Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

ザイドル映画『サファリ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

観客を震撼させた!!

アフリカで合法的に行われている自然動物の殺戮。トロフィー・ハンティングの実態に迫ったドキュメント映画作品とは?

人間の倫理観に問いかけた作品をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『サファリ』の作品情報


(C)Wien 2016 Ulrich Seidl Film Produktion ARTE G.E.I.E. Danish Documentary WDR

【公開】
2018年(オーストラリア映画)

【原題】
Auf Safari

【監督】
ウルリヒ・ザイドル

【キャスト】
ゲラルド・アイヒンガー、マニュエル・アイヒンガー、エヴァ・ホフマン、ティナ・ホフマン、マンフート・エリンガー、インゲ・エリンガー、マリタ・ネーマン、フォルカー・ネーマン

【作品概要】
アフリカ24カ国で許可されている、お金を払い自然動物を殺戮するトロフィー・ハンティングにスポットを当てた作品。

第73回ヴェネチア国際映画祭、第41回トロント国際映画祭、第29回東京国際映画祭、第60回ロンドン映画祭に正式出品されました。

2.映画『サファリ』のあらすじとネタバレ

(C)Wien 2016 Ulrich Seidl Film Produktion ARTE G.E.I.E. Danish Documentary WDR

ある夫婦がニアラは160ユーロ、ヌーは615ユーロ、キリンは3500ユーロと次々と動物の名と金額を言います。

それはその動物を殺すためにかかる費用でした。

男性が現地のガイドに連れられ、息を潜め静かに動物に忍び寄って行きます。

そして銃を構えて、ガイドの合図で発砲しました。

しかし、銃弾は外れ獲物に逃げられてしまいました。男性は肩を落として「よく見えなかったんだ」と言い訳をします。

金を払って動物を殺す。これをトロフィー・ハンティングと言います。

トロフィー・ハンティングに魅せられた若者から老人達は、ハントした動物の首の剥製の前でその魅力を語ります。

ある夫婦は銃弾が動物に的中した時の快感を語ります。

狙いを澄まして極限まで集中し、発砲した後に獲物が倒れると、この上ない高揚感があると言いました。

その高揚感がたまらない。次はもっと大きな獲物を狙いたいと笑顔で言います。

また殺害ではなく、仕留めると呼んでほしいという願いを語りました。

ある若いカップルもまた、トロフィー・ハンティングの魅力を語ります。

闇雲に銃弾を撃ってはダメであり、一発で息の根を止めることに美学があると言います。

また綺麗な毛皮を持つ動物を仕留めたい、シマウマやキリンに挑戦したいと言いました。

使用する銃についても、動物に対して最適なものが何であるかを雄弁に語ります。

彼らハンターは動物を仕留めると、記念撮影をするだけで食べることはしません。

娯楽として動物を仕留めていたのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サファリ』ネタバレ・結末の記載がございます。『サファリ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある夫婦が息を潜めて茂みに身を隠していました。

今回のトレジャーハンティングの標的はキリンでした。

キリンの皮は分厚く、並大抵の銃では貫通せず仕留めるのが難しいため、至近距離まで近づく必要がありました。

夫婦は現地のガイドに連れられ、ついにキリンの群のすぐ目の前までたどり着きました。

そしてその中の一頭に標準を定め、銃を構えます。

ガイドが心臓の位置を教え、そこを狙うよう助言します。

凄まじい銃声とともに撃ち放たれた銃弾は見事に、キリンの心臓に命中しました。

キリンはその場で倒れこみ、群の他のキリンは去って行きました。

確実に仕留めたように思えましたが、夫婦たちがそばに近寄るとキリンはまだ息がありました。

体は動かないものの、やはり皮は分厚く弾は貫通していませんでした。

しかし、やがてキリンは息絶えました。

夫婦は見物に来たカップルとともに、その技術を称え合い、抱きしめあい、歓喜に胸を踊らせます。

仕留められたキリンは、現地の黒人によって皮を剥がれ解体されました。

トロフィー・ハンティングの経営者は豪邸の中で悪びれる様子はなく「根本の原因は人間が増えすぎていることだ。生態系の頂点に人間がいること自体が間違いだ」と言いました。

スポンサーリンク

3.映画『サファリ』の感想と評価

(C)Wien 2016 Ulrich Seidl Film Produktion ARTE G.E.I.E. Danish Documentary WDR

ドキュメンタリー映画は、実際に現代にあるものや、存在しているものを表沙汰にしたり、実態に迫るところに魅力があると思います。

こんな世界があるんだ!とか身近なものの危険に気づかされて危ない!と思ったり、やはり、発見や驚き、そして衝撃を感じたいものです。

本作『サファリ』では、文句なしに衝撃的な映像、価値観を観ることが出来ました。

そのなかでも1番の衝撃映像は、キリンの解体シーンです。

牛や豚、鹿やイノシシなど食用の動物たちが解体されているのは見たことがあったのですが、動物園にいて、いわばアイドル的なイメージの動物たちが殺され、皮を剥がれるのはとてもショッキングな映像でした。

またそのショックが強く、鑑賞している観客に人間の倫理観、価値観のあり方を訴えていました。

参考映画:『スーパー・サイズ・ミー』(2004)

映画『スーパー・サイズ・ミー』はファストフードを自らが30日間食べ続けることによって、その危険性を証明する内容の作品です。

「〇〇してみた」というまるでユーチューバーの先駆けのような、クレイジーな挑戦ですが、ファストフード店が利益の為に健康を無視しているとして、大真面目に注意勧告しています。

ジョークを交えながらもどんどんと元気を失っていく主人公の姿は、見ていてとても切ないです。

強大なファストフード市場に立ち向かう、たったひとりの勇者のような構図がとても応援したくなるし、見ていても楽しいです。

対照的に映画『サファリ』では「いけないことだ!」と狼煙をあげる人物は一切登場しません

淡々とトロフィー・ハンティングを楽しむ人々やそれに関わる人々が映されていくだけです。

文字だけの説明で見れば、もしかしたらトロフィー・ハンティングに興味を持ち、自分もやりたいと思う人が出てもおかしくないような内容なのです。

しかし、ガイドに言われるがままついて行く姿、魅力を雄弁に語る姿、のうのうとサバンナのど真ん中で記念撮影をする姿、称え合い抱きしめ合う姿などが全て、同じテンションで淡々と撮影されているために、滑稽さが浮き彫りになります。

このとても皮肉の効いた演出は映画『サファリ』の素晴らしい点だと思いました。

最後のシーン、トロフィー・ハンティングの経営者が「人間が生態系のトップにいること自体が間違っている」と語ってエンドロールが流れます。

サバンナの夜の環境音が静かに流れているだけなのですが、「それがどうしたの?だからってやっていいの?」と監督が言っているように思えました。

少なくとも筆者の頭の中にはその言葉が浮かんでいました。

(C)Wien 2016 Ulrich Seidl Film Produktion ARTE G.E.I.E. Danish Documentary WDR

4.まとめ

(C)Wien 2016 Ulrich Seidl Film Produktion ARTE G.E.I.E. Danish Documentary WDR

トロフィー・ハンティングのことなど全く知りませんでした。

勝手にアフリカの動物たちは、何かしらの法律で保護されているんだろうと、ぼんやり思っていただけに衝撃度は大きかったです。

また、ドキュメンタリー映画はダレてしまいがちなことが多いですが、ウルリヒ・ザイドル監督の演出は気が利いていて単純に面白いです。

ぜひトロフィー・ハンティングの実態を確認してください!

(C)Wien 2016 Ulrich Seidl Film Produktion ARTE G.E.I.E. Danish Documentary WDR

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『Style Wars』ネタバレ感想レビューと結末の内容評価。ヒップホップの意味とアメリカでの黎明期に迫ったドキュメンタリー

ヒップホップ黎明期を記録したドキュメンタリー映画 映画『ワイルド・スタイル』とともに、ヒップホップファンのバイブルとして語り継がれてきた『Style Wars』。ヒップホップ黎明期を記録した貴重なドキ …

ドキュメンタリー映画

映画『もったいないキッチン』ネタバレ感想と考察。斎藤工の吹替ナレーションでフードロス問題を追究するドキュメンタリー

食の“もったいない”を美味しく楽しく解決! 映画『もったいないキッチン』は、ジャーナリストのダーヴィド・グロスと通訳のニキが共にオリジナルキッチンカーで日本中を旅し、各地で様々な人と出会い、様々な視点 …

ドキュメンタリー映画

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』感想と考察評価。音楽家・青柳拓次の提唱する“サークルボイスの魅力”を斬新に描く

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』は2020年9月5日(土)より新宿K’sシネマ他にて全国順次ロードショー! 人々が一つの場所で輪になり、声を重ね合わせる参加型のイベント「サーク …

ドキュメンタリー映画

映画『ピース・ニッポン』あらすじ。日本の美しい景色を全国47都道府県から厳選した映像美

映画『ピース・ニッポン』は、7月14日(土)より 新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。 製作した期間8年。日本の四季の絶景を圧倒的な美しさと迫力で映画化しました。 “一期一会&#8221 …

ドキュメンタリー映画

映画『熱狂宣言』あらすじと感想レビュー。松村厚久を観察した奥山和由監督

映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにて熱狂ロードショー。 松村厚久は若年性パーキンソン病を抱えながらも、遊ぶように働き、仕事のなかに遊びを見つける才能を発揮 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学