Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『スーパーサイズミー』ネタバレ結末と感想。無料動画視聴方法も

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

体に悪いと分かっていてもついつい食べてしまうファストフード。その代表格であるマクドナルドを30日間食べ続けたら一体どうなるのか?

モーガン・スパーロック監督が自らを実験体にして挑戦するドキュメンタリー映画『スーパー・サイズ・ミー』。

身体を張ったモーガンの訴えに、ファストフードとの接し方や考え方を刺激されること間違いなしです。

スポンサーリンク

1.映画『スーパー・サイズ・ミー』の作品情報

【公開】
2004年(アメリカ映画)

【原題】
SUPER SIZE ME

【監督】
モーガン・スパーロック

【キャスト】
モーガン・スパーロック、アレクサンドラ・ジェイミソン

【作品概要】
マクドナルド社に対する訴訟をきっかけとして、モーガン・スパーロックが30日間マクドナルドを食べる実験を記録した作品。第77回アカデミー賞・ドキュメンタリー映画賞にノミネートされている。

▼映画『スーパーサイズ・ミー』はHuluでご覧いただくことができます。
映画『スーパーサイズ・ミー』を今すぐ見る

2.映画『スーパー・サイズ・ミー』あらすじとネタバレ


ある少女2人が肥満の原因をファストフードのマクドナルドにあると裁判で訴えますが、被告側にされたマクドナルドの弁護士は、肥満の原因であることは立証できない反論すると、告訴は退けられます。

しかし、原告側に毎日毎食製品を食べ続けることが著しく危険だと示せれば、再提訴が可能とされました。

それに触発されたモーガン・スパーロックは自らを実験体に30日間マクドナルドを食べ続ける挑戦を計画。

実験前にモーガンは数人の医師や専門家に協力を仰ぎ、徹底的に自身の身体検査を行い、いたって健康体であり標準的な体型である結果を得ます。

・水を含めた全ての食品をマクドナルドで済ます。
・1日3食必ず食べる。
・メニューは一通り1回は食べる。
・スーパーサイズを店員から進められた場合は断らない。
・1日の歩数をアメリカ国民の平均値である5000歩以下にする。

という具合に細かくルールを定め、マクドナルドの商品を食べ続ける挑戦を始めます。

これまでモーガンの健康を支えてきた妻が心配するなか、モーガンの体に異変が起きたのは挑戦が始まってたった3日目のスーパーサイズのビッグマックを食べていた時でした。

あまりの量に手が進まないながらも、ゆっくりゆっくりと懸命に口に運んでいましたが、気分が優れないと訴えたのも束の間、嘔吐してしまいました。

胃の調子が悪く、体の中心部あたりが変な感じがする、気持ちが悪いとこぼすもののモーガン。

「なんでも3日間の我慢、ここを越えればあとはいける。タバコの禁煙の時もそうだった。大丈夫」とカメラに微笑みます…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スーパー・サイズ・ミー』ネタバレ・結末の記載がございます。『スーパー・サイズ・ミー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

5日目。専門家の診断の結果、1日に約5000キロカロリー(※成人男性の1日の摂取カロリーの目安は1800〜2200キロカロリー)を摂取していることが判明。

サプリメントでの栄養補給も進められるが、マクドナルドに売っていないとモーガンは断ります。

12日目の検査では体重が7.7kgも増えており、短期間での急激な増加に専門家も「危なくなってきた、心配だよ」と声をかけます。

実験中モーガンは学校を訪れます。

そこにはフライドポテトや家から持ってきたお菓子を昼食としている生徒ばかりした。

学校の責任者も弁当も持ってきて他のものも食べているはずだろうと、学校教育の食管理の無責任さを目の当たりにします。

またモーガンは他の学校を取材すると、ある問題児学校では積極的に健康食を取り入れたことで、生徒の問題行動は見られなくなって結果が出ていました。

その他の学校では、健康食にした場合でも費用は大きく変わらないとの情報も得られ、その背景には食品会社の給食での利益が優先されている事実も表沙汰するモーガン。

17日目。モーガンの妻が夫のモーガンが最近、疲れやすくなった。性行為や性欲にも陰りが見えて影響が顕著であることを赤裸々に告白します。

18日目。目の後ろがズキズキと痛む、無気力であり、常にだるさを感じるとモーガンは訴えます。

専門家による検査の結果、糖の取りすぎによるものであると診断されます。またモーガンの肝臓は「パテのようになっている」と専門家が言うほどの脂肪肝になっていました。

これは過剰飲酒が大概の原因であり、食のみでの例は初めてだと専門家は驚いた表情を見せます。

最終日。モーガンはマクドナルドのケーキで盛大に実験の終わりを祝います。

モーガンは「もう食べなくていいんだ」と安堵の言葉をこぼします。

そして最終検査の結果。

・体重は11kg増加し脂肪肝。
・コレステロールは65ポイント上昇。
・体脂肪率は7%上昇。
・心臓病のリスクは2倍。
・心不全のリスクも2倍。
・気分は冴えず疲労感。
・情緒不安定。
・性生活は無いに等しい。

