Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

『サハラのカフェのマリカ』あらすじ感想と評価解説。ドキュメンタリーで‟砂漠の中のオアシスの場”の存在理由とそこから得られるものを問う

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『サハラのカフェのマリカ』は2022年8月26日(金)より全国ロードショー!

砂漠の中にポツンと存在する1軒のカフェ。せわしなく砂漠を行き来する旅人は、今日もここに立ち寄って女主人・マリカとのひとときを過ごしています。

サハラ砂漠で小さなカフェを営む年老いた女性と、そこを訪れる人たちの姿を捉えたドキュメンタリー『サハラのカフェのマリカ』。

カフェに訪れる人たちと女主人との会話を中心に、厳しい環境の中でゆったりとした時間が流れる砂漠の日常を表情豊かに描いた作品です。

映画『サハラのカフェのマリカ』の作品情報


(C)143 rue du desert Hassen Ferhani Centrale Electrique -Allers Retours Films

【公開】
2022年(アルジェリア・フランス・カタール合作映画)

【原題】
143 rue du desert(英題:143 Sahara Street)

【監督・撮影】
ハッセン・フェルハーニ

【作品概要】
サハラ砂漠で小さなカフェを営む年老いた女性と、そこを訪れる人たちの姿を捉えたドキュメンタリー。

作品を手掛けたのは、アルジェリアのハッセン・フェルハーニ監督。作品は2019年の第72回ロカルノ国際映画祭で最優秀新人監督賞を受賞するなど世界的にも高く評価されました。

映画『サハラのカフェのマリカ』のあらすじ


(C)143 rue du desert Hassen Ferhani Centrale Electrique -Allers Retours Films

アフリカ北部、アルジェリアのサハラ砂漠の真ん中にポツンと1軒、マリカがひとりで営むカフェがあります。

店にはトラック運転手や旅人たち、ヨーロッパのバックパッカーらが旅の途に訪れ、マリカはそんな人々と他愛のない会話を交わし、毎日を過ごしています。

人々は一杯のコーヒーとともに、自分の国や自身の人生など、自身の素直な思いやさまざまな出来事を、初対面のマリカに気兼ねなく打ち明けていました。

映画『サハラのカフェのマリカ』の感想と評価


(C)143 rue du desert Hassen Ferhani Centrale Electrique -Allers Retours Films

砂漠の中にポツンと存在する1軒のカフェ。多くの人は1978年の映画『バグダッド・カフェ』を思い出すでしょう。

実際、本作でスポットがあてられる砂漠のカフェの女主人・マリカは、『バグダッド・カフェ』の主人公・ジャスミンと多くの点で違いが見られる一方で、カフェに居続ける理由にどこか重なるところがあるのではないかと感じられます。

アルジェリアでは、1970年に砂漠を南北に結ぶサハラ砂漠縦貫道路を建設したり、サハラ砂漠の中に、砂漠を縦横断できるいくつかの行路が設けられています。

残念ながら十分な整備は行われていないものの、それぞれの道路は重要な運送の経路となっており、マリカのカフェはこうした道路の途中に位置し、旅の途中に一時の安らぎを提供しているようです。

カフェを訪れる人の多くは陸送業者で、相変わらず情勢が安定しない政治の情勢を嘆いたりします。自身の住んでいる国のことをどこかよその国の話をしているようにも見えますが、一方でその言葉の端々にそれぞれの日常で抱いている思いのようなものも見えてきます


(C)143 rue du desert Hassen Ferhani Centrale Electrique -Allers Retours Films

終盤には、マリカ自身の口から彼女の波乱の人生と思われる経緯が、とある旅人との話の中で語られます。

彼女はその話を冗談だとごまかそうとしますが、複雑にも見えた彼女自身の表情からその真偽のほどを推し量ることはできません。

本作は大半がマリカのカフェに訪れる旅人と彼女との会話で構成されており、間には彼女が唯一の同居人である猫と戯れるシーンもあります。

しかしその話の端々や彼女の表情の変化などを探ると、彼女はさまざまな経緯を経てこの地にたどり着いた様子も感じられます。

その表情からは、彼女が決して恵まれた裕福な生活であるとはいえないものの、ここに自身の安息の地を見つけたことも伺えます。

激動の時代に生きる現代、案外オアシスという場所は、彼女のカフェのような場所なのかもしれません

わが娘のようにかわいがる猫と戯れるマリカの姿からは、そんな普遍性すら見えることでしょう。

まとめ


(C)143 rue du desert Hassen Ferhani Centrale Electrique -Allers Retours Films

会話シーンの中で特徴的なのは、旅人の多くとマリカが対面ではなく、どちらもカメラ側に顔を向けしゃべっているところです。

会話でお互いの表情を見ないのは、たとえば交渉ごとの現場では相手の真意が見えにくいこともあってこのような会話を行うことはまずありません。

日本国内では通常の会話でもこのような光景を見ることはあまりないのではないでしょうか。

しかし彼女らの会話は逆に相手を眺め見ないために、逆に自身の胸の内を素直に表しているようでもあり、話を聞く側としては詮索される様子もないので安心感が生まれるのかもしれません。

このような光景はかえって今の時代ではあってもいいのでは?と思えてくるところにこの物語の真意も見え、本作はマリカのそんな日常を通じて、安らぎを求める人たちへの指針を表しているようにも感じられます。

映画『サハラのカフェのマリカ』は2022年8月26日(金)より全国ロードショー


関連記事

ドキュメンタリー映画

SLEEP マックス・リヒターからの招待状|感想と評価レビュー。ドキュメンタリー映画で「睡眠」のエンタテインメント性を追求する

映画『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』は2021年3月26日(金)より全国順次ロードショー! 音楽家マックス・リヒターの楽曲『眠り』をテーマとした『SLEEP』の真意に迫ったドキュメンタリ …

ドキュメンタリー映画

ヨコハマ・フットボール映画祭2018にて上映!『You’ll never walk alone』あらすじと感想レビュー

来たる2月11日(日)、12日(休・月)、8回目となる「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」が開催されます! 会場は、1917年に建造された国の重要文化財である横浜開港記念会館。歴史ある会場にちなん …

ドキュメンタリー映画

映画『廻り神楽』感想レビュー。黒森神楽の歴史と岩手に根づく力強い信仰心を描く

東日本大震災から8年。春を連れて黒森神楽がやって来る。 岩手県宮古市の伝承芸能「黒森神楽」は、国指定重要無形民俗文化財に登録されています。 黒森山を拠点に「権現様」と呼ばれると呼ばれる2頭の獅子頭に神 …

ドキュメンタリー映画

映画『ゲッベルスと私』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ナチス宣伝大臣ゲッベルズの秘書ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言と顔に深々と刻まれた皺は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こします。 ドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私』は、「何も知らなかっ …

ドキュメンタリー映画

映画『イルミナティ』ネタバレ結末とラストの感想解説。世界を操る闇の秘密結社に歴史的な側面から挑むドキュメンタリー

世界を操る闇の秘密結社「イルミナティ」の正体に迫る! 1776年にドイツで創設され、現代でも政治や芸術などに介入し、世界を操る組織と言われている秘密結社「イルミナティ」。 その「イルミナティ」の真実の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学