Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/27
Update

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント』はキャストに疑問を投げたドキュメンタリー!

  • Writer :
  • 石井夏子

“Why are you creative?”

あなたはなぜクリエイティブなのですか」というシンプルな質問を30年以上問い続けてきたドイツ人監督ハーマン・ヴァスケ。

(c) 2018 Emotional Network

世界で活躍する“クリエイティブ”な人物に、この疑問を問う為の長きに渡る旅を1つのドキュメンタリーにまとめた『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』(原題:Why Are We Creative?)が2019年10月12日(土)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されます。

スポンサーリンク

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』について

参考動画:カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでの監督

“Why are you creative?”「あなたはなぜクリエイティブなのですか」

そんなシンプルな質問を30年以上問い続ける人物がいます。

「BMW」「フォルクスワーゲン」といった世界の一流企業のコマーシャル製作に携わり、ドキュメンタリー作家としても活躍するハーマン・ヴァスケ監督です。

大学時代に“クリエイティビティ”の意味を研究し始めたヴァスケ監督は、ロンドンの名門広告代理店に入社。

“クリエイティブ・ディレクター”の下で“クリエイティブな案件”を産み出す“クリエイティブ部門”で働いたにも関わらず、“クリエイティブ”の謎は深まるばかり。

自身のアイデアを抽象的なものから実態のあるものに変化させるものは何なのか?」と考え抜いた果てに辿り着いたのが、冒頭の質問“Why are you creative?”でした。

答えを知るためにヴァスケ監督がとった行動は、単純明快だが、誰にも真似できないこと。

世界で活躍する“クリエイティブ”な人物に会うため、カメラとスケッチブックを担いで世界中を訪ね歩く旅に出たんです。

時にアポなし、時にぶら下がり取材でアタックしたのは1000人以上!

本作では、膨大なインタビューから107人を厳選

今は亡きデヴィッド・ボウイやホーキング博士、ネルソン・マンデラなどの貴重な発言に始まり、ダライ・ラマやミハイル・ゴルバチョフ元大統領といった世界の超大物が続々登場。

映画界からは、クエンティン・タランティーノやペドロ・アルモドバル、ジム・ジャームッシュなど。

日本人からは北野武をはじめ、荒木経惟や山本耀司、そしてオノ・ヨーコも登場。

“クリエイティブ”について自説を明かしています。

本作に登場するアーティストたち

(c) 2018 Emotional Network

マリーナ・アブラモヴィッチ(アーティスト)、マリオ・アドルフ(俳優)、ペドロ・アルモドバル(映画監督)、マリア・アリョーヒナ(アーティスト・“プッシーライオット”メンバー)、ローリー・アンダーソン(ミュージシャン)、ヤーセル・アラファト(政治家)、荒木経惟(写真家)、ポール・アーデン(クリエイティブディレクター、教授)、レズリー・アーデン(グラフィックデザイナー)、アーシア・アルジェント(女優)、ミヒャエル・バルハウス(撮影監督)、ブリクサ・バーゲルト(ミュージシャン)、ゲオルグ・バゼリッツ(アーティスト)、フレデリック・ベグベデ(作家)、ビョーク(歌手)、ドミニク・ブラン(女優)、ボノ(U2)(ミュージシャン)、ピエール・ブーレーズ(作曲家)、デヴィッド・ボウイ(ミュージシャン)、ジョージ・ブッシュ(政治家)、ニック・ケイブ(歌手・小説家)、クロード・シャブロル(監督)、ジョン・クリーズ(俳優)、イザベル・コイシェ(監督)、ジョー・コールマン(アーティスト)、ジョン・キューザック(俳優)、ウィレム・デフォー(俳優)、ダライ・ラマ(指導者)、リュック・ダルデンヌ&ジャン=ピエール・ダルデンヌ(監督)、ウンベルト・エーコ(学者・作家)、ブライアン・イーノ(ミュージシャン)、アベル・フェラーラ(監督)、ミロシュ・フォルマン(監督)、ピーター・ガブリエル(ミュージシャン)、シャルロット・ゲンズブール(女優)、ビル・ゲイツ(起業家)、フランク・ゲーリー(建築家)、ミハイル・ゴルバチョフ(政治家)、ザハ・ハディッド(建築家)、ミヒャエル・ハネケ(監督)、リード・ヘイスティングス(Netflix共同創設者)、スティーヴン・ホーキング(科学者)、ジョン・ハガティー卿(アートディレクター)、ヴェルナー・ヘルツォーク(監督)、ダミアン・ハースト(アーティスト)、デヴィッド・ホクニー(アーティスト)、セバスチャン・ホースリー(アーティスト)、イザベル・ユペール(女優)、サミュエル・L・ジャクソン(俳優)、ジム・ジャームッシュ(監督)、アンジェリーナ・ジョリー(女優・監督)、クインシー・ジョーンズ(ミュージシャン)、ウド・キア(俳優)、B・B・キング(ミュージシャン)、北野武(俳優・監督)、サーシャ・クロコヴァ(活動家・ “プッシーライオット”メンバー)、ジェフ・クーンズ(アーティスト)、ダイアン・クルーガー(女優)、エミール・クストリッツァ(監督・俳優)、クロード・ランズマン(監督)、スパイク・リー(監督)、ダニエル・リベスキンド(建築家)、デヴィッド・リンチ(監督)、マイケル・マドセン(俳優・詩人)、サミラ・マフマルバフ(監督)、ネルソン・マンデラ(政治家)、マリリン・マンソン(ミュージシャン) アナマリア・マリンカ(俳優) ジョージ・R・R・マーティン(「ゲーム・オブ・スローンズ」著者) イアン・マッケラン卿(俳優)、ラス・メイヤー(監督) ジャンヌ・モロー(女優)、キトゥン・ナティビダッド(女優)、オノ・ヨーコ(アーティスト)、ジミー・ペイジ(ミュージシャン)、アレクサンダー・ペイン(監督)、ペレ(サッカー選手)、ショーン・ペン(俳優・監督)、シモン・ペレス(政治家)、ベルトラン・ピカール(冒険家)、アンソニー・クイン(俳優)、シャーロット・ランプリング(女優)、ネオ・ラオホ(アーティスト)、トビアス・レーベルガー(アーティスト)、ジャン・レノ(俳優)、イザベラ・ロッセリーニ(女優・監督)、ティム・ロス(俳優)、エド・ルシェ(アーティスト)、マルジャン・サトラピ(グラフィック小説家)、ジュリアン・シュナーベル(アーティスト)、ハリー・ディーン・スタントン(俳優)、フィリップ・スタルク(デザイナー)、マイケル・スタイプ(ミュージシャン)、クエンティン・タランティーノ(監督)、アンジー・トーマス(作家)、ナージャ・トロコンニコワ(活動家・ “プッシーライオット”メンバー)、オリビエーロ・トスカーニ(写真家)、デズモンド・ツツ(人権活動家)、ピーター・ユスティノフ卿(俳優)、ジョン・ウォーターズ(監督)、アイ・ウェイウェイ(アーティスト)、ヴィム・ヴェンダース(監督)、ヴィヴィアン・ウェストウッド(ファッションデザイナー)、山本 耀司(ファッションデザイナー)、スラヴォイ・ジジェク(哲学者)

