Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

ZAN ジュゴンが姿を見せるとき|あらすじと感想【HAIOKA音楽担当】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』は、「沖縄のジュゴンを絶滅させない」と、沖縄の辺野古にある大浦湾の豊かな自然を題材にしたドキュメンタリー作品。

2017年9月30日(土)より、横浜シネマ・ジャック&ベティほかにて上映されます。

スポンサーリンク

1.映画『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』とは


『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』

この作品で演出を務めたのはアイルランド人リック・グレハン監督。

「沖縄のジュゴンと辺野古の美しい自然の魅力を映像を通して伝えたい」と、絶滅危惧種のジュゴン(沖縄の言葉でZAN ザン)が棲む辺野古と、それを脅かす米軍基地建設に密着をします。

そこでジュゴンと辺野古をテーマに、ドキュメンタリー映画『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』を完成させました。

2.映画『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』の見どころは


『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』

沖縄名護市の辺野古にある大浦湾には、森、川、マングローブ、干潟、海草藻場、サンゴ礁が、ひとまとまりに残された生き物の生命に満ちあふれる海です。

しかし、新しい米軍基地を建設するため、この辺野古の大浦湾では埋め立て工事が開始されました。

沖縄に生息するジュゴンを探す旅に出たプロデューサーを務めた木佐美有は、辺野古・大浦湾の自然の豊かさと、米軍基地建設に向けた様々な立場の人々に出会いました。

木佐美有プロデューサーは辺野古の美しい自然を前にして、リック・グレハン監督とともに考えを巡らせました。

ジュゴンとはどのような生き物なのか?

辺野古の大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか?

基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか?

そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか…。

沖縄の豊かな自然のなかでの様々な発見、体験を通して、ジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー映画です。

今作は辺野古の圧倒的な自然の美しさを映像で紹介しながら、立場の異なる人々の声を聞き、人間が守らなくてはいけないもの、辺野古の新基地建設の問題に焦点をあてていきます。

そして、自然との繋がりが少なくなっている現代社会を生きるあなたに、“生き方”について、何を考えなくてはいけないか問いかけていきます。

スポンサーリンク

3.『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』の音楽担当HAIOKA

HAIOKAオリジナルサウンドトラックCDも絶賛発売中!

音楽はエレクトリック・ミュージックに日本の伝統的な要素を取り入れた楽曲を制作するHAIOKAが担当

Haiokaは近代的なエレクトロニックな音色に、独自に解釈をした伝統的な要素を癒合させる楽曲が特徴的です。

まるで過去と未来の時間や生まれ育った持った風土を繋いだようで、優雅でいて意志の強さを感じさせる調べを、あなたの耳の底に残します。

参考映像:Haioka「Rei Row」

また、今作『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』のなかでHaiokaは、映画に登場する石垣優(やなわらばー)との神秘的なコラボレーション楽曲にも注目いただきたいです。

4.『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』の上映は

【シアタードーナツ・オキナワ】
上映期間:9/1(金)~9/13(水)13:00 / 19:00 9/14(木)~9/27(水)15:00
場所:沖縄市中央1-3-17-2F(胡屋バス停まえ2F)http://theater-donut.okinawa/access.html

【横浜シネマ・ジャック&ベティ】
上映期間:9/30(土)~10/6(金)(時間は調整中)
9/30(土)、10/1(日)は上映後、リック・グレハン監督と木佐美有プロデューサー、また配給会社ユナイテッドピープル代表の関根健次のトークショー有り。
前売り券販売: http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1407/
場所:横浜市中区若葉町3-5 http://www.jackandbetty.net/access.html

【ユジク阿佐ヶ谷】
上映期間:11/11(土)~11/17(金)20:30
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北2−12−19−B1F https://www.yujikuasagaya.com/

【パタゴニア東京・渋谷にて特別上映会】
上映日:9/26(火)19:30 開場
上映後、リック・グレハン監督と木佐美有プロデューサー、また日本自然保護協会・安部真理子のトークショー有り。
場所:東京都渋谷区神宮前6-16-8 1,2F http://www.patagonia.jp/patagonia-shibuya-japan/store_924604555.html

スポンサーリンク

まとめ

沖縄の辺野古にある美しい自然と、新たに米軍基地を建設するために大浦湾を埋めを開始する様子に密着をしながら、地域に住む人たちの声を集めた今作『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』は、第10回 国際クアラルンプール環境映画祭2017のベストフィルムにも選出されました。

9月30日(土)〜10月6日(金)横浜シネマ・ジャック&ベティほかにて上映されます。

ぜひ、お近くでこの作品をご覧いただくのはいかがでしょうか。お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

アート・オン・スクリーン『フィンセント・ファン・ゴッホ〜新たなる視点』ネタバレと感想

スクリーンから今までにないゴッホと出会えます。 20世紀の美術にも大きな影響力を及ぼし、ポスト印象派を代表するオランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの真の姿とは? ゴッホの悩ましくも輝ける人生を深 …

ドキュメンタリー映画

ひいくんのあるく町ポレポレ東中野にて劇場公開!青柳拓監督の快挙は?

2017年9月2日(土)より、ポレポレ東中野にて上映が行われる映画『ひいくんのあるく町』。 大学の卒業制作として制作されたこの作品は、町を巡回する1人の人物に焦点を当てながら、囁くように、今の日本各地 …

ドキュメンタリー映画

映画『新宿タイガー』あらすじと感想レビュー。ドキュメンタリーでお面を被った71歳の新聞配達屋さんに迫る

みなさんは、“新宿タイガー”をご存知でしょうか。 いつでも虎のお面を付けた風変わりなスタイルで新宿の街中いたるところに出没します。 街頭で聞き込みをすると目撃情報は多数。それも映画館付近でよくみること …

ドキュメンタリー映画

映画『フジコ・ヘミングの時間』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

世界を魅了する美しい音色は、いかにして生み出されるのか? パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都と、世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、フジコの素顔と知られざるヒストリーを …

ドキュメンタリー映画

映画『キューブリックに愛された男』感想とレビュー評価。逸話を数多く持つ巨匠から愛された“映画を知らない男”

映画『キューブリックに愛された男』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで、『キューブリックに魅せられた男』と全国カップリング上映! 没後20年、今なお伝説の巨匠として語り …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP