Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/02/22
Update

映画『顔たち、ところどころ』共同監督のアニエス・ヴァルダ&JR紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『顔たち、ところどころ』9月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

本作は満足度保証付きのハートウォーミングなロード・ムービー!

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれた名匠アニエス・ヴァルダと、日本の東北地方でもアートプロジェクト「インサイド・アウト」を実行したアーティストJR。

年齢差50歳の2人が旅に出て、共同監督を行った『顔たち、ところどころ』とは?

スポンサーリンク

映画『顔たち、ところどころ』の共同監督とは


© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.

この度、日本語タイトルを『顔たち、ところどころ』に決まった本作は、名匠アニエス・ヴァルダ監督とアーティストJRの共同監督作で、2018年度のアカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされた『Faces Places(英題)』のことです。

“ヌーヴェル・バーグの祖母”としても知られ、ベルギーのブリュッセル出身の女性映画監督の先駆アニエス・ヴァルダ監督。

1965年の『幸福』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞、1985年の『冬の旅』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。

また、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞を受賞した。

そして、ストリートアーティストとして知られるJRは、TEDプライズを受賞し、“世界を変えたい”という願いを実現する機会を得た才能の持ち主で、フランスのみならず、ブラジル、インド、カンボジア、イスラエルなど広く海外で活動する人物。

参加型アートプロジェクト『Inside Out(インサイド・アウト)』では、一般の人たちが自分のセルフポートレートを撮影し、プロジェクトのホームページに送った後に、大きな顔写真がポスターになって返送されてきた写真作品を好きな場所に貼るという作品です。

JRのアート活動は日本の東北や福島でも行われ、また2013年にはワタリウム美術館で日本での初となる個展を開催したことでご存知の方も多いのではないでしょうか。

映画『顔たち、ところどころ』の評価は


© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.

本作『顔たち、ところどころ 』は、そんなふたりがフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接するなかでアート作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのハートウォーミングなドキュメンタリーです。

また、この作品はメディアでも高い評価で賞賛されています。

「大いに感動させられ、面白く、すべてが素晴らしい!」(INDIEWIRE)

「忘れられない一本」(The New York Times)

「完璧!!!」(Rolling Stone)

まさに絶賛の嵐といえそうな作品です。

今回公開された予告編を見てもわかるように、歳の差50歳のアニエスとJRの会話のやり取りがなんとも可愛らしく、牧歌的で微笑ましい姿が映像に収められています。

そんな2人がユニークなキャメラを模した車で訪れた村々では、大人から子どもまで無邪気で幸せな笑顔に溢れています。

そんなハートウォーミングな『顔たち、ところどころ』は、第70回カンヌ国際映画祭にて、最優秀ドキュメンタリー賞ルイユ・ドール(金の眼賞)、同年のトロント国際映画祭では最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)のドキュメンタリー部門を受賞している注目の話題作です。

公開前に6月の「フランス映画祭2018」で上映!


© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.

本作『顔たち、ところどころ』は、9月公開に先立ち、6月21日(木)~24(日)に行われる『フランス映画祭2018』で上映がされます。

また、併せてアニエス・ヴァルダ監督の来日も決定しています。

【フランス映画祭2018】
日程:2018年6月21日(木)~24日(日)
会場:神奈川県 横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほか

フランス映画祭2018公式ホームページ:http://unifrance.jp/festival/2018/

アニエス・ヴァルダのプロフィール

1928年、ベルギー生まれ。1940年、戦争から避難するため南フランスに移住。ルーヴル学院で学ぶためにパリに移った後、写真を学び職業写真家として活動します。

1954年に映画に転向した後、監督デビュー作『ラ・ポワント・クルト』を制作。この作品で“ヌーヴェルヴァーグの祖母”と呼ばれるようになります。1961年に『5時から7時までのクレオ』を発表、翌1962年には、『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人』で知られるジャック・ドゥミ監督と結婚

以来、多くのフィクション、ドキュメンタリー双方の短編作品や長編作品を監督して、高い評価を得ています。また、2017年9月には60年以上にも渡る映画作りの功労が認められ、アカデミー名誉賞を受賞しています。

スポンサーリンク

まとめ

アニエス・ヴァルダは、2017年9月にはが「アカデミー名誉賞」を受賞し、第90回米国アカデミー賞、第43回セザール賞にもノミネートされるなど、世界の映画祭を席巻中なドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ』。

なお、2018年度のアカデミー授賞式は、3月4日(アメリカ現地時間)カリフォルニア州ハリウッドのドルビー・シアターで、セザール賞授賞式は3月2日(フランス現地時間)に開催予定。

本作は9月にシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開となります。

また詳細な情報がわかりましたら、当サイトでご紹介します。今しばらくお待ちくださいね。

関連記事

ドキュメンタリー映画

アップリンク2019年に日本公開。ジョン・カリーのドキュメンタリー映画【LGBTを公表したスケーター】

1976年にインスブルックオリンピック男子シングル金メダリスト、同年の世界フィギュアスケート選手権優勝を果たした彼の知られざる人生を描いたドキュメンタリー映画『The Ice King(原題)』のアッ …

ドキュメンタリー映画

映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』感想とレビュー評価。生きるヒントと創造性を刺激する数々の言葉

『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』は2019年10月12日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! ドイツのドキュメンタリー作家、ハーマン・ヴァスケは長年“クリエイティブ”とは …

ドキュメンタリー映画

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』感想と評価。ボサノヴァの神様と呼ばれた音楽家を探す旅路

『ジョアン・ジルベルトを探して』は2019年8月24日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー! 「イパネマの娘」「想いあふれて」「デサフィナード」な …

ドキュメンタリー映画

映画『トトとふたりの姉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ゴールデンウィークの2017年4月29日より東京にあるポレポレ東中野で上映がスタートするお薦めの映画がある。 ルーマニア映画『トトとふたりの姉』という心震わすドキュメンタリー映画をご紹介! この作品は …

ドキュメンタリー映画

映画『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』感想。結末まで飽きさせない美食を超えた生き様

映画『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』は、10月13日より、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! ミシュラン18ツ星の天才シェフとして知られるアラン・デュカス。 アランの料理への探 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学