Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2020/07/06
Update

映画『21世紀の資本』ネタバレ感想と考察。難しい資本主義の実態を原作者トマ・ピケティが監修

  • Writer :
  • もりのちこ

働いても働いても裕福になれない!?
現代の資本主義に潜む闇とは。

フランスの経済学者トマ・ピケティの著書「21世紀の資本」を映像化した社会派ドキュメンタリー映画。

「21世紀の資本」は、35カ国で翻訳され、経済学書としては異例の300万部という売り上げを記録しています。日本でも2014年に発売されブームとなりました。

映画化では700ページを超える本書の内容をぎゅっと凝縮。資本の観点から過去300年の世界の歴史を時系列に並べ、当時の資料映像を挟みながら、著書のピケティをはじめ、様々な専門家が分かり易く解説してくれます。

世の中に渦巻く格差社会への不満や政治不信。現代の資本主義の実態がわかる『21世紀の資本』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『21世紀の資本』の作品情報


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

【日本公開】
2020年(フランス・ニュージーランド合作映画)

【原作・監修】
トマ・ピケティ

【監督】
ジャスティン・ペンバートン

【キャスト】
トマ・ピケティ、ジョセフ・E・スティグリッツ

【作品概要】
世界中で翻訳されベストセラーを記録、日本でも13万部売り上げた経済学書、トマ・ピケティ著『21世紀の資本』が映像化されました。

フランスの経済学者であるトマ・ピケティは、パリの経済学校教授であり、2002年にはフランス最優秀若手経済学者賞を受賞しています。

今作『21世紀の資本』の映像化にあたり、著者ピケティが自ら監修をし出演も果たします。誰もが理解出来るように、難しい数式などは使用せず映画や小説、ポップカルチャーを取り入れ映像で表現しました。

軽快な映画音楽は、フランスのエレクトロポップデュオ『エール』のジャン=ブノワ・ダンケルが担当しています。

映画『21世紀の資本』のあらすじとネタバレ


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

1961年、ドイツのベルリンに突如、東西を隔てる壁が建てられました。米英仏の統治する資本主義の西ドイツと、ソ連が統治する社会主義の東ドイツに分けられたドイツ。

途端に、国家が経済を管理する社会主義国になった東ドイツの人々は戸惑い、西ドイツに逃げようとします。当時は、自由競争で個人や企業が利益を追求できる資本主義が指示されていたからです。

ベルリンの壁が崩壊する1989年までの間、多くの市民が逃亡の際、命を落としてきました。

フランスに住む『21世紀の資本』の著者トマ・ピケティも、ベルリンの壁の崩壊で受けた衝撃は忘れられないと言います。

そして現代、資本主義国では格差問題が深刻化しています。ピケティは宣言します。「18世紀から19世紀にかけて起こった凄まじい格差社会が、今まさに復活しているのだ」と。

そもそも資本の歴史とはいったいどのようなものなのでしょうか。

18世紀のヨーロッパでは、一部の貴族が資本を蓄え国を支配していました。出世も結婚もお金次第。金貸しで資金を増やし、土地を買い占め、資本と権力は代々相続されました。

映画『プライドと偏見』(2005)に見られるように、18世紀のイギリスでは女性に相続権はなく、豊かな財政の男と結婚するのが幸せとされていました。身分の差が問われる時代です。

19世紀初めのパリでは、ブルジョア層と民衆の貧富の差が大きく、絶対王政に苦しむ民衆が平等と自由を求め革命が続きます。その時代を描き出した映画には『レ・ミゼラブル』(2012)が挙げられます。

イギリスでは、18世紀中頃から産業改革が進みます。産業改革は資本主義生産様式を確立させますが、労働者は無権利で保証がなく、やはり格差を生み出します。労働者の地位向上を求めストライキが頻発します。

格差社会を逃れようと多くの難民がオーストラリアやカナダへと向かいました。しかし、待っていたのは、植民地における奴隷制度、広大な土地を所有する金持ちの支配でした。

鉄道、大量生産、鉱山資源など、世界中に広がる産業革命は、1914年とうとう世界大戦を引き起こします。第一次世界大戦は、愛国心を煽った資本の取り合いの戦争でした。

戦いに勝ったアメリカは、一攫千金を狙った成金たちが裕福層にのし上がります。酒の密輸に株の売買、銀行マンの悪徳取引。映画『華麗なるギャッツビー』(2013)状態です。

資本の肥やし期、バブルは一気にはじけます。1930年前後、アメリカニューヨークを皮切りに起こった世界恐慌。ウォール街の株価大暴落、金融崩壊、貿易戦争による倒産、失業が襲い掛かります。

映画『怒りの葡萄』(1940)に見られるような、農業不況の折、機械化で儲けようとする資本家たちが、貧困農民層を立ち退かせるという横暴ぶりも、自国の経済を衰退させていきました。

