Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』キャストの清原果耶は円山幹子役!演技力の評価とプロフィール解説

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日に全国公開

中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化。

佐藤健が主演を務めるほか、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都という実力派キャストが集結。

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日より全国公開となります。

この記事では円山幹子役の清原果耶について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『護られなかった者たちへ』の作品情報


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
中山七里『護られなかった者たちへ』(NHK出版)

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
佐藤健、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒方直人

【作品情報】

原作となった小説『護られなかった者たちへ』は、東日本大震災から時を経た宮城・仙台を舞台に、貧困や格差の問題を描く社会派ミステリー小説で、2018年に出版されました。

“どんでん返しの帝王”の異名を持つ小説家・中山七里が、日本の生活保護受給制度の限界に挑んだ問題作です。

市の福祉保健事務所職員と現役県議が、全身を縛られたまま放置され、餓死させられるという驚愕の連続殺人事件を軸に物語は展開していきます。

犯人探しが目的ではなく読者の心に残る傑作小説の映画化にあたり、監督を務めるのは『64-ロクヨン-』(2016)『菊とギロチン』(2018)『楽園』(2019)などの瀬々敬久

知人を助けるために放火、傷害事件を起こして服役していた利根泰久役を演じるのは、瀬々監督作『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017)で主演した佐藤健です。

阿部寛は宮城県警捜査一課の刑事・笘篠誠一郎役として、容疑者の利根を追い詰めます。

清原果耶は福祉保健事務所の職員でケースワーカーの円山幹子役、倍賞美津子は東日本大震災で被災した遠島けい役、吉岡秀隆は国会議員の上崎岳大役、林遣都は笘篠の後輩刑事・蓮田智彦役で出演。

脚本は『糸』(2020)でも瀬々監督と組んだ林民夫が担当しています。

映画『護られなかった者たちへ』のあらすじ


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

東日本大震災から9年後、宮城県内の都市部で、全身を縛られたまま放置され餓死させられるという凄惨な連続殺人事件が発生。

被害者はいずれも人格者と言われていた男たちでした。

捜査線上に浮かび上がった容疑者は、利根という男。彼は、知人を助けるために放火、傷害事件を起こした後、刑期を終えて出所したばかりでした。

宮城県警の刑事、笘篠は殺された2人の被害者から、ひとつの共通項を見つけ出し利根を追い詰めていき…。

スポンサーリンク

映画『護られなかった者たちへ』円山幹子役は清原果耶

参考映像:『愛唄-約束のナクヒト-』()

映画『護られなかった者たちへ』で円山幹子役を演じる清原果耶は2002年1月30日生まれの女優、ファッションモデル、歌手。大阪府出身。アミューズ所属。

Perfumeに憧れて幼い頃から歌とダンススクールに通い、クラシックバレエも習っていました。小学5年生から劇団「Youth Theatre Japan」でダンス・歌・ミュージカル・バレエを習います。

母が好奇心から応募した新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」に、12歳で応募しグランプリを獲得。

2015年より本格的に芸能活動を開始し、2社のCMに抜擢され注目されます。

2015年3月発売のファッション誌「nicola」で専属モデルを3年間務めました。

同年9月からのNHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビュー。

2017年オーディションを勝ち抜き、映画『3月のライオン』に出演。

2018年ドラマ『透明なゆりかご』でドラマ初主演をつとめ、透明感あふれる演技が認められ多数テレビ賞を受賞しました。

その後も『愛唄-約束のナクヒト-』『デイアンドナイト』『いちごの唄』で高く評価され、映画賞を受賞

2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』を経て、2021年の『おかえりモネ』では主演を務めています。

映画『護られなかった者たちへ』円山幹子はどんな役?


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

清原果耶演じる円山幹子は、仙台市若葉区保健福祉センターの職員。

スポンサーリンク

清原果耶の演技力の評価は

参考映像:『デイアンドナイト』(2019)

わずか数年の間にNHK朝の連続テレビ小説に3作も出演を重ねる注目の若手演技派女優・清原果耶。

初めての出演作『あさが来た』ではたどたどしい演技でしたが、2作『なつぞら』では10代から30代までを見事に演じ分ける成長ぶりをみせました。

2021年、3作目『おかえりモネ』では見事に主役の座を射止め、爽やかな演技で視聴者を魅了しています。

2018年のドラマ『透明なゆりかご』では、重いテーマを扱う作品で豊かな感情を目で表現し、透明感あふれる演技が高く評価されました。

同作品は平成30年度(第73回)文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で大賞、第35回ATP賞テレビグランプリにてグランプリを受賞。

清原自身もコンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞2018で新人賞、東京ドラマアウォード2019で主演女優賞を受賞しました。

2019年『愛唄-約束のナクヒト-』『デイアンドナイト』『いちごの唄』で第32回日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞。

2020年には『愛唄-約束のナクヒト-』『デイアンドナイト』『なつぞら』など多数出演作での演技を評価され、第44回エランドール賞新人賞を受賞しました。

『デイアンドナイト』では500人の候補者の中からヒロイン・奈々に大抜擢。プロデューサーを務めた俳優の山田孝之は、初めて会った時から清原は奈々だったと語り、演技が本当にすごいと絶賛しています。

清原果耶の公式SNSの紹介

清原果耶の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

中山七里による傑作社会派ミステリーを、『64-ロクヨン-』『楽園』の瀬々敬久監督が実写映画化した『護られなかった者たちへ』。

瀬々監督と『8年越しの花嫁 奇跡の実話』でタッグを組んだ佐藤健が、容疑者の主人公・利根泰久を演じます。

利根を執拗に追い詰める宮城県警捜査一課の刑事・笘篠誠一郎役に阿部寛

2021年度NHK朝ドラヒロインを務める注目の若手女優・清原果耶が、福祉センター職員・円山幹子を演じます。

共演には清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒方直人ら豪華キャストが顔を揃えます。

注目の映画『護られなかった者たちへ』は、2021年10月1日より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』あらすじ/キャスト/公開日。ライブですうが時空を超える!?

映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』は2020年5月8日(金)より上映。 結成10周年を迎える“SILENT SIREN”が、映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』で、ついに …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー』の内容解説。一般試写会のトークイベント報告リポート

世界的現代美術家のアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実情に迫ったドキュメンタリー『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開されます。 「 …

新作映画ニュース

映画『相対性浪漫飛行』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/予告編。坂田航監督手掛ける16mmフィルムのコメディに昭和モダンが炸裂

第4回池袋みらい国際映画祭 特別審査員賞 受賞作品 濃すぎる個性の大渋滞ドタバタ劇!?昭和モダン炸裂なコメディ映画の誕生 第4回池袋みらい国際映画祭における、現役で映画を制作しているプロの映画監督やプ …

新作映画ニュース

亀山睦実監督の新作映画『12ヶ月のカイ』のキャストに中垣内彩加と工藤孝生が決定!

人間とヒューマノイド、生まれるはずのない新しい《いのち》が二人にもたらすものとは? 短編映画『恋はストーク』、中編映画『ゆきおんなの夏』そして長編映画『マイライフ、ママライフ』と、着実に映画クリエイタ …

新作映画ニュース

映画『イサドラの子どもたち』日本公開日/上映館。実在のダンサーの遺作をダミアン・マニヴェルが再構築する

第72回ロカルノ国際映画祭 最優秀監督賞受賞作が公開決定。 『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』のフランスの俊英ダミアン・マニヴェル監督の最新作『LES ENFANTS D’ISADORA』。 第72回ロカル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学