Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/09/29
Update

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』あらすじとキャスト。上映館情報も

  • Writer :
  • 富士野

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』は、10 月20日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー!

中国深圳市の油画村で、ゴッホの絵を20年にわたって描き続けている男性がいます。

ゴッホに魅せられた彼の人生を、色鮮やかに映し出す感動のドキュメンタリー映画をご紹介します。
2017年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で監督賞を受賞し、話題になった作品です。

スポンサーリンク

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』の作品情報


(C)Century Image Media (China)

【公開】
2018年10月20日(オランダ・中国映画合作)

【原題】
中國梵高 China’s Van Goghs

【監督】
ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ

【脚本】
キキ・ティンチー・ユイ

【キャスト】
チャオ・シャオヨン

【作品概要】
後期印象派を代表する画家フィンセント・ファン・ゴッホは、生前は不遇な人生を送りながら、それでも命を懸けて作品を作り続けていました。

そんな彼に魅せられた一人の男、チャオ・シャオヨン。

中国・深圳市の”大芬油画村”でゴッホの複製画を20年描き続けている彼の、ゴッホに捧げる人生を映し出したドキュメンタリー映画です。


(C)Century Image Media (China)

ユイ・ハイボー監督のプロフィール

ユイ・ハイボーは、中国の武漢大学にて写真を学んだ後、学士号を取得します。

中国では深圳経済日報チーフフォトエディターや深圳プロカメラマン協会の代表を務めるなど中国におけるシュールリアリズム写真の先駆者として有名な人物です。

1989年からドキュメンタリー写真を積極的に発表しており、『Tibet』、『Music Youth』、『China’s urban expansion』などの作品を世界中で展示会を通して発表、多数の賞を受賞しています。

加えて映像の分野でも、写真エッセイの形をとった短編作品『One Man’s Shenzhen』(2012)を監督しました。

今作『世界で一番ゴッホを描いた男』にて、長編監督デビューを果たします。

スポンサーリンク

キキ・ティンチー・ユイ監督のプロフィール

ユイ・ハイボー監督の娘。中国の Century Image Mediaのプロデューサーであると共に、 中国上海交通大学の USC-SJTU 研究所の映画科で助教授も務めています。

自身も大学で映画を学んだ経歴があり、ウエストミンスター大学では映画制作を、ケンブリッジ大学では社会学を学んだ後、再びウエストミンスター大学にてドキュメンタリー映画制作を学び、博士号を修得します。

ドキュメンタリー短編作品『Photographing Shenzhen』(2007)、『Memory of Home』(2009)、『Tube』(2008)を監督しています。

チャオ・シャオヨンのプロフィール

チャオ・シャオヨンは湖南省出身の男性。

1996年に出稼ぎで大芬にやって来ました。

そこで初めてゴッホの絵画と出会いその魅力のとりこになります。

以降、ゴッホの複製画を家族と共に独学で描き続け、その数10万点以上。

多い時には毎月600~700枚のゴッホの複製画を全世界へ輸出しており、ゴッホの生き様を現代によみがえらせようと積極的に制作活動を行っています。


(C)Century Image Media (China)

スポンサーリンク

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』のあらすじ


(C)Century Image Media (China)

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街が、中国の深圳市にありました。

”大芬(ダーフェン)”という街です。

出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)はここで初めてゴッホの複製画と出会います。

ゴッホの絵、そしてそこに込められた生き様に魅せられたシャオヨンは、以降独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けて暮らしていました。
絵を描くことも、寝るのも食べるのも全て工房の中で行います。

そんな生活をずっと続けるうち、シャオヨンはゴッホ美術館へ行きたいと思うようになります。

本物の絵画からゴッホの心、生き様に触れて何か気づきを得られればと…。

その想いは日増しに募り、ついに彼は夢を叶えるためにアムステルダムを訪れるのでした。


(C)Century Image Media (China)

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』の見どころ


(C)Century Image Media (China)

この作品の見どころは、ゴッホに憧れた趙小勇自身の生きざまです。

彼はゴッホの絵を20年描き続けることにより、ゴッホの心、そして生きざまに触れています。

そしてもっと彼の本物の“生”に触れたいとアムステルダムに向かいます。

カメラはその様子を映していますが、スクリーンに描き出されるのは、むしろ趙小勇自身の生き方、心の葛藤なのです。

何とか渡航資金を作ってアムステルダムに着いた彼は、自分の描いた複製画を見つけます。

20年、丹精込めて描いたシャオヨンの複製画は確かに世界中に広がっていましたた。

しかし、それは彼が想像していた流通の仕方ではなく、その時の彼の葛藤が切なく色鮮やかに描き出されます。

彼は複製画を大量につくる職人なのか、それともゴッホの生きざまを伝えるアーティストなのか。

ゴッホとの向き合い方を模索する彼は、とても苦しそうであるとともに、なにかとても人間臭い、心にグッとくるものを感じます。

まとめ


(C)Century Image Media (China)

ドキュメンタリー映画の面白いところは、新しい世界に出会えるところです。

複製画を作っている村が存在すること自体、この映画の予告編を見るまで知らなかった人も多いはず。

また、映画を観てそれに興味が湧いたら、自分でもっとその世界について調べてみたくなりませんか?

そこが、ドキュメンタリー映画のもうひとつの醍醐味です。

昨日まで全く知らなかったことに興味を持ち、調べ、自分の世界が広がり、昨日の自分より少し成長した自分を感じることができるのです。

見たことのない世界にどっぷりと浸かりながら、一人、いや二人の男の生き様に思いをはせてみてください。

映画を観終わるころには、あなた自身の人生にきっと思いを馳せているはずです。

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』は、10 月20日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー!

本作を上映する劇場情報


(C)Century Image Media (China)

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 近日公開

【東北地区】
宮城 フォーラム仙台 10月20日(土)

【関東地区】
東京 シネマカリテ 10月20日(土)
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 11月3日(土)
神奈川 イオンシネマ港北ニュータウン 10月20日(土)
神奈川 イオンシネマ海老名 10月20日(土)
千葉 イオンシネマ幕張新都心 10月20日(土)
千葉 キネマ旬報シアター 10月20日(土)
茨城 イオンシネマ守谷 10月20日(土)
群馬 シネマテークたかさき 近日公開

【中部地区】
静岡 シネギャラリー 10月27日(土)
静岡 シネマe_RA 近日公開
長野 長野千石劇場 12月1日(土)
愛知 伏見ミリオン座 10月20日(土)
岐阜 イオンシネマ各務原 10月20日(土)
石川 シネモンド 近日公開

【近畿地区】
大阪 シネ・リーブル梅田 10月27日(土)
京都 京都シネマ 10月27日(土)
兵庫 元町映画館 近日公開
和歌山 イオンシネマ和歌山 10月20日(土)

【中国・四国地区】
岡山 シネマ・クレール 近日公開
広島 イオンシネマ広島西風新都 10月20日(土)
山口 山口情報芸術センター 11月16日(金)

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 近日公開
佐賀 シアター・シエ 近日公開

*上記の劇場情報は9月29日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開されること増えることが予想されます。お近くの映画館をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧の上お出かけください。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『ゲッベルスと私』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ナチス宣伝大臣ゲッベルズの秘書ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言と顔に深々と刻まれた皺は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こします。 ドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私』は、「何も知らなかっ …

ドキュメンタリー映画

映画『私はあなたのニグロではない』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年はキング牧師没後50年。ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』では、“自由と正義の国”を掲げるアメリカの“黒人差別と暗殺の歴史”が明らかにされています。 2017年初頭トランプ政 …

ドキュメンタリー映画

映画『キューブリックに魅せられた男』感想とレビュー評価。逸話を持つ巨匠にすべてを捧げた生き様

映画『キューブリックに魅せられた男』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで、『キューブリックに愛された男』と全国カップリング上映! 没後20年、今なお伝説の巨匠として語り …

ドキュメンタリー映画

映画『フリーソロ』感想とレビュー評価。クライマーのアレックス・オノルドを巡る人間関係

高さ975m断崖絶壁。ロープ無し、素手で登りきる。 保護具や安全装置を一切使用せず、その身一つで挑むクライミングスタイル『フリーソロ』。 「フリーソロの奇才」と評される稀代のクライマー、アレックス・オ …

ドキュメンタリー映画

やまなみ工房のドキュメンタリー『地蔵とリビドー』。映画感想レビュー

2010年からNHK Eテレにて、日本初の障がい者のためのバラエティ番組と銘打って、障がいを持つ人たちが“お笑い”を目指した番組が『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』。 当初、前代未聞なインパクト …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP