Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

今週公開のおすすめ映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』独白の88分とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』は、本日1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開

デヴィッド・リンチ監督が紡ぐ“あの悪夢”は、彼がどのようことを経て生まれるのか?

悪夢のような映像による難解さと不可解な世界感を産み落とした、カルト映画のカリスマとなったデヴィッドの人生と頭の中を窃視する…。

スポンサーリンク

1.映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の作品情報


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

【公開】
2018年(アメリカ・デンマーク映画合作)

【原題】
David Lynch: The Art Life

【監督】
ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム

【キャスト】
デヴィッド・リンチ

【作品概要】
カルト映画のカリスマ監督として唯一無二な存在であるデヴィッド・リンチ。彼自らインタビューに答え、自身の“闇”に迫るドキュメンタリー映画。

2.映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』のあらすじ


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

奇才デヴィッド・リンチ監督の映像作品だけではなく、絵画、写真、音楽など、あらゆる方法で表現活動に精力的な彼に焦点を当てていきます。

美術学生時代の退屈と憂鬱、悪夢のような街フィラデルフィアの暮らし…。

そして1976年に自主制作映画『イレイザーヘッド』で、監督・製作・脚本を務め長編デビューに至るまでを、デヴィッド・リンチ自ら語りつくしています。

スポンサーリンク

3.映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の見どころ


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

本作の演出を務めたジョン・グエン監督はインタビュー取材のなかで、「この映画を撮ることで、若い頃のデヴィッドの不安を知った」と答えています。

そのことはデヴィッドが自身の“アートライフ”を、家族との暮らしや友人との付き合いとは分けていたからです。

デヴィッドは家族や友人を彼のアトリエには寄せつけなかったそうです。

そんなデヴィッド・リンチとドキュメンタリー映画制作のために向き合うジョン監督は、既に書籍として発行されている『デイヴィッド・リンチ』を読まずに本作の取材したそうです。

『デイヴィッド・リンチ』は買ってきたんだけど、読もうとしてふと考えた。“やめておこう。読まずに、まっさらなままアプローチしよう。デヴィッドは同じ話をするかもしれないけど、どの話を選ぶかは僕が決めるんだから” とね。読んでいたら、ためらいが生じたと思う。全部、新しい話でなきゃと思ったはずだ。そんなわけで、あの本は読まないことにした。いろんなエピソードに対して、新しいアプローチをするためにね。

本作『デヴィッド・リンチ:アートライフ』の映像のなかには、リンチファンであれば知っている内容も含まれています。

しかし、ジョン監督の述べるように、書籍を読むことデヴィッドについての何かを整理された状態で挑むことは、彼との関係性が上手くいかなかったのかもしれません。

デヴィッド自身も同じ事柄について語るにしても、さらに深い真実や彼自身もアーティストであることから、より適切に興味深いことを話したいとしたのではないでしょうか。


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

また、ジョン監督は本作のなかでは、デヴィッド・リンチのみのインタビューを採用しています。

「彼の友達にはインタビューしたよ。でもデヴィッドは、人は時々話を作り替えてしまうと嘆いていたし、僕らはデヴィッドに対して特別な形で アクセスしていることで、物語を正しく語ってもらっているという意識があった。とても親密な状態でインタビューしたから、デヴィッドの声 だけで伝えるほうがいいと思ったんだ。他の声を割り込ませるよりもね」

“本人が本人について語る”

まるでデヴィッド・リンチが人生を自白、あるいは人生をジョン監督によってある種の自供する形は、より真実に近い“真実”なのかもしれません。

この興味深い映画に、デヴィッドの映画を好んで観続けているファンも、これから何か観たいと考えているあなたも、この作品を通して、まっさらままでデヴィッド・リンチと向き合ってみてはいかがでしょう。


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

本編88分という上映時間は、ジョン監督がデヴィッドに25時間に及ぶインタビュー取材と、その補足に2年半を費やしたものの凝縮されたものです。

ぜひ、劇場でご覧になってくださいね。

関連記事

ドキュメンタリー映画

今週公開のおすすめ映画ドキュメンタリー『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、2018年1月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野ほか全国順次公開。 世界のセレブリティから愛されるファッションデ …

ドキュメンタリー映画

映画『ラジオ・コバニ』あらすじネタバレと感想。ディロバンの言葉と詩の強さとは

IS(過激派組織ISILの別名)との戦闘により、瓦礫と化したシリア北部の街コバニで、手作りのラジオ局を始める大学生のディバロン。 自身も同じクルド人であるラベー・ドスキー監督が彼女の存在を知り、地雷や …

ドキュメンタリー映画

映画『相撲道』感想レビューと評価。日本伝統の格闘技に宿るサムライ魂あふれる練習風景を撮影技法ドルビーアトモスで描く

映画『相撲道』は2020年10月30日(金)よりTOHOシネマズ錦糸町、10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー! 日本という国の文化の中で長い伝統を誇る格闘技・相撲について、相撲 …

ドキュメンタリー映画

映画『作兵衛さんと日本を掘る』感想と内容解説。炭鉱で働く人々を通じて見るドキュメンタリー日本近代史

炭坑画家・山本作兵衛さんの残した画集を軸に、日本の近現代史を描く作品 明治・大正・昭和と、日本の発展を支えてきた石炭産業。その中心である、福岡県の筑豊炭田で幼い頃から炭坑夫として働いた人物である、故・ …

ドキュメンタリー映画

映画『私はあなたのニグロではない』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年はキング牧師没後50年。ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』では、“自由と正義の国”を掲げるアメリカの“黒人差別と暗殺の歴史”が明らかにされています。 2017年初頭トランプ政 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP