Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

井山計一映画『YUKIGUNI』あらすじ紹介。カクテル雪国を生み出した日本最高齢92歳の現役バーテンダーとは?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『YUKIGUNI』は、2019年1月2日(水)よりポレポレ東中野、UPLINK渋谷で同時公開。その後、順次全国劇場公開!

誕生から60年を迎えるスタンダードカクテル「雪国」。

1958年度にサントリーの前身である壽屋のカクテルコンペで優勝したこのカクテル。

いつしか日本各地のバーテンダーから愛され、作られ続けてスタンダードカクテルとして知られるようになります。

そのカクテルの誕生秘話と、創作者の井山計一の半生を描いたドキュメンタリー映画『YUKIGUNI』とは…。

スポンサーリンク

映画『YUKIGUNI』の作品情報


(C)いでは堂

【公開】
2018年(日本映画)

【監督・編集】
渡辺智史

【キャスト】
井山計一、小林薫(ナレーション)

【作品概要】

多くの愛飲家から親しまれるスタンダードカクテル「雪国」を生み出した日本最高齢の現役バーテンダーの井山計一。大正から昭和、そして平成を生きてきたの男の半生を見つめるドキュメンタリー作品。

演出は『よみがえりのレシピ』で知られる渡辺智史監督。またナレーションには俳優の小林薫が参加。

渡辺智史監督のプロフィール


(C)いでは堂

山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学環境デザイン学科卒業。

卒業後上京後にドキュメンタリー映像制作に従事。

2012年にドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ 』を公開。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。

地域課題に真摯に向き合う、ソーシャルデザインとしての映像制作を探求しながら、有限責任事業組合いでは堂、共同代表を務めています。

スポンサーリンク

映画『YUKIGUNI』のあらすじ


(C)いでは堂

「BARは人なり」あるBAR評論家が残した格言。

この言葉を体現するように、井山計一のカクテルを飲み、話を聞くため、全国からカクテルファンが訪れます。

その姿はまさに、カクテル巡礼とも呼べる光景。

誕生から60年を迎えるカクテル「雪国」の誕生秘話、時代を超えて愛されるカクテル、そのグラス越しに映る井山計一の半生を見つめます。

また撮影中に最愛の妻を亡くし、別れを機に家族との絆を取り戻していく姿。

激動の時代を経ても古びない「美しさ」「愛おしさ」とは…。

映画『YUKIGUNI』の見どころ


(C)いでは堂

本作『YUKIGUNI』を描いたのは『よみがえりのレシピ』や『おだやかな革命』で知られる山形県在住の映画監督の渡辺智史。

この作品の撮影には2年半の歳月をかけ、2018年で92歳を迎えた現役バーテンダーの型にはまらない人生の輝きを魅力を余すことなく切り取ったドキュメンタリー作品です。

スポンサーリンク

まとめ

本ドキュメンタリー作品の被写体となった井山計一は、大正15年に山形県酒田市に生まれ。

戦後の混沌とした時代を生き抜き、バーテンダーとしての腕を磨いた井山計一は、昭和34年に全日本ホーム・カクテル・コンクールで、カクテル「雪国」を出品するとグランプリを受賞しました。

その後も「雪国」は、日本各地のバーテンダーから愛され、作られ続けられると、スタンダードカクテルになります。

このカクテルのように、決して、古びない井山計一の“美しさと愛おしさとは何か”。

その佇まいを描き出した作品に酔いしれてみませんか。

ドキュメンタリー映画『YUKIGUNI』は、2019年1月2日(水)よりポレポレ東中野、UPLINK渋谷で同時公開。その後、順次全国劇場公開!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』ネタバレ感想と考察。知識として初心者にも美味しい醸造法を探って見せる

Our Blood is Wine。伝統を守り続けてきたワインの故郷。 カスピ海と黒海に挟まれた南コーカサスの地にあるジョージア。ヨーロッパとアジアの交差点であり、多様な気候と風土に恵まれた土地で、育 …

ドキュメンタリー映画

映画『イメージの本』あらすじネタバレと感想。ゴダールの希望とは“ささやかな愛のイメージ”

映画『イメージの本』は、2019年4月20日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。 生ける伝説、ジャン=リュック・ゴダール。 齢88歳、フランスに生まれスイスで育った大巨匠が私たちに投げかける …

ドキュメンタリー映画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2013年、世界中を震撼させた、米国政府による個人情報の監視という大スクープ。 告発者は29歳の青年。CIAでアナリストとして働いていたエドワード・スノーデンでした。 その告発劇の内幕を描いた、社会派 …

ドキュメンタリー映画

映画『相撲道』感想レビューと評価。日本伝統の格闘技に宿るサムライ魂あふれる練習風景を撮影技法ドルビーアトモスで描く

映画『相撲道』は2020年10月30日(金)よりTOHOシネマズ錦糸町、10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー! 日本という国の文化の中で長い伝統を誇る格闘技・相撲について、相撲 …

ドキュメンタリー映画

映画『ワイン・コーリング』ネタバレ感想と評価考察。自然派おすすめの生産者と、そのライフスタイルとは

ワインも人生もナチュラルに! 自然派ワインの使命者たち。 近年、日本でも注目されている「自然派ワイン」。有機栽培で育てたブドウで、添加物を極力使わずに作られるワインは、環境にも体にも優しいワインです。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学