Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2016/12/07
Update

映画『Sandow』トーマス・エジソンの作ったアメリカ映画の原点

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

発明王として知られているトーマス・エジソンは、約1300もの発明を手にした人物だと言われています。実は、以外に知られてはいませんが、映画の原点を作ったのもエジソンでした。

今回は、意外と知られていないエジソンが製作した映画『Sandow』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『Sandow』の作品情報

【公開】
1894年(アメリカ)

【製作】
トーマス・エジソン

【キャスト】
ユージン・サンドウ

【作品概要】
トーマス・エジソンの発明したキネトスコープによる作品。“近代ボディビルの父”と呼ばれるユージン・サンドウが、様々なポージングを行う姿が記録されています。

映画『Sandow』の感想と評価

この作品は、当時有名で人気もあった怪力男サンドウの筋肉美を撮影して、人々にお金を払わせて観せるものでした。

1分弱の短い作品ですが、怪力男サウドウの身体の記録といえる映像になっています。

一般的に広く“映画の父”として知られているのは、フランスのリュミエール兄弟。

彼らが発明したシネマトグラフが、1985年12月28日に、パリのグランカフェで一般有料の公開を行ったことによります。

一方でエジソンの場合は、「蓄音機による耳の記録ができるなら、眼の記録も可能ではないか」と考え、ジョージ・イーストマンの開発したセルロイドのフィルムの両側にパーフォレーション(フィルムの両サイドの穴)を付けることを提案。

1891年にキネトスコープとキネトグラフをエジソンは完成させます。

エジソンがこのプロジェクトに大きく動いた理由は、映像が絵画や写真以上に、身体性を記録することに秀でていることに早くから気付いていたからです。

ブラック・マリア
エジソンの映画スタジオ「ブラック・マリア」(1893)

しかし、当時の撮影機と映写機は、非常に重く自由に持ち運ぶことは不可能だったため、エジソンは、他所の場所へ対象物を撮りに行くのではなく、撮影する対象物を撮影機と映写機の前に持ち込むことにしました。

今でいう映画撮影所を作ったのです。スタジオの名前は「ブラック・マリア」。ここに撮影する被写体を迎え入れて、いくつかの映像を撮影しました。

かつてエジソンが撮影したとされる映像は、アメリカ国立公文書記録管理局(US National Archives)が、YouTudeで一般公開しています。

スポンサーリンク

まとめ

映画の三大要素は、「物語性」、「表現性」、「記録性」と言われていますが、エジソンの映像は、その中でも「記録性」に富んでいると言われています。

見せ物としての映像というだけでなく、記録することで複製を可能させ、複製された映像を違った場所で多発的に再生する仕組みを作りあげたのです。

これは後の、ハリウッド映画の大量消費を連想させます。

また、怪力男サンドウのスター・システムの利用は、マッチョな肉体派俳優のシルベスター・スタローンや、アーノルド・シュワルツェネッガーと、それほど大きく変わらないのではないでしょうか。

映画『Sandow』の他にも、いくつかのハリウッド映画に近い観点を見いだせる作品があります。

ぜひこれを機会に発明王エジソンの製作した映画を観るのはいかがでしょうか。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『愛と法』あらすじネタバレと感想。同性婚の弁護士夫夫の日常とは

映画『愛と法』は9月22日(土)よりシネ・リーブル梅田、9月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー。 2017年の第30回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」作品賞、第42回香港 …

ドキュメンタリー映画

映画『僕が跳びはねる理由』感想と内容評価。自閉症の東田直樹が“普通とは何かを問い” 彼らの世界を疑似体験するドキュメンタリー

映画『僕が跳びはねる理由』は、2021年4月2日(金)ロードショー! 言いたいことが言えない。それは、気持ちを伝えられないということ。 自閉症という障害を抱える作家・東田直樹が13歳の時に執筆したエッ …

ドキュメンタリー映画

『アントラム/史上最も呪われた映画』ネタバレあらすじと感想。結末はフェイクか実話か観たら死ぬ!?

映画『アントラム/史上最も呪われた映画』は2020年2月7日より公開。 1979年に製作され、関わる者が次々と命を落とす呪われた映画『アントラム』。 1993年に行方不明になったこの作品を入手した、2 …

ドキュメンタリー映画

映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』あらすじと感想レビュー

3月3日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開となる映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』をご紹介します。 アカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったピアニスト、デイヴィ …

ドキュメンタリー映画

映画アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン|感想評価と内容解説。代表曲を収めた幻のライブドキュメンタリー

映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』は2021年5月28日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー予定 映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』は、ソウル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学