Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画WEAREXはYOSHIKIの成功への経過を全ドキュメントに

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

全国の映画館にて公開中のXJAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』は大ヒット中!

今回はスティーブン・キジャック監督の『WE ARE X』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.XJAPANドキュメンタリー映画『WE ARE X』

XJAPANのこれまでの軌跡を追ったアメリカ制作のドキュメンタリー『We Are X』。

2016年にイギリスで製作され、日本のヘヴィメタルバンドであるX JAPANおよび、ドラマーでピアニストでリーダーのYOSHIKIに姿に迫る映画。

監督はスティーブン・キジャックによるもので、2016年1月23日のサンダンス映画祭にて初公開しました。

映画『WE ARE X』の作品情報

【公開】
2017年(イギリス映画)

【監督】
スティーブン・キジャック

【キャスト】
YOSHIKI、ToshI、PATA、HEATH、SUGIZO、TAIJI、HIDE、ジーン・シモンズ

【作品概要】
ロックバンド「X JAPAN」の軌跡を追ったアメリカ製ドキュメンタリー。監督は「ザ・ローリング・ストーンズ」のドキュメンタリー「ストーンズ・イン・エグザイル 『メイン・ストリートのならず者』の真実」などを手がけたスティーブン・キジャク。

スポンサーリンク

映画『WE ARE X』のあらすじ


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

1982年に高校生だったYOSHIKIは、Toshiとともにバンドを結成。日本国内のみならず世界へと活動の場を広げていった「X JAPAN」。

1997年に惜しまれつつも解散、2007年に再結成をした同バンドの歩んできた道のりは、決して平坦なものではありませんでした。

メンバーの脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、ToshIの洗脳騒動など、バンド活動のみらなず波乱の連続。

2014年10月に開催されたマディソン・スクエア・ガーデン公演の舞台裏を追いながら、YOSHIKIたちの軌跡を追ります…。

スティーブン・キジャック監督のX JAPANへの想いは?


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

2014年10月11日に開催されたマディソン・スクエア・ガーデンでの「X JAPAN」のコンサートから撮影を開始したスティーブン・キジャック監督。

彼はニューウェーブの隆盛以降の13歳頃を最後にヘビーメタルを聴いてなく、「X JAPAN」の存在も知りませんでした。

「X JAPAN」について調べるうちに、キジャック監督が生まれて初めて買ったレコードであるキッスの「ラヴ・ガン」が、YOSHIKIとToshlが初めて買ったレコードと同じであったことに感銘を受けます。

また、キジャック監督がSUGIZOと初めて会った際に、SUGIZOが英国のニューウェーブバンドであるジャパンのベーシスト、ミック・カーンの友人であったことを知ります。

ほかにも、X JAPANのメンバーも同じく、ニューウェーブからの影響を受けたことなど、キジャック監督は「X JAPAN」のとの共通性を見つけました。


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

キジャック監督は、YOSHIKIが過去何十年もの間に渡り、自身の人生と「X JAPAN」を記録した映像をストックしていたため、映画制作にあたり、制作チームが発掘した映像が使われています。

例えば、キジャック監督が影響を受けたデヴィッド・リンチ監督が演出した「Longing 〜切望の夜〜」のミュージックビデオの未発表映像もその1つです。

スポンサーリンク

映画『WE ARE X』の映画での評価は?


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

サンダンス映画祭でのプレミアの前に、ローリングストーンは、サンダンスで見たい25の映画の1つにを挙げたことが話題になりました。

また、サンダンス映画祭にて『WE ARE X』は、特別編集審査員特別賞を受賞と、South by Southwestのタイトルデザインで優秀賞を受賞しました。

そのほか、放送映画批評家協会賞 ドキュメンタリー映画賞で「ベスト・ミュージック・ドキュメンタリー」にノミネートされている。

第89回米国アカデミー賞アカデミー賞最優秀オリジナルソング賞に、エンディング・テーマ「La Venus」がノミネートされました。

まとめ


(C)2016 PASSION PICTURES LTD.
日本の音楽シーンでも「X JAPAN」の解散や出来事は大きく話題になったことです。

しかし、「X JAPAN」にここまで迫った映像をまとめたテレビや映画は制作されませんでした。

スティーブン・キジャック監督は、ザ・ローリング・ストーンズ」のドキュメンタリー『ストーンズ・イン・エグザイル 「メイン・ストリートのならず者」の真実』も手がけています。

スティーブン・キジャク監督は2015年2月にこのように述べ、「私は音楽ドキュメンタリーをやめなければならないかもしれない。X JAPANの物語はあまりにもドラマチックでこの後、どう作ればいいかわからない」とまで言わせたのです。

YOSHIKIさんの手術と映画公開の成功をファンのひとりとして見守っていきたいと思っております。

ぜひ、渾身の音楽ドキュメンタリーをご覧ください!

関連記事

ドキュメンタリー映画

『アントラム/史上最も呪われた映画』ネタバレあらすじと感想。結末はフェイクか実話か観たら死ぬ!?

映画『アントラム/史上最も呪われた映画』は2020年2月7日より公開。 1979年に製作され、関わる者が次々と命を落とす呪われた映画『アントラム』。 1993年に行方不明になったこの作品を入手した、2 …

ドキュメンタリー映画

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』あらすじ感想と解説評価。ドキュメンタリーで見る教会にたどり着いた“苦しみに生かされた”人々の魂

困難を抱いてキリスト受難劇を演じる人々の輝く姿 アートと映像の領域を横断してさまざまなヴィデオ作品を⼿掛けてきた⽯原海監督の最新作『重⼒の光 : 祈りの記録篇』が2022年9月3日(⼟)よりシアター・ …

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー』あらすじ。謎の死と生涯を全3話で紹介

マウンテンゴリラの生態研究や保護活動に尽力した女性研究者の生涯と、彼女の謎の死に迫る全3話のドキュメンタリー番組『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』は、ナショナル ジオグラフィックで放送します …

ドキュメンタリー映画

岡本太郎映画『太陽の塔』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

半世紀を経て、2018年に太陽の塔の内部が公開。 そして現在も予約殺到な中、今こそ太陽の塔を造った岡本太郎の“真のメッセージ”を知ることになります。 岡本太郎は何を想い、何と闘い、太陽の塔を造ったのか …

ドキュメンタリー映画

映画『愛と法』あらすじネタバレと感想。同性婚の弁護士夫夫の日常とは

映画『愛と法』は9月22日(土)よりシネ・リーブル梅田、9月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー。 2017年の第30回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」作品賞、第42回香港 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学