Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』あらすじと感想レビュー

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

美術史上最も異彩を放つ奇想ワールドは誰のために何のために描かれたのか?

没後500年を迎えた今なお、謎に満ちた画家ヒエロニムス・ボス。

ボッシュと推察されている肖像(1560年頃)

日本の美術ファンからも人気のある画家ヒエロニムス・ボス(ボッシュ)。

同時代の初期フランドル派とは一線を画した作風は、シュルレアリスムの特徴でもある幻想的な雰囲気を想起させてくれます。

また彼の描いた世界観は、後世のピーテル・ブリューゲルを始めとする画家に大きな影響を与えているのはあまりに有名な話。

ドキュメンタリー映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』は、プラド美術館の全面協力を得て画家の素顔に迫る作品です。

今作では美術ファンに愛され続けるボッシュの代表作にして、最大の問題作「快楽の園」の真相にも迫っていく…。

スポンサーリンク

1.映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』の作品情報


(C)Museo Nacional del Prado (C)Lopez-Li Films

【公開】
2017年(スペイン・フランス映画合作)

【原題】
El Bosco. El jardín de los sueños

【撮影・監督】
ホセ・ルイス・ロペス=リナレス

【キャスト】
ラインデルト・ファルケンブルグ、オルハン・パムク、 サルマン・ラシュディ、セース・ノーテボーム、ルネ・フレミング

【作品概要】
映画製作をロペス=リ・フィルムズが行い、スペインのマドリードにあるプラド美術館の全面協力で完成させたドキュメンタリー映画。

2.映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』のあらすじ


(C)Museo Nacional del Prado (C)Lopez-Li Films

2017年にボスの没後500年を記念したイベントが世界中で開催されました。

プラド美術館全面協力のもと撮影され、いまだ決定的な解釈のなされていないボスの最も有名で魅力的な作品「快楽の園」が世界中のクリエイターに与えた影響を検証し、謎に満ちたボスという作家の創作の謎に迫ります。

幻想的な世界に身をゆだね、人生の「天国」と「地獄」に想いを馳せる90分間です。

スポンサーリンク

3.画家ヒエロニムス・ボスとは?

美術ファンに人気のある三連祭壇画「快楽の園」


快楽の園(1480~1500年頃、プラド美術館蔵)

ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch)は、1450年頃に生まれ、1516年8月9日に亡くなった、ルネサンス期のネーデルラント(フランドル)の画家。

本名はイェルーン・ファン・アーケン(Jeroen van Aken)といい、日本ではヒエロニムス・ボスを“ボッシュ”と表記されることもあり、ボッシュの愛称で広く知られています。

ベルギーの国境近くにあるス・ヘルトーヘンボスの画家一族のもとに生まれた彼は、父親アントニス・ファン・アーケンは画家、母親は仕立て屋の娘でした。

ボッシュの周囲にも画家は多くいたようで、祖父ヤン、兄のホーセン及び、3人の叔父たちも画家であったそうです。

また、ボッシュが絵画修業をしていた頃の資料など、明確な情報はありません。

一般的には父親の営む工房で絵画技術を身に付けたとされていますので、今作『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』では、そのあたりの謎にも触れられていることでしょう。

ボッシュの代表作として有名である「快楽の園」(1480~1500年頃)は、プラド美術館に所蔵されていて、その作品は普通の板絵のほか、三連祭壇画の形式を持つものがいくつかあります。

板絵の左側にはキリストの姿を用いた神がアダムにイブを娶わせている“エデンの園”があり、右側に“地獄”を描いたようで、胴体が卵の殻になった男、人間を丸呑みにして排泄する怪鳥などの奇怪なイメージで描かれています。

中央の板絵は“快楽の園”としての現世と一般的には考えられていて、多くの男女が様々な快楽に耽っている様子が描かれています。

この絵画が持った趣旨も様々に推測されることから、今作『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』では、どのように解釈されるのか楽しみです。

そのほか、プラド美術館には「乾草車」(1490~1500年頃)や「東方三博士の礼拝」(1510年頃)も所蔵していて、ボッシュの考察にこれらの作品が登場するのか、注目したいところですね。

まとめ

プラド美術館の全面協力のもと、画家ボッシュの謎が大きく解き明かされる今作『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』は、ホセ・ルイス・ロペス=リナレス監督の渾身の一作。

監督自ら撮影を行なった点にも注目で、ホセ・ルイス・ロペス=リナレス監督が何を見つめ、見抜きたかったのか興味をそそられます。

昨今では多くの美術館をドキュメントした映画がブームとなっていますが、画家ボッシュの謎を解き明かすこの作品は、美術ファンのあなたの期待も大きい作品ではないでしょうか。

映画公開日は12月予定で、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!劇場公開の詳細な日程などに関しては、メディア解禁後に再度このサイトでお知らせいたします。

『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』を、ぜひお見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『イメージの本』あらすじネタバレと感想。ゴダールの希望とは“ささやかな愛のイメージ”

映画『イメージの本』は、2019年4月20日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。 生ける伝説、ジャン=リュック・ゴダール。 齢88歳、フランスに生まれスイスで育った大巨匠が私たちに投げかける …

ドキュメンタリー映画

映画『カウラは忘れない』あらすじ感想とレビュー評価。最大の捕虜脱走事件を基に戦争下での不完全な人間の性質を探るドキュメンタリー

映画『カウラは忘れない』は2021年7月2日(金)より岡山:シネマ・クレール、7月9日(金)より香川:ソレイユ2にて先行上映、2021年8月7日(土)より、ポレポレ東中野、東京都写真美術館ホールにて全 …

ドキュメンタリー映画

映画『ブックセラーズ』ネタバレ感想と結末の評価解説。ドキュメンタリーとして世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側を活写!

本の無い人生なんて。 本を探し、本を売り、本を愛するブックセラーたちの世界。 世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から、今現在活躍するブックセラー(書籍販売員)たちを追ったドキュメンタリー映画 …

ドキュメンタリー映画

映画『フリーソロ』感想とレビュー評価。クライマーのアレックス・オノルドを巡る人間関係

高さ975m断崖絶壁。ロープ無し、素手で登りきる。 保護具や安全装置を一切使用せず、その身一つで挑むクライミングスタイル『フリーソロ』。 「フリーソロの奇才」と評される稀代のクライマー、アレックス・オ …

ドキュメンタリー映画

映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』感想レビュー評価。戦後75年の日本を問い直すドキュメンタリーが示した“タイムリミット”

映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は7月25日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー 映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は、フィリピンと中国の残留邦人の歴史と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学