Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/12/08
Update

映画『355』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ジェシカ・チャステインら人気実力派女優がスパイアクションに挑む

  • Writer :
  • 石井夏子

「ジェイソン・ボーン」シリーズの製作チームが贈る本格スパイ・アクション!
アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国、各国を代表する、凄腕女性エージェントが世界を救う!?

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなどの実力者が集結し、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション大作、“355”。

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

邦題が『355』(※スリー・ファイブ・ファイブ)となり、日本公開が2022年2月4日(金)に決定しました。

併せて場面写真、ビジュアルも解禁となります。

場面写真は、ジェシカ、ダイアン、ルピタの3人が銃を構えているところ。激しいアクションを想像させるビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

映画『355』について

本作の登場人物はCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織のグラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成。

それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。

世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーをめぐって、世界中の凄腕エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション大作『355』

本作は『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助
演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ
カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派俳優たちがアメリカ、イギリスなどの各国エージェントを演じています。

また監督には『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。

豪華キャストの競演と誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開に是非注目してください。

※“355”とは、18世紀アメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームのこと。

映画『355』の本ビジュアル

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

今回解禁するビジュアルは、ジェシカ・チャステインを中心に5人の実力派が並んでいて、その背景に各国エージェントの国旗が見えます。

まさしく『オーシャンズ11』のような、女性エージェントの精鋭たちが終結したと思わせるビジュアルとなりました。

スポンサーリンク

映画『355』の作品情報

【日本公開】
2022年(イギリス映画)

【監督】
サイモン・キンバーグ

【脚本】
テレサ・レベック、サイモン・キンバーグ

【音楽】
トム・ホーケンバーグ

【キャスト】
ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴ with エドガー・ラミレス and セバスチャン・スタン

【US公開日】
2022年1月7日予定(US配給:Universal)

映画『355』のあらすじ

格闘術のスキルが高い CIA のメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱える BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストで MI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成します。

それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのでしょうかー。

スポンサーリンク

まとめ

各国の凄腕が集結し結成されたスパイ界のドリームチーム“355”。

国際テロ組織から極秘兵器“テクノロジーデバイス”を奪還し、第三次世界大戦を阻止できるのか!?

スパイ・アクション大作『355』は、2022年2月4日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『時の行路』あらすじ/キャスト/公開日。実話の非正規雇用問題を神山征二郎監督30本目の記念作として送り出す!

「非正規」で働く人々の現在を通して日本の未来を問う問題作。 「派遣切り」に立ち向かう父と家族と仲間たちの希望の物語。 『ハチ公物語』(1987)や『遠き落日』(1992)などで、人間の姿を真摯に描いて …

新作映画ニュース

「スター・トレック」ファン限定!映画『500ページの夢の束』 試写会レポート

ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー! 本作の主人公は、『スター・トレック』が大好きで、その知識は誰にも負けないウェンディ。 本作 …

新作映画ニュース

映画『カオス・ウォーキング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トム・ホランド&デイジー・リドリーの新感覚SF

『ボーン・アイデンティティー』ダグ・リーマン監督最新作! 巨大宇宙船、エイリアンとの戦い、謎に満ちた星──壮大なスケールと映画史上初の設定によるエキサイティングなストーリーで、映画ファンを驚愕と歓喜の …

新作映画ニュース

韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』あらすじ/公開日/上映館。マ・ドンソク最新作はクライムアクション・エンターテインメント!

マ・ドンソクの原点にして最強進化系!韓国大ヒット作が日本上陸。 『新感染 ファイナル・エクスプレス』で強烈なインパクトを与え、その後も『犯罪都市』、『無双の鉄拳』、『悪人伝』、夏に日本公開を控えるイ・ …

新作映画ニュース

映画『真夏の夜のジャズ4K』日本公開日/上映館。音楽ドキュメンタリーのデジタルリマスター版がスクリーンに蘇る!

『真夏の夜のジャズ』初公開から60周年。 ジタルリマスターされた4K版が本邦初公開! 日本のジャズシーンの方向性を決定づけたと言われる伝説の夏フェス(アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学