Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/02
Update

【大阪アジアン映画祭2020情報】上映はスケジュール通り実施!舞台挨拶とQ&Aのみ中止のお知らせ

  • Writer :
  • 石井夏子

2020年の大阪アジアン映画祭は、すべての舞台挨拶を中止へ。

2020年3月6日から15日に開催の第15回大阪アジアン映画祭。

本映画祭は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を巡る昨今の状況を鑑み、上映会場における全ての舞台挨拶の中止を決定しましたのでお知らせいたします。

なお、上映については、予定通り実施されます。

第15回大阪アジアン映画祭の開催概要

【名称】
第15回大阪アジアン映画祭
OSAKA ASIAN FILM FESTIVAL 2020

【テーマ】
大阪発。日本全国、そしてアジアへ!

【会期】
2020年3月6日(金)~3月15日(日)

【会場】
梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、他

【チケット】
2020年2月23日(日)から発売開始

※詳細は大阪アジアン映画祭公式サイトにてご確認ください。


【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

映画『ワイン・コーリング』劇場公開は11月1日よりシネスイッチ銀座やアップリンクにて上映。“映画で旅する自然派ワイン”とは

フランスワイン界の革命児たちを追ったドキュメンタリー。 今注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと、愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画『ワイン・コーリング』が、2019年11 …

新作映画ニュース

中野量太監督&蒼井優×竹内結子ら舞台挨拶!『長いお別れ』映画プレミア試写会イベントリポート

驚きの家族ルールを告白し姉妹の絆がより深まる! 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長 …

新作映画ニュース

ミッション:インポッシブル/フォールアウト|映画公開直前!4DX360°動画解禁

トム・クルーズ主演、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、いよいよ8月3日(金)公開!! 4DX版公開記念「無人4DX 360°動画」が到着しました!! “4DXエクストリーム版”で楽 …

新作映画ニュース

映画『マークスマン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。リーアム・ニーソンが最強の元狙撃兵と化して凶悪な麻薬カルテルと対峙するアクション・エンタテインメントが日本上陸!

狙う! 撃つ!! 仕留める!!! 今度のリーアム・ニーソンは、的中率100%の元狙撃兵 凶悪麻薬カルテルから 身寄りのない少年を守り抜け! 妻に先立たれた元狙撃兵と家族を失ったメキシコ人少年のアメリカ …

新作映画ニュース

佃尚能映画『万置き姉弟』あらすじとキャスト。前田紘孝が遺した平成最後のお馬鹿ムービー!

世界で25冠受賞している佃尚能監督の映画『万置き姉弟』。 “平成最後のお馬鹿ムービー”『万置き姉弟』が、 2019年3月8日(金)・9日(土)にゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で、世界初公 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学