Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』あらすじ感想と解説評価。ドキュメンタリーで見る教会にたどり着いた“苦しみに生かされた”人々の魂

  • Writer :
  • 谷川裕美子

困難を抱いてキリスト受難劇を演じる人々の輝く姿

アートと映像の領域を横断してさまざまなヴィデオ作品を⼿掛けてきた⽯原海監督の最新作『重⼒の光 : 祈りの記録篇』が2022年9月3日(⼟)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開となります。

NPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める北九州市の東⼋幡キリスト教会に集う、さまざまなバックグラウンドを持つ⼈々が演じるキリストの受難劇と彼らの⼈⽣を織り交ぜたドキュメンタリー作品です。

困難を抱えた人々がすべてを受けとめてくれる奥田牧師と教会に出会い、表情を輝かせていくさまに胸打たれる作品です。

スポンサーリンク

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』の作品情報


(C)2022 Gravity and Radiance

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
石原海

【出演】
菊川清志、西原宣幸、村上かんな、下別府為治、奥田伴子、川内雅代、藤田信子、石橋福音、奥田知志

【作品概要】
ロッテルダム国際映画祭招待作品『ガーデンアパート』(2019)や英BBCテレビ放映作品『狂気の管理⼈』(2019)など、アートと映像の領域を横断してさまざまなヴィデオ作品を⼿がける⽯原海が監督を務めたドキュメンタリー映画。

北九州に移住後、東⼋幡キリスト教会に通うようになった⽯原が、そこに集う⼈々と共に作品を作り出しました。

30分のインスタレーション版は「第15回 shiseido art egg」に選出、その後72分のドキュメンタリー映画として再編集された本作は「第14回恵⽐寿映像祭」にて公開され、⾼い評価を受けました。

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』のあらすじ


(C)2022 Gravity and Radiance

困窮者⽀援を⾏うNPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める福岡県北九州の東⼋幡キリスト教会には、困難とともに生きている人たちが集まっています。

彼らはキリストが十字架にかけられる姿を描く受難劇の練習に励んでいました。

祭壇に花を生ける老齢の女性は、フィリピンのミンダナオのダバオで生まれた戦争経験者でした。

生きることに苦しんでいたと話す男性は、その気持ちを教会で受け止めてくれることが興味深く、一般社会もそうなってほしいと語ります。

別の男性はフィリピン人と結婚して子供が授かりましたが、その子が6歳の時に妻子に逃げられたと話します。その後彼は自暴自棄になって借金をして夜逃げし、死のうとしたものの死にきれず教会にたどり着きました。

キリスト役を演じる男性は、義務教育も受けないまま極道の世界に入り、服役後50歳で足を洗ったものの世間からつまはじきにされていたところを、奥田牧師と出会ったと語ります。

そして、ホームレスのために昼夜走り回ってくれている牧師を守ろうと思うようになったのだと。

奥田牧師は東⼋幡キリスト教会に赴任後も、以前から行っていたホームレス支援活動にもいそしんでいました。

自分の事しか考えられなかったという若い女性は、親や周りの大人から死ねとか殺すぞと言われ続けて育ち、居場所がない中でこの教会に流れ着いたと話します。

助けてと言えず苦しんでいた男性は、今は心通じ合う教会の仲間たちと楽しく食事をしています。

若い頃から病気で入退院を繰り返してきた女性や、これまでの苦しみは困っている人に寄り添うためにあったと話しホームレスに支援物資を届け優しい声をかけてまわる女性。

さまざまな苦しみを経験した人々は、この教会で互いに寄り添い合い、明るい表情で日々の生活を送り、劇の練習に取り組んでいます。

奥田牧師は、ダメなことをやってしまうのが人間であり、それらを受け入れる場所がひとつくらいあってもいいのではないかと語ります。

スポンサーリンク

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』の感想と評価


(C)2022 Gravity and Radiance

「生かされた命」のすべてを受け入れる場所

東⼋幡キリスト教会に集う人々と奥田牧師を撮りたいという石原監督の強い思いが伝わってくるドキュメンタリー『重力の光 : 祈りの記録篇』。

さまざまな困難を抱えて教会に流れ着いた人々。彼らが淡々と語るこれまでの経験はどれも壮絶なものばかりで、胸がしめつけられます。

しかし、仲間同士で楽しく食事をしたり、劇の練習をしたり、その合間に写真を撮り合って笑い合う彼らの表情は明るく輝いています。この地が彼らの真のくつろぎの場所であり、互いに支え合っていることがはっきりと感じられます。

