Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/01/22
Update

ドキュメンタリー映画『ラッカは静かに虐殺されている』あらすじと公開日

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

戦後史上最悪の内戦と呼ばれ、そこで勃発したニュータイプな戦争とは?

ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分。『ラッカは静かに虐殺されている(原題:CITY OF GHOSTS)』は、2018年4月14日(土)よりアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

1.『ラッカは静かに虐殺されている』とは


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

2018年の米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞のなかで大本命の呼び声が高い、マシュー・ハイネマン監督の最新作 『CITY OF GHOSTS(原題)』の邦題が、『ラッカは静かに虐殺されている』に決まりました。

2018年4月14日(土)よりアップリンク渋谷、 ポレポレ東中野ほか全国順次公開されます。

米国アカデミー賞ノミネート作品の前作『カルテル・ランド』で、ドキュメンタリー作家として一躍その名を世界名世界に轟かせたマシュー・ハイネマン監督。

マシュー監督が今回キャメラを向けたのは、5年間での死亡者が43万人にものぼ理、戦後史上では最悪と言われているシリア内戦。

その内戦で勃発したスマホを武器に戦うニュータイプの戦争の最前線に命がけで迫っています。


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

また本作『ラッカは静かに虐殺されている』は、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した、『闇へ』を監督したアレックス・ギブニーが製作総指揮を務めています。

本作は米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の大本命と言われ、すでに英国アカデミー賞ノミネートと、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭 最高賞(審査員賞)受賞しています。

もちろん、そのほかの様々な海外の映画祭でも高い評価を受けています。

2.『ラッカは静かに虐殺されている』あらすじ


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

次々と命を奪われる仲間や家族、そして自らにも忍び寄る暗殺とは…

戦後史上最悪の人道危機が叫ばれるシリア内戦。

2014年、その内戦では、過激な思想と武力で勢力を拡大する“イスラム国(IS)” 。

彼らはシリア北部の街ラッカ制圧すると、かつて穏やかだった街は、ISの首都とされ過激な思想を持つ場所に一変させます。

爆撃で廃墟と化した街では、公開処刑という残忍な行為が繰り返され、市民の誰もが常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていました。


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

海外メディアも決して報じることができずにいた惨状を、国際社会に伝えるために、匿名の市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は結成されます。

彼らはスマホを武器に“街の真実”をSNSに投稿させると、次々にショッキングな映像が世界に拡散すると、誰もが騒然となりました。

RBSSの発信する力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す…。

まとめ


©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

本作のスタッフには『カルテル・ランド』で知られるマシュー・ハイネマンガ、製作・監督・撮影・編集を担当。

また、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した『闇へ』で監督を務めたアレックス・ギブニーが製作総指揮を行いました。

『ラッカは静かに虐殺されている』は、2018年4月14日(土)よりアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『私が殺したリー・モーガン』あらすじとプロフィール紹介

“ジャズ史上最悪の悲劇の愛”に迫ったドキュメンタリー映画が遂に公開! 『私が殺したリー・モーガン』は、12月16日(土)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショーです。 CONTENTS1. …

ドキュメンタリー映画

英国バレエ『バーンスタイン・センテナリー』の公開日と映画館情報。【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18】

最近、映画館で観るのは、もはやハリウッド映画だけではないこの日頃。意外にライブビューイングなどで、アイドルやバンドのコンサートを見たり聴いたりと、楽しみにしている人も意外に多いのではないでしょうか。 …

ドキュメンタリー映画

『FLEE フリー』感想評価とレビュー解説。ドキュメンタリーアニメで描く戦乱のアフガニスタンを脱出した青年

映画『FLEE フリー』は2022年6月10日(金)新宿バルト9、グランドシネマサンシャイン池袋他全国ロードショー アカデミー賞で史上初めて国際長編映画賞、長編ドキュメンタリー賞、長編アニメーション賞 …

ドキュメンタリー映画

映画『ワンダーランド北朝鮮』感想と考察。崩壊はプロパガンダ映像にも見られる

映画『ワンダーランド北朝鮮』は、2018年6月30日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。 これは北朝鮮のプロパガンダ映像なのか、それとも…。北朝鮮にとっての“普通”とは何に指す …

ドキュメンタリー映画

映画『zk/頭脳警察50』感想と考察評価。パンタとトシの伝説×音楽=ふざけるんじゃねえよ【頭脳警察結成50周年記念ドキュメンタリー】

映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』は2020年7月18日(土)より新宿K’s cinemaほかで全国ロードショー 日本のロック界における歴史の中でも異彩を放つロックバンド頭脳警察の50年にもわた …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学