大規模なインフラ政策に乗り出したのが、1931年大統領に就任したルーズベルトです。地域開発に力を入れ、雇用と経済成長を促しました。

世界恐慌は資本主義国の経済に大きな打撃を与えました。植民地を持つ大国イギリス、フランスはブロック経済を、日本など植民地を持たない国は新たな資源を求め侵略行為に走りました。

時を同じくしてドイツでは、第一次世界大戦の敗北により多額の戦争賠償を支払わされ、貧困に陥いっていました。

ハイパーインフレと呼ばれる状態は、樽一杯に紙幣を詰めてもパン一斤すら買えませんでした。

1933年、アドルフ・ヒトラーが首相へ就任。ナチズムにより国民のあらゆる活動を統治し、義務付けることで結束をはかりました。

「ドイツ国民よ立ち上がれ」。そのファシズムは、1939年、世界を巻き込む第二次世界大戦の火種となりました。

以下、『21世紀の資本』ネタバレ・結末の記載がございます。『21世紀の資本』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

第二次世界大戦は、1945年終戦を迎えます。多くの犠牲を払い人々は、互いの人間性を尊重し合う啓蒙主義に目覚めます。資本を破壊し、国債の価値を下げ、社会の力関係を変えました。

医療制度の見直し、平等な学校教育、労働者のための福利厚生など平等性が求められます。勤勉さと努力で、豊かな生活も地位も築ける世の中。中産階級の誕生です。

世界は高度経済成長期へと移り変わます。資源開発、技術革新、豊富な労働力、貯蓄率の向上、人々は快適な生活を手に入れたかのようでした。

1948年から勃発したイスラエルとアラブ諸国の中東戦争は、約30年間にも及びました。第四次中東戦争を機にアラブ産油国からの石油が高騰し、世界で高インフレが起こります。

俗にいうオイルショックを経験し、世界はグローバル化していきます。アメリカは、日本車の参入で自国の産業開発に失敗。アメリカ資本独占の時代が衰退へと向かいます。

ロンドンでは、経済の停滞と物価の上昇が併存。失業率は増加するのに、賃金や物価は値上がりし、抗議デモが激しさを増します。財政破綻の末、国際通貨基金から融資を受けることに。

1981年、アメリカではレーガンが第40代アメリカ大統領に就任。スト参加者をクビにするなど、労働者への厳しい政策を打ち立てます。

1987年上映された映画『ウォール街』は、世界の金融市場の中心地、アメリカ・ウォール街を舞台に、若手商社マンによる企業買収の実態を描いた社会派金融サスペンスです。

金融緩和で、カードローンを始め借金が気軽に出来る時代へ。さらにグローバル化で、より安くより早く買えるカード支払いは、借金の膨らみで返済不能へと陥ります。

2008年、アメリカの投資銀行、リーマン・ブラザーズ・ホールディングが破綻。世界規模の金融危機となったリーマンショックです。

先進国のシェアが低下し、中国を中心とした新興国のシェアが上昇。世界経済の勢力図が変化していきます。

静かなクーデター。資本主義のもと、市民が権力を持ち個人の自由を尊重する民主主義を利用し、一部のエリートがお金で政治を買うようになります。

メディアを利用し、政治界に顔を利かせのし上がった、第45代アメリカ大統領。資本主義が生んだ怪物、あの男が君臨します。

現在、IT企業の凄まじい上昇は、タックスヘイブンを利用した大金を稼げる仕組みを作り上げています。税金を支払わない企業と国税局との対立です。

「頑張れば誰でも金持ちになれる」。それはウソです。一般人は、働いても賃金は上がらず、国からの充分な補償も受けられず、税金は上がるばかり。会社に所属しながらもフリーランスのような安定しない暮らしです。

資本の成長率(年4~6%)は、経済の成長率(年1.6%~)よりも高いという調査結果も出ています。社会権力の集中です。

人々の怒りは、差別や移民叩き、政治デモへと向けられます。これは、時代が逆戻りしている状態です。

ITの発達で、ますます失業率が高まるであろう未来に、資本の平等を考え直さないととんでもない格差社会が待っているのです。

映画『エリジウム』(2013)では、資本家が住む豊かなスペースコロニー「エリジウム」と、荒廃した地球に住む貧困層に分けられた世界を描いています。

そんな未来を迎えないために、まずは資本に興味を持ち、仕組みを知り、国のトップを自分たちで選びましょう。

スポンサーリンク

映画『21世紀の資本』の感想と評価


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

資本主義とは、労働力に応じて報酬を得られ、自由に経済活動を行える社会です。世界的には、18世紀後半から19世紀半ばに起こった産業革命以降に、資本主義が広がりました。

資本主義は、貴族など一部の金持ちがはびこっていた格差社会から、自由な経済活動で中産階級が出現することで、所得格差が縮まり所得分布が平等な社会になるとされていました。

しかし、現代の社会はどうでしょうか。貴族の世だったように資本が一部のエリートに集中し、見事な格差社会が誕生しています。

これまで、「資本主義は所得格差を生む」と大体的に宣言したものはありませんでした。「21世紀の資本」の著者ピケティは、200年以上にもわたる資本の歴史を紐解き、粘り強く統計を取りこの結論に至ったのです。

映画の予告でピケティは言います。「21世紀は恐ろしい時代に突入する。それは、歴史が証明している」と。

ところで、この映画の中で大変興味深い実験結果が紹介されています。カリフォルニア大学の心理学教授が行った、人生ゲームを使った実験です。

金持ち役と一般市民役にわかれ、人生ゲームをスタートさせます。金持ち役は、最初からサイコロを2個振ることができます。サイコロを振れば振るほど、人生に差が出来ていきます。

金持ち役は、たまたまスタート時点からサイコロを2個持っていただけなのに、ゲームに勝ったのは自分の実力であるかのように傲慢な態度をみせます。自分は他人より優秀であると勘違いしているようでした。これはとても怖い心理です。

資産を持てば持つほど、他人のために平等に分けるという行為には至らず、さらに資産を増やそうとしてしまいます。

さらにピケティは、一部の政治家がこの格差拡大の状況を悪用していると指摘します。そして、タックスヘイブンなどで税金を支払わない多国籍企業や、裕福層への課税を提唱しています。

日本の資本主義は、明治維新以降とされています。日本では「一億総中流」という言葉が盛んに使用されたように、他国に比べると貧富の差を抑え、社会保障等で貧困を減らしてきたように見えます。

しかし、日本も他人事ではないのです。高齢化や地域格差、ひとり親世帯の所得差、教育格差、情報格差と、貧困層の拡大が問題となっています。

ジャーナリストの池上彰氏も、本作に寄せたコメントの中で「まずは、映画で現実を直視しよう」と言っています。

この問題は、個人の力ではどうにも出来ないものであり、社会全体で取り組まなければならない大きな問題です。

そのためにも、まずは21世紀の資本の仕組みについて、世界の格差について知ることが大切です。

そして、自分の置かれている立場で出来る事を考えていく必要があるのです。まずは、国の政策を任せられるトップを選びましょう

まとめ


(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

今世紀最大のベストセラー経済書『21世紀の資本』。著者のトマ・ピケティが自ら解説で登場し、本の内容を映像化した『21世紀の資本』を紹介しました。

ピケティが実証した資本主義社会の諸問題を、世界中の著名な経済学者や歴史家、評論家の証言を加え、映像化しています。

21世紀は、急速に進化し続けるIT社会の中で、ますます格差が広がると警報を鳴らします

私たちは、21世紀をどう生きるべきか。もう「知らない」では済まされない時代に突入しているのです。



関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ感想と考察評価。ラストは未来に希望を持たせる清々しさ

オバマ前大統領が「年間ベストムービー」に選出した話題のドキュメンタリー映画 映画『行き止まりの世界に生まれて』が2020年9月4日(金)より、全国順次公開中です。 『行き止まりの世界に生まれて』は、ア …

ドキュメンタリー映画

映画『作兵衛さんと日本を掘る』感想と内容解説。炭鉱で働く人々を通じて見るドキュメンタリー日本近代史

炭坑画家・山本作兵衛さんの残した画集を軸に、日本の近現代史を描く作品 明治・大正・昭和と、日本の発展を支えてきた石炭産業。その中心である、福岡県の筑豊炭田で幼い頃から炭坑夫として働いた人物である、故・ …

ドキュメンタリー映画

岡本太郎映画『太陽の塔』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

半世紀を経て、2018年に太陽の塔の内部が公開。 そして現在も予約殺到な中、今こそ太陽の塔を造った岡本太郎の“真のメッセージ”を知ることになります。 岡本太郎は何を想い、何と闘い、太陽の塔を造ったのか …

ドキュメンタリー映画

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

建築家ル・コルビュジエが設計した西洋美術館が、世界遺産に登録されたことで、とても賑わいを見せていますね。 昨今では、博物館、美術館を運営していくのも、とても大変な苦労があるようです。 そんな美術館の普 …

ドキュメンタリー映画

『アントラム/史上最も呪われた映画』ネタバレあらすじと感想。結末はフェイクか実話か観たら死ぬ!?

映画『アントラム/史上最も呪われた映画』は2020年2月7日より公開。 1979年に製作され、関わる者が次々と命を落とす呪われた映画『アントラム』。 1993年に行方不明になったこの作品を入手した、2 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP