Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

今週公開のおすすめ映画ドキュメンタリー『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野ほか全国順次公開

世界のセレブリティから愛されるファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”。

“究極の美”を創り出すインスピレーションの源と、その真相にライナー・ホルツェマー監督が迫ります。

スポンサーリンク

1.映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』の作品情報


© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

【公開】
2017年(ドイツ・ベルギー映画合作)

【原題】
Dries

【製作・監督】
ライナー・ホルツェマー

【キャスト】
ドリス・ヴァン・ノッテン、アイリス・アプフェル、スージー・メンケス

【作品概要】
ベルギー出身の世界的なファッションデザイナーのドリス・ヴァン・ノッテンの仕事と私生活のライフスタイルを追うドキュメンタリー映画。

ドリスは25年の間、1度も休むことなくメンズとレディースのコレクションを年に4回発表しています。

映画の取材は2014年9月にパリのグラン・パレで開催された2015年春夏レディースコレクションの舞台裏から、2016年1月にオペラ座で発表した2016/17秋冬メンズコレクションの本番直後までの1年間に渡りました。

これまで一切の密着取材を断ってきたドリスに初めてキャメラに写されます。

2.映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』のあらすじ


© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

他の追随を許さ位ない独立系ファッションデザイナーのドリス・ヴァン・ノッテン。

彼はこれまでプライベートや自宅の公開を拒否してきました。

ドリスの“創造する美”は、クラシカルなスタイルに絶妙なさじ加減で驚きを加える唯一無二のデザインと言われるが、対象に彼自身はとてもシンプル。

穏やかで控えめな人物から、どのようにしてパリ・ファッション・ウィークで熱狂的な支持を集るコレクションを誕生するのか?

キャメラはドリスの1年間に密着し、彼の創造の源を探ります…。

スポンサーリンク

3.映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』の感想と評価


© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

たとえファッションに限らずとも、美を求めるのは人間の本能かもしれません。

それが「衣・食・住」のはじまり「衣」であれば、それはなおさらのことでしょう。

ドリス・ヴァン・ノッテンと、そのスタッフたちが紡ぎ出す美の秘密を、本作は上手くキャメラによって切り取り、見つめられた映像となっています。

この作品のなかでは、ドリスの作業やデザインの成功したのみ映像ではない様子が本人の口からも語られています。

また、アントワープの自宅のファブリックとのプライベートな生活の一片を、赤裸々に覗き見させてくれます。

ドリスのデザインしたファッションが好きな人も、またそうでないあなたも、きっとドリスに魅せられるはずです。

*以下のバナーから、映画の詳細な情報や感想はお読みくださいね。

まとめ


© 2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野ほか全国順次公開

花とともにデザインされたファッションの美、そして、ファブリックとともに生きるドリスを堪能あれ!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『あまねき旋律 (しらべ)』あらすじ。山形国際映画祭受賞で話題に

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』は、2018年10月よりポレポレ東中野にてあまねきロードショー!以降全国順次公開。 本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門にて、奨励賞と …

ドキュメンタリー映画

映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』感想と考察評価。岩手一関のマスター菅原をドキュメンタリーで炙り出す“ジャズな生き様”

ジャズというジャンルはない。 ジャズな人がいるだけ。 岩手県一関市で50年営業を続ける「ジャズ喫茶ベイシー」には、連日多くのジャズファンやオーディオファンが訪れます。 国内外から多くの人が、はるばる一 …

ドキュメンタリー映画

映画『ラジオ・コバニ』あらすじネタバレと感想。ディロバンの言葉と詩の強さとは

IS(過激派組織ISILの別名)との戦闘により、瓦礫と化したシリア北部の街コバニで、手作りのラジオ局を始める大学生のディバロン。 自身も同じクルド人であるラベー・ドスキー監督が彼女の存在を知り、地雷や …

ドキュメンタリー映画

映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』ネタバレあらすじと感想。宇宙人による拉致事件「アブダクション」を通して見えてくるメディアの危険な情報操作

長い間、その存在について議論になる事が多かったUFOと宇宙人の存在。 ですが、2020年4月に米国防総省がUFOの可能性がある映像を公開し、日本でもUFOに遭遇した時の手順が決められるなど、すでにUF …

ドキュメンタリー映画

【グリーンイメージ国際環境映像祭2019】映画評論家の佐藤忠男を中心に持続可能な社会を問う。ロシアとシンガポール入選2作品を紹介

グリーンイメージ国際映像祭は、毎年開催され、2019年で6回目を数えます。 映像祭の意図として「楽しむ感覚を大切にしながら、自然とともに生きていく意識を世界の人々と育むこと」と公式パンフレットにあるよ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学