Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『セルティックソウル』あらすじと感想。ヨコハマ・フットボール映画祭2018にて

  • Writer :
  • ちょり

来たる2月11日(日)、12日(休・月)、8回目となる「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」が開催されます!

会場は、1917年に建造された国の重要文化財である横浜開港記念会館。歴史ある会場にちなんで、サッカーにまつわる様々な「歴史」をテーマにした4作品と、ワールドカップや、パラリンピック関連作品3作品の合計7作品に加え、クロージング作品として植田朝日監督の『ジョホールバル1997』の上映が決定!


© YFFF

会期中にはサッカーを様々な角度から楽しむイベントも多数開催されます。

今回は上映作品の中から、2016年制作のカナダ映画『セルティックソウル』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『セルティックソウル』の作品情報

【公開】
2018年(カナダ映画)

【原題】
Celtic Soul

【監督】
マイケル・マクナマラ

【キャスト】
ジェイ・バルチェル、オーエン・オキャラハン

【作品概要】
中村俊輔の活躍も記憶に新しいグラスゴーを本拠地とするセルティックFC。このクラブは世界中に多くのサポーターを抱えていることでも有名でアイルランド系カナダ人俳優ジェイ・バルチェルもその一人。ファン仲間のオーエン・オキャラハンとふたり、祖先のケルト文化に触れつつ、憧れのセルティックバークを目指す。

2.映画『セルティックソウル』のあらすじ


© 2016 Celtic Soul, Markham Street Films

アイルランドと同じ緑と白がチームカラーのセルティックFCは世界中にサポーターがいます。アイルランド系カナダ人で俳優のジェイ・バルチェルもその一人。

彼はアイルランド出身のスポーツ記者、オーエン・オキャラハンとSNSで知り合いました。やり取りをしているうちにどちらもセルティックの大ファンであることが判明。二人は実際に会い、セルティックの試合を生で観ようと計画を建てます。

まずオーエンのダブリンの実家に行き、ハーリングを観戦。ついで、ジェイの祖先の家探し、そしてスコットランドに船で渡り、セルティックの試合をみるというもの。

ジェイは言います。「母方の祖先はアイルランドの移民。祖国を出て新しい土地でやっていくことは大変なことだっただろう。

その時、スコットランドに渡った人もいた。ジャガイモ飢饉を機に移住し、セルティックを作ったんだ。俺の家族に通じるところがあるんだ」。

こうして二人の聖地巡礼の旅が始まりました。

1日目 アイルランド、ダブリン。二人がやってきたのは聖地クロークパークです。

8万2000人を収容できるアイルランド最大のスタジアムで、主にゲーリック・フットボールやハーリングに使用されます。

ジェイはその広大さに驚きを隠せません。

ゲーリック・フットボールとハーリングはアイルランドの国民的2大スポーツ。

ハーリングは木製のスティックとボールを使う競技で、二人はハーリングの女性選手から指南を受け、速度を測ってもらいます。

思っていた以上に難しく二人は大苦戦。特にジェイはスティックにボールがあたりません。

2日目はハーリング観戦。試合はオーエンの応援するチームが惜しくも破れてしまいますが、試合後、ファンのサイン攻めに応えていたゴールキーパーが、ジェイがわざわざカナダから来たと聞いてユニフォームをプレゼントしてくれました。

3日目はクリフデンへ。オーエンはアルコック・ブラウン記念碑をジェイに見せたくて、車を走らせますが、どうしてもたどり着けません。

結局あきらめ、標高764メートルの山、クロー・パトリックへ。

500年前、聖パトリックが断食に来た場所として知られ、毎年多くの巡礼者がやってくる山です。二人はよれよれになりながら、なんとか頂上まで登りきることが出来ました。

4日目はクルーベイのヘリテージセンターを尋ねます。いよいよジェイのご先祖様の家探しです。

母方の名字はオマリー。歴史学者の女性の調査の結果、グレース・オマリーという人がいて、なんと海賊の船長だったそうなのです。イギリス史的にも有名な女性とのこと。

しかし、オマリー氏族が長年統治していた周辺地帯は、英国のブラウン氏の手に渡ります。

ピータ通りにオマリー家が住んでいた記録があり、ジェイの祖母のウオルシュさんもいたらしいとのこと。実際出向いたところ、家があったとされる一画は整備されてしまっていました。

でも、この旅の目的の一つは達成することができたのです。

5日目、ラーンから船に乗ってスコットランドのケイルンライアンへ渡り、車でグラスゴーへ。いよいよセルティックをめぐる旅に突入。

二人はグラスゴー、カルトンのセント・メリー教会を訪ねます。1

1887年、ここでセルティックは慈善団体として発足しました。グラスゴー東部の貧しい人々(特に子どもたち)に寄付を募るのが目的でした。ウオル・フリード修道士はフットボールが子どもの成長に役立つと考えていました。

セルティックは1887年以降、1000万ユーロを超える募金を集めているといいます。

若い修道士が二人にセルティックのユニフォームをプレゼントしてくれて、ジェイとオーエンは恐縮しつつ、大感激するのでした。

早速ユニフォームを身につけて、レノックス・タウンのトレーニングセンターへ。選手とクロスバー対決をしたり、オーエンが幼い頃、握手してもらったというジョン・コリンズ氏と対面したり、夢のような時を過ごす二人。

そしていよいよ念願のセルティック・パークでの試合を観る時がやってきました!

スポンサーリンク

2.映画『セルティックソウル』の感想


© 2016 Celtic Soul, Markham Street Films

セルティックを巡るジェイとオーエンの旅は、二人のキャラクターのせいもあり、ほのぼのとした、どこか笑いを誘う珍道中風でもあります。

大好きなものが待っているという二人のわくわく感がこちらにも伝わってきて、観ていて心地の良いドキュメンタリーとなっています。

それにしても、好きなものが共通するっていうことはなんと凄いことかと思わずにはいられません。

というのも、ジェイとオーエンは、SNSで、比較的最近知り合った友人なのですが、もう旧知の友にしか見えないほど、息もぴったりですし、良いコンビぶりをみせてくれているからです。

冒頭、世界の各地で、セルティックを応援するサポーターの映像が登場します。

セルティックのファンということで、世界中の気持ちがつながる様が見て取れます。

好きなものがあるって素晴らしいことだな、と改めて思うのでした。

セルティックという名称は「ケルト人」あるいは形容詞「ケルトの」を意味し、チームカラーもアイルランドと同じ緑と白

映画の前半、アイルランドを巡る旅が続きますが、ゲーリック・フットボールやハーリングなど、恥ずかしながら、ほとんど知らなかったので、ケルト文化を知るという意味でも貴重な作品となっています。

こんな旅をしてみたい!とこの作品を観た、ほとんどの人が思ってしまうのではないでしょうか!?

スポンサーリンク

3.まとめ

ジェイことジェイ・バルチェルは、ハリウッドで活躍するハリウッドスター。

キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』(2000)で映画デビュー。『ルールズ・オブ・アトラクション』(2002 ロジャー・エイヴァリー監督)、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004 クリント・イーストウッド監督)などにも出演、

その後はジャド・アパトーの『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』(2007)、ベン・スティラーの『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(2008)、セス・ローゲン&エヴァン・ゴールドバーグの『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』(2013)などのアメリカンコメディ映画に多く出演しています。

それほどのスターなのですが、まったくスター気取りしていないところが、また好印象。なんでも祖国カナダをとても大切に思っていて、カナダの映画にも積極的に出演するようにしているそうです。

一方、相棒のスポーツ記者、オーエンはどこか風貌がイギリス人俳優のサイモン・ペグを思わせ、親しみを感じさせます。

そして、映画に登場する多くのアイルランドの人々や、グラスゴーの人々、そしてセルティックの選手たちの暖かさが伝わってきて、観終えたあと、清々しい気分になること間違いありません!

是非是非、映画をご覧になって、サッカー愛と、そこに集う人々の暖かさに触れて観てください!

本作は、2月12日(休) 15:55~より上映されます。

また、「フットボール映画祭」は全国で開催されます。

詳細は「ヨコハマ・フットボール映画祭 2018」公式ホームページでご確認ください!

*ヨコハマ・フットボール映画祭 2018公式:HP:http://2018.yfff.org

スポンサーリンク

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『一陽来復Life Goes On』あらすじと感想レビュー!

東日本大震災は平成23年(2011年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と、それによって引き起こった大津波の大規模地震災害。 この地震の規模はモーメントマグニチュード9.0。死者は15,893人 …

ドキュメンタリー映画

茅ヶ崎物語(野村周平/桑田佳祐役)映画公開日いつ劇場はどこ?

2017年9月16日(土)より、全国公開される熊坂出監督作品『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』。 サザンオールスターズの名付け親である洋楽ポップスプロモーターの宮治淳一が、同級生 …

ドキュメンタリー映画

映画『ビヨンド・クルーレス』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ドキュメンタリー映画

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』の作品情報 【公開】 2016年(フランス) 【監督】 シリル・ディオン&メラニー・ロラン 【キャスト】 シリル・ディオン …

ドキュメンタリー映画

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』監督の真相を考察するドキュメンタリー

“リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか? 彼の人生と頭の中を覗きみる” 悪夢のような映像で難解さと不可解な世界感からファンを熱狂させた『イレイザーヘッド』で、たちまちカルト映画のカリスマとなった …

日本映画大学
映画『アウトサイダーズ』
映画『タクシー運転手〜〜約束は海を越えて』
映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』