Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/01/22
Update

ドキュメンタリー映画『ラッカは静かに虐殺されている』あらすじと公開日

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

戦後史上最悪の内戦と呼ばれ、そこで勃発したニュータイプな戦争とは?

ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分。『ラッカは静かに虐殺されている(原題:CITY OF GHOSTS)』は、2018年4月14日(土)よりアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

スポンサーリンク

1.『ラッカは静かに虐殺されている』とは


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

2018年の米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞のなかで大本命の呼び声が高い、マシュー・ハイネマン監督の最新作 『CITY OF GHOSTS(原題)』の邦題が、『ラッカは静かに虐殺されている』に決まりました。

2018年4月14日(土)よりアップリンク渋谷、 ポレポレ東中野ほか全国順次公開されます。

米国アカデミー賞ノミネート作品の前作『カルテル・ランド』で、ドキュメンタリー作家として一躍その名を世界名世界に轟かせたマシュー・ハイネマン監督。

マシュー監督が今回キャメラを向けたのは、5年間での死亡者が43万人にものぼ理、戦後史上では最悪と言われているシリア内戦。

その内戦で勃発したスマホを武器に戦うニュータイプの戦争の最前線に命がけで迫っています。


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

また本作『ラッカは静かに虐殺されている』は、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した、『闇へ』を監督したアレックス・ギブニーが製作総指揮を務めています。

本作は米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の大本命と言われ、すでに英国アカデミー賞ノミネートと、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭 最高賞(審査員賞)受賞しています。

もちろん、そのほかの様々な海外の映画祭でも高い評価を受けています。

2.『ラッカは静かに虐殺されている』あらすじ


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

次々と命を奪われる仲間や家族、そして自らにも忍び寄る暗殺とは…

戦後史上最悪の人道危機が叫ばれるシリア内戦。

2014年、その内戦では、過激な思想と武力で勢力を拡大する“イスラム国(IS)” 。

彼らはシリア北部の街ラッカ制圧すると、かつて穏やかだった街は、ISの首都とされ過激な思想を持つ場所に一変させます。

爆撃で廃墟と化した街では、公開処刑という残忍な行為が繰り返され、市民の誰もが常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていました。


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

海外メディアも決して報じることができずにいた惨状を、国際社会に伝えるために、匿名の市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は結成されます。

彼らはスマホを武器に“街の真実”をSNSに投稿させると、次々にショッキングな映像が世界に拡散すると、誰もが騒然となりました。

RBSSの発信する力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す…。

スポンサーリンク

まとめ


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

本作のスタッフには『カルテル・ランド』で知られるマシュー・ハイネマンガ、製作・監督・撮影・編集を担当。

また、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した『闇へ』で監督を務めたアレックス・ギブニーが製作総指揮を行いました。

『ラッカは静かに虐殺されている』は、2018年4月14日(土)よりアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『僕が跳びはねる理由』感想と内容評価。自閉症の東田直樹が“普通とは何かを問い” 彼らの世界を疑似体験するドキュメンタリー

映画『僕が跳びはねる理由』は、2021年4月2日(金)ロードショー! 言いたいことが言えない。それは、気持ちを伝えられないということ。 自閉症という障害を抱える作家・東田直樹が13歳の時に執筆したエッ …

ドキュメンタリー映画

映画『フジコ・ヘミングの時間』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

世界を魅了する美しい音色は、いかにして生み出されるのか? パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都と、世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、フジコの素顔と知られざるヒストリーを …

ドキュメンタリー映画

映画『サマー・オブ・ソウル』ネタバレ結末感想と考察解説。革命がテレビ放映されなかった時の歴史的フェスティバルを描く

ウッドストックが開催された1969年の夏、160キロ離れたニューヨーク・ハーレムで、もう一つの歴史的フェスティバルが行われていた! もうひとつの歴史的音楽フェスティバル「ハーレム・カルチュラル・フェス …

ドキュメンタリー映画

映画『ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー』あらすじと感想【ヨコハマ・フットボール映画祭2018】

来たる2月11日(日)、12日(休・月)、8回目となる「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」が開催されます! 会場は、1917年に建造された国の重要文化財である横浜開港記念会館。歴史ある会場にちなん …

ドキュメンタリー映画

【グリーンイメージ国際環境映像祭2019】映画評論家の佐藤忠男を中心に持続可能な社会を問う。ロシアとシンガポール入選2作品を紹介

グリーンイメージ国際映像祭は、毎年開催され、2019年で6回目を数えます。 映像祭の意図として「楽しむ感覚を大切にしながら、自然とともに生きていく意識を世界の人々と育むこと」と公式パンフレットにあるよ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学