Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2017/01/19
Update

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

スポンサーリンク

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』作品情報

【公開】
2016年(アメリカ)

【原題】
EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years

【監督】
ロン・ハワード

【キャスト】
ザ・ビートルズ、ウーピー・ゴールドバーグ、エルヴィス・コステロ、エディ・イザード、シガーニ―・ウィーヴァー

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』あらすじとネタバレ

スター誕生

1963年11月。マンチェスター。ビートルマニアと呼ばれる、熱狂的なビートルズ・ファンがイギリスを席巻していました。若い女性ファンが「音楽も髪型も素敵」と言う一方で、大人達の反応は「彼らは若者を駄目にする」でした。

当時を振り返ってポール・マッカートニーは語ります。「ビートルズは一夜にしてスターになったと思われているが、それは違う」。無名時代はドイツへ渡り、ハンブルグのクラブでパフォーマンス。1日8時間演奏する日もあったと言います。

同年12月。アメリカのラジオで、初めて「I Wanna Hold Your Hand」が流れます。翌年、フランスの音楽チャートで1位を記録した彼らは、NYへ飛び立ちます。

女優ウーピー・ゴールバーグは当時の興奮を語ります。「彼らの登場は、まさに“啓示”だった。音を聞いた途端、子ども心に何かがひらめいた。世界が光り輝いて見えたの。ビートルズのファンになること。それだけでもう最高だった」。

ビートルズの成功は、マネージャーのブライアン・エプスタインなしではあり得ませんでした。彼は当時27才。実家はレコード店を経営。知的で洗練されていたエプスタインは、ビートルズの曲を聴いた途端、彼らのスター性を見出します。

当時のビートルズは皮ジャンにジーンズ。どちらかといえば不良っぽいイメージだった彼らを、仕立て屋に連れていったエプスタイン。彼は4人にスーツを作ってやります。ビートルズのイメージを決定づけたのは、エプスタインのセンスでした。

‘64年4月。アメリカンチャートのトップ5を独占するという史上初の記録を達成。続いてオランダ、レバノン、香港、オーストラリアで次々とナンバーワンを記録。ジョンは言います。「ビートルズはまるで、次々と新大陸を発見する船のようだ」。

初の映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(原題:Hard Days Night)』が完成。この頃の彼らは、自分達のやることを心から楽しんでいる時代だったといいます。しかし大人達の関心は、「ビートルズのブームはいつ終わるのか?」でした。

ツアー

当時のツアーに同行したジャーナリストのラリー・ケインは語ります。「ステージに押し掛ける何千人もの人々。何百人もの失神する少女達。暴動が起きるほどの熱狂。これは現実なのか?と思ったほどだ」。

彼らのコンサートを見た女優、シガ二―・ウィーバーは当時を振り返ります。「彼らを見るためにドレスも選んだ。本当に興奮したわ。あの頃はジョンに恋していたから」。

アメリカ南部では公民権運動が起きていました。会場のゲイターボウルが人種隔離されていると知ったメンバーは、これに抗議。「あの人のため、この人のために演奏するんじゃない。人々のために演奏するんだ」。4人の若者の発言に世界が驚きます。

一方、彼らはツアーに疑問も感じていました。つねに自分達の演奏の出来が気になります。何故なら、観客はまともに演奏を聴いていないとわかったからです。4人がどんなに頑張って演奏しても、そこにあるのは悲鳴と歓声と混乱だけでした。

彼らが自由に表現できる場所は、レコーディング・スタジオだけでした。スタジオは4人にとってまさに“聖域”。‘64年12月。「Eight Days A Week」は音楽チャートで11週1位を独走します。

‘65年。新作映画『ヘルプ!4人はアイドル(原題:Help!)』を発表。ポールは「実は興味がなかった」と本音を吐露します。「映画制作も、二度目になると刺激がなくなる」。

同年、世界中のスタジアムで大規模なツアーを行うビートルズ。最大の規模を誇るNYのシェイスタジアムでは5万人以上の観客を前に演奏します。当時の音響システムでは限界があり、メンバー本人ですら演奏が聞こえないという過酷な状況でした。

「僕らが4人でよかった。エルビスだったら一人きりだ。僕らは気持ちを分かち合える。こんなツアーはもうやりたくない」。メンバーの気持ちはすでに限界でした。

同年。アルバム「Rubber Soul」は8週間第1位。エルビス・コステロは言います。「アルバムを聴いて“正気か?”と疑った。以前のビートルズとまるで違う。でも6週間後には夢中になってたよ。人々を新たな世界へ導く素晴らしい音楽だ、と」。

終焉

そして有名なエピソード、バッキンガム宮殿でのMBE(大英帝国勲章)受賞式へ。マスコミは「“反逆の音楽”が勲章に値するのか?」と辛らつな質問を彼らに投げかけます。4人の発言は世間によって捻じ曲げられ、音楽以外でも叩かれます。

翌年。4年間、音楽で突っ走ってきた彼らは、初めて3カ月の休暇を取ります。「何か新しいことがしたかった」とポール。ジョージはインドに影響を受け、リンゴも妻子のために新居を購入。4人がいつも一緒に過ごすという時代は終わりを迎えます。

‘66年、日本公演。同年、ジョンの「ビートルズはキリストより有名」発言がアメリカで波紋を呼びます。当時、教会の信者が減少する中、ジョンの発言は反キリスト教と取られ、各地でビートルズのレコードが焼かれ、デモ行進まで起こります。

同年のサンフランシスコのツアー。彼らの気持ちはついに限界に来ます。「誰も音楽を聴いていない。自分達はただの見世物。僕らはサーカスじゃない。音楽をやるためにここにいるんだ」。

3月後、レコーディング・スタジオに入った4人は、音楽を創造することで忘れていた力を取り戻します。「別人になりたかった。ビートルズではない何かに」と、ポール。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの誕生でした。

ニューアルバムは、米・英で1位を獲得。さらに全世界で3年間チャート・イン。2012年、ローリング・ストーンズ誌のオールタイム・ベストアルバム1位にも輝きます。しかしそれ以降、彼らの活動はスタジオ中心に移行していきます。

その後、ビートルズは4年間で5枚のアルバムを発表。そして’69年1月30日。ロンドンのアップル本社の屋上で、一度だけのライブを行います。「Don’t Let Me Down」が、ロンドンの空に響き渡ります。

スポンサーリンク

『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』の感想と評価

「シューベルトは、800曲のうち美しいのは100曲。ビートルズと比較するなら、それはモーツァルトだ。創造性の見事さでは負けていない」。劇中でそう評されるビートルズ。

見た覚えのある映像を含め、デジタル化された4人の美しいこと!特に’65年までの、演奏することが楽しくてたまらない!という気持ちを全身で表現しているライブ映像の素晴らしさは、ファンでなくとも胸に迫るものがあるのではないでしょうか。

静止画にゆれ動く煙草の煙やコーヒーの湯気など、映像の遊びもセンス抜群です。余談ですが、4人のヘヴィースモーカーぶりにはびっくりです。あの様子で、よくステージであそこまで声が出ていたなと。

また、インタビュー映像の数々も楽しませてくれます。マスコミの意地の悪い質問に即答するジョンやポール。それもユーモアと皮肉たっぷりに。一人が答えにつまると、誰かが必ず面白おかしくフォローする。本当に頭のよい人達なのだと思います。

ビートルズへの思いを語る、関係者のインタビューも素晴らしい内容です。ビートルズの登場で、初めて人種を超えた自由を感じたというウーピー・ゴールドバーグ。ジョンに恋していたのと当時の自分を思い返すシガ二―・ウィーバー。時代と共に変わりゆく、ビートルズの行方を考察するエルヴィス・コステロ。

鮮明化された映像は、ノスタルジーをリアリティにまで高めました。と同時に4人の当時の苦悩まで、観ているこちらにずしんと響きます。’64年のステージでは輝いていたリンゴの笑顔も、’66年の武道館では消えています。

誰も自分達の演奏を聴いていない。信じられない話ですが、映像を見て驚きました。人気が出れば出るほど、観客が増えれば増えるほど、自分達の音は軽視される。

これはあくまでロン・ハワードの映画なので、レコード会社との契約問題、エプスタインやオノ・ヨーコなど、ドキュメントであるなら触れるべきエピソードが一切描かれていません。さらにはアップルの屋上ライブで締めるという中途半端さです。

しかし、敢えて「ライブで輝いていた時代」に焦点を当て、4人の音楽への情熱と苦しみを際立たせることで、逆にビートルズの本質を鮮やかに見せてくれました。

まとめ

ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニーとリンゴ・スター、そしてオノ・ヨーコら関係者の協力を得て作られた公式ドキュメンタリー映画。

‘63年のビートルマニア誕生から’69年のルーフトップコンサートまで、貴重なライブやインタビュー映像、関係者や当時ファンだったというハリウッド・スター達の証言などを交えて描かれます。

メガホンをとるのは、『アポロ13』(1995)、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)、『インフェルノ』(2016)などのロン・ハワード監督。

人間を優しい目線で描くことを得意とするロン・ハワード。そこにお馴染みの映像の美しさ、音の良さ、編集の巧みさも加わって、正直、ドキュメンタリーというよりは「ロン・ハワード映画」という印象のほうが個人的には強かったです。

スタジオ時代に至るまでの、もっともキラキラした時代の4人の姿。彼らの全てを熟知するマニアより、ビートルズ・ビギナーに新鮮に受け入れられそうです。この映画で改めてビートルズを聴いたという人なら、たちまちファンになってしまうかも。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』ネタバレ感想レビュー。現代美術作家は疾走と膨大な記録によって蘇る

映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』は、2019年3月2日(土)より、UPLINkほか全国順次公開。 “ヨーゼフ・ボイス”=”社会を彫刻する芸術家” アン …

ドキュメンタリー映画

『セメントの記憶』ネタバレ感想レビュー。映画監督ジアード・クルスームが描くシリア人が辿り着いた新たな地獄

2019年3月23日より公開の映画『セメントの記憶』 レバノン・ベイルートの高層ビル建設現場で働くシリア人労働者たちの受難を描いた映画『セメントの記憶』。 地獄と化した祖国から逃れてきたシリア人たちが …

ドキュメンタリー映画

映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』感想レビュー評価。戦後75年の日本を問い直すドキュメンタリーが示した“タイムリミット”

映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は7月25日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー 映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は、フィリピンと中国の残留邦人の歴史と …

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー『ダイアン・フォッシー』あらすじ。謎の死と生涯を全3話で紹介

マウンテンゴリラの生態研究や保護活動に尽力した女性研究者の生涯と、彼女の謎の死に迫る全3話のドキュメンタリー番組『ダイアン・フォッシー:真実は霧のかなたに』は、ナショナル ジオグラフィックで放送します …

ドキュメンタリー映画

映画『ちむぐりさ菜の花の沖縄日記』感想と考察レビュー。“戦争”が続く沖縄の現実を15歳の少女の眼差しを通じて知る

ちむぐりさ、肝苦りさ。 あなたが悲しいと、私も悲しい。 石川県から那覇市の学校にやってきた15歳の少女・坂本菜の花さん。彼女の目を通して、沖縄の明るさの向こう側にある、辛い歴史や、今もなお続く米軍基地 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP