Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/04/07
Update

ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー』あらすじ。謎の死と生涯を全3話で紹介

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

マウンテンゴリラの生態研究や保護活動に尽力した女性研究者の生涯と、彼女の謎の死に迫る全3話のドキュメンタリー番組『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』は、ナショナル ジオグラフィックで放送します。

先行一挙放送は2018年4月8日(日)午後5時~8時にて、3話連続放送、またレギュラー放送は4月16日(月)スタート毎週月曜PM10時より放送開始!

ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』を
Hulu今すぐ見る

スポンサーリンク

ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』とは

ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」では、マウンテンゴリラの保護活動で活躍した末に、殺害された女性研究者ダイアン・フォッシーに迫る番組を放送。

彼女の生涯と功績、また事件の謎に迫るドキュメンタリーで、全3話にわたり『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』と銘打ったドキュメンタリーです。

ダイアン・フォッシーは、マウンテンゴリラの生態研究と保護活動で功績を残しました。

彼女は世界的に高い評価を受けたアメリカ人の女性研究者で、彼女の自著『Gorillas in the Mist』を基に製作された、1989年にマイケル・アプテッド監督の手によって公開された『愛は霧のかなたに』があります。

参考映像:シガニー・ウィーバー主演『愛は霧のかなたに』

主演のシガニー・ウィーバーがダイアン・フォッシー役を演じ、ウィーバーは実際にマウンテンゴリラの群れの中で撮影を行なったことが話題になりました。

また、ダイアンを次第に認めていくボスのゴリラは、特殊メイク担当リック・ベイカーが作った本物そっくりの着ぐるみであったことを記憶する人もいるでしょう。

今回ご紹介するのそちらではなく、実際のダイアン・フォッシーに迫ったドキュメンタリー番組『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』です。

ダイアンとはいったいどんな活動を行なったのでしょうか。

彼女はマウンテンゴリラの長期的な調査を初めて行った研究者として知られ、マウンテンゴリラに対しても深い愛情を抱き、熱心な保護活動を行ってきました。

しかし、ダイアンの手段を選ばない過激な保護活動は、お金目当ての密猟者からの恨みを得てしまいます。

現地の人たちと対立を深め、やがて、拠点としていたルワンダ山中の小屋でダイアンは命を奪われてしまいます。

後に彼女とともに働いていた2人のスタッフが有罪判決を受けましたが、当事者たちは事件への関与を否認しており、関係者たちも捜査と判決を信用しておらず、事件から30年以上が過ぎた現在でも真相は闇に包まれています。

本番組では、事件で有罪判決を受けたスタッフを含み、多くの関係者のインタビューを通して、当時のダイアンが置かれていた状況を考察しながら、事件の真相へと迫って行きます。

ダイアン・フォッシー本人を撮影した映像は、40時間を超える貴重なアーカイブ映像となっており、それだけでなく彼女が残した言葉を通して、その功績や人物像も紹介されてます。

▼ドキュメンタリー番組『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』はHuluでも見られます。
ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』を
Hulu今すぐ見る

『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』の第1話
「ゴリラに捧げた生涯」簿あらすじ

1985年12月27日の明け方、ルワンダの人里離れた山中。

それを切り裂くような悲痛な叫び声が朝霧から聞こえてきます。

トタン張りの小屋の周りには人々が集まり、そのなかには惨殺されたダイアン・フォッシーの遺体が横たわっています。

ダイアンはマウンテンゴリラを絶滅から救う保護活動で国際的な名声を得ていました。

しかし、ゴリラを守るためならば手段を選ばず、地元ルワンダの住民とはたびたびトラブルになり、多くの敵を作ってきました。

誰がこの偉大な研究者を殺したのだろうか?

ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』を
Hulu今すぐ見る

『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』 の感想と評価

ダイアン・フォッシーという女性

本ドキュメンタリー番組では、何といってもダイアン・フォッシーの40時間を超える貴重なアーカイブ映像があります。

また、ナレーションに使用されたのは、ダイアンの手によって書かれた言葉を使用している点は、とても見どころのあるポイントになっています。

もちろん、60分×3話の本編映像は、アーカイブイブ映像やダイアン自身の記した言葉のみで全てを構成している訳ではありません。

それでもダイアン・フォッシーという女性が、いったいどの様な研修者であり、人物であったのかを想像させるのには充分に見応えはあるものになっています。

ダイアンの謎の死のみならず、功績に注目!

野生動物の保護活動のアイコンとも呼べるダイアン・フォッシー。

多くのマウンテンゴリラを絶滅の危機から救ってきたものの、彼女の人生は想像を絶した幕で結末を閉じてしまいました。

確かに衝撃的な謎の死ではあるが、それだけでなく、マウンテンゴリラの生態研究に尽力したダイアン・フォッシーの活動に注目してドキュメンタリー番組を見ていただきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

ナショナル ジオグラフィックがお贈りする『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』 をぜひご覧下さい。

また、ナショナル ジオグラフィックでは、これからもあらゆる領域の“未知”へ挑み、宇宙、自然、動物、科学、そして時事など、幅広いジャンルのドキュメンタリーが放送されるようです。

Huluでは現在2週間無料トライアルを実施中

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

▼ドキュメンタリー番組『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』はHuluでも見られます。
ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』を
Hulu今すぐ見る

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ドキュメンタリー映画

ザイドル映画『サファリ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

観客を震撼させた!! アフリカで合法的に行われている自然動物の殺戮。トロフィー・ハンティングの実態に迫ったドキュメント映画作品とは? 人間の倫理観に問いかけた作品をご紹介します。 スポンサーリンク C …

ドキュメンタリー映画

佐川一政映画『カニバ』あらすじと感想。パリ人肉事件38年目の真実への海外の反応は⁈

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』は2019年7月12日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー! 1981年、フランス・パリで起きた、前代未聞の猟奇殺人事件として世間を騒がせ …

ドキュメンタリー映画

映画『ラスト・タンゴ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

寒くなりましたね。外に出るのがツライ時には、自宅での映画鑑賞はいかがでしょう。 アルゼンチンのブエノスアイレスは、日本とは逆に真夏に向かっていく季節! アルゼンチン・タンゴのドキュメンタリー映画『ラス …

ドキュメンタリー映画

映画『フジコ・ヘミングの時間』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

世界を魅了する美しい音色は、いかにして生み出されるのか? パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都と、世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、フジコの素顔と知られざるヒストリーを …

ドキュメンタリー映画

英国バレエ『バーンスタイン・センテナリー』の公開日と映画館情報。【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18】

最近、映画館で観るのは、もはやハリウッド映画だけではないこの日頃。意外にライブビューイングなどで、アイドルやバンドのコンサートを見たり聴いたりと、楽しみにしている人も意外に多いのではないでしょうか。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学