Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

【ネタバレ感想】ナディアの誓いOn Her Shoulders|虐待の真実を語り続ける強い意志

  • Writer :
  • 福山京子

不動不屈の精神で、世界の被害者の声を代弁し続けるナディアに密着した、感涙のドキュメンタリー

私は無数の人々の声になる。

2018年ノーベル平和賞受賞者である23歳のナディア・ムラドは、イラク北部でISISによる虐殺と性奴隷から逃れ、世界で同じ苦しみを持つ人々の希望となりました。

ドキュメンタリー映画『ナディアの誓いOn Her Shoulders』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ナディアの誓い On Her Shoulders』の作品情報


(C)RYOT Films

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
On Her Shoulders

【脚本・監督】
アレクサンドリア・ボンバッハ

【キャスト】
ナディア・ムラド、ムラド・イスマエル、アマル・クルーニー

【作品概要】
2018年ノーベル平和賞そして国連親善大使となったナディア・ムラドの決意と行動を、カメラで追っていく真実のドキュメンタリーです。

カメラは数々の困難に辛抱強く立ち向かっていくナディアに密着し、彼女の揺るぎない決意を浮き彫りにしていきます。

映画『ナディアの誓い On Her Shoulders』のあらすじとネタバレ


(C)RYOT Films

道で多くの人々が集まり、歩きながらカメラで写真を撮っています。中央には一人の女性ナディア・ムラドの姿がありました。

彼女は、真剣な表情でペンを持ち、スピーチの原稿を書いています。

ナディアのスピーチが国連で始まります。

ノーベル平和賞2018の受賞者で23歳のナディア・ムラドは2014年8月までイラク北部の小さく静かな村、コチョ村で母と兄弟姉妹達と幸せに暮らしていました。

しかし、ISIS(イスラム国)がやって来て、少数民族ヤジディ教徒の虐殺が始まります。

殺されるだけではなく、捕まった少女や女性は戦利品として売買や交換の対象となりました。

ナディア達も捕らえられ、母親と6人の兄弟は殺されます。彼女は性奴隷として3ヶ月扱われた末、脱出に成功しドイツに逃れることができました。

ナディアは、2015年12月の国際連合安全保障理事会で、ISISの虐殺や性暴力についての証言を行い、ヤジディ教徒の希望の存在となります。

「これを仕事とは思っていません。助けを求めているだけです」、ナディアはそうスピーチを終えると、人々の拍手に包まれました。

一方ナディアは暗い表情で、「イラクのヤジディ教徒のことを何度もメディアで話し、ISIS(イスラム国)の虐殺のことを訴えてきた。でも何も変わらない、無駄だった」と語ります。

さらに彼女は、非イスラム教の村でヤジディ教徒の生存者は、その村を離れるしかなかったと話を続け、「心理療法で病院に行くように勧められた。でも私には無理だった。大勢の人々が捕らわれていたから」とナディアは目に涙を浮かべました。

2016年7月、ナディアは8ヶ月の活動を終え、ニューヨークの国連に向かいました。

シモーネという女性の国連委員が、ナディアのスピーチのリハーサルを聞いて「アナウンサーのように上手。CNNより良いわ」とナディアに伝えます。

ある日ラジオ放送で、ナディアはその虐殺の日の前はどんな生活を過ごしていたのかを聞かれます。

「学校に行って、家の手伝いをして…どこにでもいるような普通の女の子だった。夢は自分の村で美容室を開くことだったわ」

「でもなれなかった、夢は奪われた」と、ナディアは上擦った声で語り終えました。

スピーチの原稿で自分のことを活動家と紹介されることを嫌い、ナディアは「自分は難民だ」と相手に主張します。

さらにナディアは、テレビや多くのメディアで「自分は戦争の性奴隷となった犠牲者であり、ドイツの収容所に1年以上入れられていた。1000人以上の難民たちの声なき声を代弁したい」と訴えました。

そして彼女の思いは次第に強くなり、普通の生活に戻る日を待ち望みながらも、故郷を奪い家族も殺したISISの虐殺を止め、まだ捕らえられている同胞や世界中の性暴力被害者のために、彼女は表舞台に立ち続けることを決意します。

またナディアは10ヶ月以上行動を共にし、通訳のみならず自分を支えてくれているムラドの話をします。彼は30歳にもなるのに家族も持たず、同じ大義のために一緒に歩んでいく男性であり、ナディアが失望しても彼が力を与えてくれる存在でした。

カナダのオタワにある国会議事堂に、ナディアは向かいました。

カナダの移民委員会で、ナディアはISISの虐殺の恐怖や恥辱そして性奴隷となった体験を語りました。横でムラドはナディアの通訳をしてサポートしています。

ナディアは「黒服でヒゲの男達が子どもをさらい、9歳以上の女性は性奴隷となり、老女は殺され男達は村の外で殺されました。そして村を支配されました」と涙ながらに訴えます。

そして彼女は痛ましい体験を、苦しみながらも繰り返し、ジャーナリスト、政治家、そして外交官に訴え続けました。

ナディアは、ギリシャのアテネで開かれる国連総会に向かいます。

以下、『ナディアの誓い On Her Shoulders』ネタバレ・結末の記載がございます。『ナディアの誓い On Her Shoulders』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)RYOT Films

国連の役員ルイスは、「虐殺の実態を語る上で、ヤジディの村に一度戻り、まず同胞を弔うべきだ」とナディアに助言します。

ムラドはそれを通訳すると、ナディアは泣いてしまうと困っています。「シンジャールは奪われてしまう、私たちの土地だと主張すべきだ」とムラドはナディアに伝え、ヤジディ教徒が生き残るためには、コミュニティを残すべきだと、ナディアも納得します。

ナディアはスーパーで多くの生活用品を買い出していました。ルイスがナディアに虹色の風車をプレゼントしました。

ギリシャのセレス難民キャンプに着きます。ここにはナディアの話にじっと耳を傾ける者や、泣き出す者の姿がありました。中には彼女達との再会に涙を見せる100歳の老女がいました。

そしてナディア達は、ギリシャのペドラ難民キャンプへ移動します。

難民の一人が、ヨーロッパに渡ってきてもこの惨状は何も変わらないことをナディアに伝えます。その夜、ルイスがナディアとムラトに告げました。

「ドイツやカナダで訴えても難民の受け入れは難しい。これでは難民たちが虐殺から逃れてもヨーロッパで虐殺を完成させていることになる」、ナディアとムラトは、10年はかかるだろうと語り合いました。

ムラドはカメラに向かって、「コミュニティはナディアに頼っている。村の娘に戻りたい、もう限界だと声を発する度に、次の日は活動を続けなきゃと立ち上がる。ISISから脅迫状も送られている。私は辛くて見ていられない」と伝えます。

男の子達が海に飛び込んで遊んでいます。そこはスカラマガス難民キャンプ。多くの洗濯物が干されています。

外で男の子がギターを弾きながら「同胞達が殺された。埋葬することもできない…」と歌っています。ナディアも周りの人もすすり泣いています。

ニューヨークで、ナディアの国連親善大使任命式が行われます。母がいればとナディアは涙を流しながら、写真を撮られています。

ニューヨーク国連本部で、ナディアの任命式が終わり、人権弁護士のアマルが「どの国も自国の利益しか考えていない、あなたを失望させてしまったことが恥ずかしい」と発言します。

国連議長が「苦しみよりも誇らしさを持ってほしい」とナディアに伝えました。横でムラドは泣いています。

最後にナディアは「世界中の難民や被害者の声を届けたい。紛争地帯が平和にならない限り、斬首、レイプそして多くの人が故郷を追われます」と訴えました。

2017年にナディアは廃墟と化した故郷を訪れ、同年9月に国連安全保障理事会は、ISISの調査を決議。

本を買う人にサインをしているナディアの姿がありました。

スポンサーリンク

映画『ナディアの誓い On Her Shoulders』の感想と評価


(C)RYOT Films

春、道を歩いていると、多くのリクルート姿の若者に出会います。紺色のスーツが新鮮で、どの若者も目がキラキラして歩いています。

ふとこの映画のナディアの年齢を振り返ると、23歳。彼女もそこを歩いているリクルート中の女性と同じように、美容師になりたいという夢と希望を持ったごく普通の女性でした。

なぜ彼女が住むイラク北部の静かなコチョ村が、ISISに狙われ虐殺されたのでしょうか。

ナディアのコミュニティ、ヤジディ教徒とは

現在イラクの主な民族はアラブ人とクルド人で大多数がアラブ人であり、宗教では9割以上がイスラム教を信仰しています。

ナディアは、イラク北部のシンジャール山に近いコチョという農村で生まれ育ちました。

この村に住むのはヤジディという少数民族で、独自の宗教を信じる民族です。イスラム教、キリスト教、拝火教など多くの宗教が混じり合ったようなヤジディは、イスラム教徒が多いイラクでは「邪教」として冷遇されてきました。

しかし、2003年にアメリカ軍が始めたイラク戦争がこの地方のヤジディの生活を変えました。

サダム・フセイン大統領が失脚した後、アメリカ軍はこの地方に携帯電話の基地局を設置し、学校を建てました。

アメリカ軍とヤジディとの関係は良好で、一時的に彼らの生活は劇的に改善しました。

虐殺したISISとは

2014年8月、ISISがシンジャール地方のヤジディ教徒の村々を侵略しました。

コチョを包囲したISISは村人にイスラム教への改宗を命じましたが、ヤジディたちはそれを拒否したため、ISISは男性と老いた女性のすべてを処刑し、子供と若い女性を拘束しました。

男子を処刑せずに拘束したのは、洗脳してISISの戦士に育てるためでした。

21歳のナディアは、この日母親と6人の兄弟を殺され、故郷から連れ去られました。

ヤジディの女は異教徒であり、過激派によるコーランの解釈では、奴隷をレイプするのは罪業ではないとされています。彼女たちは新たに採用する兵士をひきつけるために使われ、忠誠心や良い行いへの褒美として性奴隷にされました。

またイスラム教では、結婚していない男女が接触することは基本的に禁じられており、イスラム教徒の女性は人間として尊重しています。

けれども、ヤジディの女性は人間ではないのでレイプしても罪にはならないと考え、結婚前に女性と性交渉ができないイスラム教の若い男性にとっては魅力的な恩恵でした。

だからこそナディアは、何度も自分の辛く苦しい体験を証言し、ISISの虐殺は偶発的な事件ではなく計画的な犯罪で、撲滅しなけねばならないことを世界へ訴えています

まとめ


(C)RYOT Films

傍でいつもナディアを支えて励ますムラドは、村の娘に戻りたい、限界だと声を上げながらも、次の日は活動のために立ち上がる彼女の姿を見て、こう話しています。

彼女は強い

そして、国連安全保障理事会の席で、人権弁護士のアマルは、ナディアの身体は壊れたかもしれないと話しながらも、次のように語ります。

彼女の魂は何も壊れていない

それは、彼女自身が話すように、自分は活動家ではなく「難民」の一人であり、今も拘束されている多くの「被害者」の一人として、彼らの代弁者として証言しているからです。

そしてどこの難民キャンプに行っても、彼女に多くの人が抱擁し涙を流しています。

観る者にとっても彼女がこの時代の未来であり、唯一の希望と感じることができるでしょう。

ぜひ、ナディアの揺るがない決意のスピーチを聴きにいきませんか。

関連記事

ドキュメンタリー映画

【グリーンイメージ国際環境映像祭2019】映画評論家の佐藤忠男を中心に持続可能な社会を問う。ロシアとシンガポール入選2作品を紹介

グリーンイメージ国際映像祭は、毎年開催され、2019年で6回目を数えます。 映像祭の意図として「楽しむ感覚を大切にしながら、自然とともに生きていく意識を世界の人々と育むこと」と公式パンフレットにあるよ …

ドキュメンタリー映画

ロイヤルバレエ2017シネマ!映画眠れる森の美女劇場公開どこ?

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場である、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』として劇場公開。 この人気シーズンは今 …

ドキュメンタリー映画

映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』あらすじと感想レビュー

3月3日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開となる映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』をご紹介します。 アカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったピアニスト、デイヴィ …

ドキュメンタリー映画

映画『バンクシーを盗んだ男』あらすじと感想レビュー。上映する劇場情報も

映画『バンクシーを盗んだ男』は、8月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかロードショー。 正体不明のグラフィックアーティスト、バンクシーによって描かれた壁画「ロバと兵士」を …

ドキュメンタリー映画

やまなみ工房のドキュメンタリー『地蔵とリビドー』。映画感想レビュー

2010年からNHK Eテレにて、日本初の障がい者のためのバラエティ番組と銘打って、障がいを持つ人たちが“お笑い”を目指した番組が『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』。 当初、前代未聞なインパクト …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP