Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2019/09/03
Update

映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』感想とレビュー評価。生きるヒントと創造性を刺激する数々の言葉

  • Writer :
  • 増田健

『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』は2019年10月12日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

ドイツのドキュメンタリー作家、ハーマン・ヴァスケは長年“クリエイティブ”とは何かを、研究し続けていました。

しかし彼の謎は深まるばかり。そこで彼は世界各地で活躍する、クリエイティブな人々に、実に素朴な質問を投げかけます。

“Why are you creative?”「あなたはなぜ、クリエイティブなのですか?」

時にアポなし、時にぶら下がり取材でアタックした人物は1000名以上。その膨大なインタビューから、厳選された107名の発言が、映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』で紹介されます。

素朴な疑問から始まった取材は、世界の裏側や人間の本質を描き、きっとあなたに、幸せな人生のヒントを与えてくれます。

スポンサーリンク

映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』の作品情報


(C) 2018 Emotional Network

【日本公開】
2019年10月12日(土)(ドイツ映画)

【原題】
Why Are We Creative?

【監督・製作】
ハーマン・ヴァスケ

【出演】
デヴィッド・ボウイ、クエンティン・タランティーノ、ジム・ジャームッシュ、ペドロ・アルモドバル、ビョーク、イザベル・ユペール、スティーヴン・ホーキング、マリーナ・アブラモヴィッチ、ヤーセル・アラファト、ボノ、ジョージ・ブッシュ、ウィレム・デフォー、ウンベルト・エーコ、ミハイル・ゴルバチョフ、ミヒャエル・ハネケ、ヴェルナー・ヘルツォーク、サミュエル・L・ジャクソン、アンジェリーナ・ジョリー、北野武、ジェフ・クーンズ、ダイアン・クルーガー、スパイク・リー、ネルソン・マンデラ、オノ・ヨーコ、プッシー・ライオット、その他大勢

【作品概要】

様々な分野で創造的に活躍する人々に、“クリエイティブ”とは何かを訊ねて回り、貴重な証言の数々を集めたドキュメンタリー映画。

製作・監督のハーマン・ヴァスケは、ロンドンの名門広告代理店に入社。“BMW”“フォルクスワーゲン”などの一流企業のコマーシャル製作に携わり、現在ドキュメンタリー作家として活躍している人物です。

大学時代に“クリエイティビティ”の意味を研究し始め、広告代理店では“クリエイティブ・ディレクター”の下、“クリエイティブな案件”を産み出す“クリエイティブ部門”で働いたヴァスケ監督。

しかし彼の“クリエイティブ”のへ謎は、ますます深まるばかりでした。

そして監督は、この疑問を解明するヒントを得ようと、世界の様々な“クリエイティブ”な人々を尋ね歩きます。

映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』のあらすじ


(C) 2018 Emotional Network

敬愛するデヴィッド・ボウイにインタビューする、本作の監督ハーマン・ヴァスケ。彼はボウイにこう尋ねます。「なぜあなたは、クリエイティブなのですか?」。

ドイツに生まれ、ルールありきの世界に生きていたヴァスケ監督は、ロンドンの広告代理店に入社し、自由な発想で創作する職場の同僚たちに、大きな刺激を受けます。

ある日同僚たちと語り合った際、「なぜ我々はクリエイティブなのか」という疑問を口にしたヴァスケ監督。上司のポール・アーデンは「それだよ、メモしとけ」と彼に答えます。

疑問の答えを知る為に、ヴァスケ監督がとったのは単純明快で、誰にも真似できない事でした。世界で活躍する“クリエイティブな人物”に、カメラとスケッチブックを手に訪ね歩く事でした。

直接取材するだけでなく、カンヌ国際映画祭やダボス会議に乗り込み、参加した著名な人物に次々と、“Why are you creative?”の問いを投げかけるヴァスケ監督。

映画で紹介される107名の回答は千差万別。育ちや過去の経験を語る者、抑圧や秩序への反発、情熱や不安や衝動、遺伝や霊感や性的欲求、様々な言葉が紡ぎ出され、各々の自説が表明されます。

クリエイティブな活動を、自己の承認欲求と考える者もいれば、脅迫概念に追われて行う行為と考える者もいます。それを芸術として表現する者もいれば、政治活動として行う者もいます。

そして人がクリエイティブである事は、どんな意味を持つのか。シンプルな1つの問いかけは、創造性の持つあらゆる側面を探る旅となり、人間の本質を描くだけでなく、あなたが幸せな人生を送るための、ヒントやアドバイスを与えてくれます。

自分の人生を、自分らしくクリエイトする方法が、きっと見つかる映画です。

スポンサーリンク

映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』の感想と評価


(C) 2018 Emotional Network

インタビューを試みた人物1000名以上、多くの知性に問いかける

このドキュメンタリー映画は、ハーマン・ヴァスケ監督が1980年代末から現在にかけて、あらゆる場所、あらゆる機会に、様々な人物にインタビューした映像で構成されています

よって映像の質もバラバラ、答えを得る環境も様々。同時に物故した人物の言葉を聞いたり、インタビュー当時頂点を極めた人物の、貴重な肉声が聞ける場でもあります。

ヴァスケ監督の問いかけがシンプルな故に、その返答は様々です。いきなりの質問に深く悩む者もいれば、瞬発的に言葉を発する者もいます。個人的体験を語る者もいれば、人間の本質について、思索した上で語る者もいます。

ライブ感覚で行われた膨大な数のインタビュー1つ1つが、それぞれ貴重な体験を見る者にもたらすでしょう

クリエイティブかつ充実した人生を語る作品

広告クリエーター、映画監督、作家だけでなく、コミュニケーション学の教授としても活躍するヴァスケ監督。

彼は、“Why Are We Creative?”の問いかけを始め、2002年にカンヌ国際映画祭の連動企画として、「Why Are We Creative?」コレクションを開催します

その様子は映画の中でも紹介されており、その時点までの成果は著作として記され、2005年に日本でも出版されています


Why are you creative?―自分にしかできないことを探す55のヒント 竹書房

その後も“Why Are We Creative?”の問いかけは続けられ、2018年に30周年記念として、故郷ドイツのベルリンとフランクフルトで、改めて「Why Are We Creative?」コレクションが発表されました

その際に誕生したのがこの映画、『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』です。

この映画、そして“Why Are We Creative?”の問いかけが産まれるきっかけとなった、彼の上司ポール・アーデンもまた、広告クリエイターそして作家として有名です。

“トヨタ”や“フジカラー”など多数の広告を手掛け、天才クリエイターとして名を馳せた彼は、創造性を鍵に、人生をより良く生きる事をアドバイスする、自己啓発本を記しています。


PLAY・JOB (プレイ・ジョブ) SANCTUARY BOOKS

ヴァスケ監督と同じ分野で活躍し、同じように人の創造性について深く思索していたポール・アーデン。彼の言葉に従って、監督は“Why Are We Creative?”と問い続けました。

映画の冒頭に、ポール・アーデンとその父のインタビューが登場する理由が、実に良く理解できます。彼は2008年に亡くなっています。

世界の知性の中に数多くの映画人が登場

映画には様々な人物が登場します。芸術家、建築家、科学者に哲学者、宗教指導者に、どう見ても創造性に乏しい政治家まで。

しかし我々が一番気になるのは、映画人たちでないでしょうか。映画の冒頭からざっと紹介していくと、マルチな才人として評価されるデヴィッド・ボウイ、ジョン・クリーズ、エミール・クストリッツァ、マルジャン・サトラピと続いて行きます。

ビョーク、ショーン・ペン、ダイアン・クルーガー、ペドロ・アルモドバル、イザベラ・ロッセリーニ、ウィレム・デフォーはサービス精神もたっぷりに自身を語ります

ジム・ジャームッシュ、ピーター・ユスティノフ、クエンティン・タランティーノはプレミア上映の際にインタビューされたのでしょうか

自らの詩人の一面を語るマイケル・マドセン、イザベル・コイシェ、「ゲーム・オブ・スローンズ」の著者・ジョージ・R・R・マーティンも創作について語ります。

天才写真家・アラーキーこと荒木経惟に続いて、“クリェイティブ”と人間の持つ、ある欲求の関係を問われる北野武

ここまで107人には程遠く、まだまだ多くの人物が語ります。これら映画人の言葉を聞くだけでも実に楽しい作品です。

まとめ


(C) 2018 Emotional Network

この映画は、自己啓発をテーマにした固いドキュメンタリー映画ではありません。

“Why are you creative?”という、シンプルな質問に対し自由に語らせる事で、創造性の持つ様々な側面について探る作品です。

ハーマン・ヴァスケ監督は時に皮肉の効いた人物にも、同じ問いかけを試み、その反応を引き出す事にも成功しています。

映画は最後に、現代を代表する知の巨人に語らせます。その言葉は深いものですが、映画を見た者は107人の発言から、自分に相応しい言葉を見つける事ができるでしょう。

あまり固い話にならない様、映画に関わるクリエイティブな人物の証言をもう少しだけ。

彼の作品のミューズ、キトゥン・ナティビダッドに続いて現れたラス・メイヤーは、さも当然の表情で、実にシンプルな答えを語ります

発言以上に私生活が謎だらけのデヴィッド・リンチ、やはり深い発言をするヴェルナー・ヘルツォーク

どうです、やはり映画ファンには見逃す事の出来ないドキュメンタリー映画です。

映画『天才たちの頭の中』は2019年10月12日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!



関連記事

ドキュメンタリー映画

ソケリッサ映画『ダンシングホームレス』感想レビューと評価。振付師アオキが路上生活者の魂の叫びを“肉体表現ダンサー”と化す

映画『ダンシングホームレス』は2020年3月7日(金)より公開。 『新人Hソケリッサ!』を追ったドキュメンタリー映画『ダンシングホームレス』が、2020年3月7日(金)よりシアター・イメージフォーラム …

ドキュメンタリー映画

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』ネタバレ感想と考察評価。中国の複製画家が本物を見ようとオランダへ

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。 芸術に人生を捧げた孤高の画家ゴッホに魅せられ、ゴッホに人生を捧げる男がいます。 映画『世界で一番ゴッホを描いた男』は、20年 …

ドキュメンタリー映画

英国バレエ『バーンスタイン・センテナリー』の公開日と映画館情報。【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18】

最近、映画館で観るのは、もはやハリウッド映画だけではないこの日頃。意外にライブビューイングなどで、アイドルやバンドのコンサートを見たり聴いたりと、楽しみにしている人も意外に多いのではないでしょうか。 …

ドキュメンタリー映画

映画『あなた、その川を渡らないで』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

DVDレンタル開始直前に、映画評論家の町山智浩がラジオで紹介したのをきっかけに、韓国のドキュメンタリー映画が話題になっています。 映画『あなた、その川を渡らないで』は、モスクワ国際映画祭観客賞、ロサン …

ドキュメンタリー映画

映画WEAREXはYOSHIKIの成功への経過を全ドキュメントに

全国の映画館にて公開中のXJAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』は大ヒット中! 今回はスティーブン・キジャック監督の『WE ARE X』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENT …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学