Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/12/08
Update

映画『355』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ジェシカ・チャステインら人気実力派女優がスパイアクションに挑む

  • Writer :
  • 石井夏子

「ジェイソン・ボーン」シリーズの製作チームが贈る本格スパイ・アクション!
アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国、各国を代表する、凄腕女性エージェントが世界を救う!?

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなどの実力者が集結し、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション大作、“355”。

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

邦題が『355』(※スリー・ファイブ・ファイブ)となり、日本公開が2022年2月4日(金)に決定しました。

併せて場面写真、ビジュアルも解禁となります。

場面写真は、ジェシカ、ダイアン、ルピタの3人が銃を構えているところ。激しいアクションを想像させるビジュアルとなっています。

映画『355』について

本作の登場人物はCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織のグラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成。

それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。

世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーをめぐって、世界中の凄腕エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション大作『355』

本作は『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助
演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ
カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派俳優たちがアメリカ、イギリスなどの各国エージェントを演じています。

また監督には『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。

豪華キャストの競演と誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開に是非注目してください。

※“355”とは、18世紀アメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームのこと。

映画『355』の本ビジュアル

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

今回解禁するビジュアルは、ジェシカ・チャステインを中心に5人の実力派が並んでいて、その背景に各国エージェントの国旗が見えます。

まさしく『オーシャンズ11』のような、女性エージェントの精鋭たちが終結したと思わせるビジュアルとなりました。

映画『355』の作品情報

【日本公開】
2022年(イギリス映画)

【監督】
サイモン・キンバーグ

【脚本】
テレサ・レベック、サイモン・キンバーグ

【音楽】
トム・ホーケンバーグ

【キャスト】
ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴ with エドガー・ラミレス and セバスチャン・スタン

【US公開日】
2022年1月7日予定(US配給:Universal)

映画『355』のあらすじ

格闘術のスキルが高い CIA のメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱える BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストで MI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成します。

それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのでしょうかー。

まとめ

各国の凄腕が集結し結成されたスパイ界のドリームチーム“355”。

国際テロ組織から極秘兵器“テクノロジーデバイス”を奪還し、第三次世界大戦を阻止できるのか!?

スパイ・アクション大作『355』は、2022年2月4日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

映画『ビースト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。韓国ノワールとして『あるいは裏切りという名の犬』を原案に描くスリラー作品

韓国の映画界とドラマ界で活躍する屈指の演技派の二人が火花を散らして競演! イ・ソンミンとユ・ジェミョンが競演する韓国映画『THE BEAST』(英題)。 (C) 2019 NEXT ENTERTAIN …

新作映画ニュース

【キミオイ】山田裕貴&齋藤飛鳥が制服で完成披露!舞台挨拶情報も『あの頃、君を追いかけた』

山田裕貴&齋藤飛鳥ほか、キミオイのキャストが劇中の制服を着て勢ぞろい! 9月18日(火)映画『あの頃、君を追いかけた』の完成披露試写会がTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されました。 この日は山田裕貴 …

新作映画ニュース

予告ナレーションは遠藤憲一!ドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』シーン写真も解禁

『マックイーン:モードの反逆児』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開! 前衛的なデザインと独自の美学、ずば抜けた想像力から生み出される数々のショーで世界を魅了しながらも、その成功の影 …

新作映画ニュース

映画『劇場版BEM』公開日/予告動画。妖怪人間ベム最終章の主題歌はりぶとTK(凛として時雨)が担当!

「妖怪人間ベム」宿命にして最大の願いが叶えられる最終章。 ベムがついに人間に…!? 原作の持つ設定やメッセージ性を残しつつも、全く新しい解釈を施し舞台設定やキャラクターを大胆に変更した完全 …

新作映画ニュース

映画『ラストレター』プロデューサーは川村元気【作品評価とプロフィール】

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開! 2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。 監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学