Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

【感想評価】マルセル・マルソー 沈黙のアート|マイケル・ジャクソンが影響を受けた“パフォーマーの真実”

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『マルセル・マルソー 沈黙のアート』は2023年9月16日(土)よりシアターイメージフォーラムにてロードショー!

ボロボロのシルクハットと赤いバラ、白塗りメイクで世界に知られる道化師“ビップ”(BIP)は、世界的なパントマイム・パフォーマーであるマルセル・マルソーの代名詞ともいえる人物。

マルソーが歩んできたパフォーマンスの道とともに、「沈黙のアート」であるパントマイムの神髄に迫る映画『マルセル・マルソー 沈黙のアート』。

本作では彼の生涯の重要なポイントとして、彼とともにした関係者や家族の証言を、実際の彼の生き様やイメージ映像とともに公開。マルソー自身とともにパフォーマンスの真実に迫っていきます。

映画『マルセル・マルソー 沈黙のアート』の作品情報

【日本公開】
2023年(スイス、ドイツ合作映画)

【原題】
L’art du Silence

【監督・脚本】
マウリッツィウス・スタークル・ドルクス

【出演】
マルセル・マルソー、クリストフ・シュテルクレ、アンヌ・シッコ、カミーユ・マルソー、オーレリア・マルソー、ルイ・シュヴァリエ、ロブ・メルミン、ジョルジュ・ロワンジェ、ダニエル・ロワンジェほか

【作品概要】
「パントマイムの神様」といわれ、現代パフォーマンスにまで大きな影響を及ぼしているフランスのアーティスト、マルセル・マルソーの真実に迫るドキュメンタリー。

ドイツのマウリツィウス・シュテルクレ・ドルクス監督による長編ドキュメント3作目である本作では、マルソー自身の貴重なパフォーマンス、プライベート映像などを満載。

またマルソーのパフォーマンスは、世界的なシンガー、パフォーマーであるマイケル・ジャクソンにも影響を与え、有名なパフォーマンスである「ムーンウォーク」の着想のもとになったと言われており、本作でもマルソーと時をともにする姿が映し出されています。

映画『マルセル・マルソー 沈黙のアート』のあらすじ

1947年に生まれた道化師“ビップ”をはじめ、言葉をひと言も発さず、身ぶりと表情だけですべてを表現するマルソーの舞台は、現代にまで大きな影響を及ぼしています。

彼が見せた沈黙の表現は、なぜこれほどまでに人びとを惹きつけ続けたのか?

本作ではマルソーと共にレジスタンスに参加した従弟ジョルジュ・ルワンジェ、遺志を継ぐ家族、ろうのパントマイマー、クリストフ・シュテルクレら、マルソーを知る人物の証言を収録。

そして豊富なアーカイブ映像を織り交ぜ、マルセル・マルソー自身の真実、そしてパントマイムの神髄に迫っていきます。

マルセル・マルソー プロフィール

1923年、フランス生まれ。チャーリー・チャップリンの演技を見たことがきっかけで1946年に演劇学校に入門、マイム劇『パディスト』の道化役でデビューを果たす。

1949年には無言劇『夜明け前の死』で「ドビュロー賞」を受賞、フランス・パリを中心に活動を広げていく。

1955年にはアメリカでのデビューを果たし、大きな反響を浴びたことで2006年まで精力的にワールドツアーを続ける。一方でテレビや映画などの出演も果たし、さらにその影響範囲を広げその知名度を絶対的なものとしていく。

また1978年にはパリに自身が主宰するパリ国際無言劇学校を創設、1996年はニューヨークにマルセル・マルソー財団を設立と、後進の指導にも精力的な活動を見せた。

2007年9月22日84歳で死去。

映画『マルセル・マルソー 沈黙のアート』の感想と評価

第二次世界大戦前に生まれパントマイムの道を目指しながらも、ユダヤ人として迫害を受けながらレジスタンスとして多くのユダヤ人を救ったマルセル・マルソー。

その活躍は2019年に発表された映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』でも描かれています。

しかしその戦時中のエピソードなどについては、本作の中ではほとんど取り上げられておりません。

さらに「祖父のことをほとんど知らない」という孫、「戦時中のことはほとんど語られなかった」という娘。

大戦中のレジスタンスとしての活躍が取り上げられることも多いマルソーの生き様ですが、本作でこのポイントにあまり言及しないという点から見ると、自分自身の胸の内にあるパフォーマンスへの思いと、それ以外の思いは何か完全に隔てられた空間に存在するものとも見えてきます

その意味で本作の主軸には彼が現代のパントマイムや舞踏の世界に残してきた足跡などが重点的に描かれており、あくまで「沈黙のアート」、彼のパフォーマンス表現という点に強く言及しているといえるでしょう。

本編映像の中では、彼が代表的なキャラクターである“ビップ”を演じる中で、その視点を中心にさまざまなものの存在を表現している様子が映し出されます。

その姿は、とある自然界の一場面を切り取ったというものではなく、見ている側に感情の変化を起こさせるような、ストーリー性のある表現を施したもの。

パントマイム=無言劇という表現とは切っても切れないマルソーだけに、その可能性はまさしく「言葉では表せないもの」であったのかもしれません。

チャールズ・チャップリンからの影響もあり、喜劇的要素の表現が強いマルソーの芸風ですが、その表現には言葉のないことが逆に強い力を示しているようにも感じられます。

同時にマルソーを取り巻いていた数々の人たちが彼から学んだ表現技法を披露し、多くの人の感情に影響を及ぼす姿も映し出されており、いかにマルソーが築いてきたものが大きな広がりを形成するものとなったかを感じられます。

本作はまさに彼が生涯をかけて築き上げてきたものこそが、文字通り「芸術」の一つとして語られるべきものであるということを、印象的な彼の表現とともに示しているわけです。

まとめ

本編の登場人物では、マルソーの孫にあたるダンサーのルイ・シュヴァリエの発言や映像の中に、非常に印象深いポイントが見られます。

5歳の時にマルソーは亡くなり、彼自身はほとんどマルソーのことを知らないと語るルイ・シュヴァリエは、現在ダンスを学ぶパフォーマーの卵。

本作でマルソーは生前「自身の築き上げてきたものが自身の死とともに消えてしまうことを恐れていた」と語ったといわれていますが、一方ででシュヴァリエは母やマルソーの妻、つまり祖母らからさまざまな思想を受け継ぎつつ、自身も苦難を乗り越えながら自然とパフォーマーとしての道を歩んでいる様子が描かれています。

そんな場面からも、本作は彼の築き上げてきたものが一過性のものとして終わらない、芸術という分野で必然的に引き継がれていくものとして非常に意味のあるものとなっていることを強くアピールしていると言えます。

映画『マルセル・マルソー 沈黙のアート』は2023年9月16日(土)よりシアターイメージフォーラムにてロードショー

関連記事

ドキュメンタリー映画

ロイヤルバレエ2017シネマ!映画眠れる森の美女劇場公開どこ?

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場である、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』として劇場公開。 この人気シーズンは今 …

ドキュメンタリー映画

『セメントの記憶』ネタバレ感想レビュー。映画監督ジアード・クルスームが描くシリア人が辿り着いた新たな地獄

2019年3月23日より公開の映画『セメントの記憶』 レバノン・ベイルートの高層ビル建設現場で働くシリア人労働者たちの受難を描いた映画『セメントの記憶』。 地獄と化した祖国から逃れてきたシリア人たちが …

ドキュメンタリー映画

アート・オン・スクリーン『ミケランジェロ 愛と死』の感想と劇場情報

「アート・オン・スクリーン」シリーズが、2018年6月23日(土)より、東京、愛知、大阪、兵庫ほかで公開。 美術が好きな人はより深く芸術の奥行きを知れる本シリーズ。しかし、このシリーズのは美術を知らな …

ドキュメンタリー映画

映画『ブックセラーズ』ネタバレ感想と結末の評価解説。ドキュメンタリーとして世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側を活写!

本の無い人生なんて。 本を探し、本を売り、本を愛するブックセラーたちの世界。 世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から、今現在活躍するブックセラー(書籍販売員)たちを追ったドキュメンタリー映画 …

ドキュメンタリー映画

映画『人生ドライブ』あらすじ感想と評価解説レビュー。熊本県民テレビ発のドキュメンタリーから見える“大家族の絆”

何が起こっても大事なものはここにある。 人生の悲しみも喜びも、思い出も10倍! 熊本県で暮らす岸家は、7男3女の大家族。泣いて笑って全力投球の岸家の21年間を追い続けたドキュメンタリー番組が、劇場上映 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学