Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『DARKSTAR / H・R・ギーガーの世界』感想レビューと評価

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

リドリー・スコット監督の代表作である『エイリアン』のデザイン造形でも知られるH・R・ギーガー。

彼のアーティストとしての創作の秘密に迫ったドキュメンタリー映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』が2017年9月2日より公開されます。

1.映画『DARK STAR H・R・ギーガーの世界』の作品情報


(C)2015 T&C Film (C)2015 FRENETIC FILMS.

【公開】
2017年(スイス映画)

【監督】
ベリンダ・サリン

【キャスト】
H・R・ギーガー、カルメン・マリア・ギーガー、マルコ・ビツィヒ、スタニスラフ・グロフ、サンドラ・ベレッタ、ハンス・H・カンツ、トム・ガブリエル・フィッシャー

【作品概要】
リドリー・スコット監督の代表作『エイリアン』(1978)の造形で知られた、スイスのアーティストのH・R・ギーガーの創作に迫ったドキュメンタリー映画。

2.映画『DARK STAR H・R・ギーガーの世界』の内容とは?


(C)2015 T&C Film (C)2015 FRENETIC FILMS.

1980年に映画『エイリアン』にて、髑髏を基本モチーフにしながら、それまでにはない生物と機械を融合させたような宇宙人の姿やその世界観で、アカデミー視覚効果賞を受賞したH・R・ギーガー。

また、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの「恐怖の頭脳改革」に代表されるレコードジャケットなどで世界中のファンを魅了しました。

数多くのアーティストたちに影響を与えてきたH・R・ギーガーの自宅やアトリエにカメラは潜入していきます。

ギーガーを知るエピソードとして、6歳の時に父親に贈られた頭蓋骨や博物館でのミイラを見た恐怖などの体験を紐解き、ギーガー創作の源泉と秘密を探っていきます。

そのほか、プライベートな3人の女性のパートナーとの出会いから、名作『エイリアン』の誕生秘話をギーガー本人の言葉とともに紹介されます。

3.H・R・ギーガーのプロフィール


(C)2015 T&C Film (C)2015 FRENETIC FILMS.

1940年にスイスのクール生まれます。

幼少期の頃から超現実的なものや死を連想させるものに興味を抱くようになります。

1962年にチューリヒに移り、チューリッヒ芸術大学で室内デザインとインダストリアル・デザインを学びます。

卒業後は家具デザイナーとして働いていたが、まもなく自分自身のアートに打ち込むように全なります。

ギーガーはグスタフ・マイリンク、H・P・ラブクラフト、ジャン・コクトー、アルフレート・クービンなどからインスピレーションを受け、数々の超現実的な作品を創作していきます。

ギーガーの主な技法はエアブラシを用いて高度なテクニック絵画です。

作風は「バイオメカノイド」や「バイオメカニカル」と呼ばれる頭骨や脊椎などの人間の肉体のパーツに、蛇腹状のチューブなどといった機械的造形とを融合して構成されたスタイルの作品が多くみられます。

また、それらの作品は絵画だけでなく、彫刻や家具にもしているそうです。

世界的出世作となった『エイリアン』(1979)

映画監督リドリー・スコットは、ギーガーを『ネクロノミコン』という作品集で知り、映画『エイリアン』の舞台デザインにギーガーを起用。

ギーガーは世界的に一躍有名となり、1980年にはアカデミー賞視覚効果賞を受賞します。

それ以前にも、ギーガーはレコードのジャケットのデザインを手がける作品を世に出していました。

音楽雑誌『ローリング・ストーン』はデボラ・ハリーの『クークー』とエマーソン・レイク&パーマーの『恐怖の頭脳改革』を同誌が選ぶジャケットのベスト100に数えています。

1998年には、フランスのグリュイエールにあるサン=ジェルマン城内にH・R・ギーガー・ミュージアムが開館。彼の作品の多くはそこに収蔵されています。

H・R・ギーガーはチューリッヒで暮らしながら仕事をしていましたが、『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』の撮影終了後間もなく、残念ながら惜しまれつつ、2014年5月12日に死去されました。

4.映画公開記念「H・R・ギーガー ポスター&アート展」

タワーレコード渋谷店では、9月9日(土)~10月1日(日)の期間に8階の催事場”SpaceHACHIKAI“にて、孤高のアーティスト『H・R・ギーガー ポスター&アート展』を開催!

この展覧会は9月2日(日)より全国で順次公開される、H・R・ギーガーの生涯に迫るドキュメンタリー映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』の公開を記念し開催されるものです。

さらには、スイスにあるH・R・ギーガーミュージアムを管理する財団の公認を受けて開催となっています。

同財団が管理する貴重なリトグラフ、映画のポスターアートにも使用された最愛のガールフレンドに捧げられた作品「Li Ⅱ」(1973-74)、生前のギーガーの直筆サイン入りのリトグラフやポスターの展示ならびに販売を行れるようです。

「展示ポスター WANTED」

『H・R・ギーガー ポスター&アート展』概要

【正式名称】
『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』公開記念
H・R・ギーガー財団公認『H・R・ギーガーのポスター&アート展』

【開催日時】
2017年9月9日(土)~10月1日(日)

【会場】
タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI  〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14

【営業時間】
11:00〜21:00(最終入場20:30)
※初日のみレセプションに付き13:00開場 23:00終了(22:30最終入場)

【入場料】
800円(税込) ※先着特典としてイベント開催記念のポストカードをプレゼント。

「展示ポスター A RESUS」

また、この展覧会では、H・R・ギーガー直筆のサインが入った作品やポスターが18点も販売されることは稀有なことで、2度とない貴重な展示会と言えるでしょう。

併せてH・R・ギーガーミュージアムを徹底紹介する写真パネルの展示や、H・R・ギーガー財団から提供された多数の図版を収録した映画の公式パンフレット、公式&関連グッズなども販売もあるそうです。

開催初日となる9月9日(土)には、H・R・ギーガー財団で世界各地の美術品の管理人を務めるマルコ・ヴィツィヒ氏を招き、オープニング・レセプションの開催される予定です。

まとめ


(C)2015 T&C Film (C)2015 FRENETIC FILMS.

映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』は、9月2日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷、9月9日(土)から東京都写真美術館ホール、シネマート心斎橋ほかで全国で順次公開。
(近日公開:シネモンド、名古屋シネマテーク、京都みなみ会館、横川シネマ、山口情報芸術センター[YCAM]など)

また、公開記念の展覧会『H・R・ギーガーのポスター&アート展』は、9月9日(土)~10月1日(日)の期間、東京にあるタワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI会場に開かれます。

これを機会に、1970年代に造形美として画期的なエイリアンの姿を世に送り出した、H・R・ギーガーを知る絶好の機会です。

ギーガーファンのあなたなら、映画と展覧会のどちらも行かれることをお薦めいたします。

シリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』

また、ギーガーを知らないあなたも、エイリアンシリーズの造形の原点を知るチャンスをお見逃しなく!

ぜひ、ご観覧くださいね。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『栄光のマイヨジョーヌ』あらすじネタバレと感想。自転車ロードレース大会や選手を知る渾身の一作

人生は最大に楽しむためにある オーストラリアのプロ・サイクリング・ロードレースチーム「グリーンエッジ」に密着したドキュメンタリー映画『栄光のマイヨジョーヌ』。 2012年に発足した新しいチームに携わる …

ドキュメンタリー映画

映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』感想とレビュー評価。生きるヒントと創造性を刺激する数々の言葉

『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』は2019年10月12日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! ドイツのドキュメンタリー作家、ハーマン・ヴァスケは長年“クリエイティブ”とは …

ドキュメンタリー映画

映画『草間彌生∞INFINITY』感想とレビュー評価。女性アーティスト草間彌生の知られざる半生を追う

映画『草間彌生∞INFINITY』は2019年11月22日(金)より、WHITE CINE QUINTOほか全国ロードショー! 70年以上に渡り独自の芸術を表現し続け、2016年TIME誌の「世界で最 …

ドキュメンタリー映画

映画『サマー・オブ・ソウル』ネタバレ結末感想と考察解説。革命がテレビ放映されなかった時の歴史的フェスティバルを描く

ウッドストックが開催された1969年の夏、160キロ離れたニューヨーク・ハーレムで、もう一つの歴史的フェスティバルが行われていた! もうひとつの歴史的音楽フェスティバル「ハーレム・カルチュラル・フェス …

ドキュメンタリー映画

映画『バンクシーを盗んだ男』あらすじと感想レビュー。上映する劇場情報も

映画『バンクシーを盗んだ男』は、8月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかロードショー。 正体不明のグラフィックアーティスト、バンクシーによって描かれた壁画「ロバと兵士」を …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学