Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『祝福~オラとニコデムの家~』あらすじと感想レビュー。現実的なヘンゼルとグレーテルの物語

  • Writer :
  • 西川ちょり

少女オラはこの世界に負けないように立っている。

アンナ・ザメツカ監督の寄り添うカメラが起こした奇跡。

7月20日(金)までユーロスペースにて公開中、ほか全国順次公開される傑作ドキュメンタリー映画『祝福~オラとニコデムの家~』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『祝福~オラとニコデムの家~』の作品情報


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

【公開】
2018年(ポーランド映画)

【監督】
アンナ・ザメツカ

【作品概要】
ポーランド、ワルシャワ郊外の街セロツクに住む少女とその一家にカメラを向けたドキュメンタリー映画。

弟は自閉症、両親は離婚し、母は別の家庭を持ち、父はアルコール摂取で問題を抱えているという環境の中、14歳の少女は一人で家庭を支えている。彼女は、いつかまたみんなが一緒に住めるようになることを信じているのだが…。

映画『祝福~オラとニコデムの家~』のあらすじ


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

ワルシャワ郊外の街セロツク。14歳の少女オラは、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデムと三人で、小さなアパートに暮らしています。

母親は家を出て、違う男性と暮らし、赤ちゃんが生まれたばかり。

オラは家事をこなし、弟の面倒を見、父の世話をします。彼女が踏ん張っているから、なんとか家庭が続いている状態です。

父のもとには福祉士が定期的にやってきます。酒場で飲んでいるところを見ましたよ!と責められる父ですが、それを認めようとしません。お酒を断つことが出来ず、隠れて飲んでいるらしいのです。

弟はベルトを締めるのにも、時間がかかり、オラの言うことも、なかなか聞いてくれません。オラは時々イライラをつのらせてしまいますが、それでも根気よく彼に付き合います。

福祉士は彼女に「問題はない?」と尋ねますが、彼女が本音を話すことはありません。「特に変わりはない」と笑顔で応えるだけです。

7歳~8歳くらいで迎える初聖体式の儀式をようやくニコデムも受ける機会がやってきました。


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

聖体を受けるには、意味を理解しておかなければならず、ニコデムも勉強に励んでいました。神父は厳しく、もしニコデムが質問に応えられなければ、聖体を受けることができません。

オラは厳しく、ニコデムの勉強の面倒を見ます。

ついに試験の日がやってきました。隣に座って心配そうに見守るオラ。ニコデムは少しばかりつっかえることもありましたが、なんとか合格することが出来ました。

オラはニコデムの聖体式に母も来てほしいと連絡しますが、母は車が故障して修理に出したばかりだとか、車を借りることが出来るかわからないといった返事をするばかり。


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

オラは密かに思っていました。ニコデムの聖体式がうまくいき、彼に祝福があらんことを。そして、家族がまたそろって、暮らすことが出来ますようにと。

聖体式の当日、母も無事に到着し、父と母の間に座って、弟の式を見守るオラ。それは幸せそうな家族の光景に見えました。

もう一度、家族が一つになれますように。

そんな折、母親が家に戻ってくるという知らせがありました。オラの希望は叶うのでしょうか!?


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

スポンサーリンク

映画『祝福~オラとニコデムの家~』の感想と評価


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

カメラの位置の近いことに驚かされます

どうしたら、こんなに近くで、撮ることができるのだろう?信頼を築いたからだ、と言ってもそれはたやすいものではなかったはずです。

まるで劇映画のような距離でドキュメンタリーを撮る。これがまず新鮮でした。

オラのふんばりが家族を支えています。自閉症の弟と、頼りない父の世話だけでも大変なのに、電話で生まれた赤ちゃんの世話のことで愚痴る母親を励ましさえしています。

ザメツカ監督はこの映画を「親に見放され、帰る家を探している現実的なヘンゼルとグレーテルの物語」だと表現しています。

頼るべき大人がいない(まるで子供のような両親しかいない)子どもは、早く大人にならざるをえません

観ていてふと是枝裕和監督の作品『海街diary』(2014)の姉妹が口にしていた言葉が思い出されました。姉妹の両親は離婚し、各々再婚して姉妹だけが一緒に古い家に暮らしています。

