Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2021/02/13
Update

映画『イルミナティ』ネタバレ結末とラストの感想解説。世界を操る闇の秘密結社に歴史的な側面から挑むドキュメンタリー

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

世界を操る闇の秘密結社「イルミナティ」の正体に迫る!

1776年にドイツで創設され、現代でも政治や芸術などに介入し、世界を操る組織と言われている秘密結社「イルミナティ」。

その「イルミナティ」の真実の姿に迫った映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』では、歴史学者や「イルミナティ」研究家など、さまざまな有識者へのインタビューを行い、秘密結社の正体に挑んでいます

果たして「イルミナティ」とは何なのでしょうか?導き出される答えとは?

スポンサーリンク

映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』の作品情報


(C)Praetorian Motion Pictures

【公開】
2019年公開(アメリカ映画)

【原題】
Illuminated

【監督・脚本】
ジョニー・ロイヤル

【キャスト】
ジョニー・ロイヤル、ジョセフ・ウェイジズ、ジェームズ・チスカニック、チャーリー・ギリエン、アダム・ケンダル

【作品概要】
過去にさまざまな小説や映画などで、その存在が描かれてきた秘密結社「イルミナティ」。

謎の団体の正体に挑むべく、映像作家のジョニー・ロイヤルが、さまざまな有識者にインタビューを行い、秘密結社「イルミナティ」を歴史的な側面から紐解きます。

映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』のあらすじとネタバレ

(C)Praetorian Motion Pictures

世界を操ると言われている、秘密結社「イルミナティ」。

さまざまな憶測が飛び交うこの組織を、歴史学者や「イルミナティ」の研究家、「フリーメイソン」の会員など、有識者の視点から迫っていきます。

イルミナティが誕生したのは1776年。

ドイツのインゴルシュタット大学で教授を務めていた、アダム・ヴァイスハウプトにより創設されました。

当時の大学は、イエズス会により厳しい検閲が行われていた為、教えに反する書物は処分されるなど、カトリックが牛耳っている時代でした。

ヴァイスハウプトは、そんなカトリックに反発する為、徹底した秘密主義と厳格な階級構造を用いて、新たな自由思想を求めた「イルミナティ」を設立します。

ヴァイスハウプトは「フリーメイソン」に加入する事で、組織の強化を図るだけでなく、「イルミナティ」へ新たに加入した、アドルフ・フォン・クニッゲ男爵と共に、階級制度の整備や儀式の内容の精査、新たな暗号などを考案していきます。

これらの制度が身を結び「イルミナティ」は勢力を拡大していきます。ですが、その勢いは長くは続きませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』ネタバレ・結末の記載がございます。『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Praetorian Motion Pictures

階級ごとに、さまざまな儀式が行われ、自由思想を追求した「イルミナティ」。ですが、上層階級の儀式と、それに対する思想の違いで、ヴァイスハウプトとクニッゲの対立が始まります。

さらに1785年、秘密結社に危機感を覚えたバイエルン政府により「イルミナティ」は解散を命じられます。

会員の多くは資産を没収されたうえに投獄されてしまい、ヴァイスハウプトはゴータに亡命後、静かに余生を過ごしたと言われています。

歴史学者の多くは、少なくとも18世紀後半で「イルミナティ」の活動は終了しており、それ以降の活動記録は見つかっていないと語ります。

では、現在も「イルミナティ」が、世界を操る組織と言われているのは何故なのでしょうか?

学者達の多くは「メディアが面白がって、『イルミナティ』が今も存在するという嘘の情報を流している」と語ります。

つまり、自由思想を追い求めた秘密結社「イルミナティ」は、もう存在しない。

そう締めくくり、映画は終了します。

スポンサーリンク

映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』感想と評価

(C)Praetorian Motion Pictures

世界を操る秘密結社として、都市伝説などでよく名前を聞く秘密結社「イルミナティ」

『天使と悪魔』(2009)や『アイズ ワイド シャット』(1999)など、これまで数々の映画でも「イルミナティ」は秘密結社として、その存在が描かれてきました。

その「イルミナティ」に「フリーメイソン」の研究家としても知られる、映像作家のジョニー・ロイヤルが、さまざまな有識者の証言から迫ったドキュメンタリー映画が『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』です。

本作で興味深いのは、歴史的な側面から「イルミナティ」に迫っているという点です。

1776年に、カトリックに代わる新たな自由思想を目指して設立されたのが「イルミナティ」でした。

創設者のヴァイスハウプトが目指したのは、神に代わる新たな概念である「完璧な人間」です。

ヴァイスハウプトは「完璧な人間」を目指すという思想から、さまざまな啓蒙活動を行い、全ての人を思想支配から解放し、全人類を幸せに導こうとしたのです。

つまり、カトリックへの反逆から「イルミナティ」は誕生したと言えますね。

そして「イルミナティ」は「完璧な人間」を目指すべく、細かい階級に組織を分け、階級に合わせた儀式を行います。

階級が下の方だと、秘密を厳守する事を約束させられる儀式となり、「コンパスを胸の皮膚に刺す」「会員たちに剣を突き付けられる」などして「イルミナティ」への忠誠を誓う事になります。

ですが、階級が昇格するにつれて、次第に他の会員を見張る役割となっていきます

最終的にヴァイスハウプトは、神の存在を否定し「人間を評価するのは人間である」という思想を、根付かせたかったようです。

また「イルミナティ」の会員であることは口外禁止の為「握手の際にお互い小指を3回叩く」「親指と人差し指を立てる」などして、会員同士の確認をしていたなど、「イルミナティ」が使用していた暗号についても触れられています。

さらに「イルミナティ」が勢力拡大の為に「フリーメイソン」の会員を勧誘していたなど、秘密結社の実態を、歴史学者や「イルミナティ」の研究家達の証言から迫るのも興味深いのですが、一番知りたいのは「今も存在して、本当に世界の黒幕なのか?」という部分です。

その点に関して、本作に登場する有識者達は、口を揃えて「『イルミナティ』はもう存在しない」と語ります。

「イルミナティ」は階級を昇格させる為に、ヴァイスハウプトへ、大量のレポートを提出しなければならなかったうえに、お互いの思想を手紙を用いて語り合っていました。

なので、秘密結社なのですが、大量の資料が残っており、その研究から18世紀末以降「イルミナティ」に関する一切の活動が確認されていないそうです。

現在も「イルミナティ」が存在するとしたら、可能性としては「イルミナティ」を名乗る全く別の組織であると、有識者達は認識しています。

そして「イルミナティ」が、現在でも世界を操る組織と言われているのは「メディアが面白がって、そういう情報を流しているから」という結論に至り「信じるのは馬鹿げている」と、有識者は口を揃えます。

ただ、映画を鑑賞した率直な疑問としてですが、「イルミナティ」は、1785年に直接解散を命じられ、多くの会員が財産を没収し投獄されたとされています。

もし、その後も「イルミナティ」が存在していたとしても、わざわざ形に残る文書で、やりとりしたでしょうか?

また、作中に登場する有識者の言う通り、ヴァイスハウプトが設立した「イルミナティ」は存在しないとしても、「イルミナティ」を名乗る全く別の組織は存在し、その組織が世界に何かしらの影響を与えている可能性は無いのでしょうか?

映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』では、ヴァイスハウプトが設立した「イルミナティ」の創設から解散まで、歴史的に興味深い情報を得ることが出来ます

ですが、作中に登場する有識者達は、歴史的な文献や資料だけで、全てを判断しています。

現代社会は、さまざまな情報が錯綜しています。

その情報の一片だけを見て、全てを判断する事こそ危険なのではないか? と本作を鑑賞して感じました

まとめ

(C)Praetorian Motion Pictures

本作を語るうえで外せないのが「陰謀論」という言葉です。

「陰謀論」とは、世間的に事実とされている事を認めず、強大な権力や危険人物により、真実が捻じ曲げられているという考え方です

『陰謀のセオリー』(1997)や『ゼイリブ』(1988)など、「陰謀論」を扱った映画も存在し、有名テレビドラマ「X-ファイル」シリーズの主人公モルダーも「政府は何かを隠している」と信じるキャラクターでした。

映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』では、現在も「イルミナティ」が存在するというのは「陰謀論」を信じる人達の馬鹿げた妄想だという事で終了します。

最近も似たような事があったと思い、考えてみると、バイデン現大統領とトランプ元大統領の大統領選でした。

バイデン側の不正投票疑惑を訴える、トランプ側を支持する人達は「陰謀論」を信じる馬鹿げた人達という結論で終わりましたね。

ですが、本当に「陰謀論」は「馬鹿げてる」という一言で終わらせて良いのでしょうか?

「イルミナティ」のシンボルとされる「プロビデンスの目」でネット検索すると「メディアが面白がっている」では収まらない情報がいろいろ見つかりますよ。

「イルミナティ」を歴史的な側面で追ったという意味で、映画『イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社』は、本当に興味深い映画です。

「イルミナティ」に興味がある方は、必ず楽しめる内容です。

なのですが、情報が錯綜している現代社会で、真実を見極めるのは自分次第だし、見極める為の情報収集が大事であると感じます

本作で「イルミナティ」が気になった方は、ネット検索すればいろいろ情報が出るので「イルミナティ」の存在について、自分自身で判断してみてはいかがでしょうか?

あまり深入りすると、消される可能性もありますが。


関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『キューブリックに魅せられた男』感想とレビュー評価。逸話を持つ巨匠にすべてを捧げた生き様

映画『キューブリックに魅せられた男』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで、『キューブリックに愛された男』と全国カップリング上映! 没後20年、今なお伝説の巨匠として語り …

ドキュメンタリー映画

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』あらすじネタバレと感想。人生最後の言葉には「ありがとう、さよなら」と伝えたい

最期まで自分らしく生きたい。 最期には、大切な人に「ありがとう、さよなら」を伝えたい。 認知症。それは誰もがかかりうる病気です。進行は、ほとんど止められません。 今したことを忘れてしまう。愛する家族の …

ドキュメンタリー映画

井山計一映画『YUKIGUNI』あらすじ紹介。カクテル雪国を生み出した日本最高齢92歳の現役バーテンダーとは?

ドキュメンタリー映画『YUKIGUNI』は、2019年1月2日(水)よりポレポレ東中野、UPLINK渋谷で同時公開。その後、順次全国劇場公開! 誕生から60年を迎えるスタンダードカクテル「雪国」。 1 …

ドキュメンタリー映画

ザイドル映画『サファリ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

観客を震撼させた!! アフリカで合法的に行われている自然動物の殺戮。トロフィー・ハンティングの実態に迫ったドキュメント映画作品とは? 人間の倫理観に問いかけた作品をご紹介します。 スポンサーリンク C …

ドキュメンタリー映画

【第6回グリーンイメージ国際環境映像祭2019リポート】アフリカのセネガル作品が最高賞に輝く『黄金の魚 アフリカの魚』

2019年2月22日〜24日(日)まで、東京・日比谷図書文化館にて、第6回グリーンイメージ国際環境映像祭が開催されました。 ©︎Cinemarche 世界48の国と地域から応募された映像作品は163作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学