Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

  • Writer :
  • 中村綾子

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。

世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定!

『勝⼿にしやがれ』『気狂いピエロ』など数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作「LE LIVRE D’IMAGE(英:THE IMAGE BOOK)」。

この作品の邦題が『イメージの本』となり、2019年のゴールデンウィークにシネスイッチ銀座ほかで公開されることが決定しました。

前作『さらば、愛の言葉よ』(2014)で、彼にしか創造し得ない新感覚の3D技法で観客を驚かせたゴダール監督。

最新作ではどのような新しい感覚の映像で、観客を魅了してくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『イメージの本』の日本公開ポスター

© Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

本作『イメージの本』のポスターが解禁されました。

日本版のポスタービジュアルは、鮮明な色合いとゴダール作品の代名詞である画面に現れるテキスト『LE LIVRE DU IMAGE(邦題:イメージの本』。

中央に行く先を示すかのような何者かの手が印象的に配置されています。

まるでアート作品のようなポスター。ゴダール監督の豊かなイメージを表現したかのようなスタイリッシュなポスターになっています。

映画『イメージの本』の詳細

静寂にすぎない。革命の歌にすぎない。

5本指のごとく、5章からなる物語。

「私たちに未来を語るのは“アーカイブ”である」と語るジャン=リュック・ゴダール監督。

最新作は新撮シーンにこれまでの絵画(TABLEAUX)、映画 (FILMS)、テキスト(TEXTES)、音楽(MUSIQUE)を巧みにコラージュしています。

現代の暴力、戦争、不和の世界に対する彼の怒りをのせて、この世界が向かおうとする未来を指し示す5章からなる物語で、ゴダール監督本人がナレーションも担当しています。

彼の尽きることのないイメージと音を多用し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する84分間のアート体験を約束すること間違いありません。

スポンサーリンク

ジャン=リュック・ゴダールのプロフィール

参考映像:『勝手にしやがれ』(1959)

1930年にフランス人の父とスイス人の母のもと、フランス・パリで生まれました。

1959年に『勝手にしやがれ』で長編映画デビュー。翌年公開され、ジャン・ヴィゴ賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞

その後の作品でも、ベルリン国際映画祭では銀熊賞と金熊賞をそれぞれ1回受賞。審査員特別賞も受賞しています。ベネチア国際映画祭でも、審査員特別賞と金獅子賞を受賞

彼の作品は、即興演出、同時録音、ロケーション中心の撮影などのヌーヴェル・ヴァーグの特徴を生かしつつ、編集の独自性が高評価を得ています。

フランソワ・トリュフォーやクロード・シャブロルとともに、フランスを代表するヌーヴェル・ヴァーグの先駆けと言える存在です。

第71回カンヌ国際映画祭では、映画祭史上初めて、最⾼賞(パルムドール)を超越する賞として特別に設けられたスペシャル・パルムドールを受賞しました。

映画『イメージの本』作品情報

© Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

【公開】
2019年(フランス・スイス映画)

【原題】
LE LIVRE D’IMAGE(英題︓THE IMAGE BOOK)

【監督・編集・ナレーション】
ジャン=リュック・ゴダール

【キャスト】
ジャン=リュック・ゴダール、ディミトリ・バジル

【作品概要】

フランス映画界のみならず、世界的に影響を及ぼしたヌーヴェル・ヴァーグ。この映画運動の中心的な存在であったジャン=リュック・ゴダール監督の最新作。

彼の枯渇することのない豊かなイメージや音楽が組み合わされた、アート作品のような映画。

また時代を行き来し、観客の想像力を縦横無尽に刺激します。

スポンサーリンク

まとめ

80歳を超えてもなお精力的に映画を作り続け、時代の最先端を行くジャン=リュック・ゴダール監督。

彼の頭の中のイメージと、それを表現できる映画への飽くなき挑戦はまだまだ続くでしょう。

映画『イメージの本』は、2019年GWにシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

新作映画ニュース

映画『エンドレス・ウォー』あらすじとキャスト。上映劇場情報【ワールド・エクストリーム・シネマ2018】

そこは果てしなき、殺戮の大地! コンゴの紛争地帯で行方不明となった妹を探すため、ひとり現地に向かった姉が見た地獄とは…。 ドキュメンタリー映画出身のノルベルト・ロペス・アマド監督が、コンゴの終わりなき …

新作映画ニュース

映画『ギャングスタ』あらすじとキャスト。上映劇場情報【ワールド・エクストリーム・シネマ2018】

アムステルダムの麻薬王・コロンビアのカルテル、泥沼の麻薬抗争に巻き込まれていく幼馴染のチンピラ4人組を描いた映画『ギャングスタ』。 10月20日(土)より ヒューマントラストシネマ渋谷「ワールド・エク …

新作映画ニュース

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』あらすじとキャスト。日本公開が2019年3月に決定

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、2019年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー! (c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERV …

新作映画ニュース

「スター・トレック」ファン限定!映画『500ページの夢の束』 試写会レポート

ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー! 本作の主人公は、『スター・トレック』が大好きで、その知識は誰にも負けないウェンディ。 本作 …

新作映画ニュース

坂本サク映画『アラーニェの虫籠』ワールドプレミア決定!アニメを1人で制作したことに世界が注目

坂本サク監督が長きにわたり、たった1人で制作していた、2018年8月公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』。 去る6月にフランスで行われた、アヌシー国際アニメーション映画祭に併設された「国際見本市MI …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP