Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『人生ドライブ』あらすじ感想と評価解説レビュー。熊本県民テレビ発のドキュメンタリーから見える“大家族の絆”

  • Writer :
  • もりのちこ

何が起こっても大事なものはここにある。
人生の悲しみも喜びも、思い出も10倍!

熊本県で暮らす岸家は、7男3女の大家族。泣いて笑って全力投球の岸家の21年間を追い続けたドキュメンタリー番組が、劇場上映用に再編集され、5月より全国順次公開となります。

「NNNドキュメント」で話題を集めた、熊本県民テレビ発の人気ドキュメンタリー番組が、開局40周年記念作品として映画になりました。

10人の子供を育ててきた岸英治さんと信子さん夫妻。21年の間には、新たな命の誕生や子供たちの成長と楽しいことばかりではありませんでした。

父の失業、借金、自宅の全焼、2016年の熊本地震、緊急入院など、困難が次々と岸家を襲います。しかし、どんな時も夫婦は手を取り合い、家族全員が力を合わせ乗り越えてきました。

そこには、大家族ならではの暮らしの工夫や、子供たちへの惜しみない愛情、家族の絆が記録されています。

夫婦と7男3女の子どもたち、そしておばあちゃんと、合わせて13人の大家族、岸家の奮闘記録を綴ったドキュメンタリー映画『人生ドライブ』は、2022年5月21日(土)、ポレポレ東中野ほか全国順次公開、4月29日(金・祝)より熊本Denkikanにて先行上映となります。

スポンサーリンク

映画『人生ドライブ』の作品情報


(C)2022 KKT熊本県民テレビ

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
城戸涼子

【作品概要】
7男3女の大家族を21年間追い続けた熊本県民テレビ発の人気ドキュメンタリー番組が、劇場上映用に再編集され公開となる『人生ドライブ』。

熊本県民テレビ開局40周年記念作品として制作された今作。監督には、これまで熊本県民テレビで20本以上のドキュメンタリー番組制作に携わってきた城戸涼子、初監督作品となります。

熊本県宇土市で10人の子供たちと暮らす岸英治さん・信子さん夫妻の密着取材を通して、大家族ならではの暮らしの工夫と、どんな困難も乗り越える夫婦の強い絆、そして子供たちの成長を描きます。

出演は、岸英治さん・信子さん夫妻。長男の英智くん、二男の天童くん、長女の麗花ちゃん、二女の愛実ちゃん、三男の息吹くん、三女の種恵ちゃん、四男の大我くん、五男の日向くん、六男の一心くん、七男の不動くん。そして、おばあちゃんの永柄ミツ子さん。岸家13人総出演です。

ナレーションを務めるのは、俳優の板谷由夏。自らも二児の母である彼女は、この番組を通して、人とのつながりや愛を感じ取って欲しいとコメントを残しています。

映画『人生ドライブ』のあらすじ


(C)2022 KKT熊本県民テレビ

熊本県宇土市に住む、岸英治さんと信子さん夫婦。晴れ渡る空の下、2人はドライブを楽しんでいました。

結婚してまもなく39年。2人の間には、7男3女、10人の子どもがいます。

「これまでの英治さんの人生の中で、一番長く付き合った女性は私よ」と、信子さんは嬉しそう。そんな信子さんを照れ臭そうに見守る英治さん。今でも夫婦仲はラブラブです。

2000年の岸家にはいくつかルールがありました。壁に貼られた手作りの当番表には、まだ小っちゃい子の名前もしっかり記されています。お風呂掃除もご飯のお手伝いもみんなで協力します。

カレンダーには、一人一人の生まれた日に名前が書いてあります。その日は、一ヶ月に一度、お父さんかお母さんを独り占めに出来る日。三女の穂恵ちゃんは、お母さんと2人で行くファミレスに嬉しそうです。

そして2001年、10人目の子ども・不動くんが生まれました。他の子どもたちはこの日のために、お母さんの大きくなるお腹に耳を当てながら、赤ちゃんについて勉強してきました。

三男の息吹くんは、お母さんが出産で家を空ける寂しさと、弟がやってくる喜びが入り混じった涙を流します。

夫の英治さんは、朝は新聞配達、仕事が終わり夜は魚屋のバイトと掛け持ちしながら家計を支えています。長女の麗花ちゃんと二女の愛実ちゃんは、そんなお父さんのバイトを手伝います。帰りはこっそりアイスの歩き食いです。

新学期は節約の季節でもあります。卒業する者、入学する者、進学する者、就職する者。上から下まで17歳差がある兄弟姉妹は、お下がりはむしろカッコイイと嫌がらず、本当に必要なものを知っています。

長男の英智くんが専門学校への進学を決めた頃、アフロヘアに耳ピアスに煙草と、順調に反抗期を通った次男・天童くんも、家を出る決意をします。旅立ちの日には、こらえられず涙があふれます。

決して楽ではない暮らしの中で、さらなる困難が岸家を襲います。2010年、夕食で使った油の不始末で火事を起こし、家は全焼。

長男と次男の援助もあり家を建て直すも、2016年には熊本地震がありました。2020年のコロナ禍の中、信子さんが脳梗塞で緊急入院。

どんなに大変な時も、夫婦は手を取り合い、家族は寄り添い励まし合い、何があっても前を向いて歩んできました。

「人生はジグソーパズルみたい。無駄なピース、物事はひとつもない」。妻・信子さんの言葉がすべてを物語っています。

人生には上り坂、下り坂、そして、まさかあり。岸家は、悲しみも喜びも、思い出も10倍です。

スポンサーリンク

映画『人生ドライブ』の感想と評価


(C)2022 KKT熊本県民テレビ

熊本県宇土市に住む大家族・岸家の2000年から2021年までを追いかけたドキュメント映画『人生ドライブ』。

英治さんと信子さん夫婦のドライブシーンから始まる今作は、まさに岸さん夫妻が歩んで来た人生を、車の後部座席から覗いているかのようです。

2人は60歳を過ぎた今でも、互いを名前で呼び合い、2人きりのドライブをかかしません。腕を組み歩き、一緒に写真を撮る姿には、これまで培ってきた愛情と信頼に溢れています

そんな夫婦のラブラブを目の当たりにして育った10人の子どもたちは、好みも性格もばらばらですが、みんな優しい心の持ち主です。

小さい頃からすすんで家の手伝いをし、両親がつらい時は立派に支え、感謝の気持ちを忘れません

長男の結婚式でのスピーチでも、末っ子の高校卒業の言葉にも、そんな感謝の気持ちが込められています。照れくさくても気持ちを伝えあう岸家が、とても微笑ましいです。

成長した子供たちが結婚して新たな家族を築いていく姿に、親戚のおばちゃんのように嬉しくて泣いてしまいます。

人生いろいろ。岸家にも想像を超える困難が幾度となく降りかかります。自宅が全焼した時には、焼け落ちた家から、真っ黒になって思い出の品を探す家族の姿に心が痛みました。

「物は無くなっても不思議と平気。大事なものは、みんなここにあるから」。家族がいればそれでいいと言う信子さんの言葉が説得力を放ちます。

そんな黒焦げの家の跡に奇跡的に残っていたものがありました。英治さんが信子さんに贈ったハガキです。それは「幸福行きの切符」、有効期限は永遠と書かれたプロポーズの手紙でした。

そのハガキをこれまで大事にしまってきた信子さん。見つかった時には、本当に嬉しそうでした。一番燃えやすい紙が残るなんて、災害をも乗り越える2人の愛の証。奇跡としか言いようがありません。

その後も岸家の困難は続きますが、そのたびに子供たちは立派に成長していきます。結婚して3人の子どもを育てる長男、独立し精神的にも金銭的にも岸家を支える存在となった次男、女の子たちも結婚しそれぞれの家庭を築いています。

2022年、結婚39周年を迎える英治さんと信子さんは、現在13人の孫がいます。おばあちゃん記念日となった、長男の赤ちゃんとの対面シーンは本当に幸せいっぱいです。

当時、夫の英治さんが「最近は悲し涙より、嬉し涙が多くていいな」と呟きます。夫婦の子育てが素晴らしいものだと再確認しました。本当に良く立派に育て上げました

そして、脳梗塞での緊急入院から大変な時期を乗り越えた信子さんが、「人生はジグソーパズルのようで、無駄なものは何ひとつない」という言葉。

愛する人と一緒ならば苦労も無駄なことではない。こんな風に思える人生を歩んできた、英治さん信子さん夫婦の愛の深さに感服です

まとめ


(C)2022 KKT熊本県民テレビ
熊本県で暮らす7男3女の大家族、岸家の21年間を追い続けたドキュメンタリー番組が、映画になりました。タイトルは『人生ドライブ』。

「夫婦とは?家族とは?子育てとは?」。今作は、岸家を通して、少子化の現代で忘れがちな人とのつながり、大切な人を見つめ直すきっかけを与えてくれる作品です。

目的地はどこであれ、共にドライブできる人がいる幸せ、共に道のりさえも楽しめたなら、それは良い人生ドライブと言えるのではないでしょうか。

人生の道に迷っている人たちのナビとなる映画『人生ドライブ』。2022年4月29日(金・祝)より熊本Denkikanにて先行上映、5月21日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開となります。


関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『フリーソロ』感想解説と評価レビュー。有名クライマーのアレックス・オノルドを巡る“人間関係”を描く

高さ975m断崖絶壁。ロープ無し、素手で登りきる。 保護具や安全装置を一切使用せず、その身一つで挑むクライミングスタイル『フリーソロ』。 「フリーソロの奇才」と評される稀代のクライマー、アレックス・オ …

ドキュメンタリー映画

【グリーンイメージ国際環境映像祭2019】映画評論家の佐藤忠男を中心に持続可能な社会を問う。ロシアとシンガポール入選2作品を紹介

グリーンイメージ国際映像祭は、毎年開催され、2019年で6回目を数えます。 映像祭の意図として「楽しむ感覚を大切にしながら、自然とともに生きていく意識を世界の人々と育むこと」と公式パンフレットにあるよ …

ドキュメンタリー映画

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓う英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。 大企業の傘下に入ることなく、現在も世界数十カ国、100店舗以上を展開す …

ドキュメンタリー映画

映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』ネタバレ感想レビュー。現代美術作家は疾走と膨大な記録によって蘇る

映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』は、2019年3月2日(土)より、UPLINkほか全国順次公開。 “ヨーゼフ・ボイス”=”社会を彫刻する芸術家” アン …

ドキュメンタリー映画

『FLEE フリー』感想評価とレビュー解説。ドキュメンタリーアニメで描く戦乱のアフガニスタンを脱出した青年

映画『FLEE フリー』は2022年6月10日(金)新宿バルト9、グランドシネマサンシャイン池袋他全国ロードショー アカデミー賞で史上初めて国際長編映画賞、長編ドキュメンタリー賞、長編アニメーション賞 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学