Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『カーマイン・ストリート・ギター』ネタバレ感想と評価。リック・ケリーへ“あの頃のヴィレッジ”を君が守っている

  • Writer :
  • 西川ちょり

ニューヨークの建物のヴィンテージ廃材から世界でひとつのギターを作り続けるギターショップ。

ニューヨーク、グリニッジ・ヴィレッジにある「カーマイン・ストリート・ギター」

ニューヨークという都市が日々変遷を遂げる中、変わらぬ小さなギターショップの日常をとらえたドキュメンタリー映画『カーマイン・ストリート・ギター』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『カーマイン・ストリート・ギター』の作品情報


(C)MMXVIII Sphinx Productions.

【公開】
2019年公開(カナダ映画)

【原題】
Carmine Street Guitars

【監督】
ロン・マン

【キャスト】
リック・ケリー、シンディ・ヒュレッジ、ドロシー・ケリー、エスター・バリント、クリスティン・ブジー、ネルス・クライン、カーク・ダグラス、エレノア・フリードバーガー、ビル・フリゼール、ダラス・グッド、トラヴィス・グッド、デイブ・ヒル、ジェイミー・ヒンス、スチュアート・ハウッド、ジム・ジャームッシュ、レニー・ケイ、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン

【作品概要】
ニューヨーク・グリニッジ・ヴィレッジのカーマイン・ストリートに面したギターショップ「カーマイン・ストリート・ギター」。ギター職人のリック・ケリーは、ニューヨークの廃材を使ってギターを制作している。

ギタリストたちを魅了するユニークなギターショップに、カナダ・トロント生まれで、ドキュメンタリー作品に定評のあるロン・マンがカメラを向け、その一週間をとらえた。

第75回ヴェネツィア国際映画祭、第43回トロント国際映画祭、第56回ニューヨーク映画祭に正式出品され、“Varietyが選ぶ2019年上半期ベスト15”に選出された。

映画『カーマイン・ストリート・ギター』あらすじとネタバレ


(C)MMXVIII Sphinx Productions.

かつてはニューヨークのボヘミアンの中心だったグリニッジ・ヴィレッジ。

古き良きニューヨークの面影が少しずつ消えゆく中、ギターショップ「カーマイン・ストリート・ギター」は、30年間、変わらぬ雰囲気を残してヴィレッジの一角に居を構えています。

従業員はギター職人のリック・ケリー、弟子のシンディ・ヒュレッジ、リックの母親ドロシー・ケリーの3人。ドロシー・ケリーは電話番、伝票整理など事務的な仕事をてきぱきとこなしています。

シンディ・ヒュレッジは、1991年生まれ。リックに弟子入りして5年。大工でギター好きだった父親からの影響やアートスクールなどで学んだ様々な経験から、自分がやりたいことはリックのようにギターを作ることだと弟子入りを志願。本気だと認めてもらい、現在に至っています。

月曜日にお店を訪れたのは、ダラス・グッドとトラヴィス・グッド。ザ・セイディースのメンバーである2人は、古材でしか手に入らないアメリカン・チェスナット材のギターを気に入って購入。

2人は本作の楽曲を担当しています。

リック・ケリーは1950年、ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。木材職人の祖父の仕事を見て育ち、木材に魅了されギター職人の道へ進みました。

70年代後半にグリニッジ・ヴィレッジに店を出し、90年にはいって現在のカーマインストリートに面した場所に店を構えました。

ニューヨークの建物のヴィンテージ廃材から世界でひとつのギターを作っています。

お店を訪れたビル・フリゼールがお店のギターを弾き始めました。コロラド出身の彼が初めてギターで演奏したのはサーフィン音楽だったそうです。「海もないのに」と彼は笑って言い、ビーチ・ボーイズの“サーファー・ガール”を披露しました。

火曜日。シンディがインスタグラムに投稿した、彼女がペインティングしたギターの写真にいいねが77もついていました。

しかし、リックはあまり感心がなさそうです。携帯電話も持たず、インターネットもしない彼に、「そろそろ21世紀に来たら?」とシンディが言っても「なんのため?」と笑って応えるだけです。

ニューヨークの昔ながらの場所が解体された際、救い出した木々のストックをケリーが見せてくれました。

ニューヨーク最古の教会トリニティ・チャーチ(現在は三代目)、禁酒法時代から続いていたもぐりの酒場チャムリーズ等々・・・。大物アーティストが滞在していたことで有名なチェルシー・ホテルなども名前があがりました。

今、どのお店の材木が欲しいかと聞かれたリックは、1854年創業のニューヨーク最古のバー、マクソリーズ(MacSorley’s)の名を上げました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『カーマイン・ストリート・ギター』ネタバレ・結末の記載がございます。『カーマイン・ストリート・ギター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

この日はヒップホップ・グループ“ザ・ルーツ”のカーク・ダグラスや、ジム・ジャームッシュが来店。

ジム・ジャームッシュはカタルパ材のギターの弦を修理してもらいました。

水曜日。ウィルコのギターリスト、ネル・クラインが来店。ウィルコのジェフ・トウィーディーにギターを贈りたいそうです。テレキャスタータイプのモデルに関しての話に花が咲きます。

出勤してきたシンデイーが隣のお店が売りに出されていると言いました。かつてジャクソン・ポロックのアトリエがあった場所です。

ニューヨークは、再開発で地価が上がり、必然的に賃貸料も上がり、店を維持できないで手放す人が増えているのです。

ラップ・スティール・ギター奏者のクリスティン・ブジーや、ルー・リードのギターテック(ギターの世話係)で親友のスチュアート・ハウッドがお店を訪れました。リックはルー・リードのギターもいくつも手掛けていました。

ルー・リードが亡くなった際、彼のパートナーであるローリーたちは困り果て、彼のギターコレクションを博物館にしようかと相談していたそうです。

スチュアート・ハウッドは、ルー・リードがそんなことを喜ぶはずがないと一喝し、“ルー・リード ドローン”というコンサートを音楽祭で数日に渡って開催したことを楽しそうに語りました。

木曜日。ブルックリンの兄妹デュオ、ザ・ファイアリー・ファーナセスで活躍中のエレノア・フリードバーガーが来店。ギター演奏とともに、美しい歌声も披露。

ガレージ・ロック・デュオ、ザ・キルズのギタリストであるジェイミー・ヒンスは、事故により敗血症になりかけ左手中指の腱を失ってしまったそうです。

懸命なリハビリを経て、再びギターを弾けるようになった彼は、リックのギターに驚きの声をあげます。「指がずっと楽になって音も良い。信じられない」と。

隣の物件を扱う不動産業者だという青年が店に入ってきました。彼は何が言いたげでしたが、ふさわしくないと思ったのか、そのまま店を出ていきました。

「古臭い学校みたいな工房だけど、こんな作り方しかしたくない」とリックは語ります。

その日は、シンディがカーマイン・ストリート・ギターに勤め始めて5年目の記念日でした。彼女の友人が用意したギター型のケーキをリックと3人で食しながら、シンディーは「この素晴らしい人を訪ね人生が変わった。ここがなかったらどうしていたか」と涙ぐみました。

金曜日に店を訪れたのは、チャーリー・セクストンです。

1854年創業のニューヨーク最古のバー、マクソリーズの古材を分けてもらったリックは、早速、ギターをひとつ仕上げました。エールのしみついた歴史ある材木で作られたこのギターをチャーリー・セクストンが手に取りました。

「気に入ったよ。この店のようだ」

建築を支えた木材をギターに変えるリックの仕事はまだまだ続きます。「やり足りなくて家でもやっているよ」とリックは語るのでした。

スポンサーリンク

映画『カーマイン・ストリート・ギター』の感想と評価


(C)MMXVIII Sphinx Productions.

『ニューヨーク公共図書館エクス・リブリス』(2017)が日本でも大ヒットしたドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマンの2015年の作品『ニューヨーク、ジャクソン・ハイツへようこそ』は、ニューヨーク市クイーンズ区の北西に位置するジャクソンハイツに住む様々な人々の姿を写し取った作品でした。

その中で、ニューヨーク市の都市開発による都市の変化で店や家を手放さなくてはならなくなった人々や、大家が賃料を上げざるをえない現状と、現在ニューヨークで起こっている都市開発の実態を知ってほしいと店子に訴える人々の姿が描かれていました。

ニューヨークはものすごいスピードで変化し続けています。特にマンハッタンは地価が高騰し、古いお店が次々と姿を消し、古き良きニューヨーク文化も同時に失われつつあります。

そんな中、本作品に登場するグリニッジ・ヴィレッジの一角に店をかまえたギターショップ「カーマイン・ストリート・ギター」の存在のあたたかみと、飾らぬ佇まいはとても貴重で、観ていてぐっとくるものがあります。

なにしろ、ギター職人のリック・ケリーは、ニューヨークの歴史的建物の廃材を救い出し、それで世界に一つのギターを作っているのです。なんとロマンのある話でしょうか。

それでいて、リックは、ちっとも奢ったところがなく、いつも朗らかな穏やかな笑顔を見せています。

グリニッジ・ヴィレッジは、かつてはボヘミアン都市として知られ、ビート・ジェネレーションや、カウンターカルチャーの東海岸での中心地でもありました。

映画の中で、ワシントンスクエアパークで歌っていたのかい?とリックがミュージシャンに尋ねるシーンがありますが、カーマイン・ストリートからもすぐのワシントンスクエアパークは、60年代、フォーク・リヴァイヴァル・ムーブメントが巻き起こった場所でした。

マシュー・ミーレ監督によるドキュメンタリー映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』(2018)、はニューヨーク・マンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドの古き良き世界を残した文化の拠点を記録したものでしたが、『カーマイン・ストリート・ギター』もグリニッジ・ヴィレッジの歴史と古き良き文化を背負ったギターショップの記録です。

伝統ある高級ホテルと小さなギターショップという違いはあれど、拝金主義、合理主義に染まらない仕事への誇りと、確かな仕事ぶり、訪れる人々への敬意などには共通点があり、まさにそれこそニューヨークの(失われつつある)良き伝統そのものなのではないでしょうか。

店を訪れるミュージシャンのひとりが言った「あの頃のヴィレッジを君が守っている」という言葉も納得です。

そしてなんといっても好きなことをひたすら追求していくリックの姿には憧れずにはいられないのです。

まとめ


(C)MMXVIII Sphinx Productions.

映画『カーマイン・ストリート・ギター』にはお店を訪れた多くのミュージシャンが登場し、リックが制作した世界でたった一つのギターを奏でています

彼らの素直なりアクションから、リックのギターが素晴らしいものであることが伝わってきます。

また、弟子のシンディ・ヒュレッジが描くイラストやデザインは、観ていてとても楽しくなってきます

インスタグラム用に撮った写真もセンス溢れるものです。彼女はギター作りも行っていて、リックの後継者として歩んでいくのでしょう。

監督のロン・マンはカナダ・トロント生まれのドキュメンタリー映画作家です。ジム・ジャームッシュとの縁で、カーマイン・ストリート・ギターを知り、たちまち魅了されたそうです。

ほとんど店内とその周辺しか映していないのにもかかわらず、映画にはニューヨークの街の変わりゆく姿が捉えられています。

そして、そんな中、決してその魂を忘れない、昔ながらの良きニューヨークの息吹そのものが生き生きと伝わってくるのです。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『顔たち、ところどころ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ヌーヴェルヴァーグの巨匠アニエス・ヴァルダと写真家・アーティストのJR、年の差54歳の二人の旅が始まる! 世界中を笑顔にしたロードムービースタイルのドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ』をご紹介 …

ドキュメンタリー映画

ザイドル映画『サファリ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

観客を震撼させた!! アフリカで合法的に行われている自然動物の殺戮。トロフィー・ハンティングの実態に迫ったドキュメント映画作品とは? 人間の倫理観に問いかけた作品をご紹介します。 スポンサーリンク C …

ドキュメンタリー映画

ロイヤルバレエ2017シネマ!映画眠れる森の美女劇場公開どこ?

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場である、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』として劇場公開。 この人気シーズンは今 …

ドキュメンタリー映画

2019年1月公開のおすすめ映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』あらすじと内容解説

映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』は2019年1月11日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラスト渋谷ほか全国公開。 CSチャンネルのファミ …

ドキュメンタリー映画

小雪×オオタヴィン映画『いただきます ここは、発酵の楽園』トークイベント。食の大切さを語る

小雪のナレーションによる腸活エンターテインメント・ドキュメンタリー 女優・小雪をナレーションに迎え、食と発酵、細菌の関係を食物作りから体内に吸収するまでの過程の中でドキュメントとして描き、食の大切さを …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP