Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/27
Update

映画『ANNA/アナ』予告編/上映館。リュック・ベッソンが戦うヒロインを描くエンターテインメント!

  • Writer :
  • 松平光冬

『ニキータ』『レオン』に続く最強にして美しいヒロインが登場。

『ニキータ』(1991)、『レオン』(1995)、『LUCY/ルーシー』(2014)で魅力的な“闘うヒロイン”を次々生み出してきたリュック・ベッソン監督


(C)2020 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そのベッソンの最新作『ANNA/アナ』が、TOHOシネマズ日比谷ほかにて近日全国ロードショーされます。

映画公開に先がけ、新たに予告編、日本版本ポスタービジュアル、そして場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『ANNA/アナ』について

(C)2020 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作『ANNA/アナ』は、『ニキータ』、『レオン』、『LUCY/ルーシー』と、闘うヒロインが主人公の映画を次々と放ってきた、リュック・ベッソン監督の最新作です。

ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた殺し屋のアナが、押し寄せる刺客とノンストップバトルを繰り広げます。

主人公のアナ役には、シャネル、ディオール、ヴァレンチノなどのハイブランドのモデルを務めたロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスを大抜擢。

5分で40人を倒すリアル且つ壮絶なファイティングシーンを、見事に演じています。

共演に、アナを育てたKGBの上司オルガ役に、『クィーン』でアカデミー賞を受賞したヘレン・ミレン。

アナを支える同胞アレクセイ役に『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2018)のルーク・エヴァンス、CIA捜査官レナード役に「ダークナイト」トリロジー(2005~13)のキリアン・マーフィと、演技派を揃えました。

映画『ANNA/アナ』の予告編

映画公開に先がけ、予告編が公開されました。

解禁となる映像には、KGB最強の殺し屋アナが任務中にあやまってCIAに捕まり、KGB(ソ連)とCIA(アメリカ)の間で揺れ動きながらも、究極のミッションに立ち向かう様子が映し出されます。

リュック・ベッソン監督の十八番ともいえる、“闘うヒロイン”要素もふんだんに散りばめられ、アナ役のサッシャ・ルスが、いくつもの“顔”を使い分けて男を欺き、長い腕で銃を構え、長い脚で蹴り飛ばし、皿をも武器に使って闘う暴れっぷりを見せてくれます。

「殺されるか、CIAに寝返るか、どちらにする?」と脅しをかけるキリアン・マーフィや、「裏切るのか!?」とせめ立てるルーク・エヴァンス、「KGBをナメないで」と啖呵をきるヘレン・ミレンなど、一筋縄ではいかない切れ者たちの姿も。

ベッソンが生んだ新たなヒロインの、リアルかつ壮絶なノンストップアクションに、期待が膨らむ映像になっています。

スポンサーリンク

映画『ANNA/アナ』の日本版ポスタービジュアル

(C)2020 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画公開に先がけ、日本版ポスタービジュアルも公開されました。

ポスタービジュアルでは、グロック拳銃を構えたアナが、返り血を浴びながらも標的を見据えている姿が収められています。

「殺って、魅せる。」という刺激的なキャッチコピーも添えられており、リュック・ベッソンならではのノンストップアクションに、さらに期待が膨らむビジュアルとなっています。

映画『ANNA/アナ』の作品情報

(C)2020 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(フランス・アメリカ合作映画)

【原題】
ANNA

【監督・脚本・製作】
リュック・ベッソン

【製作】
マーク・シュミューガー

【キャスト】
サッシャ・ルス、ルーク・エヴァンス、キリアン・マーフィ、ヘレン・ミレン、アレクサンドル・ペトロフ、レラ・アボヴァ、ルーク・エヴァンス、キリアン・マーフィ

スポンサーリンク

映画『ANNA/アナ』のあらすじ

(C)2020 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1990年、ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の殺し屋、アナ。

美しきファッションモデルやコールガールなどの複数の顔を持つ彼女の使命は、国家にとって危険な人物を次々と消し去ることでした。

その明晰な頭脳とトップクラスの身体能力を駆使して、アナは国家間の争いを左右する一流の暗殺者への進化を遂げていきます。

しかしそんな中、アメリカのCIAの巧妙な罠にはめられ、捜査官レナードから成功率0%の究極の取引を迫られることに。

最大の危機を前にしたアナは、さらなる覚醒を果たし、世界の命運を握る二大組織KGBとCIAの脅威へと化していくのでした―。

まとめ


(C)2020 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ニキータ』、『LUCY/ルーシー』といった代表作以外に、『ジャンヌ・ダルク』(1999)、『アデル/ファラオと復活の秘薬』(2010)、『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』(2011)などで“強いヒロイン”を描いてきたリュック・ベッソン

製作と脚本で参加した『コロンビアーナ』(2011)でも、やはり殺し屋となったヒロインを主人公にするなど(元々は『レオン』の続編として企画)、ベッソンが追い求める女性像は一貫しています。

本作『ANNA/アナ』での主人公アナが、どのような描かれ方をしているのか、実に興味深いところ。

成功率0%の究極のミッションに、アナが下した衝撃の決断とは?

すべての予測を裏切るノンストップ・アクション・エンターテインメントを、お見逃しなく。

映画『ANNA/アナ』は、TOHOシネマズ日比谷ほかにて近日全国ロードショー



関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの青木保子役は緒川たまき【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

オダギリジョー初監督映画『ある船頭の話』公開決定!あらすじとキャストに見た国際派俳優のマルチな才能とは

日本が誇る国際派俳優オダギリジョーが、監督を務める長編作品『ある船頭の話』が9月より新宿武蔵野館ほかでの全国公開! 本作『ある船頭の話』は、キャスト陣はもちろんですがスタッフも超豪華! 今回は解禁にな …

新作映画ニュース

映画『ドクター・スリープ』あらすじとキャスト。原作スティーヴン・キングの新作の公開日が決定!

伝説的ホラー映画『シャイニング』の惨劇から40年後の続編が公開! スティーヴン・キングが2013年に発表した同名小説を基に、前作『シャイニング』(1980)ではまだ幼かったダニーの40年後が描かれる映 …

新作映画ニュース

【なら国際映画祭2020情報】 学生映画部門のコンペティション作品応募受付は5月15日まで延長!

NARA-wave2020/なら国際映画祭 ~学生映画・映像作品募集期間延長のお知らせ~ (c)なら国際映画祭 2020年9月18日(金)~22日(祝)に開催すべく準備中の「なら国際映画祭 2020」 …

新作映画ニュース

映画『ブレッドウィナー』劇場公開日は12月20日に決定!世界各国で評価されたアニメの内容とは

家族のために髪を切り“少年”になった勇気ある少女の物語。 第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞・審査員特別賞・最優秀音楽賞受賞、アニメ界のアカ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP