Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2020/10/24
Update

映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』ネタバレあらすじと感想。宇宙人による拉致事件「アブダクション」を通して見えてくるメディアの危険な情報操作

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

長い間、その存在について議論になる事が多かったUFOと宇宙人の存在。

ですが、2020年4月に米国防総省がUFOの可能性がある映像を公開し、日本でもUFOに遭遇した時の手順が決められるなど、すでにUFOと宇宙人の存在は、世界的に認められる段階にきていると言えます。

そのUFOと宇宙人を、世界的に多発している宇宙人による拉致事件「アブダクション」に注目し存在や目的について迫ったドキュメンタリー映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』。

「アブダクション」遭遇者や、歴史を辿る事で、いったい何が見えるのでしょうか?

本作を通して見えてきた「真実」をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』の作品情報

映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』
【公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
Beyond the Spectrum: Being Taken

【監督・製作 撮影】
ダーシー・ウィアー

【キャスト】
スタントン・フリードマン、キャスリーン・マーデン、ジョン・E・マック、フィリップ・J・クラス、スーザン・A・クランシー、スティーブン・バセット

【作品概要】
1896年から近年にかけて多発している、宇宙人による拉致事件「アブダクション」を、さまざまな角度で検証したドキュメンタリー映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』。

本作では全米を震撼させた「アブダクション」遭遇者のインタビューや、著名なUFO研究家などの専門家の見解を紹介しながら、宇宙人の存在や目的に関して迫っていきます。

映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』のあらすじ


映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』
宇宙人による人間拉致事件、いわゆる「アブダクション」。

近年、この「アブダクション」が世界中で多発しているという報告が増えています。

「アブダクション」は、睡眠状態から一時的に目覚め、夢と現実の区別がつかない状況で「自分が宇宙人に拉致された」と錯覚した人による証言との仮説がありますが、実際の「アブダクション」遭遇者は、前後の記憶が明確にある事と、精神的に何の異常も無い人が多いとの報告があります。

また「アブダクション」の体験を偽り、マスコミに取り上げてもらう事で「お金儲けを考えている人達」という考え方もありますが、そもそも「アブダクション」の体験を語った所で、信じる人が少ない為、「アブダクション」遭遇者は、自身の経験を積極的に語らない事が特徴です。

それでは「アブダクション」は実際に発生しているのでしょうか?

アメリカにおける、UFO研究の第一人者として知られる物理学者、スタントン・フリードマンは「アメリカはUFOを脅威ではないと考えるが、宇宙人自体の存在が、宗教観を揺るがす脅威だ」と語ります。

そして、数ある「アブダクション」の中でも、全米を震撼させた事で知られる、1961年の「ベティ&バーニー・ヒル夫妻誘拐事件」を紹介します。

真夜中のドライブを楽しんでいたヒル夫妻は、夜空に謎の光る物体を見つけた事で、それを追いかけていました。

ですが、その光る物体は、逆にヒル夫妻の車を追いかけて来ます。

ヒル夫妻は、その物体が宇宙船で、船内に人影を確認したところで拉致されます。

船内で、ヘソに針を刺されるなど、標本のようにされたヒル夫妻ですが「宇宙人はテレパシーで話しかけてきて、怖くはなかった。不思議と痛みを感じなかった」と後に証言しています。

ヒル夫妻は、その後「アブダクション」遭遇者として話題になりますが、「アブダクション」後に、それぞれが体調を大きく崩し始めた事を、ベティ・ヒルの姪、キャスリーン・マーデンは語っています。

キャスリーン・マーデンも「アブダクション」の遭遇者で、UFO研究家として有名な人物です。

もう1つ、有名な「アブダクション」があります。

1975年に発生した「トラヴィス・ウォルトン事件」です。

アメリカのアリゾナ州で、森林作業員をしていたトラヴィス・ウォルトンが突然5日間失踪します。

同時期に同じ場所で作業をしていた同僚は、皆が「トラヴィスがUFOにさらわれた」と証言し、現場に戻る事すら怯えて拒んだとされています。

6日後に、トラヴィスは無事に発見されますが、この事件は大きな話題になり、1993年に『ファイアー・イン・ザ・スカイ/未知からの生還』という作品まで製作されたほどです。

「ベティ&バーニー・ヒル夫妻誘拐事件」「トラヴィス・ウォルトン事件」。

この2つの「アブダクション」を、当事者のインタビューも含めながら、さまざまな角度で検証を開始。

すると宇宙人の目的と、一連の「アブダクション」に関する、UFO懐疑論者達の情報操作など、さまざまな事が発覚します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』ネタバレ・結末の記載がございます。『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「ベティ&バーニー・ヒル夫妻誘拐事件」「トラヴィス・ウォルトン事件」の、当事者達のインタビューから発覚した事は、「アブダクション」遭遇者は、共通して「宇宙人に恐怖を感じなかった」と証言している事です。

「アブダクション」が多く確認されるようになったのは、人類が核兵器を開発し、宇宙に進出するようになって以降と言われています。

トラヴィス・ウォルトンは「彼等は人類を心配し、見守っている」と証言し、他の「アブダクション」遭遇者も同じような証言をしています。

しかし、悲惨な事に「トラヴィス・ウォルトン事件」は、『ファイアー・イン・ザ・スカイ/未知からの生還』が製作された事で「全てが作り話」という印象を世間に与えてしまいます。

事実である事を、いくらトラヴィスが訴えても、その印象は覆りませんでした。

逆に、製作者自身が「偽物」と言っているにも関わらず、アメリカのメディアにより「本物」とされた映像があります。

1989年にディーン・アリオトが製作したフェイク映像『UFO ABDUCTION』。

UFOを目撃してしまった、ある一家の前に宇宙人が現れ、最後は一家全員が行方不明になる内容です。

この作品はホームビデオで撮影されており、本物のように見えた為か、アメリカのニュースで「本物の映像」として流されてしまいました。

その後『UFO ABDUCTION』は、全米のマスコミで「本物の映像」として頻繁に流れるようになり、その状況を危惧したディーンは、メイキングの写真を紹介し「偽物である」と主張しますが、誰も信じてくれない状況となってしまいました。

「友好的な宇宙人」の真実を語り、嘘にされたトラヴィスと、「恐怖の宇宙人」を撮影したフェイク映像が、本物にされてしまったディーン。

何故、こんな事になってしまったのでしょうか?

何者かによる情報操作が行われていると、1つの仮説が立てられます。

「アブダクション」は真実なのか?妄想なのか?

この研究に取り組んだ、ジョン・E・マックという精神科医がいます。

彼は200人以上の「アブダクション」遭遇者の証言を聞き、「アブダクション」という本を執筆。

「アブダクション」はベストセラーになりましたが、「UFOは研究するべきでない」という学者達の暗黙の了解により、UFO研究は打ち切られたとされています。

逆にUFO懐疑論者とされる、学者にも迫ります。

UFO懐疑論者の急先鋒とされる、フィリップ・J・クラスは、インタビューを行った「アブダクション」経験者に、大金を渡して「嘘だったと言え」と迫ったとされる証言が出てきます。

また、UFO懐疑論者で心理学者のスーザン・A. クランシーは「なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか」という本を出版し話題になった人物です。

ですが、その内容は「アブダクション」に関して調査もせず、思い込みと決めつけで書かれた内容になっている事から、スタントン・フリードマンは「非常にガッカリした」と語っています。

「ベティ&バーニー・ヒル夫妻誘拐事件」「トラヴィス・ウォルトン事件」。

2つをメインに「アブダクション」を検証した結果「宇宙人は、地球の状況を心配している」「宇宙人に対して、敵対的な印象を与える情報操作がされている」「UFO懐疑論者の多くは、ろくに検証をしてない」という結論に辿り着き、映画は終了します。

スポンサーリンク

映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』感想と評価


映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』
宇宙人による人間拉致事件「アブダクション」に迫った、映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』。

「アブダクション」に関する最古の事件は、1896年のカリフォルニア州ストックトンで起きた「H・G・ショー大佐の誘拐事件」とされています。

その後1990年代に、日本でもUFOブームなどが起き「アブダクションされると、宇宙人に謎の金属を埋められる」「宇宙人に身体検査をされる」など、さまざまな噂が飛び交いました。

大ヒットしたテレビドラマ「X-ファイル」シリーズでも、物語の核の部分が、主人公モルダーが、目の前で妹を「アブダクション」された時の、記憶が真実かどうか?という部分だったので、印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

本作は、その「アブダクション」に関して、さまざまな事例を紹介し検証していきます。

ですが、ほとんどの情報元がウィキペディアだったり、実際にインタビューに応じているのは、UFO肯定派の著名人ばかりなので、この作品だけで「アブダクションの真実」を、判断する事はできません。

せめて、UFO懐疑論者として名前が出ている、フィリップ・J・クラスとスーザン・A. クランシーには、直接インタビューするべきだったのではないかと感じます。

ですが「トラヴィス・ウォルトン事件」の詳細については、当事者のインタビューもあった事から、かなり興味深い部分がありました。

当時、全米で話題になったトラヴィスの誘拐事件は、事件をモデルに製作された『ファイアー・イン・ザ・スカイ/未知からの生還』によって「完全な嘘」とされてしまいました。

トラヴィスは「完成後に、ある場面が追加されていた。事前に知っていたら承認しなかった」と語っています。

その部分がどこなのかは、作中で深く掘り下げていませんが、何かしらの印象操作があったのでしょう。

逆に、製作者が「フェイクだ」と言っているにも関わらず、本物とされてしまった映像「UFO ABDUCTION」も紹介されています。

この「UFO ABDUCTION」は、1990年代に日本のテレビ番組でも放送された事があり、ホームビデオの映像がやたらリアルでした。

前述のトラヴィスは、宇宙人が友好的である事を主張していましたが、ディーン・アリオトが製作した『UFO ABDUCTION』では、一家を襲う恐怖の宇宙人の映像が流れます。

『UFO ABDUCTION』が、全米のメディアによって「本物」とされてしまった経緯を考えると、何者かによる、明らかな印象操作があったと考えられます。

誰が?何の為に?かは不明ですが、本気になれば世論を簡単に誘導できる存在がいるという事です。

それは、宇宙人に関する情報だけなのでしょうか?

近年「フェイクニュース」という言葉が頻繁に使われるようになりました。

ニュースを鵜呑みにしてしまうのは、実はかなり危険な事なのかもしれません。

「真実」とされている事は、実は誰かが誘導した「フェイク」の可能性がありますよ。

まとめ


映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』
映画『UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件』は、関係者のインタビューや、ニュース記事などを淡々と紹介していく内容です。

かなりスピーディーに話が進むので、突然違うテーマになっていたりしますが、「アブダクション」に関しては、全て詳細を紹介してくれるので、予備知識無しでも「アブダクション」に関して、何が起きたかは分かるようになっています。

ただ人間と宇宙人の交配種と呼ばれる「ハイブリッド」や、UFOの墜落現場に遭遇した人を連れ去り拷問を行ったとされる「謎の組織(おそらくメンインブラック)」に関して、もっと深く掘り下げてほしかったという部分がありますが、本作はUFOの入門編的な作品と言えます。

日本でUFOブームが起きた1990年代に比べ、現在はインターネットが普及された事により、あらゆる情報を簡単に調べる事ができますし、宇宙人関連の情報も、かなり興味深い情報を探す事ができます。

大切な事は、一方的に与えられる情報を鵜呑みにしないで、自分である程度調べて、情報を精査して検証する事です。

本作は「アブダクション」に関して、検証は行いますが、結論はあえて出していません。

そこは観客に委ねたという事でしょう。

ただ、本作からは、ろくな検証もせずに「アブダクション」遭遇者を嘘つきと決めつける、UFO懐疑論者への明らかな怒りが込められています。

宇宙人への愛情さえも感じるドキュメントで、本当は声を大にして言いたい「結論」があるはずなのですが、あえてそこに観客を誘導しない冷静な作品制作の姿勢には、かなり好感が持てました。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『フジコ・ヘミングの時間』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

世界を魅了する美しい音色は、いかにして生み出されるのか? パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都と、世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、フジコの素顔と知られざるヒストリーを …

ドキュメンタリー映画

『私たちの青春、台湾』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。傳楡が意味を問う!ひまわり運動で見せた“発言や行動”への責任

学校、組織、会社、国家のこと。 あなたは自分の意見を持っていますか? 2014年、台湾で起きた学生たちによる社会運動「ひまわり運動」。そのリーダーと、中国人留学生の人気ブロガーを追ったドキュメンタリー …

ドキュメンタリー映画

映画『津軽のカマリ』あらすじネタバレと感想。高橋竹山のドキュメンタリーで描かれたものとは

3歳の時に視力を失いつつも、津軽三味線の巨星となった初代、高橋竹山。 生前「津軽のカマリ(匂い)が湧き出るような音を出したい」と語っていた本人の映像や音声や生前の彼を知る人々の証言から、高橋竹山の人生 …

ドキュメンタリー映画

映画『黙ってピアノを弾いてくれ』あらすじと感想。チリー・ゴンザレスの魅力とは

映画『黙ってピアノを弾いてくれ』は、9月29日(土)より渋谷・シネクイントほか全国順次公開。 挑発的な行動と強烈すぎる個性、そして唯一無二の音楽性で知られるピアニストで作曲家のチリー・ゴンザレス。 狂 …

ドキュメンタリー映画

映画『あなた、その川を渡らないで』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

DVDレンタル開始直前に、映画評論家の町山智浩がラジオで紹介したのをきっかけに、韓国のドキュメンタリー映画が話題になっています。 映画『あなた、その川を渡らないで』は、モスクワ国際映画祭観客賞、ロサン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学