Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/07/22
Update

映画『フジコ・ヘミングの時間』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

  • Writer :
  • 福山京子

世界を魅了する美しい音色は、いかにして生み出されるのか?

パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都と、世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、フジコの素顔と知られざるヒストリーを美しい映像で綴ります。

“魂のピアニスト”と呼ばれたフジコの感動のドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』を紹介します。

映画『フジコ・ヘミングの時間』の作品情報


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

【公開】
2018年(日本映画)

【原題】
『フジコ・ヘミングの時間』

【脚本・監督】
小松莊一良

【キャスト】
フジコ・ヘミング、大月エルフ(フジコの弟)、三浦透子(ナレーション)

【作品概要】
60代後半でデビューし、80代になった今でもワールドツワーを続けるフジコ・ヘミング。情感溢れるダイナミックな演奏は、世界の人々の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれており、世界を巡るフジコを2年に渡り撮影した初のドキュメンタリー映画。

お気に入りのアンティークと猫たちに囲まれて暮らすパリの自宅での情景、宮大工がリフォームした古民家で過ごす京都の休日、留学時代の思い出の地ベルリン郊外への旅など、初公開のフジコの素顔を解き明かします。

世界中の人々を魅了して止まないフジコ・ヘミングの音楽は、どんな人生・ライフスタイルから生まれてくるのでしょうか。

映画『フジコ・ヘミングの時間』のあらすじとネタバレ


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

ピアノを弾くフジコの指先。夜、パリのアパルトマンの自宅でフジコ・ヘミングは、ドビュッシーの『月の光』を弾いています。

「月の光」の旋律の中、フジコの14歳に書いた日記が開かれ、ナレーションも始まります。

「パリは素晴らしいでしよ。どこを見ても綺麗で自由で、芸術に溢れてる。ここに住みたかったの」。

傍らに数匹の猫、特にチョンチョンが長年の相棒で、フジコの側にいてくれています。

彼女は、ヒトラーが政権を握る前のドイツ・ベルリンで生まれました。

父はロシア系スウェーデン人の画家ジョスタ・ゲオルギー・ヘミング。

母は大阪の裕福な家庭で生まれベルリンに留学していたピアニスト大月投網子。

父は新進気鋭のデザイナーとして、大手映画会社の広告を手がけ、一家は日本に暮らします。

フジコの絵日記が開かれ、母のピアノの教える様子が書かれてあり、フジコが話し始めます。

「叱られてばかりだった。間違える度にアホアホって大阪弁で言われて、本当に私はアホなんだと思ってたわ。母はスパルタもスパルタ…」。

当時、日本は外国人排斥の傾向が強く、フジコが幼い頃に父はスウェーデンに帰国、音沙汰も無くなりました、「母は、ピアノの教師をして私と弟を育てたのよ」。

アメリカ・ニューヨーク、シカゴでのツアーの様子が映し出されます。

ーショパンの『夜想曲』の演奏、ピアノが聴こえます。

日本人離れした容姿を持つフジコを心配し、母は私学の初等部に入学させました。

当時の事をフジコが振り返り、「外国人がバレないように必死だったわ。よく待ち伏せされていて怖かった」。

高等部17歳の時に恩師クロイツァーの助力で、初リサイタルを開催します。

その後東京藝術大学へ進学、多くのコンクールで受賞し海外の進出を夢見るが、経済的な理由で断念します。

リストの『ため息』フジコの演奏。レストランのピアノ弾きをしながら、何とか留学資金の目途がついたフジコでしたが、新たな問題が発覚します。

一度も父の母国に入国していないことで、フジコは無国籍でした。

難民パスポートを発行してもらいやっとベルリンの留学を果たしました。

既にフジコは20代を終えようとしていました。「伴侶ですね。人間の伴侶が欲しかったけど、恋した人はみんなろくな人じゃなくてね。猫の方が信じられます」。

フジコが自宅で猫と静かに過ごしています。

「子どもを育てようと手続きに行ったら、駄目だった。1人はダメ、相手が要るってね。それで猫になったの。猫が死ぬまで一緒に居てくれるでしよ」。

南米ツアーに行くフジコ。ホールで1人リハーサルをしていますが、何度も弾いて演奏が止まり、「家で使うグランドピアノ。響かないし固いし、何回もピアノを借りて交換してほしいって言ったんだけど」。

