Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』あらすじとキャスト

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、2018年2月2日(金)よりDVD発売&レンタル開始!

難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボールのスター選手のスティーヴ・グリーソン。

彼が撮影を始めたビデオダイアリーから生まれたドキュメンタリーは、サンダンス映画祭でプレミア上映され、全米で30近い賞を受賞&ノミネートされた作品!


© 2016 Dear Rivers, LLC

スポンサーリンク

1.映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』の作品情報


© 2016 Dear Rivers, LLC

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
GLEASON

【監督】
クレイ・トゥイール

【キャスト】
スティーヴ・グリーソン(元NFL ニューオーリンズ・セインツ)、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー、スコット・フジタ

【作品概要】
難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボール選手のスティーヴ・グリーソンが、まだ見ぬ息子のために撮影を始めたビデオダイアリーから生まれたドキュメンタリー作品。

2.映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』のあらすじ


© 2016 Dear Rivers, LLC

アメリカン・フットボールの最高峰NFL。ニューオーリンズ・セインツのスティーヴ・グリーソンは、特別なヒーローでした。

ハリケーン“カトリーナ”に襲われたニューオーリンズの災害後初のホームゲーム、ファンの市民が待ちに待った試合でチームを劇的な勝利に導いた人物です。

それから5年後。すでに選手生活を終えていたグリーソンは、病院でALS(筋萎縮性側索硬化症)だと宣告を受けます。

そして時同じにして、妻ミシェルの妊娠をします。

初めて授かった命。だが自分は、生きている間に我が子に会うことができるのだろうか。

生まれ来る子のために自分は何が残せるのだろうか。

スティーヴは決めます。まだ見ぬ子のために毎日の日課として、ビデオダイアリーを撮り続けると…。

スポンサーリンク

3.映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』の感想と評価


© 2016 Dear Rivers, LLC

本作は2010年からスティーヴ・グリーソン自らが撮影をはじめたパーソナルな映像でした…。

それを彼の旧友であり介護者ともなった2人のフィルムメーカーが、スティーヴの家族とともに暮らしながらキャメラを回し撮影した映像からなる個人的なビデオダイアリーから生まれた作品です。

およそ1500時間を超えるその映像は、病気に立ち向かう姿や、不安、妻とのケンカや絶望など、きれいごとだけではなく、ありのままに被写体となったスティーヴの素のまま姿を見つめます。

また、時に生きる力となるユーモアを忘れず、日々を乗り越えていく彼らの姿を赤裸々に映し出したからこそ、誰もに届く感動をもたらしたと言えるでしょう。

また本作を視聴した各界の著名人は次のような感想を述べています。

「全て本当の表情が映し出されていて、全ての感情が伝わってくるようです。観ている間、感動して泣くことしかできません。
ALSによりできることが徐々になくなっていく中で、新しいことに挑戦し、希望を捨てないスティーヴさんとミシェルさんの姿に胸を打たれます。
小山宙哉(漫画家『宇宙兄弟』)」

「どこから来るのかわからない苦しみほど辛い事はない。それを乗り越えようとした時に愛や希望が溢れてくるのでしょう。少しだけ強くなれました!ありがとう、スティーヴ!
若旦那(アーティスト・俳優)」

「涙が止まらなかった。グリーソンと同じ状況になった時、僕は何ができるだろう。献身、愛、感謝、家族、チーム、ヒーロー……。いろんな言葉が頭の中を駆け巡った。息子を抱きしめながら観ました。
荻原次晴(スポーツキャスター)」

あまりドキュメンタリー映画をご覧にならないあなたも、この機会にご覧になるのはいかがでしょう。

本来、人間の脳神経は、“生きたい”、“知りたい”、“仲間になりたい”という本能を持っていると言われています。

自分のためだけに生きるのではなく、新たな命に生きがいを見つけたスティーヴとその家族は、何を見つけたのでしょうか

あなた、そのお裾分けを映画で共有してみるのはいかがでしょうか。


© 2016 Dear Rivers, LLC

まとめ


© 2016 Dear Rivers, LLC

スティーヴ・グリーソンの抱えてしまった病気ALSとは、筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話や呼吸ができなくなるそうです。

認知能力は残り、患者はすべてを感じるが身体を動かせないそうです。診断後の平均余命はアメリカではおよそ2〜5年と言われています。

また、車イスの天才学者・ホーキング博士がALSであることや、数年前のアイス・バケツ・チャレンジで一般的に知られるようになっています。

映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、2018年2月2日(金)よりDVD発売&レンタル開始です。

また、映像特典にはミシェル・ヴァリスコ来日時インタビュー(※予定)あるそうです。

あなたもご覧いただいてみては、いかがでしょう。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー』あらすじと感想【ヨコハマ・フットボール映画祭2018】

来たる2月11日(日)、12日(休・月)、8回目となる「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」が開催されます! 会場は、1917年に建造された国の重要文化財である横浜開港記念会館。歴史ある会場にちなん …

ドキュメンタリー映画

映画『祝福~オラとニコデムの家~』あらすじと感想レビュー。現実的なヘンゼルとグレーテルの物語

少女オラはこの世界に負けないように立っている。 アンナ・ザメツカ監督の寄り添うカメラが起こした奇跡。 7月20日(金)までユーロスペースにて公開中、ほか全国順次公開される傑作ドキュメンタリー映画『祝福 …

ドキュメンタリー映画

映画『ビヨンド・クルーレス』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ドキュメンタリー映画

映画『顔たち、ところどころ』共同監督のアニエス・ヴァルダ&JR紹介も

映画『顔たち、ところどころ』9月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 本作は満足度保証付きのハートウォーミングなロード・ムービー! 「ヌーヴェルヴァーグの祖母」と …

ドキュメンタリー映画

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』感想レビューと評価。イタリア三大テノール歌手のドキュメンタリー作品とは

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』は2020年9月4日よりTOHOシネマズシャンテほかで公開。 『パヴァロッティ 太陽のテノール』は、アルバム売上総数1億枚以上、観客動員数1千万人超えという驚異の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学