Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/23
Update

映画『燃えよ剣』キャストの岡田准一は土方歳三役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『燃えよ剣』は2021年10月15日(金)に全国公開

国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化。

『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明といった実力派キャストが名を連ねています。

映画は土方歳三の没後150年となる2019年に製作。

この記事では土方歳三役の岡田准一について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』の作品情報


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫刊)

【監督・脚本】
原田眞人

【キャスト】
岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明

【作品情報】

『関ヶ原』(2017)を第41回日本アカデミー賞10部門受賞に導いた、原田眞人監督と岡田准一が再び手を組んだ歴史大作『燃えよ剣』。

『関ヶ原』と同じく、司馬遼太郎による幕末小説『燃えよ剣』を原作として製作されました。

新撰組の3本柱、土方歳三を岡田准一、近藤勇を鈴木亮平、沖田総司を山田涼介が演じます。

また本作のヒロインであり、司馬遼太郎が小説のオリジナルキャラクターとして描いた、土方歳三の恋人お雪に柴咲コウが扮します。

映画『燃えよ剣』のあらすじ


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

江戸末期。武蔵国多摩郡石田村(現在の東京都日野市石田)に生まれた農民の子、土方歳三。

「バラガキ(イバラのような乱暴者)のトシ」と呼ばれた彼には、組織作りの才能がありました。

江戸幕府将軍の守護のために結成された新撰組は、当初、農民の子や浪人の寄せ集めに過ぎませんでした。

新撰組の初代局長・芹沢鴨を暗殺したのち、近藤勇を局長へと押し上げる土方。

土方は近藤勇を補佐し、自らは“鬼の副長”として憎まれ役に徹し、組織作りに力を注ぎます。

新撰組は彼の統率で、幕末最強の集団へと変貌していき……。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』土方歳三役は岡田准一

参考映像:『永遠の0』(2013)

映画『燃えよ剣』で土方歳三役を演じる岡田准一は1980年11月18日生まれの俳優、歌手、タレント。大阪府出身。ジャニーズ事務所所属でアイドルグループV6のメンバー。妻は女優の宮崎あおい

1995年のバラエティ番組での公開オーディションを通じて芸能界入りし、バレーボールワールドカップ公式応援団として結成されたV6のメンバーに14歳にして選ばれました。

2003年『COSMIC RESCUE』で映画初出演にして初主演。

同年には、ドラマ『木更津キャッツアイ』の劇場版『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』で映画単独初主演を果たしました。

同じくその年の『花よりもなほ』で映画賞を受賞。

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演。

俳優としても2014年には『永遠の0』と『蜩ノ記』で日本アカデミー賞2冠を達成するなど高い演技力を認められています。

2018年には主演映画『散り椿』が国際映画祭で賞を受賞しました。

本作の原田眞人監督作『関ケ原』や『海賊と呼ばれた男』、ドラマ『タイガーアンドドラゴン』『白い巨塔』など多数作品で活躍。

カリやジークンドー、USA修斗のインストラクター認定を受けるほど格闘技能力に長けており、映画『図書館戦争』『ザ・ファブル』やドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』などで切れのあるアクションをみせています。

2017年に女優の宮崎あおいと結婚し、1児に恵まれています。

映画『燃えよ剣』土方歳三はどんな役?


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

岡田准一演じる土方歳三は本作の主人公。新選組副長

優れた剣術の腕の持ち主で、厳しい戒律で組織を統率する異才の持ち主。

少年時代は茨のように棘だらけで、うかつに触るとケガをする「バラガキ」とあだ名をつけられていました。

スポンサーリンク

岡田准一の演技力の評価は

参考映像:『蜩ノ記』(2014)

目力の強い演技派として知られる岡田准一。演技の幅広さ、演じ切る能力は、多方面から高く評価されています

2015年第38回日本アカデミー賞で『永遠の0』で最優秀主演男優賞、『蜩ノ記』で最優秀助演男優用をダブル受賞しました。

男優でのダブル受賞は同賞初、また現役ジャニーズタレントの受賞も初となる快挙でした。

受賞スピーチでは、1999年共演した故・緒形拳より「お前は芝居に向いている。続けなさい」と言ってもらったことを糧に役者をなんとか続けてこられたと語り、「映画人と認めて頂けて」と感涙しました。

この2作ではそのほか報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞などでも主演男優賞を受賞しています。

その後も『海賊とよばれた男』『関ケ原』でも日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞

2018年には主演映画『散り椿』が第42回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞し、岡田自身も第42回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

アクション俳優としても唯一無二の存在として知られています。

ドラマ『SP』をきっかけに、伝統武術カリをはじめ、ジ-クンドー、修斗のインストラクターの資格を取得するなど、ストイックに仕事に向き合ってきました。

『SP』で第56回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞、『散り椿』で第7回ジャパンアクションアワードベストアクション男優賞最優秀賞を受賞しています。

近年ではコミカルなアクション映画『ザ・ファブル』が好評を博し、続編が公開されました。

岡田得意の時代劇で、アクション要素も大きなみどころとなっている本作『燃えよ剣』での活躍に期待が高まります

岡田准一の公式SNSの紹介

残念ながら岡田准一の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

激動の幕末を描いた司馬遼太郎の傑作歴史小説を原田眞人監督が実写映画化した『燃えよ剣』

主人公・土方歳三を演じるのは、原田監督と『関ケ原』でタッグを組んだ経験を持ち、アクションを得意とする演技派として知られる岡田准一

沖田総司役を山田涼介、近藤勇役を鈴木亮平、お雪役を柴咲コウ、芹澤鴨役を伊藤英明が演じます。

尾上右近、山田裕貴、坂東巳之助、坂井真紀、松下洸平、村上虹郎、柄本明、市村正親ら豪華キャストが共演。

注目の映画『燃えよ剣』は、2021年10月15日(金)より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『HERO〜2020』あらすじ。舞台キャストに加え斎藤工と松尾諭が出演し初夏公開!

映画『HERO〜2020〜』は2020年初夏公開予定。 初夏に公開が決定している西条みつとしの長編映画監督デビュー作・映画『HERO〜2020〜』。 斎藤工 廣瀬智紀、北原里英ら舞台版にも出演したキャ …

新作映画ニュース

映画『シキ』あらすじ/キャスト。吉村界人と福田沙紀で熊本を舞台に山口龍大朗監督が贈る“再生物語”

都会に疲れた男が熊本県の美しい景色に魅了される。 吉村界人主演の短編映画『シキ』が、2023年夏に劇場公開となり、間もなく公開となる映画『人』の山口龍大朗監督と再タッグ。 この度、ティザービジュアル、 …

新作映画ニュース

映画『モエカレはオレンジ⾊』あらすじ/キャスト/劇場公開日。岩本照×⽣⾒愛瑠共演の胸キュンラブストーリー!

超シャイな消防⼠×ぼっちのJKの不器⽤な2⼈の恋の⾏⽅はー!? ⼥⼦共感度120%!2022年1番ピュアなラブストーリー! 主演にSnow Manの岩本照、ヒロインに⽣⾒愛瑠をむかえた映画『モエカレは …

新作映画ニュース

映画『マイ・ブックショップ』あらすじと感想レビュー。イザベル・コイシェ監督の最新作の見どころ

本を通して得られるものは、知識だけではないのです。 (C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films S …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。猫目はちは兄の婚約者である榊果歩役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学