Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【TAAF2019】東京アニメアワードフェスティバルの受賞結果。グランプリはポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』

  • Writer :
  • 石井夏子

TAAF2019受賞作品紹介

2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。


©TAAFEC. All Rights Reserved.
イラスト:須田正己

全793本の中から選ばれたコンペティション部門の長編・短編グランプリ、優秀賞が決定しました。

本記事では各賞の受賞作品をご紹介します。

スポンサーリンク

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)とは

東京アニメアワードフェスティバルとは、新たな人材の発掘・育成、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的とした国際アニメーション映画祭のこと。

東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図り、クリエーターや観客に刺激と感動を提供し、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信します。

2014年より開催され、2019年で6回目の開催となりました。

日本国内で未興行の世界のアニメーション作品を対象にした「コンペティション部門」、日本国内で発表されたアニメーション作品を対象とした「アニメ オブ ザ イヤー部門」、アニメーション業界に貢献された方々を顕彰し、先人達の歴史、技術、生き様を伝える「アニメ功労部門」を中心に、その他招待作品の上映やイベントを実施しています。

「東京アニメアワードフェスティバル 2019」開催概要

日 程:2019年3月8日(金)~3月11日(月)

会 場:池袋シネマ・ロサ、池袋 HUMAX シネマズ、シネ・リーブル池袋、新文芸坐、シネマサンシャイン池袋、区民ひろば南池袋、サンシャインシティ 噴水広場、サンシャイン水族館、豊島区庁舎、WACCA 池袋など

【主催】
東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会

【共催】
東京都

【特別協賛】
豊島区

TAAF2019コンペティション部門受賞作

高いクオリティと、オリジナリティを持つ作品を上映し、クリエーターや観客に刺激と感動を提供し、新たな人材の発掘と、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的としているコンペティション部門。

独創的で強いメッセージ性を持ち、新たな可能性を秘めた、長編、短編アニメーション作品を、全世界から募集。

2019年度のコンペティション部門には、国と地域数、応募数共に2018年を上回る56の国と地域より、793作品が集まりました。

長編アニメーショングランプリ作品『アナザー デイ オブ ライフ』


© 2017: Platige Films SP. Z O. O., Kanaki Films S. L, Walking the Dog BVBA, Wüste Film GMBH, Animationsfabrik GMBH, Arena Comunicacion Audiovisual S. L

『アナザー デイ オブ ライフ』の作品情報

【英題】
ANOTHER DAY OF LIFE

【製作国】
ポーランド・スペイン・ベルギー・ドイツ・ハンガリー

【監督】
ラウル・デ・ラ・フエンテ(Raul de la Fuente)、ダミアン・ネノウ(Damian Nenow)

『アナザー デイ オブ ライフ』のあらすじ

1975年のワルシャワ。

カプシンスキはベテランのすご腕ジャーナリストで、また理想主義者で、見込みの無い活動や革命の友と呼べる男でもあった。

彼は、血みどろの内戦が勃発したアンゴラへ自分を派遣するよう、上司を説得します。

自ら命を断つような無謀な旅に出発するカプシンスキ。

内戦の心臓部アンゴラは彼を大きく変えてしまい…。

スポンサーリンク

長編アニメーション優秀賞『パチャママ』


© 2018 Folivari / O2B Films / Doghouse Films / Kaïbou Production Pachamama Inc / Blue Spirit Studio / Haut et Court Distribution

『パチャママ』の作品情報

【英題】
Pachamama

【製作国】
フランス・ルクセンブルク・カナダ

【監督】
ファン・アンティン(Juan Antin)

『パチャママ』のあらすじ

舞台はアンデス山中。

シャーマン(呪術師)になる事を夢見る男の子テップルパイと、親友の女の子ナエラのアクション冒険物語です。

彼らの村から神聖な宝物が持ち去られてしまい、ふたりは取り戻す大作戦に乗り出しますが…。

短編アニメーショングランプリ『花咲く道 11歳』

『花咲く道 11歳』の作品情報

【英題】
Bloeistraat 11

【製作国】
ベルギー・オランダ

【監督】
ニンケ・ドゥーツ(Nienke Deutz)

『花咲く道 11歳』のあらすじ

子ども時代の最後の夏休みを、家の周りで楽しく過ごす大親友のふたり。

過ぎ行く夏の中、ふたりの身体に変化が起き始め、友情関係をぎこちないものにしてしまいます。

思春期が二人の仲を割こうとしているようで…。

スポンサーリンク

短編アニメーション優秀賞『聖者の機械6–前へ進め』


©Jossie Malis

『聖者の機械6–前へ進め』の作品情報

【英題】
Bendito Machine VI – Carry On

【製作国】
スペイン・フランス

【監督】
ジョジー・マリス(Jossie Malis)

『聖者の機械6–前へ進め』のあらすじ

得体の知れないバイオ技術が織りなす未来。

もうすぐ“なにか”が訪れようとしていて…。

短編アニメーション豊島区長賞『黄昏のクインテット(五重奏)』


©Realwood Stop Motion Studio

『黄昏のクインテット(五重奏)』の作品情報

【英題】
The Quintet of the Sunset

【製作国】
中国

【監督】
ジエ・ウォン(Jie Weng)