以上全107名。

スポンサーリンク

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』の作品情報

(c) 2018 Emotional Network

【日本公開】
2019年(ドイツ映画)

【原題】
Why Are We Creative?

【監督・製作】
ハーマン・ヴァスケ

【日本語字幕】
杉山緑

【キャスト】
デヴィッド・ボウイ、クエンティン・タランティーノ、ジム・ジャームッシュ、ペドロ・アルモドバル、ビョーク、イザベル・ユペール、スティーヴン・ホーキング、マリーナ・アブラモヴィッチ、ヤーセル・アラファト、ボノ、ジョージ・ブッシュ、ウィレム・デフォー、ウンベルト・エーコ、ミハイル・ゴルバチョフ、ミヒャエル・ハネケ、ヴェルナー・ヘルツォーク、サミュエル・L・ジャクソン、アンジェリーナ・ジョリー、北野武、ジェフ・クーンズ、ダイアン・クルーガー、スパイク・リー、ネルソン・マンデラ、オノ・ヨーコ、プッシー・ライオット、その他

まとめ

1つの小さな疑問から始まった旅は、世界の裏側や人間の本質を描くだけでなく、 幸せな人生を送るためのヒントやアドバイスを与えてくれます。

ハーマン・ヴァスケ監督が30年以上に渡り、投げかけ続けた疑問がひとつの映画となりました。

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』は2019年10月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

“クリエイティブ”について自説を明かす著名人の頭の中を覗きに行きませんか。


関連記事

新作映画ニュース

『スウィンダラーズ』ヒョンビン最新作の画像追加解禁!セクシーな詐欺師とは

韓国映画『スウィンダラーズ』7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー。 ヒョンビン主演で記念すべき映画出演10本目となる『スウィンダラーズ』。 詐欺師だけをダマすという詐欺師5人と、エリ …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞!『パラサイト 半地下の家族』日本公開の予告編とビジュアルがついに解禁

相反する2つの家族の出会い。 誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。 カンヌ国際映画祭では上映中から異例の熱狂ぶりをみせ、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いた『パラ …

新作映画ニュース

【キミオイ】山田裕貴&齋藤飛鳥の初日舞台挨拶の劇場リポート。『あの頃、君を追いかけた』 in TOHOシネマズ日比谷

山田裕貴&齋藤飛鳥ほか、キミオイのキャストが“10年後、同窓会で再会”というコンセプトの衣装で登場! 10月5日(金)映画『あの頃、君を追いかけた』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日比谷で開催されまし …

新作映画ニュース

お笑いコントライブYouTube生配信!そんたくズ結成3周年記念は“過激な毒笑アートが魅力”

2020年開催の「岡本太郎現代美術大賞」が認めたコントがあった! 若手コント芸人「そんたくズ」がYouTubeを使い生配信する、コンビ結成3周年記念コントライブが、まもなく生配信されます。 そんたくズ …

新作映画ニュース

ザ・スミス映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』予告編と日本版ポスター解禁

“毒舌モリッシー”も最初はただのスティーヴンだった © 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED 2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP