Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2021/03/14
Update

映画『僕が跳びはねる理由』感想と内容評価。自閉症の東田直樹が“普通とは何かを問い” 彼らの世界を疑似体験するドキュメンタリー

  • Writer :
  • もりのちこ

映画『僕が跳びはねる理由』は、2021年4月2日(金)ロードショー!

言いたいことが言えない。それは、気持ちを伝えられないということ。

自閉症という障害を抱える作家・東田直樹が13歳の時に執筆したエッセイ『自閉症の僕が跳びはねる理由』をもとにしたドキュメンタリー映画が製作されました。

原作は世界30カ国以上で出版される大ベストセラーとなり、自閉症と呼ばれる彼らの世界はどのように映っているのかを、多くの人が知るきっかけとなりました。

映画化では、世界各地の5人の自閉症の少年少女とコミュニケーションを取り、家族の証言を交えながら、彼らの心の内面を映像化。

彼らがみて、感じている世界を疑似体験しているかのような映像表現を駆使しました。「普通とは何か」という抽象的な疑問を多角的にひも解きます。

スポンサーリンク

映画『僕が跳びはねる理由』の作品情報


(C)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

【日本公開】
2021年(イギリス映画)

【原作】
東田直樹:『自閉症の僕が跳びはねる理由』

【監督】
ジェリー・ロスウェル

【作品概要】
原作者である東田直樹は、会話のできない自閉症でありながら、パソコンおよび文字盤ポインティングによりコミュニケーションが可能で、理解しがたかった自閉症者の内面を綴る作品を多数執筆しています。

原作『自閉症の僕が跳びはねる理由』を英訳したのは、映画『クラウド・アトラス』の原作で知られるイギリスの作家・デイビッド・ミッチェル夫妻です。

自らも自閉症の息子を育てており、この書籍を通し理解できたことを、世界中の同じ境遇の親にも紹介したいと翻訳を担当。この英語版が、本作に出演しているジョスの両親の目にとまり、映画化の実現となりました。

映画『僕が跳びはねる理由』のあらすじ


(C)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

13歳の少年は、自分に障害があるとは思っていませんでした。「普通と違う所があって困る」と皆が言います。彼にとって普通の人になることは、難しいことでした。

ある自閉症の子供を持つ母親は、突然声をあげ泣き出す娘にどうしようも出来ず、自分が泣いていました。

でも、娘がいつ何時でも書き続けている絵は、彼女の日常を伝える手段なのだとわかりました。

ある自閉症の男の子は、突然恐怖に襲われパニックに陥ることもあります。彼の記憶は、幼い頃のものであっても、30分前のものであっても、そう変わりがありません。

記憶は線のように繋がっているものではなく、点のように現れます。困るのは、その頃の気持ちも一緒にやってくることです。

自家製の文字盤を指さし言葉を探しながら話す「文字盤ポインティング」で、コミュニケーションを図ることができるようになった自閉症者もいます。

話せないことは、気持ちを伝えられないことです。人として生きることは、自分の意思を伝えることが何より大切です。「僕の話に耳を傾けてください」。

国によっては、自閉症の子供を悪魔と結び付け差別する地域もあります。世界中で自閉症を理解しようとする動きが広がることで、同じ境遇の人々のコミュニティが作られつつあります。

自然はときに、彼らを抱きしめてくれる存在です。「世界に生きていいよ」と言ってくれます。自閉症者は普通の人には体験できない喜びを感じているのです。

「僕らは、文明の支配の外に生まれた。多くの命を殺し、地球を壊してきた人類に、大切な何かを思い出してもらうために」。

人は見かけだけでは分かりません。中身を知れば、その人ともっと仲良くなりたいと思います。少しだけ、自閉症者の声に耳を傾けてみませんか。

彼らの世界を旅することで、彼らが跳びはねる理由がわかるかもしれません。そして、互いの未来は繋がっていると感じるはずです。

スポンサーリンク

映画『僕が跳びはねる理由』の感想と評価


(C)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

このドキュメンタリー映画の原作である東田直樹のエッセイ『自閉症の僕が跳びはねる理由』は、それまで「感情を持たない」「創造的な知性を持たない」などと思われてきた、自閉症者への偏見を覆した作品となりました。

「なぜそんな行動を?」と理解出来なかった自閉症の子供を持つ親たちに、希望を与えた作品でもあります。

そこには、彼ら独自の文化やルールが記されていました。心がいつも揺れ動いている状態は、どんな場所にいても居心地が悪く、安心できる場所を探しているのだと。

「悲しいことや嬉しいこと、感情に訴える何かが起こると、雷に打たれたように体が動かなくなる。でも、跳びはねれば縛られた縄を振りほどくことが出来る。気持ちは、空に向かっていく。そのまま、鳥になって遠くへ飛んでいけたら」

彼が跳びはねる理由は、私の跳びはねる理由と変わらないように思います。むしろ彼は、その感覚を美しい詩の一節のように言葉を紡ぎ表現しています。


(C)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

映画では、自閉症者の内面がその行動にどのような影響を与えるかを、映像や音響を駆使して再現しています。彼らの目線で世界を感じる疑似体験が出来るのです。

聞こえる音、まぶしい光、動く影、変化する色、肌に感じる雨粒。見るものは同じでも、受け止め方、感じ方が違うように思います。

細かい部分から入り、視界が全体に広がっていく様子。線や面をたどり、記憶の中から近い物を探していく。その作業はかなりの手間がかかります。まさに、旅です

だからこそ、たどり着いた時、全体が理解できた時、物事はキラキラ輝き出し鮮明に伝わり心を震わせます。美しい世界です。

作中にはナビゲーター的な存在の少年が、海や森を歩き、旅をするように登場します。最後に彼は翻訳家のデイビッド・ミッチェルの自宅にたどり着きました。

それは、「みんなに理解して欲しい」という原作者・東田直樹の想いが繋がった瞬間でした。世界中でもっと彼らが対話に加われば、世界はもっと豊かなものになるのではないでしょうか。

まとめ


(C)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

自ら自閉症である作家の東田直樹が13歳の時に執筆したエッセイ『自閉症の僕が跳びはねる理由』をもとに製作されたドキュメンタリー映画『僕が跳びはねる理由』を紹介しました。

自閉症者が見つめ、感じ、生きる世界を通して「普通とは?」「個性とは何か?」という普遍的な疑問をひも解いた作品

「普通である」とは、どのような状態なのでしょうか。「普通」は、誰が決めるものなのでしょうか。自分と誰かを比べて「私は普通だ」と言えるでしょうか。

原作者の東田直樹は、「普通になりたいですか?」という質問にこう答えています。

「きっと、親や先生や周りの人は大喜びで普通の人に戻してもらいたいと言うでしょう。僕もそう願っていました。でも今なら、僕はこのままの自分を選ぶかもしれません。障害のある無しにかかわらず人は努力しなければならないし、努力の結果幸せになれることがわかったからです。自分を好きになれるなら、普通でも自閉症でもどちらでもいいのです」と。

この映画は、知らなかった世界の扉を開け、多くのことに気付かせてくれました。なにより、他者との分断ではなく、分かり合う努力をするということを思い出させてくれました

映画『僕が跳びはねる理由』は、2021年4月2日(金)ロードショー!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『顔たち、ところどころ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ヌーヴェルヴァーグの巨匠アニエス・ヴァルダと写真家・アーティストのJR、年の差54歳の二人の旅が始まる! 世界中を笑顔にしたロードムービースタイルのドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ』をご紹介 …

ドキュメンタリー映画

映画『イメージの本』あらすじネタバレと感想。ゴダールの希望とは“ささやかな愛のイメージ”

映画『イメージの本』は、2019年4月20日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。 生ける伝説、ジャン=リュック・ゴダール。 齢88歳、フランスに生まれスイスで育った大巨匠が私たちに投げかける …

ドキュメンタリー映画

映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』感想と考察評価。岩手一関のマスター菅原をドキュメンタリーで炙り出す“ジャズな生き様”

ジャズというジャンルはない。 ジャズな人がいるだけ。 岩手県一関市で50年営業を続ける「ジャズ喫茶ベイシー」には、連日多くのジャズファンやオーディオファンが訪れます。 国内外から多くの人が、はるばる一 …

ドキュメンタリー映画

映画『フリーソロ』感想とレビュー評価。クライマーのアレックス・オノルドを巡る人間関係

高さ975m断崖絶壁。ロープ無し、素手で登りきる。 保護具や安全装置を一切使用せず、その身一つで挑むクライミングスタイル『フリーソロ』。 「フリーソロの奇才」と評される稀代のクライマー、アレックス・オ …

ドキュメンタリー映画

映画『虚空門 GATE』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。UFOドキュメンタリーが行き着いた驚きの展開とは⁈

数々のアダルトビデオ、アントニオ猪木を追ったドキュメンタリー『猪木道』の制作に関わってきた小路谷秀樹監督が次に手がけた作品は、なんと「UFO」でした。 「月面異星人遺体動画」に触発された小路谷監督が、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学