当日素晴らしい演奏で、満席の観客にスタンディングオベーションされ、「手が真っ黒になったわ。誰も弾いていないってことでしよ」。

ツアーは、いろんなピアノに会えると伝えるフジコ。

自宅でフジコが、ガーシュインの『サマータイム』を叙情たっぷりに弾いています。

ベルリンの音楽学校では、生活がぎりぎりで孤独な日々を過ごすフジコでしたが、ベルリン・フィルハーモニーとの演奏会が心の支えでした。

優秀な成績で卒業し、世界的なピアニストチェルカスキー、指揮者のマデルナ等の支持を得ました。

30代半ば世界の指揮者バーンスタインに見出され、ウィーンデビューの直前のことでした。

風邪の薬の副作用で、フジコは左耳の聴覚を失います。フジコは失意のどん底に落ちました。

以下、『フジコ・ヘミングの時間』ネタバレ・結末の記載がございます。『フジコ・ヘミングの時間』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
ハンガリーでのコンサートのリハーサル。指揮者が何回も耳元でフジコに、「ピアノが速い、僕を見て」と告げます。

オーケストラとピアノが合わなくて、2人ともイライラしている様子。

「過密なスケジュールと体調のせいで、耳が聴こえなくなるの」と、フジコは1人呟いています。

右耳に加え、左耳の聴力を失ったフジコは、耳の治療をしながら、諦めそうになった夢を何とか繋げようとピアノの教師を続けます。

オーケストラとの不協和音を乗り越え演奏後、指揮者が「分かってるよ、ゆっくり休んで」と声を掛けていました。

フジコは辛そうな表情をしています。

母の訃報を聞いたのはドイツにいた時、母の死をきっかけに日本に帰国し、母の東京の家に住みます。

1999年に、NHKのドキュメンタリーが放送されたのが転機となり、フジコブームが世界まで拡がりました。

「下北沢は、変わってないわ。芸術に自由さが残っていてパリに似てる。母のピアノ直したのよ」。

幼い頃から練習していたアンティーク品のバリュートナーのピアノが映ります。

小さい頃にしか弾いていないと言って、練習に没頭するフジコは、「弾いてほしいって言われたから」。

ベートーベンの『月光』に魂を込めて演奏をしています。ベルリンの自宅に向かいます。

ベルリン時代の下宿先で、お世話になった老夫婦と会話が弾みます。フジコは度々訪れていました。

地下の部屋を買い取り自宅にしています。「あの時代のまま、変わってないの」。

京都の自宅で過ごすフジコは、「幼い頃の家も町家でよく似てるの」、古民家を改修してリラックスしています。

アメリカ・サンタモニカの自宅で「椰子の木がいいでしょ。日本は同じ建物ばかりになって、色が無くなって…」と語り、亡き母のピアノの修理が終わり、自宅に戻ってきました。

