Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

スポンサーリンク

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』の作品情報

【公開】
2016年(フランス)

【監督】
シリル・ディオン&メラニー・ロラン

【キャスト】
シリル・ディオン、メラニー・ロラン、ロブ・ホプキンス、バンダナ・シバ、ヤン・ゲール

【作品概要】
『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』などで知られる女優メラニー・ロランが監督を務め、第41回セザール賞でベストドキュメンタリー賞を受賞。

「農業・エネルギー・経済・民主主義・教育」の5つにスポットを当て、世界各地で新しい取り組みを行う活動を取材したドキュメンタリー。

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』のあらすじとネタバレ

パーマネントライフを探して
(C)MOVEMOVIE – FRANCE 2 CINÉMA – MELY PRODUCTIONS

フランス人の女優メラニー・ロランは、総合科学誌「Nature」に掲載された記事に衝撃を受けます。

その内容とは、21人の科学者による論文で、“人類は絶滅する恐れがある。それも決して遠くない未来に”と綴られていました。

メラニーは、ジャーナリストのシリル・ディオンと一緒に、世界中で新しい取り組みを試みた人たちに取材を行い、未来のための解決策を探っていきます…。

以下、『TOMORROW パーマネントライフを探して』ネタバレ・結末の記載がございます。『TOMORROW パーマネントライフを探して』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

人類全体が現在のようなライフスタイルを続けた場合に、そう遠くない将来に人類が絶滅をしてしまう危惧に、母親になったメラニー・ロランは、パートナーのジャーナリストのシリル・ディオンと共に、今の自らができることを探してみます。

先ずは食べ物をきっかけに農業について調べていくことにします。その後、野菜を育てることは自然環境の循環にも繋がることから、エネルギー問題に関心が向かいます。

エネルギー問題を採掘だけに頼って購入するだけではなく、新しいエネルギー開発(リサイクルを含む)に目を向けると投資が不可欠。

今度は経済とは何か、貨幣価値とは何かについて疑問を感じたメラニーとシリル。地域通貨というグロバールだけでなくグローカルの貨幣価値があったことを2人は知るのです。

世界的に循環すると経済が大きく動くこともありますが、国家がその仕組みを作っていることから、次にでは民主主義とは何かについて調べていくのです。

そこで市民たちが破綻した国家を背景に、再生をするための憲法を学び合う姿を取材したことで、共に考え学び合う場の大切さに気がついた2人は、その原点にある学校の教育へと足を踏み入れていきます。

このようにそれぞれが別の問題として存在している事柄を繋ぎ、「農業・エネルギー・経済・民主主義・教育」の5つにスポットを当てることで、新しいスタイルを実践する人々を巡って紹介していきます。

パーマカルチャー、トランジション・タウン、ゼロ・ウェストなどを取材することで、当初に抱えていた不安に知らなかっただけで、未来は暗いものだけではないと思うようになっていくのです。

スポンサーリンク

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』の感想と評価

パーマパーマネントライフを探して
(C)MOVEMOVIE – FRANCE 2 CINÉMA – MELY PRODUCTIONS

この作品で女優のメラリー・ロランとジャーナリストのシリル・ディオンは、人類の未来について立ち止まって考えなければならない状況だと知ってしまいます。

そこで”私たちに出来ることは何か”と、自問自答したことが、きっとこの作品の出発点だと思います。

ただ与えられたものを消費していくだけでは、思考停止状態から脱却することはできないないのです。

彼らは自分たちの身近な問題として、「農業・エネルギー・経済・民主主義・教育」という5つをポイントを挙げてみたのでしょう。

その取材を行う冒険のロードマップこそが、”地球を救う仮説”としたのでないでしょうか。

先ずは問題解決には、直接的に一対一で向き合いながら解決していく、コアな取り組みが重要なことです。そのことが取材対象の相手となるのは言うまでもありません。

5つのポイントのそれぞれの活動を中心として、それぞれの活動を行なう人たちをメラリーとシリルが取材していく側として、彼らのコミュニティの活動を結ぶ役割をする。

そのことで各所の中心的な存在が、もう1つ大きな枠組みとして、中心を人類の未来(希望)という形を映像として見出すことが大きな成功だったのでしょう。

つまり2人の活動は遊星的であり、地球の循環のようにしなやかに危機をかわして行こうとした試みたように見えてくるはずです。

強引な力技は見せませんが、”ハリウッドお得意のディザスター・ムービー”の主人公さながら戦ったと言えば言い過ぎでしょうか。

この作品の中で、個人的には最も興味を持ったのは、アイスランドの「レイキャビック:市民運動」。

2008年の金融危機を引き金に、政府は退陣へと追い込まれます。市民たちは無茶苦茶な行為をおこなった銀行企業を救済しなかったのです。

2010年に、政治家や銀行家、大企業などを監視する組織が誕生させ、くじ引きのように無作為で選ばれた市民1000人は政策に提言します。

何と新憲法を作成する25名の市民を選出。市民による市民のための憲法を作ったのです。すると、ウェブを通して寄付金が集まり、検討会は常にオープンな場として活動を行なったのです。

そこで2011年に新憲法の草案を国会に提出、国民の67%が賛成したが、政治家である政府の保守党がそれを拒んのです。

この情報をこの作品で観た時にとても驚きました。それまでアイスランドは、単に破綻した国家としか自分には認識がなかったからです。

何も知らず思考停止して、本当の意味での民主主義や、自分は憲法を与えられるものとしか知らないのだと、つくづく感じました。

スポンサーリンク

まとめ

パーマネントライフを探して
(C)MOVEMOVIE – FRANCE 2 CINÉMA – MELY PRODUCTIONS

この映画は、未来という次を生きる中学生、高校生や大学生にとっては、考えるという問題定義や解決策の道しるべになる作品。

また、市民活動やボランティア活動を実際に行なっている人たちや、何か学び合うことの大切さを知っている人たちは、強い味方になる作品です。

ドキュメンタリー映画というと、眉をひそめて難しいと思いがちですがそんなことはみじんもありません。

人類の現状は、とても難しい問題はたくさんあるかもしれません。それでもこの作品は、希望に満ちたポップで軽妙さを盛り込んであるのでご安心ください。

誰の心の中にも何か気付きが育める作品。まだまだ、全国の劇場にて公開中の新作映画!

気楽な感じで地球について、ちょっと未来について見つめ直して、考えてみませんか?

お薦めのフランス発の秀作ドキュメンタリーです!ぜひ、映画館でお見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2013年、世界中を震撼させた、米国政府による個人情報の監視という大スクープ。 告発者は29歳の青年。CIAでアナリストとして働いていたエドワード・スノーデンでした。 その告発劇の内幕を描いた、社会派 …

ドキュメンタリー映画

映画『Sandow』トーマス・エジソンの作ったアメリカ映画の原点

発明王として知られているトーマス・エジソンは、約1300もの発明を手にした人物だと言われています。実は、以外に知られてはいませんが、映画の原点を作ったのもエジソンでした。 今回は、意外と知られていない …

ドキュメンタリー映画

映画『ラスト・タンゴ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

寒くなりましたね。外に出るのがツライ時には、自宅での映画鑑賞はいかがでしょう。 アルゼンチンのブエノスアイレスは、日本とは逆に真夏に向かっていく季節! アルゼンチン・タンゴのドキュメンタリー映画『ラス …

ドキュメンタリー映画

【米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー】感想レビューと考察

2017年8月12日(土)より沖縄・桜坂劇場先行公開、8月26日(土)より東京・ユーロスペースほか全国順次公開される、オススメのドキュメンタリー映画がある。 映画のタイトルは『米軍(アメリカ)が最も恐 …

ドキュメンタリー映画

映画『残されし大地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

3.11の東日本大震災から6年。2017年になって報道されることが少なくなったな被災地。今のフクシマの現状とは、どのようなものなのでしょう。 今回ご紹介する映画『残されし大地』では、福島県の汚染地域に …