Cinemarche

映画ネタバレ・感想・考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『MERU メルー』あらすじとネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

新しい年の初めに観る映画をお探しなら、この『MERU メルー』をお勧めします。

誰もが抱く新年の抱負。例えば「何か新しいことにチャレンジしたい」、「あきらめていた夢をもう一度追いかけたい」、「今までと違う自分になりたい」などなど。

あなたの抱負がどれかに当てはまるなら、この映画がきっと後押しをしてくれるはず。

なぜなら、あきらめかけた夢に再挑戦し、見事に叶えた男たちの物語だからです。

スポンサーリンク

映画『MERU メルー』の作品情報

【公開】
2015年(アメリカ)

【監督】
ジミー・チン/エリザベス・C・バサヒリティ

【キャスト】
コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク、ジョン・クラカワー、ジェニー・ロウ・アンカー、ジェレミー・ジョーンズ

【作品概要】
ナショナル・ジオグラフィックの山岳カメラマンで、自らもトップクライマーであるジミー・チンによる監督作品。2人のクライマーと共に完登した、ヒマラヤ・メルー中央峰のドキュメント映画です。サンダンス映画祭で観客賞、ナッシュビル映画祭で審査員賞に輝きました。

映画『MERU メルー』のあらすじとネタバレ

2008年10月。インド北部。ガンジス川の源にあるガンゴトリに、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークという、3人のロッククライマーの姿がありました。

世界有数のトップクライマー、コンラッド。一流クライマーであり、山岳カメラマンでもあるジミー。そしてコンラッドの紹介で今回の参戦となったレナン・オズターク。

彼らが目指すのは、高度6500mにそびえるメル―峰。その山頂部は、サメのヒレに似た形状から「シャークス・フィン」と呼ばれ、ヒマラヤで最も困難なルートと言われています。

かかる日数はおよそ1週間。登山具に食料・水、さらに撮影機材など、全部で100キロ近い荷物を自分たちで担いで登るという過酷な旅が今、幕を開けました。

「山に登る理由?それは景色が見たいからさ」と、コンラッドは言います。昼間はひたすら頂上を目指し、夜の闇が迫ると岸壁にテントをぶら下げ、その中で暖をとり体を休めます。

星を眺めて「今にも落ちてきそうな空だ」と、ジミー。3日目までは順調でしたが、激しい雪崩がテントをかすめ、全員はずぶ濡れに。嵐のため4日間、テントの中に缶詰状態です。

太陽も見えない空。食料はあと7日分。頂上はずっと先です。3人はテントの中で途方にくれました。この時のことを回想してレナンは言います。「これ以上はもう無理だと思った」。

ところが嵐が去った後、ジミーとコンラッドは再び登り始めます。コンラッドは言います。「いいパートナーとは、危険を教えてくれる人間のことだ」。ジミーにとってコンラッドはクライミングのメンター(師匠)であり、また信頼できる特別な相棒でもありました。

コンラッドにとってのメンターは、同じくトップクライマー、マグス・スタンプです。しかし、コンラッドの「大切な人生の一部」だというマグスは、1992年アラスカ・デナリで遭難事故により亡くなっていました。

登山10日目。標高5500m。零下29度。寒さと空腹による体力の衰弱。わずかなチーズを切り分ける3人。こんな状況下でも、ジミーは笑って言います。「来週は靴を食べるかな」。

17日目が過ぎ、彼らは決断を迫られます。尾根まであと100mのところですが、すでに燃料は底をつき、手足の感覚はありません。テントがダメになり、もはや続行は不可能でした。

メル―征服が失敗に終わり、3人はそれぞれの生活に戻っていきます。しかし彼らの心はすでにメル―に憑りつかれていました。コンラッドの説得で、3人は再挑戦を決心します。

2011年。雪山で撮影の仕事をしていたレナンが大事故にあい、危険な状態で病院へ搬送されます。頭蓋骨骨折に頸椎損傷。一生歩けなくなるかもしれないと医者は言います。

しかし、レナンはメル―を諦めていませんでした。そんなレナンの情熱は理解できても、あまりにも危険な賭けです。ジミーとコンラッドは、再び重大な決断を迫られます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『MERU メルー』ネタバレ・結末の記載がございます。『MERU メルー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある日、ジミーは雪山の撮影中、スキーを履いたまま雪崩にのみこまれます。もう駄目だと覚悟したその時、奇跡的に雪崩の先頭に滑り出て、命を取り留めます。

雪崩を間近で見た仕事仲間は驚嘆して言いました。「あの事故で生きてるなんて奇跡だ」。ジミーは、「残った命で何をするか」とレナンの思いに自分を重ねます。

レナンの思いは、ただひたすら「チームに戻りたい」でした。退院後、もとの肉体と精神を取り戻すため、レナンは執念ともいえる過激なトレーニングを始めます。

ジミーとコンラッドは、レナンを連れて行くことを決意します。体力のないメンバーは、全員を危険にさらす可能性もあります。それでも一緒に行くと決めたのです。

レナンの回復は超人的でした。事故から5カ月後、ガンゴドリに再び到着した3人。メル―、2度目の挑戦です。「山がないと正気を失う」。コンラッドは言います。

彼らは今回もまた、さまざまな苦難に見舞われます。凍てつく寒さの中、ただひたすら頂上を目指す3人。テントが壊れ、食事はいつも凍ったクスクスです。

レナンの体に異常が現れます。言葉が支離滅裂になり、起き上がれません。コンラッドとジミーは不安に見守るだけです。次に何が起こるのか、恐怖の時間が過ぎます。

「今、山を下りたら自分を許せない」。当時を振り返ってレナンは言います。6日目。体調が改善したレナンは、自分が先頭に立って登ると2人に宣言します。

最初は反対したコンラッドとジミーも、レナンを先頭に立たせます。「トランプの家」と呼ばれる最大の難所を超え、6時間もぶっ通しで岸壁を登り続けます。

11日目が過ぎ、美しい星空を眺める3人。頂上の最上部はもうすぐそこです。日の出を待ち、ついにその時が来ました。彼らにとって完全なる未知の場所です。

コンラッドは、レナンに最初に行けと言います。しかしレナンはジミーに行ってほしいと答えます。ジミーは了解し、一歩一歩と慎重に進んでいきます。

メル―を制覇した3人。コンラッドは「マグス見てくれ!」と親友の名を叫びます。レナンは言いました。「僕もチームの一員だ」。

スポンサーリンク

映画『MERU メルー』の感想と評価

雪崩にのみこまれて何十メートルも転がり落ち、体がバラバラになるかというほどの恐怖を体験しながら、それでも生き残ったという奇跡をメル―再挑戦への原動力にするジミー。

愛する妻と子どもたちのために、絶対に危険な真似はできない。頭ではそう考えながらも、今は亡きクライマーの相棒が果たせなかった夢を、自分が叶えようとするコンラッド。

大事故にあった後ですら、メル―への夢を捨てない。ジミーとコンラッドと共に登るため、人間離れした回復力で再びチームの一員となったレナン。

どう考えても、正気とは思えない人たちです。この映画に感動こそすれ、真似をしようなどと思う人はほとんどいないのではないでしょうか。

「なぜ、登る?」という不毛な質問は放置するしかないのですが、この作品で知ったのは、クライマーにとって命を左右する最も重要なものが「決断」であるという事実です。

彼らにとって登山は、危険を見極めるゲームだといいます。山は、ただ登ればいいというものではない。危険を軽視せず、全てをコントロールしなければならない。

ひとつ判断を誤れば、二度と取り返しがつかない。それが登山です。まだ行けるか、それとも引き返すべきか。判断力に優れた者だけが、トップクライマーになれるというのです。

命を失うことすら惜しまない、狂気にとらわれた男たちとも思えますが、一方では現場を冷静に俯瞰する、リアリストな面があってこその一流だともいえるでしょう。

そんな彼らを見つめる女性たちの視線がとても優しいのです。コンラッドやレナンの妻やジミーの姉など、信頼関係という言葉すら超えた絆。彼女たちは、逆に男たちよりも強いのかもしれません。いや、強くならなければ共に生きていけないのだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ドキュメンタリー映画とはいえ、美しい画像、巧みな編集、印象的な音楽で、まるでドラマのような印象も受けます。あまりにもスタイリッシュなのです。その理由を考えました。

まず撮影です。ジミー・チンによる2台の小型カメラだそうですが、映し出す自然の脅威と美しさは圧巻です。どうやって撮ったのかと思うようなアングルも数多くあります。

さらに、3人のインタビューと家族の証言の合間に、独特の視線から解説を加えていくジャーナリスト作家で登山家のジョン・クラカワーの役割です。

『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)の原作者でもあり『エベレスト3D』(2015)にも出演している、登山のエキスパートである彼の考察が非常にわかりやすく、ストーリーと観客の距離をぐっと近づけてくれています。

さらに、ジミー、コンラッド、レナン、3人の人間的魅力も大きく作用しています。彼らは、どんな過酷な状況下でもユーモアを忘れません。零下29度で笑顔でいられるのは驚異です。

彼らの真似をしたいと思わなくても、リスクを恐れず夢に向かって突き進む、そんな彼らのような生き方をしたいと思う人は、きっと多いはずですよね。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』の作品情報 【公開】 2016年(フランス) 【監督】 シリル・ディオン&メラニー・ロラン 【キャスト】 シリル・ディオン …

ドキュメンタリー映画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2013年、世界中を震撼させた、米国政府による個人情報の監視という大スクープ。 告発者は29歳の青年。CIAでアナリストとして働いていたエドワード・スノーデンでした。 その告発劇の内幕を描いた、社会派 …

ドキュメンタリー映画

映画『残されし大地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

3.11の東日本大震災から6年。2017年になって報道されることが少なくなったな被災地。今のフクシマの現状とは、どのようなものなのでしょう。 今回ご紹介する映画『残されし大地』では、福島県の汚染地域に …

ドキュメンタリー映画

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

建築家ル・コルビュジエが設計した西洋美術館が、世界遺産に登録されたことで、とても賑わいを見せていますね。 昨今では、博物館、美術館を運営していくのも、とても大変な苦労があるようです。 そんな美術館の普 …

ドキュメンタリー映画

映画『トトとふたりの姉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ゴールデンウィークの2017年4月29日より東京にあるポレポレ東中野で上映がスタートするお薦めの映画がある。 ルーマニア映画『トトとふたりの姉』という心震わすドキュメンタリー映画をご紹介! この作品は …