Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/02/16
Update

ドキュメンタリー映画おすすめ『ラジオ・コバニ』監督ラベー・ドスキー紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『ラジオ・コバニ』は、5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

大学生ディロバンはISとの戦闘の激化で廃墟となったシリア北部の街で、お手製のラジオ局を開局。

ラジオから聞こえるディロバンの「おはよう」。彼女の声が復興の息吹の始まりを届けるます。

スポンサーリンク

1.映画『ラジオ・コバニ』の作品情報

【公開】
2018年(オランダ映画)

【原題】
Radio Koban

【脚本・監督】
ラベー・ドスキー

【キャスト】
ディロバン・キコ

【作品概要】
自身もクルド人であるラベー・ドスキー監督がクルド人兵士の姉に捧げていた、大学生ディロバンの手作りのラジオ局を始めたことから、シリアとクルド人の復興の兆しを描いたドキュメンタリー作品。

マドリード・ドキュメンタリー映画祭やフロントドック国際ドキュメンタリー映画祭で、観客賞受賞を獲得しています。

2.映画『ラジオ・コバニ』とは

トルコとの国境に近いシリア北部クルド人街コバニ。

2014年9月から過激派組織ISの占領下となるが、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃とともに連合軍の空爆もあって、2015年1月に解放されます。

コバニに人々は戻って来ますが、数カ月に及ぶ戦闘で大半が瓦礫となってしまった街並み。

そこで20歳の大学生の女の子ディロバンは、友人とラジオ局をお手製で立ち上げます。

ラジオ番組のタイトルは「おはよう コバニ」。

放送をはじめたのは、生き残った人々や戦士、詩人などの声を届けるものでした。

ディロバンの番組は、誰しもが願う街を再建と、未来を築こうとする人々の希望となって連帯感をもたらします。

スポンサーリンク

3.映画『ラジオ・コバニ』のラベー・ドスキー監督とは


*画像は場面写真です

監督を務めたラベー・ドスキー自身もクルド人。地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行しました。

彼はクルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会ったそうで、本作『ラジオ・コバニ』を戦死したクルド人兵士の姉に捧げているようです。

ラベー監督は次のように語っています。

「死体や戦闘の映像なくしてコバニの物語は完成できない」

それが日常に起きていた真実として避けられないのでしょう。

また監督自身が姉や知人を多く失っているだろうだけに、監督という表現者として描かないことは不誠実だからかもしれませんね。

ラベー・ドスキー(Reber Dosky)は、1975年生まれ。イラク北部のクルディスタン自治区ドホーク県出身です。

1998年からはオランダに在住して、オランダ映画アカデミーで映画制作について学びます。

2013年に卒業制作として撮った『The Call』は、戦争と移住が父親と息子の関係に与えた影響を描いて見せました。

いくつかの国際映画祭で賞を獲得した実績を持ちます。

2015年の短編映画『スナイパー・オブ・コバニ』は、世界的にブレイクして、2016年の札幌短編国際映画祭の最優秀賞ドキュメンタリー賞などを受賞しました。

また本作『ラジオ・コバニ』はそれにも増して、以下のように数多くの映画賞を受賞しました。

2017年 コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭(CPH:DOX)F:ACT賞受賞
2016年 アムステルダム国際 ドキュメンタリー映画祭(IDFA)オランダ・ドキュメンタリー部門 サウンド&ヴィジョン賞受賞
2017年 マドリード・ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
2017年 イスマイリア国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
2017年 ティラナ国際映画祭 ドキュメンタリー部門 最優秀長編ヨーロッパ作品賞受賞
2017年 イスタンブール・ドキュメンタリー・デイズ 国際批評家連盟賞受賞
2017年 ドホーク国際映画祭 クルド・ドキュメンタリー部門 最優秀作品賞受賞
2017年 ベルゲン国際映画祭 チェックポインツ・コンペティション部門 最優秀作品賞受賞
2017年 オランダ映画祭 長編ドキュメンタリー部門ノミネート
2017年 フロントドック国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
2017年 カメライメージ映画祭 ドキュメンタリー部門 最優秀作品賞受賞

3.映画『ラジオ・コバニ』の見どころ

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織ISの占領下となります。

しかしクルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と、連合軍の空爆により、2015年1月に違法な占領から解放されます。

人々はコバニに戻って来ましたが、数カ月に及ぶ戦闘で街並みは瓦礫となっていました。

本作『ラジオ・コバニ』に出演した20歳の大学生のディロバン。

彼女はこのように述べます。

「わが子へ。戦争に勝者などいません。どちらも敗者です」

こう語るディロバンは、いつか生まれるであろう自身の子ども、そして、今後生まれてくる“コバニで何が起きたか知りたい全ての子どもたち”に向けて言葉を残す姿が映像に収められています。

2014年の戦闘真っ只中のからコバニに復興の光が見え始めた激動の3年間を追ったドキュメンタリーのキャメラは、やがてささやかな日常生活の喜びや恋愛を享受するまでを追いかけています。

スポンサーリンク

まとめ

ラベー・ドスキー監督は、20歳の大学生ディロバンの姿を通して、深く傷ついてきた誰も希望を与える光をドキュメントして見せます。

映画『ラジオ・コバニ』は、5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

誰しもにある日常を振り返り、そして立ち上がる人の姿を見つけることで、あなたにも何かが見えてくるはずです。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『熱狂宣言』あらすじと感想レビュー。松村厚久を観察した奥山和由監督

映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにて熱狂ロードショー。 松村厚久は若年性パーキンソン病を抱えながらも、遊ぶように働き、仕事のなかに遊びを見つける才能を発揮 …

ドキュメンタリー映画

映画『愛と法』あらすじネタバレと感想。同性婚の弁護士夫夫の日常とは

映画『愛と法』は9月22日(土)よりシネ・リーブル梅田、9月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー。 2017年の第30回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」作品賞、第42回香港 …

ドキュメンタリー映画

映画『MERU メルー』あらすじとネタバレと感想!ラスト結末も【ジミーチンの山岳ドキュメンタリー】

新しい年の初めに観る映画をお探しなら、この『MERU メルー』をお勧めします。 誰もが抱く新年の抱負。例えば「何か新しいことにチャレンジしたい」、「あきらめていた夢をもう一度追いかけたい」、「今までと …

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』あらすじとキャスト。上映トークイベント紹介も

ドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』は、1月27日(土)~2月16日(金)の連日am10:50より、新宿K’s cinemaにて上映されます。 また今回の上映期間中は豪華なトークイベ …

ドキュメンタリー映画

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』感想と考察評価。音楽家・青柳拓次の提唱する“サークルボイスの魅力”を斬新に描く

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』は2020年9月5日(土)より新宿K’sシネマ他にて全国順次ロードショー! 人々が一つの場所で輪になり、声を重ね合わせる参加型のイベント「サーク …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学