綾瀬はるか扮する長女はそんな環境の中、まさに早く大人にならざるをえず、広瀬すず演じる腹違いの妹も同じ経験をしてきたと考える場面があるのです。

『海街diary』は、そうした「子どもたち」が喧嘩したり、助け合ったりしながら、家族を全うしていく丁寧な描写が素晴らしいのですが、それに比べると、オラの場合はまさに孤軍奮闘と言わねばならないでしょう。

福祉士に悩みはないかと尋ねられても、オラは決して泣き言を言うことはないでしょう。

なぜなら、彼女が弱音を吐いたら、彼らは家族を引き離すことを最善策と考えるかもしれないからです。

今の福祉には残念ながら限界があります。例えば、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(2017/ショーン・ベイカー監督)を思い出してみてください。

確かにあの作品の母親には問題がありますが、彼女は子どもにとっては最高の母親であり、どうにか、親子を引き離さず、一緒に教育を受けるようなプログラムはないものだろうか、と映画を見ながら考えずにはいられませんでした。

母が戻ってきてくれることを密かに心から願っているオラは、これ以上、家族をバラバラになんてされてはたまらないのです。

頼るべき大人が誰もいないオラにとって、ずっと自分を観ているカメラの存在は救いだったのかもしれません。

ザメツカ監督は決して、誰かを断罪したり、問題を激しく提起するような撮り方はしていません

ただ静かに、オラをニコデムを、両親を、彼らの周囲を見つめているだけです。

しかし、その視点には愛があります。ニコデムを見つめるカメラ。映画を観ている私たちもまたニコデムを好きにならずにいられないでしょう。

一見、何の役にも立たず、プライバシーを侵害する鬱陶しいカメラの存在。しかし、それは、オラにとって、唯一の自分を肯定してくれるうなずきのように時には見えたのかもしれない、そんなことを思いました。

皆様はこの作品をどのようにご覧になるでしょうか!?

まとめ


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

本作は昨年10月の山形国際ドキュメンタリー映画祭で最高賞のロバート&フランシス・フラハティ賞に輝いたのを始め、2017ヨーロッパ映画賞・最優秀ドキュメンタリー賞、2017ポーランド映画賞・最優秀ドキュメンタリー賞、2016ロカルノ映画祭 批評家週間最優秀作品賞、2017ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭・国際映画賞など、数々の映画祭で多くの賞を受賞しています。

ザメツカ監督は、自身もこの映画の少女だった、と語り、自身の経験を重ねながらオラの視点となりカメラを回し続けました

カメラは少女の心の叫びを世界に伝えるための可能性であり、それによって本作はドキュメンタリーの可能性を拡げた」と世界中の映画祭で絶賛されたのもうなずけます。

現在公開中のユーロスペースを始め、今後は全国順次公開で順次公開されています。

この傑作ドキュメンタリーを是非お見逃しなく!


©HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wszelkie prawa zastrzeżone. 2016

関連記事

ドキュメンタリー映画

細野晴臣映画『NO SMOKING』あらすじと感想(ネタバレあり)。YMOでの音楽活動やプライベートの素顔を描く

煙草をくゆらせるように、 音楽をくゆらせる人。 音楽活動50周年を迎えた細野晴臣の半生を描いたドキュメンタリー映画。 幼い頃の音楽との出会いから、「はっぴいえんど」「YMO(イエロー・マジック・オーケ …

ドキュメンタリー映画

映画『三島由紀夫vs東大全共闘』あらすじネタバレと感想【50年目の真実】大激論で見えてきた共通の‟敵”とは?

三島由紀夫と東大全共闘。50年前の伝説の討論会が映画化 1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた三島由紀夫と東大全共闘の討論会。伝説といわれる討論会の一部始終に三島についての証言も加えたドキュ …

ドキュメンタリー映画

映画『DARKSTAR / H・R・ギーガーの世界』感想レビューと評価

リドリー・スコット監督の代表作である『エイリアン』のデザイン造形でも知られるH・R・ギーガー。 彼のアーティストとしての創作の秘密に迫ったドキュメンタリー映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世 …

ドキュメンタリー映画

映画『残されし大地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

3.11の東日本大震災から6年。2017年になって報道されることが少なくなったな被災地。今のフクシマの現状とは、どのようなものなのでしょう。 今回ご紹介する映画『残されし大地』では、福島県の汚染地域に …

ドキュメンタリー映画

映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』あらすじと感想レビュー

3月3日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開となる映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』をご紹介します。 アカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったピアニスト、デイヴィ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学