Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2017/10/12
Update

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』監督の真相を考察するドキュメンタリー

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

“リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか? 彼の人生と頭の中を覗きみる”

悪夢のような映像で難解さと不可解な世界感からファンを熱狂させた『イレイザーヘッド』で、たちまちカルト映画のカリスマとなったデヴィッド・リンチ監督。

ドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』は、2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開です。

スポンサーリンク

1.映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の作品情報


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

【公開】
2018年(アメリカ・デンマーク映画合作)

【原題】
David Lynch: The Art Life

【監督】
ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム

【キャスト】
デヴィッド・リンチ

【作品概要】
カルト映画のカリスマ監督として唯一無二な存在であるデヴィッド・リンチ。彼自らインタビューに答え、自身の“闇”に迫るドキュメンタリー映画。

2.映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』のあらすじ


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

奇才デヴィッド・リンチ監督の映像作品だけではなく、絵画、写真、音楽など、あらゆる方法で表現活動に精力的な彼に焦点を当てていきます。


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

美術学生時代の退屈と憂鬱…

悪夢のような街フィラデルフィアの暮らし…

1976年に自主制作映画『イレイザーヘッド(Eraserhead)』で、監督・製作・脚本を務め長編デビューに至るまでを。

デヴィッド・リンチ監督自ら語りつくしています。

参考映像:『イレイザーヘッド』(1976)予告編

スポンサーリンク

3.映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の見どころ


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせ、ドラマの長尺な時間こそが映画の新しい在り方だと語り、今なお精力的なデヴィッド・リンチ監督。

映画界の“悪夢”そのものといえるカリスマ監督の“創作の謎”に迫るのが、今作『デヴィッド・リンチ:アートライフ』です。

デヴィッド・リンチ監督自ら「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」と、ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去とはどのようなものか?


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。そこに潜む“恐怖”と“苦悩”は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で、観客のあなたの前に現れては消えていきます。

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期…。

学生時代にアーティストになる人生を夢見るも、溢れ出る創造力を持て余すばかりだった退屈と憂鬱…。

やがて『マルホランド・ドライブ』(2001)の美術監督となった親友ジャック・フィスクとの友情…。

生活のために働くなかで助成金の知らせを待った日々…。


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976)に至るまでをデヴィッド・リンチ自らが本人の“謎”の真相を語りつくしています。

デヴィッド・リンチファンのあなたには、必見のドキュメンタリー作品です。

まとめ


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

2017年は海外ドラマの原点にして頂点である、絶大な人気を誇るテレビシリーズ続編『ツイン・ピークス The Return』も放送開始されました。

デヴィッド・リンチ監督自ら“謎”の真相を解き明かし、リンチファンの鑑賞の手引きになるのが『デヴィッド・リンチ:アートライフ』。

見逃すことはできませんね。

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』は、2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開されます。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『縄文にハマる人々』あらすじネタバレと感想。教授や研究者が世界で最も美しい謎を求めてハマっていく⁈

縄文土器、弥生土器、どっちが好き?どっちも土器! 縄文と聞いて何を思い浮かべますか?縄文土器、土偶、竪穴式住居、貝塚、狩猟民族。 今から約1万3千年前。約1万年も続いた縄文時代。 名前は知っているけど …

ドキュメンタリー映画

映画『ビヨンド・クルーレス』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ドキュメンタリー映画

映画『ラジオ・コバニ』あらすじネタバレと感想。ディロバンの言葉と詩の強さとは

IS(過激派組織ISILの別名)との戦闘により、瓦礫と化したシリア北部の街コバニで、手作りのラジオ局を始める大学生のディバロン。 自身も同じクルド人であるラベー・ドスキー監督が彼女の存在を知り、地雷や …

ドキュメンタリー映画

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』ネタバレ感想と考察評価。中国の複製画家が本物を見ようとオランダへ

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。 芸術に人生を捧げた孤高の画家ゴッホに魅せられ、ゴッホに人生を捧げる男がいます。 映画『世界で一番ゴッホを描いた男』は、20年 …

ドキュメンタリー映画

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』感想と考察評価。音楽家・青柳拓次の提唱する“サークルボイスの魅力”を斬新に描く

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』は2020年9月5日(土)より新宿K’sシネマ他にて全国順次ロードショー! 人々が一つの場所で輪になり、声を重ね合わせる参加型のイベント「サーク …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学