『黄昏のクインテット(五重奏)』のあらすじ

動物の目線から、移りゆく人間の人生を観察た作品。

ジーナが愛を持って世話をしているおかげで、猫たちは健康で幸せな生活を送っています。

ジーナの人生が終わりを迎えるとき、猫たちは…。

TAAF2019アニメ オブ ザ イヤー部門受賞作

1年間に日本国内で放送・上映された商業作品から、ファンや、アニメーション業界の方々の投票により各賞が決定。

アニメファン賞」はファンの投票のみで決まり、そして、「作品賞」と「個人賞」は業界内の方々の投票により決まります。

作品賞・劇場映画部門『名探偵コナン ゼロの執行人』


© 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

・『名探偵コナン ゼロの執行人』の作品情報

【原作】
青山剛昌

【監督】
立川 讓

【声のキャスト】
高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹、茶風林、緒方賢一、岩居由希子、高木渉、大谷育江、林原めぐみ、上戸彩、博多大吉

『名探偵コナン ゼロの執行人』のあらすじ

東京で開かれるサミットの会場となる東京湾の巨大施設「エッジ・オブ・オーシャン」で、大規模爆破事件が発生。

事件の裏には、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影がありました。

サミット当日ではなく事前に起こされた爆破事件と、安室の行動に違和感を抱くコナン。

そんな折、爆破事件の現場から毛利小五郎のものと一致する指紋が発見され…。

作品賞・テレビ部門『ゾンビランドサガ』


© ゾンビランドサガ製作委員会

アニメ作品『ゾンビランドサガ』の作品情報

【監督】
堺宗久

【声のキャスト】
宮野真守、本渡楓、田野アサミ 、種田梨沙 、河瀬茉希 、衣川里佳 、田中美海 、三石琴乃

『ゾンビランドサガ』のあらすじ
2008年、高校2年生の源さくらは、軽トラックにはねられてしまいます。

2018年、とある洋館で記憶を失ったまま目覚めたさくら。

突然ゾンビの少女たちに襲われて外に逃げ出すが、自身もゾンビと化していることに気付きます。

そこに現れた青年から、佐賀県の認知度を上げるご当地アイドル企画「ゾンビランドサガプロジェクト」のため、ゾンビとして甦ったことを知らされ…。

アニメファン賞『BANANA FISH』


© 吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

・『BANANA FISH』の作品情報

【原作】
吉田秋生「BANANA FISH」(小学館 フラワーコミックス刊)

【監督】
内海紘子

【声のキャスト】

内田雄馬、野島健児、平田広明、石塚運昇、古川慎、細谷佳正、川田紳司、福山潤、千葉翔也、斉藤壮馬、森川智之

『BANANA FISH』のあらすじ

ニューヨーク。

並外れて整った容姿と、卓越した戦闘力を持つ少年・アッシュ。

ストリートギャングを束ねる彼は、手下に殺された男が死ぬ間際に“バナナフィッシュ”という謎の言葉を発するのを耳にします。

時を同じくして、カメラマンの助手として取材にやってきた日本人の少年・奥村英二。

二人はともに“バナナフィッシュ”の謎を追い求めることに…。

まとめ

般社団法人日本動画協会が主催し、東京都が共催する国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。

2019年は3月8日(金)から3月11日(月)まで、豊島区内の映画館やイベント施設で開催されました。

793作品の中からコンペティション部門長編アニメーショングランプリに輝いたのは、『アナザー デイ オブ ライフ』、短編アニメーショングランプリは『花咲く道 11歳』です。

さまざまな国のプロフェッショナルが生み出すアニメが一堂に会する祭典、東京アニメアワードフェスティバル。

今後も開催が楽しみですね。

関連記事

新作映画ニュース

映画Cosmetic DNA|藤井愛稀/仲野瑠花/川崎瑠奈らキャスト陣と大久保健也監督が公開初日舞台挨拶に登壇!

映画『Cosmetic DNA』公開初日舞台挨拶に 主演・藤井愛稀らメインキャスト陣と監督が登壇! 大久保健也監督の完全オリジナルストーリーによって手がけた長編デビュー作『Cosmetic DNA』。 …

新作映画ニュース

映画『ホムンクルス』ヤクザ組長役は内野聖陽!演技力の評価とプロフィール紹介

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化した …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

新作映画ニュース

樋口真嗣×大庭功睦『キュクロプス』トークショーinテアトル新宿。映画監督としての信念とは

大庭功睦監督の和製ノワール作品『キュクロプス』。 大庭功睦監督(左)樋口真嗣監督(右)©︎Cinemarche 現在、テアトル新宿においてレイトショー上映されている大庭功睦監督作品『キュクロプス』。 …

新作映画ニュース

映画『燃えよ剣』キャストの岡田准一は土方歳三役!演技力の評価とプロフィール

映画『燃えよ剣』は2021年10月15日(金)に全国公開 国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化。 『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み、柴咲コウ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学