Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/24
Update

映画『21世紀の資本』予告編と場面写真紹介。難しい読破不能な原作をわかりやすく映像化!

  • Writer :
  • 松平光冬

人はなぜ、働いても豊かになれないのか?

フランスの経済学者トマ・ピケティによる300万部の世界的大ベストセラー『21世紀の資本』


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

本書を映画化した社会派ドキュメンタリー映画『21世紀の資本』が、2020年3月20日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開されます。

映画公開に先駆け、予告編および場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『21世紀の資本』の見どころ

(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

フランスの経済学者トマ・ピケティが出版し、史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた経済学書「21世紀の資本」。

ですが、およそ700ページという超大作のため、完読が難しいとされていました。

そこで、著者のピケティ自身が監修から出演までこなし、一般の人も五感だけで理解できるよう完全映画化したのが、本作『21世紀の資本』です。

自著を映画化するにあたり、ピケティは著名な経済学者とともに、自ら実証した「格差論」などを、難しい数式など一切使わずに映像で表現しています。

『ウォール街』(1988)、『プライドと偏見』(2005)、『レ・ミゼラブル』、『ザ・シンプソンズ』などの映画や小説、ポップカルチャーなどをふんだんに引用することで、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取る構成となっています。

映画『21世紀の資本』の予告編

公開に先駆け、予告編も解禁されました。

冒頭から目に飛び込んでくるのは、「お金」「格差」「権力」「貧困」という現代を象徴するようなパワーワードの数々。

続けて、原作者であるトマ・ピケティがこう明言します。

21世紀は恐ろしい時代に突入する。それは歴史が証明している。

続けて、18世紀の貴族制、第二次世界大戦、レーガン元大統領の有名なフレーズ「アメリカを再び偉大に!」など、過去300年のフッテージを映し出し、社会を混沌とさせた出来事をなぞりながら、”この世は仕組まれている”という、衝撃の真実に迫っていきます。

そして最後では、一足先に本作を鑑賞したジャーナリストの池上彰から寄せられた、「いくら働いても豊かになれない秘密を映画は教えてくれる。そして、解決策も提示している」という言葉で締めくくられています。

スポンサーリンク

映画『21世紀の資本』の作品情報

(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

【日本公開】
2020年(フランス・ニュージーランド合作映画)

【監督】
ジャスティン・ペンバートン

【製作】
マシュー・メトカルフ

【編集】
サンディ・ボンパー

【撮影】
ダリル・ワード

【監修】
トマ・ピケティ

【キャスト】
トマ・ピケティ、ジョセフ・E・ステイグリッツ

映画『21世紀の資本』のあらすじ

(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

2014年に出版されたトマ・ピケティの経済書『21世紀の資本』。

執筆期間こそ1年ながら、データ収集に15年かけたというこの本は、20カ国以上の国の3世紀にわたる「所得と資産の歴史」から、人々の間の「格差」が拡大していくことを実証し、またたく間に世界的ベストセラーとなりました。

しかし、およそ700ページという超大作のため、完読が難しいとも言われていました。

そこで、著者のピケティ自らが監修と出演を務めたドキュメンタリー映画の製作に着手します。

フランスのエレクトロポップ・デュオ、エール(Air)のジャン=ブノワ・ダンケルが担当する音楽に乗せ、貧富の格差について分かりやすく映像で提示。

働いても豊かになれないのはなぜなのか?

社会を混沌とさせた出来事をなぞりながら、”この世は仕組まれている”という衝撃の真実を、ピケティが暴いていきます。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

近年、映画界でも相次いでテーマとされる「格差社会」。

目を背けるのではなく、なぜ貧富の差が広がっているのか、その秘密をこの映画で知ってください。

あなたは21世紀をどう生きるべきか?その答えが本作『21世紀の資本』にあります。

ドキュメンタリー映画『21世紀の資本』は2020年3月20日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開



関連記事

新作映画ニュース

映画『男と女 人生最良の日々』あらすじ。キャストは1966年版と同じで新作公開は2020年1月31日に決定

恋愛映画の金字塔『男と女』、その53年後の物語――。 恋愛映画の金字塔と評される『男と女』(1966)の53年後の物語を、同じ監督と同じキャストで描いた『男と女 人生最良の日々』。 (C)2019 – …

新作映画ニュース

『一度も撃ってません』の映画舞台挨拶がリモート開催!阪本順治監督が上映劇場の広島シネマモードに登壇

映画『一度も撃ってません』は2020年7月3日(金)より続々と順次全国にて公開中!! 阪本順治監督が広島・福山駅前シネマモードにてリモート舞台挨拶を開催。 2020年8月現在、順次全国で公開中の映画『 …

新作映画ニュース

4DX上映劇場情報『ボヘミアン・ラプソディ』と『刀剣乱舞 ~結びの響、始まりの音~』

伝説のバンド『クイーン』その意気様が世界を変えた感動の物語を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』4DX。 そして全世界初となる2.5次元ミュージカルの4DX化という、圧巻の新次元コラボが実現したミュージ …

新作映画ニュース

吉本芸人くっきーと河本準一が映画『ある船頭の話』にキャスト出演。オダギリジョー監督とは幼馴染の仲!

ヴェネチア映画祭出品作にまさか過ぎる追加キャスト! 文明の波がひたひたと押し寄せ、新しいものが古いものに取って代わろうとしている山奥の村を舞台に、「本当に人間らしい生き方とは何か」を世に問う問題作が完 …

新作映画ニュース

映画『東京リベンジャーズ』キャストのタケミチ役は北村匠海。演技力評価とプロフィール紹介

映画『東京リベンジャーズ』は2021年7月9日よりロードショー 北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優共演の青春サスペンス『東京リベンジャーズ』が公開され …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学