Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画オーストリアからオーストラリアへ|あらすじ感想と評価解説。ドキュメンタリーで描く《ふたりの自転車大冒険》と過酷な旅で知る“これからも続く旅”

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険』は2022年2月11日(金)より全国ロードショー!

オーストリアからオーストラリアへ」……似たような国名ながらも行き先ははるか遠く、日常を離れ自転車による大冒険の旅に出た二人の姿を描いた映画『オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険』。

日常を捨て、遠路はるばるの自転車旅を敢行した二人の男性を追ったドキュメンタリーである本作。

自転車での旅に出ながら自らを映し続けたアンドレアス・ブチウマン、ドミニク・ボヒスの二人が自ら映像を編集し、一本の映画として作り上げました。

スポンサーリンク

映画『オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険』の作品情報


(C) Aichholzer Film 2020

【日本公開】
2022年(オーストリア映画)

【撮影・編集・監督】
アンドレアス・ブチウマン、ドミニク・ボヒス

【作品概要】
二人の男性が日常を離れ、オーストリアからオーストラリアまでを自転車で走破する旅に向き合う姿を描いたドキュメンタリームービー。

旅を敢行するとともに自らの映像を映し続けたのは、オーストリアのアンドレアス・ブチウマンとドミニク・ボヒス。3大陸・19ヶ国の国々を自転車で走破すべく、長く過酷な旅に挑む姿が活写されています。

映画『オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険』のあらすじ


(C) Aichholzer Film 2020

IT企業に勤めていたアンドレアスとドミニクは、旅に出たいという胸の内の思いを実現すべく、ドローンと4Kカメラなどを積んだ自転車でオーストリアを出発、オーストラリアを目指す旅を開始します。

二人はビザや通行路などの障害に直面しながらもロシア、カザフスタン、中国、パキスタン、インドなどを横断。

旅では最初から悪天候に見舞われ、さらに水や食糧の不足、体調の不良など、二人にさまざまな障壁が容赦なく立ちふさがり、時に旅のモチベーションを大きく下げますが、二人はなんとかそれを乗り越え、最終目的地のオーストラリア・ブリスベンへと向かっていきます。

スポンサーリンク

映画『オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険』の感想と評価


(C) Aichholzer Film 2020

現実を素直に表した映像

「オーストリアからオーストラリアへ」……この発想、作品タイトルにはユーモアすら感じさせますが、劇中の旅はどちらかというと過酷さが際立つもの。

この旅を決意した二人が旅に出向いたその理由は「やってみたいから」というシンプルなものでした。特にYouTuber文化が大きく広がった近年ではありがちにも見える動機でありますが、本作を物語と考えると実は非常に重要なポイントであることがわかります。

もし彼らがこの旅に出向いた理由がほかに深い意味を持っているとすれば、旅の中で起こるさまざまなハプニングの見え方にかぶって作品のポイントが曲げられてしまう恐れもあるからです。それをふまえると、作中で映し出される旅は実にフラットな視点に基づいて物事を捉えています

また重要なのは、劇中に直接深い希望を感じさせる画がほとんどないという点にあります。旅ではさまざまなハプニングに出くわし、時に思いもよらなかった幸運を得られること自体はあれど、二人の表情からはミッションを達成するための焦りや挫折のようなものも垣間見られ、「旅」という行為がいかに苦しく険しい道のりであるかということを強く表しています。

「リモート社会」への提言を感じさせる視点


(C) Aichholzer Film 2020

作中の二人が出くわすアクシデントや驚きの光景からは、リモート環境におけるコミュニケーションが急速に発展を遂げ続けている2021年以降の時流に、一石を投じる思いのようなものも見えてきます。

彼らが旅先で目の当たりにしたものは、ネット上を通して遠くから見た「きれいな景色」ではなく、実際に自分の足を使わなければわからない、仮想現実では体験できない世界を示しているものであり、「自分の足を使う」でしかわからないことがあるということを痛感させられます。

劇中の出来事の数々から見られる現実と、ネット上で見られるきれいな情報とのギャップに苛まれるようなケースは多々あります。そして実際の現実に足を踏み入れ、その場に立ってこそ、現在の日本国内で深まりつつある「地方創生」的な流れなどから得られるような情報だけでは知ることができない、それぞれの場所にある別の面、隠れた表情なども見つけられるのです。

また本作のフッテージ……すなわち二人が一年の旅の上で撮影した映像は、合計で150時間分に及ぶものといわれています。本作で映される彼らの表情はあくまでほんの一部の感情を示したことであり、長期にわたった旅の大変さ、その負荷は体力的にだけでなく精神的にも彼らに大きくのしかかっていたことがうかがえます。

このように本作は「自分の足を使う」がいかに大きな覚悟が必要かという課題を示しながらも、それでもその壁を乗り越えてまでやるべきという意義も示しています。

まとめ


(C) Aichholzer Film 2020

自転車によるロードムービーといえば2008年のブルガリア映画『さあ帰ろう、ペダルをこいで』や、2016年のドキュメンタリー映画『Start Line』などがありますが、そうした作品群にはやはり「大きな困難を乗り越えて得られる成果」という共通のテーマがあります。

その成果とは必ずしも目に見えるもの、具体的なものではなく、鑑賞者は映画全編を通して感じられるものの集大成としてさまざまな思いを受け取ることができるでしょう。

本作の終盤では、長期にわたっての非常に過酷な旅を終えた二人がオーストラリアの「とある場所」で最後の景色を眺める姿が映し出されます。ただその場面の良さは、必ずしも「この景色を見るためにこの旅を行った」と言ってしまえるようなハッピーエンド的な意味を持たせていないという点にあります。

映し出されるのは確かに非常に雄大な景色ではあるものの、その色彩感には同時にどこか冷たさ、厳しさのようなイメージが垣間見られます。

それは、二人の旅が単に「深い業を終え悟りを開いた」と想起させるようなポジティブな方向性ではなく、何か自分の見えていなかったものに多く気づき、これからも二人に迫りくる人生の上での苦難に対して改めて立ち向かうような覚悟を示しているようでもあり、「これで映画/物語は終わり」では終わらせない、個々の人生への問いかけを示すようなエンディングとなっているのです。

映画『オーストリアからオーストラリアへ~ふたりの自転車大冒険』は2022年2月11日(金)より全国ロードショー!


関連記事

ドキュメンタリー映画

2019年1月公開のおすすめ映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』あらすじと内容解説

映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』は2019年1月11日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラスト渋谷ほか全国公開。 CSチャンネルのファミ …

ドキュメンタリー映画

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』感想と評価。ボサノヴァの神様と呼ばれた音楽家を探す旅路

『ジョアン・ジルベルトを探して』は2019年8月24日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー! 「イパネマの娘」「想いあふれて」「デサフィナード」な …

ドキュメンタリー映画

映画『あなた、その川を渡らないで』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

DVDレンタル開始直前に、映画評論家の町山智浩がラジオで紹介したのをきっかけに、韓国のドキュメンタリー映画が話題になっています。 映画『あなた、その川を渡らないで』は、モスクワ国際映画祭観客賞、ロサン …

ドキュメンタリー映画

映画『草間彌生∞INFINITY』感想とレビュー評価。女性アーティスト草間彌生の知られざる半生を追う

映画『草間彌生∞INFINITY』は2019年11月22日(金)より、WHITE CINE QUINTOほか全国ロードショー! 70年以上に渡り独自の芸術を表現し続け、2016年TIME誌の「世界で最 …

ドキュメンタリー映画

アップリンク2019年に日本公開。ジョン・カリーのドキュメンタリー映画【LGBTを公表したスケーター】

1976年にインスブルックオリンピック男子シングル金メダリスト、同年の世界フィギュアスケート選手権優勝を果たした彼の知られざる人生を描いたドキュメンタリー映画『The Ice King(原題)』のアッ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学