Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

ロイヤルバレエ2017シネマ!映画眠れる森の美女劇場公開どこ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場である、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』として劇場公開。

この人気シーズンは今回が8作目。チャイコフスキーによる名曲のバレエ『眠れる森の美女』をご紹介します。

1.映画『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17
ロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」』の作品情報

【公開】
2017年(イギリス映画)

【振付】
マリウス・プティパ

【音楽】
ピョートル・チャイコフスキー

【指揮】
クン・ケセルス


(C)ROH Johan Persson

【キャスト】
マリアネラ・ヌニェス(オーロラ姫)、ワディム・ムンタギロフ(王子)、クレア・カルヴァート(リラの精)、クリステン・マクナリー(カラボス)

【作品概要】
世界に知られるイギリスの名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたオペラやバレエの舞台を映像収録し、映画館のスクリーンで上映する「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17」の1作。

1946年にロイヤル・バレエの初演として上演されてから70年を迎えた記念碑的演目の「眠れる森の美女」を上映。

邪悪な妖精の呪いによって眠り続ける王女と、王女を呪いから救おうとする王子の物語を、チャイコフスキーによる音楽とマウリス・プティパの振り付けが彩る。

2.映画『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17
ロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」』のあらすじ


(C)ROH Johan Persson

邪悪である妖精カラボスは、オーロラ姫の洗礼式に、妖精たちの中で自分だけ呼ばれなかったことに怒りを覚えました。

それを理由に彼女は、オーロラ姫に糸車に指を刺して死ぬという呪いをかけます。

まだ洗礼のお祝いをしてなかったリラの精は、カラボスの呪いを解くことはできませんでしたが、最後の希望の呪文をかけました。

オーロラ姫は死ぬのではなく、深い眠りに落ち、その眠りは王子のキスによってだけ破られると告げます。

16歳の誕生日、オーロラ姫はカラボスの呪いの通りに指を刺してしまいます。

彼女が眠りに落ると、城全体が王も王妃も従者たちも一緒に眠りにつき時を止めてしまったのです。

100年が過ぎ、フロリムント王子が森の奥深くにある、オーロラ姫が眠る城を見つけます。

王子のキスはオーロラ姫の長い眠りを解くことができるのでしょうか…。

スポンサーリンク

3.ロイヤルバレエはどこの映画館で観られるか?


(C)ROH Johan Persson

【関東地域】
TOHOシネマズ日本橋(050-6868-5060)
TOHOシネマズ六本木ヒルズ(050-6868-5024)
TOHOシネマズ流山おおたかの森(050-6868-5045)
TOHOシネマズららぽーと横浜(050-6868-5046)

【中部・近畿地域】
TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ(050-6868-5005)
大阪ステーションシティシネマ(06-6346-3215)
TOHOシネマズ西宮OS(050-6868-5051)

【北海道地域】
札幌シネマフロンティア(011-209-5400)※5/13(土)~上映予定

【東北地域】
MOVIX仙台(022-304-3700)※5/13(土)~上映予定

【九州・沖縄地域】
福岡中洲大洋(092-291-4058)

*詳細に関しましては各劇場にお問い合わせくださいますようお願い致します。

4.まとめ

2014年から英国ロイヤル・バレエ団でプリンシパルを務めている世界最高峰のダンサーのワディム・ムンタギロフ。

新国立劇場バレエ団によるバレエ『眠れる森の美女』にて、2017年5月5、6日(土)の2回の公演を務めました。

その際にワディムはオフ時間にはリュックを背負って伊豆や箱根に自然を見に出かけられたようです。

2017年5月12日(金)より全国順次公開となる「英国ロイヤル・オペラ・ハウス 2016/17 シネマシーズン」では、英国ロイヤル・バレエ団による『眠れる森の美女』を映画館で観ることができます。

今作では王子役を務めるのはワディム・ムンタギロフの実際の公演では、見ることが出来ないダンサーの表情を繊細にキャメラで捉えていますので、より堪能できることが最大の特徴です。

また、ワディム・ムンタギロフのインタビューも収録され、来日公演を楽しんだ人も見逃した人も楽しめる内容となっています。

ぜひ、映画館でのバレエ鑑賞と、ワディム・ムンタギロフの活躍をお見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『フィールズ・グッド・マン』感想評価レビュー。マットフューリーの漫画が映すネット社会と創作の現在

映画『フィールズ・グッド・マン』は2021年3月12日(金)より全国順次ロードショー! 何の悪意もないユーモラスなキャラクターが、突然「諸悪」の象徴に? ある漫画のキャラクターに起きた奇妙な顛末の経緯 …

ドキュメンタリー映画

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』作品情報映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』あらすじとネタバレスター誕生 ツアー 終焉 …

ドキュメンタリー映画

映画『スーパーサイズミー』ネタバレ結末と感想。無料動画視聴方法も

体に悪いと分かっていてもついつい食べてしまうファストフード。その代表格であるマクドナルドを30日間食べ続けたら一体どうなるのか? モーガン・スパーロック監督が自らを実験体にして挑戦するドキュメンタリー …

ドキュメンタリー映画

映画『黙ってピアノを弾いてくれ』あらすじと感想。チリー・ゴンザレスの魅力とは

映画『黙ってピアノを弾いてくれ』は、9月29日(土)より渋谷・シネクイントほか全国順次公開。 挑発的な行動と強烈すぎる個性、そして唯一無二の音楽性で知られるピアニストで作曲家のチリー・ゴンザレス。 狂 …

ドキュメンタリー映画

【第6回グリーンイメージ国際環境映像祭2019リポート】アフリカのセネガル作品が最高賞に輝く『黄金の魚 アフリカの魚』

2019年2月22日〜24日(日)まで、東京・日比谷図書文化館にて、第6回グリーンイメージ国際環境映像祭が開催されました。 ©︎Cinemarche 世界48の国と地域から応募された映像作品は163作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学