Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/24
Update

伊藤寧々&佐藤乃莉映画『ウーマンウーマンウーマン』あらすじとキャスト。水石亜飛夢ら出演の男編も加えてパワーアップ!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『ウーマンウーマンウーマン』は、2019年7月9日よりテアトル新宿4日限定レイトショー

2016年に『食べられる男』でドイツニッポンコネクション審査員特別賞を受賞した、近藤啓介新作長編映画『ウーマンウーマンウーマン』がテアトル新宿開催される田辺・弁慶セレクション2019上映されます。

スポンサーリンク

映画『ウーマンウーマンウーマン』の作品情報


©︎Keisuke Kondo

【公開】
2019年(日本公開)

【監督】
近藤啓介

【キャスト】
佐藤乃莉、伊藤寧々、長谷川ティティ、水石亜飛夢、山元駿、三河悠冴、小村昌士、川島直人、谷遼

【作品概要】
『食べられる男』で知られる近藤啓介監督が、第12回田辺・弁慶映画祭で観客賞を受賞した短編『ウーマンウーマン』に新たな「男話」のパートを加えて完成させた長編作品。

映画『ウーマンウーマンウーマン』のあらすじ


©︎Keisuke Kondo

世界中を巡って、リアカーをひきいて旅をする冒険家の女性が、ある時、「かわいい」ということしか知らない女子大生と出会います。

直ぐさま2人は互いの正義をぶつけ合うようにあります。

一方で元野球部の男4人は、温泉旅行へ出かけますが、幹事の男性は徹夜3日目の夜勤明けの状態でやっていきますが……。

スポンサーリンク

映画『ウーマンウーマンウーマン』の見どころ


©︎Keisuke Kondo

元乃木坂46の伊藤寧々、『猫は抱くもの』の佐藤乃莉が出演し、田辺・弁慶映画祭、下北沢映画祭などで観客賞を受賞した女話『ウーマンウーマン』。

それに『鋼錬金術師』やU-NEXTドラマ『すじぼり』の水石亜飛夢、『おいしい家族』『アンダー・ユア・ベッド』など、2019年の出演作が相次ぐ三河悠冴、そし長谷川ティティ、山元駿らが出演する “男話”を新しく追加され、長編化された作品です。

リアカーを引い世界中を歩き回る冒険家女が “可愛いしか知らいアホ女子大生” 「私も冒険かしみたい」気軽言われたことから女性らしから顔面をさらけ出し、お互い正義感をぶつけ合ういう女“顔面会話劇”。

伊藤寧々は、映画公開に寄せて次のようなコメント寄せています。

「ウーマンウーマンウーマン」が映画館スクリーン観られる。嬉しい! なんて素敵事んだろう思います。 女同士会話劇、男同士珍道中、どちらも他人から見れ とてもとても小さ出来事かもしれません。 本人たちにとっては、折れたくい、負けられい、引っ込みがつかい。 そんなどうしようもい人達を是非、劇場観欲しいです。 映画祭観客賞から始まった、この作品力強さを感じ頂けたら嬉しいす。

そして、男が4人温泉旅行行くが、幹事男が夜勤明け三日徹夜状態。寝不足泥酔本音友情が入り混じり、男ら哀愁が溢れる…。という男“泥酔珍道劇”2部構になっています。


©︎Keisuke Kondo

その男たちのひとりを演じた、俳優の水石亜飛夢は次のようなコメント寄せています。

あまり異彩を放つこの作品。それがあの大画面流れるなんて。 監督が生み出す独特笑い世界に浸るこがき幸せでした。僕らが楽しんで撮っいた気持ちがスクリーンから皆さんも伝わる思います。 心準備は何もいりません。思う存分笑っください。

また共演をした三河悠冴は、撮影現場で常に爆笑が起きていたと話し、「目前で起きた面白さに台詞が言えない」と述べています。

そのような撮影現場であることが明らかであるのは、女優の佐藤乃莉も語っており、「初コメディ映画人生こんなに顔筋を使った事無いんじゃいか?っぐらい 顔面を使いました」と、いかに現場が盛り上がったを感じらせてくれます。

まとめ


©︎Keisuke Kondo

本作『ウーマンウーマンウーマン』の監督を務めた近藤啓介。

近藤監督がキャスティングした佐藤乃莉や伊藤寧々をはじめ、新たに加えた「男話」で哀愁ある男たちを演じた水石亜飛夢、三河悠冴、長谷川ティティ、山元駿など、「出演者全員、自分が知る限り一番面白い俳優」と述べています

また、そんな俳優たちを「テアトル新宿という大きスクリーンで、彼女ら、彼ら面白い表情を存分に楽しんください!!」と、映画『ウーマンウーマンウーマン』への意気込みを語っています。

映画『ウーマンウーマンウーマン』は、2019年7月9日~12日の期間、テアトル新宿4日間限定レイトショー。また7月27日にはシネリーブル梅田1日限定公開!

関連記事

新作映画ニュース

映画『エンドレス・ウォー』あらすじとキャスト。上映劇場情報【ワールド・エクストリーム・シネマ2018】

そこは果てしなき、殺戮の大地! コンゴの紛争地帯で行方不明となった妹を探すため、ひとり現地に向かった姉が見た地獄とは…。 ドキュメンタリー映画出身のノルベルト・ロペス・アマド監督が、コンゴの終わりなき …

新作映画ニュース

塚本晋也監督がニッポン名誉賞を受賞。映画『斬、』ロングラン上映で世界を席巻!

『鉄男』『六月の蛇』など、海外の評価も高くカルト的な人気を誇る塚本晋也監督の最新作『斬、』は、渋谷ユーロスペースほか全国にてロングラン上映中。 2018年11月24日に公開されてから2か月以上たった今 …

新作映画ニュース

オーストラリアで人気の青春サーフィン文学を映画化!『ブレス あの波の向こうへ』の予告編が解禁

オーストラリアで10週連続TOP10入りの大ヒットを記録した青春サーフィン映画! © 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田美緒役は恒松祐里【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『家(うち)へ帰ろう』あらすじとキャスト。公開トークイベントと各種タイアップ情報

アルゼンチンのパブロ・ソラルス監督作品『家へ帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。 ブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が、祖国ポーランドへ70年前に別れた親友を探 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学