Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ガーデンアパート』あらすじと感想レビュー。《世界》なる青年は二人の女性の生を描き出す|シニンは映画に生かされて6

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第6回

はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。

今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。

第6回でご紹介する作品は、「UMMMI.」として制作したヴィデオ作品が数々の映像祭で高く評価され、本作が初の長編となる石原海監督の映画『ガーデンアパート』。

孤独と絶望に満ちた現実を彷徨する、「恋人」というつながりを失ってゆく若い男女と、狂気に生きることを選び年老いていった女の物語です。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ガーデンアパート』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
石原海

【脚本】
石原海、金子遊

【キャスト】
篠宮由香利、竹下かおり、石田清志郎、鈴村悠、石原もも子、稲葉あみ、彩戸惠理香、Sac、Alma、森雅裕、奥田悠介、塚野達大

【作品概要】
その関係が崩壊がすでに崩壊しつつある若い男女のカップルと、狂気に生きる中年の女性の感情が交錯したある一夜を描くメロドラマ。

イメージフォーラムフェスティバル、ポンピドゥーセンターが主催する映像祭・オールピスト東京など、国内外の様々な映像祭で作品を発表し高い評価を獲得してきたヴィデオ・アーティストの「UMMMI.」=石原海監督の長編デビュー作です。

本作は、2019年のロッテルダム国際映画祭「輝く未来」部門に選出され、その前年に開催された大阪アジアン映画祭2018でも正式出品されました。

映画『ガーデンアパート』のあらすじ

ひかり(篠宮由香利)は同棲している恋人・太郎(鈴村悠)との子どもを妊娠しました。しかしながら、定職に就くことなくバイトで生活してきた二人の金銭的な問題、そしてそのような現実の中でも頼りない太郎の態度に対し、彼女は不安を抱いていました。

ある日ひかりは、太郎の叔母・京子(竹下かおり)と遭遇します。京子は若い頃に夫を亡くしてからは酒に溺れ、夫が遺した多額の資産、そして見ず知らずの若者たちとともに暮らしていました。

太郎が彼女から借金をし続けていたことを知ったひかりは、その後、京子に誘われて彼女の家を訪れます。パーティーが始まり、京子と若者たちが歌い踊る中で、ひかりは京子のお気に入りである青年・世界(石田清志郎)と出会います。

やがて、ひかりと世界が二人でパーティーを抜け出したことで、事態は大きく変化してゆきます。

スポンサーリンク

二人の女性と戯れる《世界》

主人公のひかりと、彼女の恋人・太郎の叔母である京子。映画『ガーデンアパート』はこの二人の女性の姿を比較するように描いています。

そして、ひかりと京子の間に立ち、まるで戯れるかのように、或いは見守るかのように彼女らと接し、本作の物語を展開させてゆくトリガーの役割を担っているのが、京子の元で暮らしている青年・世界です。

なぜ、彼の名は《世界》なのか。

その疑問に決定的な答えはないのかもしれませんが、その一つの答えとして、ひかりと京子にとっての『世界』観を知るための象徴的存在、《世界》という概念から来訪し、《世界》の名そのものを冠する使者が必要だったからであることは間違いないでしょう。

唯一無二の《世界》に囚われる

劇中にて、京子は青年・世界に対し強烈な執着を示しています。彼がひかりとともにパーティーを抜け出し彼女の元から姿を晦ませた際には、「世界は……」「世界は……」と繰り返しその名を呼び続け、周囲の人々に対しても、世界の不在に対する苛立ちを露わにします。

世界に対する強烈な執着は、若い頃に夫を亡くしているという京子の過去から生じているとも考えられます。

しかしながら、彼女がその執着を向ける対象である若い青年が《世界》という名を冠しているという点から、ある別の理由が浮かび上がってきます。

京子は世界、すなわち《世界》を象徴する存在と時に戯れ、縋り、囚われる。その様は、彼女が《世界》という概念、言葉はあれど実体/実態はないモノなくしては自身の生を成立させることができないことを表しています。

悪態をつきながらも、それでも自身にとっては唯一無二の存在だった夫を失い、孤独と絶望に満ちた現実を徹底的に思い知らされた彼女は、孤独と絶望が原因である苦痛を和らげてくれる、そしてかつての夫同様に唯一無二のモノだと信じ込んでいる青年・世界=《世界》に執着するのです。

そしてそんな彼女の姿は、概念であるはずの《世界》の存在、或いは《自己の世界》の存在をひたすらに盲信し、孤独と絶望に満ちた現実をやり過ごそうと考えている全ての人々の姿そのものでもあるのです。

スポンサーリンク

二つの《世界》から《世界》を否定する

一方、劇中におけるひかりもまた、孤独と絶望に満ちた現実を思い知らされた女性であり、今後の自身の生について悩み、選択しなければならない分岐点に立たされている状況にあります。

大学を卒業したものの就職できず、恋人の太郎との二人暮らしすら経済的に厳しい中で妊娠し、その重大な問題に直面したことで明白になった、自身の抱える孤独。劇中にて彼女が経験する「若き日に思い知らされる孤独と絶望に満ちた現実」は、そのまま京子の過去と境遇に重なります。

しかしながら、そのような共通点が見出せる中でも、ひかりにとっての生の在り方は京子のそれとは全く様相が異なります。その最大の相違点こそが、彼女が妊娠しており、その胎内に子どもを宿っているという点なのです。

