Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

  • Writer :
  • 中村綾子

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。

世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定!

『勝⼿にしやがれ』『気狂いピエロ』など数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作「LE LIVRE D’IMAGE(英:THE IMAGE BOOK)」。

この作品の邦題が『イメージの本』となり、2019年のゴールデンウィークにシネスイッチ銀座ほかで公開されることが決定しました。

前作『さらば、愛の言葉よ』(2014)で、彼にしか創造し得ない新感覚の3D技法で観客を驚かせたゴダール監督。

最新作ではどのような新しい感覚の映像で、観客を魅了してくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『イメージの本』の日本公開ポスター

© Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

本作『イメージの本』のポスターが解禁されました。

日本版のポスタービジュアルは、鮮明な色合いとゴダール作品の代名詞である画面に現れるテキスト『LE LIVRE DU IMAGE(邦題:イメージの本』。

中央に行く先を示すかのような何者かの手が印象的に配置されています。

まるでアート作品のようなポスター。ゴダール監督の豊かなイメージを表現したかのようなスタイリッシュなポスターになっています。

映画『イメージの本』の詳細

静寂にすぎない。革命の歌にすぎない。

5本指のごとく、5章からなる物語。

「私たちに未来を語るのは“アーカイブ”である」と語るジャン=リュック・ゴダール監督。

最新作は新撮シーンにこれまでの絵画(TABLEAUX)、映画 (FILMS)、テキスト(TEXTES)、音楽(MUSIQUE)を巧みにコラージュしています。

現代の暴力、戦争、不和の世界に対する彼の怒りをのせて、この世界が向かおうとする未来を指し示す5章からなる物語で、ゴダール監督本人がナレーションも担当しています。

彼の尽きることのないイメージと音を多用し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する84分間のアート体験を約束すること間違いありません。

スポンサーリンク

ジャン=リュック・ゴダールのプロフィール

参考映像:『勝手にしやがれ』(1959)

1930年にフランス人の父とスイス人の母のもと、フランス・パリで生まれました。

1959年に『勝手にしやがれ』で長編映画デビュー。翌年公開され、ジャン・ヴィゴ賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞

その後の作品でも、ベルリン国際映画祭では銀熊賞と金熊賞をそれぞれ1回受賞。審査員特別賞も受賞しています。ベネチア国際映画祭でも、審査員特別賞と金獅子賞を受賞

彼の作品は、即興演出、同時録音、ロケーション中心の撮影などのヌーヴェル・ヴァーグの特徴を生かしつつ、編集の独自性が高評価を得ています。

フランソワ・トリュフォーやクロード・シャブロルとともに、フランスを代表するヌーヴェル・ヴァーグの先駆けと言える存在です。

第71回カンヌ国際映画祭では、映画祭史上初めて、最⾼賞(パルムドール)を超越する賞として特別に設けられたスペシャル・パルムドールを受賞しました。

映画『イメージの本』作品情報

© Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

【公開】
2019年(フランス・スイス映画)

【原題】
LE LIVRE D’IMAGE(英題︓THE IMAGE BOOK)

【監督・編集・ナレーション】
ジャン=リュック・ゴダール

【キャスト】
ジャン=リュック・ゴダール、ディミトリ・バジル

【作品概要】

フランス映画界のみならず、世界的に影響を及ぼしたヌーヴェル・ヴァーグ。この映画運動の中心的な存在であったジャン=リュック・ゴダール監督の最新作。

彼の枯渇することのない豊かなイメージや音楽が組み合わされた、アート作品のような映画。

また時代を行き来し、観客の想像力を縦横無尽に刺激します。

スポンサーリンク

まとめ

80歳を超えてもなお精力的に映画を作り続け、時代の最先端を行くジャン=リュック・ゴダール監督。

彼の頭の中のイメージと、それを表現できる映画への飽くなき挑戦はまだまだ続くでしょう。

映画『イメージの本』は、2019年GWにシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

奥山和由映画『熱狂宣言』あらすじ。松村厚久の今に迫るダイレクトシネマ

日本映画界のレジェンダリープロデューサー奥山和由が苛烈な人生を全身全霊で生きる一人の男に迫った新しいドキュメンタリー映画が誕生! 映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本 …

新作映画ニュース

映画『ハニーボーイ』あらすじ。シャイア・ラブーフの自伝的作品が日本公開決定!

『HONEY BOY(原題)』(ハニー・ボーイ)の公開はギャガ配給にて2020年を予定。 俳優のシャイア・ラブーフが自身の経験をもとに脚本を書き上げた映画『HONEY BOY(原題)』(ハニー・ボーイ …

新作映画ニュース

原作者ドナート・カリシが映画化!『霧の中の少女』予告編とキャラクター場面写真紹介

迷宮入りする少女失踪事件。 カリスマ警部が辿り着く、想像を絶する結末とは―。 イタリアのミステリー作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化した映画『霧の中の少女』。 (c)THE …

新作映画ニュース

映画『息をするように』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。伊藤万理華が男の子役に挑んだ枝優花の最新作

主演:伊藤万理華が男の子役に初挑戦! 『浅田家!』『ナラタージュ』『夏への扉』などを数々の話題作の映画のプロデュースを担ってきた小川真司。 (C)2021 FAITH MUSIC ENTERTAINM …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る! ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードシ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学