Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/09/29
Update

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』あらすじとキャスト。上映館情報も

  • Writer :
  • 富士野

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』は、10 月20日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー!

中国深圳市の油画村で、ゴッホの絵を20年にわたって描き続けている男性がいます。

ゴッホに魅せられた彼の人生を、色鮮やかに映し出す感動のドキュメンタリー映画をご紹介します。
2017年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で監督賞を受賞し、話題になった作品です。

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』の作品情報


(C)Century Image Media (China)

【公開】
2018年10月20日(オランダ・中国映画合作)

【原題】
中國梵高 China’s Van Goghs

【監督】
ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ

【脚本】
キキ・ティンチー・ユイ

【キャスト】
チャオ・シャオヨン

【作品概要】
後期印象派を代表する画家フィンセント・ファン・ゴッホは、生前は不遇な人生を送りながら、それでも命を懸けて作品を作り続けていました。

そんな彼に魅せられた一人の男、チャオ・シャオヨン。

中国・深圳市の”大芬油画村”でゴッホの複製画を20年描き続けている彼の、ゴッホに捧げる人生を映し出したドキュメンタリー映画です。


(C)Century Image Media (China)

ユイ・ハイボー監督のプロフィール

ユイ・ハイボーは、中国の武漢大学にて写真を学んだ後、学士号を取得します。

中国では深圳経済日報チーフフォトエディターや深圳プロカメラマン協会の代表を務めるなど中国におけるシュールリアリズム写真の先駆者として有名な人物です。

1989年からドキュメンタリー写真を積極的に発表しており、『Tibet』、『Music Youth』、『China’s urban expansion』などの作品を世界中で展示会を通して発表、多数の賞を受賞しています。

加えて映像の分野でも、写真エッセイの形をとった短編作品『One Man’s Shenzhen』(2012)を監督しました。

今作『世界で一番ゴッホを描いた男』にて、長編監督デビューを果たします。

キキ・ティンチー・ユイ監督のプロフィール

ユイ・ハイボー監督の娘。中国の Century Image Mediaのプロデューサーであると共に、 中国上海交通大学の USC-SJTU 研究所の映画科で助教授も務めています。

自身も大学で映画を学んだ経歴があり、ウエストミンスター大学では映画制作を、ケンブリッジ大学では社会学を学んだ後、再びウエストミンスター大学にてドキュメンタリー映画制作を学び、博士号を修得します。

ドキュメンタリー短編作品『Photographing Shenzhen』(2007)、『Memory of Home』(2009)、『Tube』(2008)を監督しています。

チャオ・シャオヨンのプロフィール

チャオ・シャオヨンは湖南省出身の男性。

1996年に出稼ぎで大芬にやって来ました。

そこで初めてゴッホの絵画と出会いその魅力のとりこになります。

以降、ゴッホの複製画を家族と共に独学で描き続け、その数10万点以上。

多い時には毎月600~700枚のゴッホの複製画を全世界へ輸出しており、ゴッホの生き様を現代によみがえらせようと積極的に制作活動を行っています。


(C)Century Image Media (China)

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』のあらすじ


(C)Century Image Media (China)

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街が、中国の深圳市にありました。

”大芬(ダーフェン)”という街です。

出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)はここで初めてゴッホの複製画と出会います。

ゴッホの絵、そしてそこに込められた生き様に魅せられたシャオヨンは、以降独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けて暮らしていました。
絵を描くことも、寝るのも食べるのも全て工房の中で行います。

そんな生活をずっと続けるうち、シャオヨンはゴッホ美術館へ行きたいと思うようになります。

本物の絵画からゴッホの心、生き様に触れて何か気づきを得られればと…。

その想いは日増しに募り、ついに彼は夢を叶えるためにアムステルダムを訪れるのでした。


(C)Century Image Media (China)

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』の見どころ


(C)Century Image Media (China)

この作品の見どころは、ゴッホに憧れた趙小勇自身の生きざまです。

彼はゴッホの絵を20年描き続けることにより、ゴッホの心、そして生きざまに触れています。

そしてもっと彼の本物の“生”に触れたいとアムステルダムに向かいます。

カメラはその様子を映していますが、スクリーンに描き出されるのは、むしろ趙小勇自身の生き方、心の葛藤なのです。

何とか渡航資金を作ってアムステルダムに着いた彼は、自分の描いた複製画を見つけます。

20年、丹精込めて描いたシャオヨンの複製画は確かに世界中に広がっていましたた。

しかし、それは彼が想像していた流通の仕方ではなく、その時の彼の葛藤が切なく色鮮やかに描き出されます。

彼は複製画を大量につくる職人なのか、それともゴッホの生きざまを伝えるアーティストなのか。

ゴッホとの向き合い方を模索する彼は、とても苦しそうであるとともに、なにかとても人間臭い、心にグッとくるものを感じます。

まとめ


(C)Century Image Media (China)

ドキュメンタリー映画の面白いところは、新しい世界に出会えるところです。

複製画を作っている村が存在すること自体、この映画の予告編を見るまで知らなかった人も多いはず。

また、映画を観てそれに興味が湧いたら、自分でもっとその世界について調べてみたくなりませんか?

そこが、ドキュメンタリー映画のもうひとつの醍醐味です。

昨日まで全く知らなかったことに興味を持ち、調べ、自分の世界が広がり、昨日の自分より少し成長した自分を感じることができるのです。

見たことのない世界にどっぷりと浸かりながら、一人、いや二人の男の生き様に思いをはせてみてください。

映画を観終わるころには、あなた自身の人生にきっと思いを馳せているはずです。

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』は、10 月20日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー!

本作を上映する劇場情報


(C)Century Image Media (China)

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 近日公開

【東北地区】
宮城 フォーラム仙台 10月20日(土)

【関東地区】
東京 シネマカリテ 10月20日(土)
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 11月3日(土)
神奈川 イオンシネマ港北ニュータウン 10月20日(土)
神奈川 イオンシネマ海老名 10月20日(土)
千葉 イオンシネマ幕張新都心 10月20日(土)
千葉 キネマ旬報シアター 10月20日(土)
茨城 イオンシネマ守谷 10月20日(土)
群馬 シネマテークたかさき 近日公開

【中部地区】
静岡 シネギャラリー 10月27日(土)
静岡 シネマe_RA 近日公開
長野 長野千石劇場 12月1日(土)
愛知 伏見ミリオン座 10月20日(土)
岐阜 イオンシネマ各務原 10月20日(土)
石川 シネモンド 近日公開

【近畿地区】
大阪 シネ・リーブル梅田 10月27日(土)
京都 京都シネマ 10月27日(土)
兵庫 元町映画館 近日公開
和歌山 イオンシネマ和歌山 10月20日(土)

【中国・四国地区】
岡山 シネマ・クレール 近日公開
広島 イオンシネマ広島西風新都 10月20日(土)
山口 山口情報芸術センター 11月16日(金)

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 近日公開
佐賀 シアター・シエ 近日公開

*上記の劇場情報は9月29日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開されること増えることが予想されます。お近くの映画館をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧の上お出かけください。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『a-ha THE MOVIE』あらすじ感想評価と解説レビュー。ノルウェーのミュージシャングループが80年代アーティストとして“活動と真実”を映し出す

映画『a-ha THE MOVIE』は2022年5月20日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! 「TAKE ON ME」のヒットは、ノルウェーの3人に何をもたらしたのか?a-haの真実に迫るド …

ドキュメンタリー映画

映画『ラジオ・コバニ』あらすじネタバレと感想。ディロバンの言葉と詩の強さとは

IS(過激派組織ISILの別名)との戦闘により、瓦礫と化したシリア北部の街コバニで、手作りのラジオ局を始める大学生のディバロン。 自身も同じクルド人であるラベー・ドスキー監督が彼女の存在を知り、地雷や …

ドキュメンタリー映画

映画『Workers被災地に起つ』あらすじと感想レビュー。ワーカーズコープ共に生きる人間の強さとは

「協同労働の協同組合」とは? 働く人や市民がみんなで出資し、民主的に経営し、責任を分かち合い、人と地域に役立つ仕事をおこす協同組合「ワーカーズコープ」。 本作は、東日本大震災後、ワーカーズコープが東北 …

ドキュメンタリー映画

映画『廻り神楽』感想レビュー。黒森神楽の歴史と岩手に根づく力強い信仰心を描く

東日本大震災から8年。春を連れて黒森神楽がやって来る。 岩手県宮古市の伝承芸能「黒森神楽」は、国指定重要無形民俗文化財に登録されています。 黒森山を拠点に「権現様」と呼ばれると呼ばれる2頭の獅子頭に神 …

ドキュメンタリー映画

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』感想レビューと評価。イタリア三大テノール歌手のドキュメンタリー作品とは

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』は2020年9月4日よりTOHOシネマズシャンテほかで公開。 『パヴァロッティ 太陽のテノール』は、アルバム売上総数1億枚以上、観客動員数1千万人超えという驚異の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学