京子にとって、《世界》或いは《自己の世界》は唯一無二のモノであり、だからこそ彼女は《世界》=青年・世界に強烈な執着を抱きます。

けれどもひかりにとって、《世界》とは唯一無二のモノなどではありません。なぜなら、彼女は自身がそれまで信じ込んでいた《世界》とは別に、その胎内に宿った子どもの《世界》を、無意識的に、或いは肉体的に感じ取っているからなのです。

「《世界》は唯一無二のモノとして存在し、それは《自己の世界》でもある」。そう信じ込んでいたにも関わらず、胎内に宿った子どもの《世界》という《自己の世界》とは全く異なる《世界》が、自身の肉体の中に生じてしまった。

それは、「《世界》は唯一無二のモノとして存在し、それは《自己の世界》でもある」という、彼女に植え付けられていたドグマを呆気なく破壊するには十分な出来事だったのです。

「妊娠し、胎内に新たな生命が宿っている」という実感よりも先に、ひかりは《世界》の不確かさ、よりネガティブな言葉に言い換えれば、虚無性や無意味さを知り、《世界》が決して生を成立させられるモノなどではないことを知りました。

それこそが《世界》に執着する京子との決定的な差であり、それゆえに、彼女は《世界》への依存を拒絶し、否定したのです。

石原海監督とは

参考映像:-WEGO PRESENTS“PASSION FOR”-「映像作家・UMMMI」

石原監督は、東京藝術大学先端芸術表現科に2019年現在も在学しています。

監督は16歳の時に初じて短編映画を制作し、その作品は2011年のイメージフォーラムフェスティバル・ヤングパースペクティブ部門に入選しました。その後、2013年にパリ・ポンピドゥーセンターが主催する映像祭・オールピスト東京でも入選を果たします。

代表作にあたる短編映画『デスクトップトレジャー』は、オールピスト東京2014、台北オーディオヴィジュアルメディアフェスティバル2015、オールピストサンパウロ2015、第7回カイロヴィデオフェスティバルなど世界各地の映画館・美術館で上映され、高い評価を獲得しました。

現代美術の分野でも制作を行っており、2016年に現代芸術振興財団主催のCAF賞で発表したヴィデオ・インスタレーション作品『どんぞこの庭』は、『美術手帖』編集長である岩渕貞哉から審査員賞(岩渕貞哉賞)を授与されました。また同年には、ゲーテの小説を元にした短編映画『永遠に関する悩み』でイメージフォーラムフェスティバル・ヤングパースペクティブ部門に入選、SKIPシティ・彩の国ビジュアルプラザが開催する映像ミュージアム公募展「MEC Award」でも佳作を受賞しました。

そして映画『ガーデンアパート』は、石原監督初の長編作品にあたります。

まとめ

《世界》の名を冠した青年、そして彼が戯れる二人の女性を通して、生を成立させる脊髄としての《世界》というモノを徹底的に否定した映画『ガーデンアパート』。

狂気に慰めを求め、その存在を認識できたと錯覚している《世界》に囚われ続ける京子。そして、孤独と絶望に満ちた現実を生きなくてはならない中、それでもその生が《世界》に依存することを否定し、「ゼロ」へと辿り着いた主人公ひかりの姿を、石原監督は自らが追求し続ける映像の美学と哲学によって映し出しました。

そして、「世界を変えたいという気持ちが抑えられなくなった」才能溢れる若きアーティストが完成させた《世界》と生の映画によって、劇場に訪れた観客たちは「小さな革命」を体験するのです。

映画『ガーデンアパート』は、2019年6月7日(金)から6月13日(木)にかけて、テアトル新宿にて公開されます。

次回の『シニンは映画に生かされて』は…


(C)吉本興業

次回の『シニンは映画に生かされて』は、2019年5月24日(金)より公開の映画『バイオレンス・ボイジャー』をご紹介します。

もう少しだけ映画に生かされたいと感じている方は、ぜひお待ち下さい。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『列車旅行のすすめ』あらすじと感想レビュー。アリツ・モレノ監督は「ブっ飛んだ」奇想天外な原作がお好き|TIFF2019リポート16

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『列車旅行のすすめ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 そのコンペティション部門で上映された作 …

連載コラム

映画『わたしは光をにぎっている』感想レビューと評価。松本穂香には“透明な存在感”という姿態がある|蟹江まりの映画ともしび研究部6

蟹江まりの映画ともしび研究部 第6回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第6回に取り上げるのは、2019年11月15日に公開された映画『わたしは光をにぎっている』 …

連載コラム

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』感想評価と解説。松嵜翔平×小槙まこで描いたタイムループな大人のラブストーリー|銀幕の月光遊戯 76

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第76回 『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンルの映画作品で知られるいまおかしんじが監督を務めた映画『葵ちゃんはやらせてくれない』は、大人の男女に向けた刺激 …

連載コラム

映画『愛について語るときにイケダの語ること』感想評価レビュー。障害のある池田英彦が末期ガンを患い“愛の在り方”を見つめ直す|映画という星空を知るひとよ67

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第67回 身長112 センチの青年が胃ガンになり、最期を迎えるまでの2年間を撮影した異色ドキュメンタリー映画『愛について語るときにイケダの語ること』。 障害を持 …

連載コラム

伊藤沙莉映画『ちょっと思い出しただけ』感想評価と解説。池松壮亮とW主演で恋愛ラブストーリーを松居大悟監督が描く|TIFF2021リポート3

『ちょっと思い出しただけ』が東京国際映画祭2021観客賞受賞! 2021年、舞台を日比谷・有楽町・銀座地区に移し実施された東京国際映画祭。2021年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界各国・地域の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学