嬉しそうに見つめるフジコ。

東京のコンサートの前にフジコは、「リストの『ラ・カンパネラ』は誰にも負けない自信がある。技術とかじゃなくて、精神では負けないわ」と、立ち上がるフジコ。

会場に向かい、身体ごとピアノに委ねるように旋律を奏で、観客を魅了しました。

日本郵政歴史博物館で、当時広告デザイナーとして手がけた父のポスターが見つかります。

フジコはそれを見て「良いところもあったということね」と語りました。

映画『フジコ・ヘミングの時間』の感想と評価


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

なぜフジコ・ヘミングは夢を追い続けることができたのか。

幼い頃から大きな困難が次々とフジコに襲ってきます。

スウェーデン人の父と日本人の母の間に生まれ、差別といじめにあいながらも、懸命にピアノに向かう日々を絵日記に綴っています。

母の教え方は2時間の練習を一日に何度も繰り返すというスパルタ。大阪弁で何度も叱られ、褒められたことがないと弟ウルフと話している表情に余裕があります。

母は投網子(とあこ)は、フジコの才能をいち早く気づき、フジコも母のそれが愛情だと受け止めています。

そして父のベルリンへの失踪。

当時外国人が日本で生活するということが父ジョスタにとって、差別とたたかい、苦しかった時代だったのでしょう。

父のことを多く語らないフジコですが、絵日記のイラストが本当に美しい色で繊細に描かれてあり、画家の父を意識しているようにさえ感じられます。

映画の最後に、父のポスターを見たフジコの視線は、キャッチコピーに優しく向けられていました。

”around the world”

女手ひとつでフジコと弟を育てる母を見ながら、留学の資金を必死にアルバイトで貯めてピアノを弾き続けます。


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

戦中戦後の少女時代モノのない時代を過ごしたにもかかわらず、そんな時代にピアノを聴き引き続けるのは、メロディそのものやそれを飾る装飾音のひとつひとつまでが、フジコの心に沁みて夢に駆り立てたような日々だったのでしょう。

ピアノの演奏が映画の随所に見られますが、フジコの独特のきらめきのある音色は、その心の純粋さやひたむきさから生まれてくるもののように感じます。

さらに追い打ちをかけるように聴力を失います。

現在も病院に通いながら体調によって聴こえない日もあり、手首の腱鞘炎の湿布を貼る姿から、日々の演奏に満身創痍で臨んでいることが分かります。

常に夢の原点に戻り、ピアノを研鑽し、その繰り返しが彼女を純粋な心と音色に向かわせてくれています。

まとめ


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

映画最後の演奏『ラ・カンパネラ』会場に向かう時にフジコがこう言い放ちます。

「精神では誰にも負けない」

フジコが少女の頃、日比谷公会堂でナチスに追われていた世界的ピアニスト・クロイツァーの弾いていたのがこの曲でした。

それ以来彼女の”弾く人の日常の行いが表れる”曲になりました。

80歳を超え、なおも夢に向かって弾き続けるフジコ。

自分自身の奏でるモノが、自分の人生であり、夢に向かっていけるキラキラしたエネルギーです。

ぜひ、今もフジコのひたむきな夢に向かう力を感じにいきませんか。


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『DARKSTAR / H・R・ギーガーの世界』感想レビューと評価

リドリー・スコット監督の代表作である『エイリアン』のデザイン造形でも知られるH・R・ギーガー。 彼のアーティストとしての創作の秘密に迫ったドキュメンタリー映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世 …

ドキュメンタリー映画

【ネタバレ感想】ナディアの誓いOn Her Shoulders|虐待の真実を語り続ける強い意志

不動不屈の精神で、世界の被害者の声を代弁し続けるナディアに密着した、感涙のドキュメンタリー 私は無数の人々の声になる。 2018年ノーベル平和賞受賞者である23歳のナディア・ムラドは、イラク北部でIS …

ドキュメンタリー映画

映画『三島由紀夫vs東大全共闘』あらすじネタバレと感想【50年目の真実】大激論で見えてきた共通の‟敵”とは?

三島由紀夫と東大全共闘。50年前の伝説の討論会が映画化 1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた三島由紀夫と東大全共闘の討論会。伝説といわれる討論会の一部始終に三島についての証言も加えたドキュ …

ドキュメンタリー映画

映画『Sandow』トーマス・エジソンの作ったアメリカ映画の原点

発明王として知られているトーマス・エジソンは、約1300もの発明を手にした人物だと言われています。実は、以外に知られてはいませんが、映画の原点を作ったのもエジソンでした。 今回は、意外と知られていない …

ドキュメンタリー映画

映画『私はあなたのニグロではない』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年はキング牧師没後50年。ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』では、“自由と正義の国”を掲げるアメリカの“黒人差別と暗殺の歴史”が明らかにされています。 2017年初頭トランプ政 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学