Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

英国バレエ『バーンスタイン・センテナリー』の公開日と映画館情報。【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

最近、映画館で観るのは、もはやハリウッド映画だけではないこの日頃。意外にライブビューイングなどで、アイドルやバンドのコンサートを見たり聴いたりと、楽しみにしている人も意外に多いのではないでしょうか。

また、日本の歌舞伎も映画館で定期的に観劇できますよね。

さて、今回ご紹介するのは、“映画館でバレエもいかが?”というお話。

祝生誕100年!レナード・バーンスタインの才能に酔いしれる個性的な3つのバレエ「バーンスタイン・センテナリー」は、6月8日(金)より開幕(公開)されます。

スポンサーリンク

映画『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ「バーンスタイン・センテナリー」』の作品情報


(C)ROH,ph Bill Cooper/(C)ROH 2014. Photographed by BIll Cooper

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
Royal Opera House Live Cinema Season 2017/18: Bernstein Centenary

【振り付け】
ウェイン・マクレガー、リアム・スカーレット、クリストファー・ウィールドン

【指揮】
クン・ケセルス、バリー・ワーズワーズ

【音楽】
レナード・バーンスタイン

【キャスト】
「幽玄」
フェデリコ・ボネッリ、ウィリアム・ブレイスウェル、ハリー・チャーチーズ、メリッサ・ハミルトン、フレンチェスカ・ヘイワード、桂千里、ポール・ケイ、サラ・ラム、カルバン・リチャードソン、ジョセフ・シセンズ、高田茜

「不安の時代」
サラ・ラム、アレクサンダー・キャンベル、ベネット・ガートサイド、トリスタン・ダイアー

「コリュバンテスの遊戯」
マシュー・ボール、ウィリアム・ブレイスウェル、ローレン・カスバートソン、ティエニー・ヒープ、平野亮一、マヤラ・マグリ、マルチェリーノ・サンベ、ヤスミン・ナグディ、ベアトリス・スティックス=ブルネル

【作品概要】
イギリスが世界に誇るロイヤル・オペラ・ハウスで上演するバレエやオペラ舞台を映像に収めた「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18」のシリーズ。

生誕100年となった作曲家レナード・バーンスタインを記念して、バーンスタインの楽曲による個性的な3つのバレエを映画として収録しています。

ウェイン・マグレガーが振付する「幽玄(Yugen)」、リアム・スカーレットの振付で「不安の時代(The Age of Anxiety)」、クリストファー・ウィールドンの振付「コリュバンテスの遊戯(Corybantic Games)」の3作構成。

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』とは?

「バーンスタイン・センテナリー」の【幽玄 Yugen】


(C)ROH,2018 ph by Andrej Uspenski

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』と題し、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映中

そして、この度、本シーズン9作目、偉大な作曲家レナード・バーンスタインの生誕100年を記念し、ウェイン・マグレガー、リアム・スカーレット、クリストファー・ウィールドン という3人の振付家で見せてくれます。

その3つの個性的なバレエを、1度に体験できるトリプルビル『バーンスタイン・センテナリー』の上映が、6月8日(金)より全国順次公開!

さらに、本作より「TOHOシネマズ 日比谷」が上映劇場に追加されることが決定しています。

作曲家・指揮者・ピアニストとして20世紀後半のクラシック音楽界を牽引した、レナード・バーンスタイン

特に作曲家としてのレナードに色濃く迫る、魅力溢れる作品となっています。

スポンサーリンク

映画『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 ロイヤル・バレエ「バーンスタイン・センテナリー」』の感想と評価

「バーンスタイン・センテナリー」の【不安の時代 The Age of Anxiety】


(C)ROH,ph Bill Cooper/(C)ROH 2014. Photographed by BIll Cooper

ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督を務め、ミュージカルの最高傑作と呼ばれる『ウエスト・サイド物語』を手掛けるなど、20世紀後半のクラシック音楽界を大きくリードしてきた音楽家レナード・バーンスタイン。

本作品『バーンスタイン・センテナリー』を企画したロイヤル・バレエ団の芸術監督ケヴィン・オヘアは、作曲家・指揮者・ピアニストと何役もこなすバーンスタインをこのように語ります。

「彼は素晴らしい作曲家。彼のリズム感やその複雑さは、多くの芸術家や振付家を魅了し、想像力をかき立ててくれる。バーンスタインの“作曲家”としての才能をもっと知って欲しい」

このように述べ、今回使用されるバーンスタインの楽曲はいずれもバレエ音楽ではないものの、リズミカルで美しい旋律が印象に残る3曲を選び抜き使用しています。

その中でも「チチェスター詩編」をもとに、日本的な美学を求め表現した『幽玄』、そして、『ウエスト・サイド物語』の4年前に作曲され、後のバーンスタインのその後のキャリアを予感させる「セレナード(プラトンの饗宴による)」をもとにした『コリュバンテスの遊戯』は、今回の生誕100年記念のために作り上げられた注目すべき新作になっています。

芸術監督ケヴィン・オヘアは、生誕100年記念のタイミングで新作を発表した理由を、次のように語っています。

「バーンスタインといえばダンスなのに、今までバレエ団は「不安の時代」しか手掛けてこなかった。彼の作品をもっと扱いたいと思ったんです」

バーンスタインをもっと扱いたいという強い想いは、着想を得てから上演までに3年半を要したそうです。

振付から衣装・照明・舞台美術・そしてダンサーまで、英国ロイヤル・バレエ団が総力を上げて作り上げた情熱は、スクリーンを通したからこそ伝わってくるものがあると確信させてくれるのが、『バーンスタイン・センテナリー』の3編なのです。

出演ダンサーには多くの人気プリンシパルが名を連ね、日本人プリンシパル高田茜&平野亮一、日本人アーティストの桂千里も出演しています。

さらに、シーズン9作目となる『バーンスタイン・センテナリー』より、2018年3月29日にオープンしたばかりのTOHOシネマズ日比谷が、上映劇場に新たに仲間入り。

臨場感たっぷりの音響&大スクリーンだからこそ味わえる、至福の3時間を、バレエ好きなあなたに観ていただきたい作品です。

この機会に、バーンスタイン&英国ロイヤル・バレエ団の世界を堪能してみる、またとないチャンスです。

本作を公開する劇場は

「バーンスタイン・センテナリー」の【コリュバンテスの遊戯 Corybantic Games】


(C)ROH,ph Bill Cooper/(C)ROH 2014. Photographed by BIll Cooper

【北海道・東北地区】
北海道 ディノスシネマズ札幌 2018/6/9(土)~2018/6/15(金)

宮城 フォーラム仙台 2018/6/9(土)~2018/6/15(金)

【関東地区】
東京 TOHOシネマズ日比谷 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)
東京 TOHOシネマズ日本橋 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

【中部地区】
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

【近畿地区】
京都 イオンシネマ京都桂川 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

大阪 大阪ステーションシティシネマ 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

神戸 TOHOシネマズ西宮OS 2018/6/8(金)~2018/6/14(木)

【九州地区】
福岡 中洲大洋映画劇場 2018/6/9(土)~2018/6/15(金)

*上記の劇場は6月6日現在のものです。劇場にお出かけの際は必ず公式ホームページをご覧いただき、映画館までお出かけください。

スポンサーリンク

まとめ

生誕100年となったレナード・バーンスタインは、同時代に活躍した指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンやゲオルク・ショルティに並び称される偉大な作曲家です。

英国ロイヤル・バレエ団の芸術監督ケヴィン・オヘアは、レナードの楽曲を「リズム感やその複雑さは、多くの芸術家や振付家を魅了し、想像力をかき立ててくれる」と述べ、彼の作品をもっと扱いたいとも語っていました。

いよいよ、ロイヤル・バレエ『バーンスタイン・センテナリー』の各劇場に公開となります。

ウェイン・マグレガーの振付た「幽玄 Yugen」、リアム・スカーレットの振付た「不安の時代 The Age of Anxiety」、クリストファー・ウィールドンの振付た「コリュバンテスの遊戯 Corybantic Games」、何がお好みでしょう?

もちろん、すべてを鑑賞するあなたは、各バレエを思う存分に味わい比較や違いもわかり、十二分に堪能できるはずですよ。

バレエ映画『バーンスタイン・センテナリー』は、6月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか、全国順次公開!!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『zk/頭脳警察50』感想と考察評価。パンタとトシの伝説×音楽=ふざけるんじゃねえよ【頭脳警察結成50周年記念ドキュメンタリー】

映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』は2020年7月18日(土)より新宿K’s cinemaほかで全国ロードショー 日本のロック界における歴史の中でも異彩を放つロックバンド頭脳警察の50年にもわた …

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画おすすめ『ラジオ・コバニ』監督ラベー・ドスキー紹介も

ドキュメンタリー映画『ラジオ・コバニ』は、5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開! 大学生ディロバンはISとの戦闘の激化で廃墟となったシリア北部の街で、お手製のラジオ局 …

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『イーちゃんの白い杖』静岡から全国上映へ。障がいを持つ姉弟の繋がりを描く

感動のドキュメンタリーついに映画化 静岡にて先行上映されたドキュメンタリー映画『イーちゃんの白い杖』が、2019年6月東京・ポレポレ東中野で上映されます。 目の見えない姉と弟を20年取材してきたテレビ …

ドキュメンタリー映画

今週公開のおすすめ映画ドキュメンタリー『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野ほか全国順次公開。 世界のセレブリティから愛されるファッションデ …

ドキュメンタリー映画

映画『空中茶室を夢みた男』感想とレビュー評価。松花堂昭乗と小堀遠州ら寛永時代の文化人に魅せられた人々

ドキュメンタリー映画『空中茶室を夢みた男』は2019年10月26日(土)より、シアターイメージフォーラムにてロードショー! “松花堂弁当”の名の由来になった、高僧にして文化人である松花堂昭 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学