Films

キャストは本作が初演技・初主演のYujin Lee、『誰もいない部屋』の小島彩乃、『なみぎわ』のサトウヒロキら。登場人物たちの感情の震えを繊細に表現しました。

映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』のキービジュアル


(C) Crashi Films

劇中の大半で韓国語が使用される本作。キービジュアルやチラシなどにも、韓国語がデザインの中に組み込まれています。

観た人たちそれぞれが、遠くにいる大切な誰かの面影を思い浮かべたくなるような幻想的なキービジュアルに仕上がりました。。

スポンサーリンク

絶賛コメント紹介


(C) Crashi Films

本作に向けて、映画感想家の大林千茱萸、うえだ城下町映画祭実行委員会委員長の山﨑憲一、福岡インディペンデント映画祭の大塚大輔より絶賛のコメントが届きましたのでご紹介します。

画面の中には映っていないはずの、人の想いの「気配」を久しぶりに感じました。もっとこの暗闇に包まれたい。圧倒される作家性。
大林千茱萸(映画感想家)

かつてヌーベルバーグが、映画表現の極みに挑戦した息吹をこの作品に感じる。全体を深く静かに抑えた画面に輝く眩しいまでの光、長回しに流れるモノローグ、2時間分を2 に凝縮した冒頭のドラマ、ローラー滑り台は絶品。
山﨑憲一(うえだ城下町映画祭実行委員会委員長)

折り重なる闇、灯り、会話。共鳴する心。いつまでも浸っていたい、至高の36分。
大塚大輔(福岡インディペンデント映画祭)

河内彰監督からのコメント


(C) Crashi Films

本作にて監督・脚本・編集・撮影を務めた河内彰監督は、本作にこめた想いと、公開決定の喜びを以下のように語っています。

この映画のテーマは「ここにいない誰かを思うこと」で、大半の撮影は2018年に行いましたが、奇しくも今のこの、人に直接会えない世界に向けた言葉のようになってしまいました。映画を劇場で観ることも、作ることも難しくなってしまいましたが、それとは関係なく、今日も劇場のスクリーンでの出会いに思いを馳せ、映画館での上映を夢見てカメラを回す方々がたくさん居ることを知っています。私はそのほんの一端の個人の作家ですが、どうぞ少しでも気に留めて頂き、映画を観て頂けたらと思います。この大変な状況下に、映画館での上映をさせて頂けますこと本当に嬉しく思います。映画に関わる皆様に、心より感謝御礼申し上げます。

河内彰監督のプロフィール

河内彰(かわちあきら)監督は、1988年兵庫県出身。主に都内でCrashi Films(クラッシュアイ フィルムズ)として映画の制作を行っています。

2017年に真理子哲也、瀬々敬久らに選出され、CHOFU SHORT FILM COMPETITION 19thにて、映画『光関係』でグランプリを受賞、注目を集めました。

2019年池袋シネマ・ロサ「二人の作家 河内彰×松本剛」にて、2週間の特集上映で劇場公開デビュー。

2020年『Fearof missing out』(本作原題)が PFF(ぴあフィルムフェスティバル)ほか各映画祭にて上映、話題となります。

スポンサーリンク

映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』の作品情報


(C) Crashi Films

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・編集・撮影】
河内彰

【キャスト】
Yujin Lee、高石昂、小島彩乃、スニョン、サトウヒロキ、レベッカ、藤岡真衣、横尾宏美、安楽涼、鏑木悠利、三田村龍伸

映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』のあらすじ

(C) Crashi Films

親友のイ・ソンを亡くしたユジンは、彼女の残したボイスレコードを発見する。ここにいない友と通じ触れながら、ユジンは思い出と現在の時空を行き交い始めます。

街のネオン、夜のとばり、彼女の車が向かう先は……。

まとめ

画像:『IMAGINATION DRAGON』

本作と同時上映となるのは、河内彰監督による短編映画『IMAGINATION DRAGON』

東京都による、コロナ禍における映像企画として採択され制作されたショートフィルムです。休館を余儀なくされたアート施設を舞台に、創
造・想像に対する願いをこどもたちの純粋な行動に託し、カメラが追っていきます。

観客の想像力を刺激する河内ワールドを、ぜひ体感してください。

河内彰監督の新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』と、短編映画『IMAGINATION DRAGON』は、2021年7月31日(土)より、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2020】開催時期と上映会場情報!東京国際映画祭と連携して第21回を実施

第21回東京フィルメックスの開催についてのお知らせ。 新型コロナウィルス感染拡大の影響が世界中に広がるなか、東京フィルメックスは2020年も映画祭の開催に向けて最良の方法を模索しつつ、準備を進めていま …

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』マッケンジー・デイヴィス魅惑のコスプレ姿披露!

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『 …

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。 世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定! 『勝⼿にしやがれ』 …

新作映画ニュース

韓国映画『トラップ劇場版』あらすじとキャスト。予告編と上映スケジュール情報【のむコレ2019】

国民的キャスターに仕掛けられた非情な罠 イ・ソジンが愛する家族の為に戦う本格ミステリー。 国民的キャスターの愛する家族が消え、仕掛けられた巨大な罠に挑む! この度、『完璧な他人』のイ・ソジン主演最新作 …

新作映画ニュース

トロイ・シヴァンが映画出演を決めた理由とは。『ある少年の告白』インタビュー動画解禁

全世界が彼の虜に テイラー・スウィフト、アリアナ・グランデとコラボする次世代ポップスター、トロイ・シヴァン。 (C)2018 UNERASED FILM, INC. 俳優のジョエル・エドガートンが監督 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学