彼らを迎え入れたこの教会の奥田牧師は、ダメなことをやるのが人間であり、この世の人はみな罪人なのだと語ります。だからこそイエス・キリストは人間たちの罪を代わりに背負って十字架にかけられたのだと。

牧師はさらに言います。こうあるべきという空気が蔓延する社会で、人に迷惑かけてはいけないと誰もが思いながら生きていますが、ここでは迷惑は前提なのだ、と。

責任取ってくださいと言われたらお手上げの人が、それでもなお生きており、本来ないものがなお成立しているのが「生かされている」ということだと言うのです。

奥田牧師は、宗教によって人々を救おうとするのではなく、自身の持つ宗教心に導かれて困窮する人々を救ってきました。

ホームレス支援に尽力する彼の姿に真実の愛をみたからこそ、ここに集う人たちはクリスチャンとなりました。これはすべて結果的なことです。彼らは、信じられる人である牧師が信じるものを、自分も信じてみようと思ったに違いありません。

すべて受け入れるという奥田牧師の強い意志。彼の思いに救われた人々の輝き。

生きることの苦しみや辛さと共に、あるがままに生きていいというメッセージが心にあたたかく刺さるドキュメンタリーです。

まとめ

生きづらさを抱える人たち、あるいは周囲に傷つけられ続けて生きてきた人たち、病気に苦しめられて生きてきた人たち。その誰もに輝く命があり、生きる権利を持っています。

しかし、残念ながら人間は決して平等な存在ではありません。彼らの苦しみを本当の意味で理解することは難しいことです。

その一方で、奥田牧師に救われて明るい世界に生きるようになった人々の幸せもまた、簡単に推し量れるものではないように感じます。暗闇にいたからこそ気づける一筋の光。その光の喜びは、どんな幸せをもしのぐほど大きいに違いありません。

もし、人生につまづいたり、絶望したり、生きる意味を見失ったときも、こうしてすべてを受け入れてくれる場所がこの世に存在するという事実が、私たち一人一人の心を慰めあたためてくれます。

⽯原海監督の最新作『重⼒の光 : 祈りの記録篇』は2022年9月3日(⼟)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開です。


関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『トトとふたりの姉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ゴールデンウィークの2017年4月29日より東京にあるポレポレ東中野で上映がスタートするお薦めの映画がある。 ルーマニア映画『トトとふたりの姉』という心震わすドキュメンタリー映画をご紹介! この作品は …

ドキュメンタリー映画

映画『いろとりどりの親子』あらすじネタバレと感想。原作本との違いを解説

映画『いろとりどりの親子』は、“普通”とは違う子どもを苦悩しながらも愛し、受け入れようとする親子の姿を追います。 ニューヨーク・タイムズ紙ベストブックなど、国内外50以上の賞を受賞したノンフィクション …

ドキュメンタリー映画

映画『キューブリックに魅せられた男』感想とレビュー評価。逸話を持つ巨匠にすべてを捧げた生き様

映画『キューブリックに魅せられた男』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで、『キューブリックに愛された男』と全国カップリング上映! 没後20年、今なお伝説の巨匠として語り …

ドキュメンタリー映画

映画『zk/頭脳警察50』感想と考察評価。パンタとトシの伝説×音楽=ふざけるんじゃねえよ【頭脳警察結成50周年記念ドキュメンタリー】

映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』は2020年7月18日(土)より新宿K’s cinemaほかで全国ロードショー 日本のロック界における歴史の中でも異彩を放つロックバンド頭脳警察の50年にもわた …

ドキュメンタリー映画

映画『ちむぐりさ菜の花の沖縄日記』感想と考察レビュー。“戦争”が続く沖縄の現実を15歳の少女の眼差しを通じて知る

ちむぐりさ、肝苦りさ。 あなたが悲しいと、私も悲しい。 石川県から那覇市の学校にやってきた15歳の少女・坂本菜の花さん。彼女の目を通して、沖縄の明るさの向こう側にある、辛い歴史や、今もなお続く米軍基地 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学