Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/09
Update

映画『階段下は××する場所である』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画で実写化映像解禁

  • Writer :
  • 大塚まき

“映画(キミ)を見ていると、恥ずかしい!でも好きだ!”

学校×事件×恋愛の不思議ムービーが誕生します。

巨大小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載された羽野ゆずの同名原作の中から4つの短編小説を原作とした映画『階段下は××する場所である』。

映画『階段下は××する場所である』が、池袋シネマ・ロサにて2021年9月11日(土)より公開することが決定しました

劇場公開決定に伴い、ポスタービジュアル、特報映像が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『階段下は××する場所である』について


本作の監督を務めるのは池袋シネマ・ロサにて劇場公開された、前作『11月19日』がRome Independent Prisma Awardsといった海外のインディペンデント映画祭のオフィシャルセレクションに選出された神谷正智

現在のアニメーション作品の原作を数多く輩出している巨大小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載された羽野ゆずの同名原作の中から4つの短編小説を原作に、全く新しい青春ミステリ作品を生み出しました。

本作において神谷正智監督は、原作のライトノベルライクな気風を実写に落とし込みたいと考えて構想を始めました。

映像化に際しても原作の味であるライトノベル的な不自然さをある程度残しつつ、ロケーションにこだわり、リアルな実景と二次元なキャラクター要素を融合しています。

映画『階段下は××する場所である』の特報映像

この度解禁された特報映像では、先輩・雷宮光と後輩・水無月日向が階段下で男子生徒2人が倒れていた事件を追っているとこら映し出されます。

学校を舞台に青春と恋愛を織り交ぜながら、光と日向が解き明かそうとする事件の真相とは?!

スポンサーリンク

監督:神谷正智のコメント

企画の開始から撮影完了まで1年半、コロナ渦でのポストプロダクションの大幅な遅れもあいまって完成まで2年。長い時間をかけて本作は製作されました。
原作はライトノベルであり、本来アニメと親和性の高い作風です。それをあえて実写でやる意義はなんだったのか?と考える方も多いかもしれません。
私が目指したのは、「アニメの手法を実写に落とし込んだもの」でした。
原作の登場人物は全て誇張気味に描かれています。
脚色にあたって実写での演出を考慮して大幅な変更を加えましたが、誇張された不自然なセリフや行動はあえて残し見る人に違和感を与えるように意図しています。
最初見た時は、違和感が凄いかもしれません。制作した私自身も違和感を禁じえません。
それでも、違和感の中にある一粒のリアリティが人を笑わせ、楽しませ、感動させる。最後には主人公2人のことが好きになってくる、そんな仕上がりになったと信じています。

原作者:羽野ゆずのコメント

「青春時代に戻りたいか?」と問われたら、迷わず「ノー」と答えるでしょう。それは、あまりに自己中心的で、無駄にエネルギー消費が多く、思い返すと悶絶したくなることばかりでした。
あのときこうしておけば――。もっと上手くやれたのに――。後悔を未だに抱えながら、もう二度と戻れないという現実に、心からの安堵と、少しの寂しさを覚えるのです。
『階段下~』は、私の散々な青春の復讐心から生まれました。大好きな「日常ミステリ」と「学園ラブコメ」の要素を、我がままに同じ割合で詰め込みました。両要素とも妥協なしの100%で!
映像化の話をいただいたとき、「まさか!」と思いました。
正直嬉しさより戸惑いの方が大きかったのですが、映画制作に関して無知だった私に、監督は逐一丁寧に解説してくださり、第一稿の脚本を見せてくれました。読了した瞬間、「最高!」と全力で喜ぶ一読者になっていました。どうぞご期待ください。
ウェブの片隅でひっそり掲載していた小説を発見してくれて、感謝しています。制作関係者の皆様も本当にありがとうございました

スポンサーリンク

映画『階段下は××する場所である』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【映題】
Under the stairs is the place to do “X”

【原作】
羽野ゆず『階段下は××する場所である』

【監督・脚本】
神谷正智

【キャスト】
平岡かなみ、安慶名晃規、河野知美、藤入鹿、杉尾優香、小松樹知、中村優里

映画『階段下は××する場所である』のあらすじ


雷宮光(らいきゅうひかる)は雨の日に傘を貸してくれた後輩男子の水無月日向(みなづきひなた)に一目惚れをします。

光が日向を追いかけ回している最中に悲鳴を聞きつけ、二人が駆けつけると男子生徒二人が階段下と踊り場で倒れていました。

目撃者はおらず、二人の男子生徒も起こった出来事を語ろうとしません。

光と日向は事件の真相を解き明かそうとすると…。

まとめ


本作は2.5次元の舞台作品のように、ライトノベルやアニメを文化の一部としてネイティブに受け入れている若い世代が特に楽しめるものを実写映画として目指し製作されました。

学園ミステリーからはじまる×事件×恋愛の不思議な掛け合わせをお楽しみください。

映画『階段下は××する場所である』は、2021年9月11日(土)より池袋シネマ・ロサにてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

バウティスタがスタローンを称える映画『大脱出2』メイキング映像解禁!前作の同時視聴祭り情報も

あの脱獄のプロが帰ってきた シルヴェスター・スタローン主演、全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション第2弾『大脱出2』。 2019年3月29日(金)の 全国ロードショーに向け、共演者およびスタッフが …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。イワゴウサトシは婚約間際の兄・高城健治役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

インド映画『マッキー』が11月に再上映決定!バーフバリのSSラージャマウリ監督作品の予告も解禁

『バーフバリ』で見せたダイナミックなVFXの源はコレ! 爆笑必至のアクションコメディ『マッキー』奇跡の再上映決定。 2013年に日本公開しスマッシュヒットを飛ばしたインド発のアクションコメディ映画『マ …

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストの安藤サクラは姑獲鳥(うぶめ)役に挑む。演技力の評価とプロフィール!

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー 2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 …

新作映画ニュース

インド映画『ジャッリカットゥ 牛の怒り』あらすじ/公開日/上映館。アカデミー賞代表作は暴走牛のスリラーパニック!

丑年に贈る、テンションマックスの牛追いワイルドスピード映画、ここに降臨! 第93回アカデミー賞国際映画賞のインド代表作品として選出された牛追いスリラー・パニック映画『Jallikattu』。 (c)2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学