などといった実験結果が記録されました。

その後、モーガンは肝機能を8週間かけて回復。

増加した11kgの減量に14ヶ月かかりました。

サンダンス映画祭でこの作品が公開されてから6週間後、マクドナルドがスーパーサイズの中止を発表。

しかし、この映画『『スーパー・サイズ・ミー』とは何の因果関係もないと公表しました。

スポンサーリンク

3.映画『スーパー・サイズ・ミー』の感想と評価

街を歩けば目に入るマクドナルド。皆さんはどれくらいの頻度で利用されているでしょうか。

自炊するのが面倒だから、月見バーガーが発売されたから、ちょっとした時間つぶしに、理由は十人十色であれど回数は少なくないのではないでしょうか。

僕自身、週に2〜3回ほどマクドナルドを利用する所謂“スーパーヘビーユーザー”です。

理由は単純に美味しいから。子供の頃から洗脳されてしまっているのかもしれません。

健康によくないかも知れないと思いながらもついつい利用してしまいます。

この映画は他人事ではなく、本当は“出来れば知りたくなかった、でも知れて良かった”という思いが鑑賞後に胸を埋め尽くしました

少々ブラック気味ではありますが、ユーモラスで明るいモーガンがあからさまに元気を無くしていく姿が画像を通してひしひしと伝わり、問題の深刻さを痛いほど共感できます。

また、同様なテーマを題材にした作品で『あまくない砂糖の話』があります。

こちらは日常に隠れた砂糖の過剰摂取を取り上げています。

食に関しては知らないことが一番の危険であり恐怖だと、つくづく実感させられること間違いなしです。

参考映画①:『あまくない砂糖の話』(2016)

映画『あまくない砂糖の話』は、食とビジネスの闇の関係を暴いていくことが大きな魅力のひとつになっています。

食の安全を考えた時に一番に考えないといけないのは、“健康”だということを見失い、ビジネス優先している現状が描かれています。

飲食店でアルバイトしている際に、その裏側を覗いてしまって“これをお客さんに出すのか”と感じた体験を思い起こしました。

自分の身近なところでリアルに問題を考えられることも脚本のないドキュメンタリー映画の醍醐味です。

参考映画②:『ファウンダー』(2017)

映画『スーパー・サイズ・ミー』を観ると、マクドナルドの創設者たち題材に扱った映画『ファンディング』を、すぐに思い起こします。

この作品ではマクドナルドの歴史とビジネスが描かれた興味深い作品です。

違う視点から見ればマクドナルドは大成功を収めていて、手本や参考にすべき企業である事実は、とても面白いですし、また人の仕事へのこだわりの思いや情熱についても深く考えさせられます

最後に『スーパー・サイズ・ミー』の中で、モーガンが専門医に「酒浸りの胃と同じだ」と言われたジョークをもっと堪能したいう映画好きのあなたに『リービング・ラスベガス』も紹介しておきます。

アカデミー賞俳優のニコラス・ケイジが熱演していてこちらもおすすめです。

参考映画③:『リービング・ラスベガス』(1995)

映画『スーパー・サイズ・ミー』で描かれるファストフードや食とビジネスの問題を知り、また関連した映画作品を辿っていくと、どんな物にも一長一短があることが浮かび上がってきました。

何事も‘‘あたりまえ’’としないで、よく調べよく考え、自分との適切な距離感をひとりひとりが持っていくべきだと実感しました。

スポンサーリンク

4.まとめ

「食生活と教育について」や「ファストフードと肥満率増加の関係性」などの堅苦しい授業は受けるのに抵抗があります。

しかし、「マクドナルド30日間食べてみた」なら楽しいですよね。

映画は最高の教材だと知れる側面もある作品だと思います。

衣食住の一角を担う重要な“食”を『スーパー・サイズ・ミー』を観て、もう一度食生活を見直してみましょうか?

▼映画『スーパーサイズ・ミー』はHuluでご覧いただくことができます。
映画『スーパーサイズ・ミー』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『ラスト・タンゴ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

寒くなりましたね。外に出るのがツライ時には、自宅での映画鑑賞はいかがでしょう。 アルゼンチンのブエノスアイレスは、日本とは逆に真夏に向かっていく季節! アルゼンチン・タンゴのドキュメンタリー映画『ラス …

ドキュメンタリー映画

映画『イングリッド・バーグマン 〜愛に生きる女優〜』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年に生誕100周年を迎えた名女優イングリッド・バーグマン。 1915年8月29日にスウェーデンに生まれ、 1982年8月29日にロンドンで惜しまれつつこの世を去りました。 ヨーロッパとアメリカ …

ドキュメンタリー映画

映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』あらすじと感想レビュー

美術史上最も異彩を放つ奇想ワールドは誰のために何のために描かれたのか? 没後500年を迎えた今なお、謎に満ちた画家ヒエロニムス・ボス。 ボッシュと推察されている肖像(1560年頃) 日本の美術ファンか …

ドキュメンタリー映画

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

建築家ル・コルビュジエが設計した西洋美術館が、世界遺産に登録されたことで、とても賑わいを見せていますね。 昨今では、博物館、美術館を運営していくのも、とても大変な苦労があるようです。 そんな美術館の普 …

ドキュメンタリー映画

映画『Sandow』トーマス・エジソンの作ったアメリカ映画の原点

発明王として知られているトーマス・エジソンは、約1300もの発明を手にした人物だと言われています。実は、以外に知られてはいませんが、映画の原点を作ったのもエジソンでした。 今回は、意外と知られていない …

日本映画大学