Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』あらすじとキャスト

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、2018年2月2日(金)よりDVD発売&レンタル開始!

難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボールのスター選手のスティーヴ・グリーソン。

彼が撮影を始めたビデオダイアリーから生まれたドキュメンタリーは、サンダンス映画祭でプレミア上映され、全米で30近い賞を受賞&ノミネートされた作品!


© 2016 Dear Rivers, LLC

1.映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』の作品情報


© 2016 Dear Rivers, LLC

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
GLEASON

【監督】
クレイ・トゥイール

【キャスト】
スティーヴ・グリーソン(元NFL ニューオーリンズ・セインツ)、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー、スコット・フジタ

【作品概要】
難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボール選手のスティーヴ・グリーソンが、まだ見ぬ息子のために撮影を始めたビデオダイアリーから生まれたドキュメンタリー作品。

2.映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』のあらすじ


© 2016 Dear Rivers, LLC

アメリカン・フットボールの最高峰NFL。ニューオーリンズ・セインツのスティーヴ・グリーソンは、特別なヒーローでした。

ハリケーン“カトリーナ”に襲われたニューオーリンズの災害後初のホームゲーム、ファンの市民が待ちに待った試合でチームを劇的な勝利に導いた人物です。

それから5年後。すでに選手生活を終えていたグリーソンは、病院でALS(筋萎縮性側索硬化症)だと宣告を受けます。

そして時同じにして、妻ミシェルの妊娠をします。

初めて授かった命。だが自分は、生きている間に我が子に会うことができるのだろうか。

生まれ来る子のために自分は何が残せるのだろうか。

スティーヴは決めます。まだ見ぬ子のために毎日の日課として、ビデオダイアリーを撮り続けると…。

3.映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』の感想と評価


© 2016 Dear Rivers, LLC

本作は2010年からスティーヴ・グリーソン自らが撮影をはじめたパーソナルな映像でした…。

それを彼の旧友であり介護者ともなった2人のフィルムメーカーが、スティーヴの家族とともに暮らしながらキャメラを回し撮影した映像からなる個人的なビデオダイアリーから生まれた作品です。

およそ1500時間を超えるその映像は、病気に立ち向かう姿や、不安、妻とのケンカや絶望など、きれいごとだけではなく、ありのままに被写体となったスティーヴの素のまま姿を見つめます。

また、時に生きる力となるユーモアを忘れず、日々を乗り越えていく彼らの姿を赤裸々に映し出したからこそ、誰もに届く感動をもたらしたと言えるでしょう。

また本作を視聴した各界の著名人は次のような感想を述べています。

「全て本当の表情が映し出されていて、全ての感情が伝わってくるようです。観ている間、感動して泣くことしかできません。
ALSによりできることが徐々になくなっていく中で、新しいことに挑戦し、希望を捨てないスティーヴさんとミシェルさんの姿に胸を打たれます。
小山宙哉(漫画家『宇宙兄弟』)」

「どこから来るのかわからない苦しみほど辛い事はない。それを乗り越えようとした時に愛や希望が溢れてくるのでしょう。少しだけ強くなれました!ありがとう、スティーヴ!
若旦那(アーティスト・俳優)」

「涙が止まらなかった。グリーソンと同じ状況になった時、僕は何ができるだろう。献身、愛、感謝、家族、チーム、ヒーロー……。いろんな言葉が頭の中を駆け巡った。息子を抱きしめながら観ました。
荻原次晴(スポーツキャスター)」

あまりドキュメンタリー映画をご覧にならないあなたも、この機会にご覧になるのはいかがでしょう。

本来、人間の脳神経は、“生きたい”、“知りたい”、“仲間になりたい”という本能を持っていると言われています。

自分のためだけに生きるのではなく、新たな命に生きがいを見つけたスティーヴとその家族は、何を見つけたのでしょうか

あなた、そのお裾分けを映画で共有してみるのはいかがでしょうか。


© 2016 Dear Rivers, LLC

まとめ


© 2016 Dear Rivers, LLC

スティーヴ・グリーソンの抱えてしまった病気ALSとは、筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話や呼吸ができなくなるそうです。

認知能力は残り、患者はすべてを感じるが身体を動かせないそうです。診断後の平均余命はアメリカではおよそ2〜5年と言われています。

また、車イスの天才学者・ホーキング博士がALSであることや、数年前のアイス・バケツ・チャレンジで一般的に知られるようになっています。

映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、2018年2月2日(金)よりDVD発売&レンタル開始です。

また、映像特典にはミシェル・ヴァリスコ来日時インタビュー(※予定)あるそうです。

あなたもご覧いただいてみては、いかがでしょう。

関連記事

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『子どもが教えてくれたこと』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

“生きるとは、人生を愛するということ” ドキュメンタリー映画『子どもが教えてくれたこと』に登場する子どもたちは、皆病気を患い治療を受けながら毎日を精一杯に生きています。 家族とのかけがえのないひと時、 …

ドキュメンタリー映画

映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』感想レビュー評価。戦後75年の日本を問い直すドキュメンタリーが示した“タイムリミット”

映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は7月25日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー 映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は、フィリピンと中国の残留邦人の歴史と …

ドキュメンタリー映画

映画『ミッドナイト・ファミリー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。闇救急隊員の実態とメキシコシティの現実を追うドキュメンタリー

闇営業の救急車で生活をするメキシコの家族に密着 本作『ミッドナイト・ファミリー』は、闇営業の救急車で生計を立てているメキシコ人家族を追ったドキュメンタリー映画です。 2019年に開催された第35回サン …

ドキュメンタリー映画

映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』感想と考察評価。岩手一関のマスター菅原をドキュメンタリーで炙り出す“ジャズな生き様”

ジャズというジャンルはない。 ジャズな人がいるだけ。 岩手県一関市で50年営業を続ける「ジャズ喫茶ベイシー」には、連日多くのジャズファンやオーディオファンが訪れます。 国内外から多くの人が、はるばる一 …

ドキュメンタリー映画

やまなみ工房のドキュメンタリー『地蔵とリビドー』。映画感想レビュー

2010年からNHK Eテレにて、日本初の障がい者のためのバラエティ番組と銘打って、障がいを持つ人たちが“お笑い”を目指した番組が『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』。 当初、前代未聞なインパクト …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学